Koga Peach Festival 2016

Koga Peach Festival 2016

Period : March 19, Saturday – April 5, Tuesday, 2015

 

1 

“Peach festival”, one of the representative festival in Koga.

It is said to be an opening that Toshikatsu Doi who was the Koga lord of a castle

let a farmer bring up a peach in early period of Edo era.

 

 

 

2 

Because the firewood which became the fuel was poor in the territory, it was fast-growing, and the peach that fruit became the food seemed to be chosen.

 

The present peach is planted peach to commemorate opening Koga Sogo Park to view them. Approximately 1,500 trees of 5 varieties of peach flower in full bloom in the park from March 19, Saturday to April 5, Tuesday in this year, too. You can enjoy beautiful peach flowers and some events!

 

34c

Some events, Nodate – chakai (open-air tea ceremony), stalls, stage event etc. are held at the park.

Also. Koga Momo Musume (tourism ambassador who wearing kimono) greet you at the park.

 

 

 

5

 

On Saturdays, Sundays, and holidays during the period, there is hot-air balloon experience-based boarding.

Tie up a balloon with a rope; go to an altitude of 20-30 meters above the ground!

The scenery looking at a flower peach in full glory from the ground is great too.

※It is called off in a strong wind, the rainy day.

The rate is adult (more than a junior high student) 1,000 yen, child (primary schoolchild) 500 yen.

They accept you on that day in the field.

 

 

 

 

 

 

Enjoy each peach flowers

678c

(left: Yaguchi. Middle : Kurokawa yaguchi, right: Genpei)

 

Most of the peach flowers in the park are Yaguchi. Kurokawa Yaguchi blooms among them.

You can see Genpei towards the northwest, Kiku-momo and Kanpaku towards the north, Jusei-to in the east in the park.

 

 

 

91011c

(left: Kikumomo, Jyuseimomo, Kanpaku)

 

Peach flowers of 5 kinds are in full bloom, colored with them in the park. Its scenery is just looks like the Earthly Paradise.

Why don’t you walk wonderful another world?

 

 

INFORMATION

 

Name

The 40th Koga Peach Festival

Location

Koga Sogo Koen (comprehensive park) 399-1, Konosu, Koga, Ibaraki

Period

March 19th ,Saturday, 2016 – April 5th, Tuesday, 2016

9:00 – 17:00

Transportation

【Car】20 min. drive from Tatebayashi IC of Tohoku Expressway

30 min. drive from Kuki IC of Tohoku Expressway 【Train】35 min. walk from Koga Staion of JR Utsunomiya line・Shonan-Shinjyuku line

Shuttle bus is available in the period.

 

Parking

700 cars (parking fee : 500 yen)

20 buses (parking fee : free)

Inquiry

Koga City Tourism Association

TEL:0280-91-1811 FAX:0280-92-8806

URL

http://www.kogakanko.jp/

 

 

Magnificent Cherry Blossom of Ibaraki 2016

Magnificent Cherry Blossom of Ibaraki

Period : late March – early May , 2016

 

 

Ibaraki’s spring beginning with flowering of plum blossom and peach blossom, come to climax with flowering of cherry blossom. There are approx. 27 places famous for beautiful cherry blossom in Ibaraki. In this time, some events (Cherry Blossom Festival and so on) will be held in Ibaraki.

Why don’t you come and visit to Japanese seasonal tradition?

 

 1. Mt. Atago [Atago-san] (Kasama)

1

The wonderful cherry blossoms are full from middle of mountain to top of mountain in spring, it will be turn pink. In addition, you can enjoy cherry blossoms for long time because time of bloom has sifted by a vertical drop of 305 meters.

 

Site : Atago-san [Mt. Atago]

Middle of mountain, Top of mountain

Number of cherry trees:

approx. 20 kinds, approx. 2,000 trees

The best time to see: early April – early May, 2016

Inquiry : Kasama Tourism Association TEL:0296-72-9222

Web site :            http://www.kasama-kankou.jp/

 

 

2. Amabiki-kannon [Sakuragawa]

 2

Kawazu zakura, Edo-higan zakura, Yamazakura, Satozakura, Someiyoshino and other such approx. 3,000 cherry blossom trees are full bloom in Amabiki-kannon.

Madara Mdara-kishin sai [traditional festival] will be held in the temple, it is lively with many visitors.

 

Site: Amabiki-kannon  

Number of cherry trees: approx. 3,000 trees

The best time to see: early April – late April, 2016

Inquiry: Amabiki-kannon TEL:0296-58-5009 (8:30〜17:00)

Web site: http://www.amabiki.or.jp/

 

 

 

3. Gounoike-ryokuchi park [Kamisu]

3

Someiyoshino, Yamazakura, Oshimazakura and other such approx. 3,000 cherry blossom trees are full bloom in the park. You can enjoy putting golf, jogging, birdwatching and others along with cherry blossom viewing! Also, there are many playground equipment, lots of families can enjoy, too!

In the period of Sakura Festival, you can enjoy viewing lit-up cherry blossoms at night by Japanese lantern. It is so beautiful.

 

(lantern lighting time: 18:00 – 22:00)

 

Site: .Gounoike-ryokuchi park

Number of cherry trees: approx. 3,000 trees

The best time to see: middle April – early May, 2016

Inquiry: Kamisu Tourism Association TEL:0479-26-3021

Web site: http://www.kamisu-kanko.jp/event-page/sakura.html

 

4. Shizumine Furusato park [Naka]

4 

Shizuine Furusato park, which were selected the best 100 magnificent cherry blossoms in Japan.

Site: Seihou Furusato park  

Time : 9:00 – 18:00

* The period of night cherry blossoms are 9:00 – 21:00.

Number of cherry trees: approx. 2,100 trees

The best time to see: middle April – early May, 2016

Inquiry: Naka Tourism Association

Web site: http://www.naka-kanko.jp/

 

 

 5. Around Senba lake [Mito]

5a

You can enjoy fantasy cherry blossoms scenery, because some magnificent cherry blossoms in Mito are decorated with many paper lanterns and lit-upped cherry blossoms.

[decorated with paper lantern 18:00-20:00, Sakurayama, Sakuragawa]

Site: Kairakuen, Senba park, Sakurayama, Sakuragawa  

Number of cherry trees: Kairakuen 130 trees, Senba park 750 trees, Sakurayama 370 trees, Sakuragawa river 250 trees

The best time to see: early April – middle April, 2016

Inquiry: Mito Tourism Association

Web site: http://www.mitokoumon.com/

 

 

 

6.Hitachi ekimae Heiwa street, Kamine park, Jyuo panorama Park [Hitachi]

 

“Hitachi Sakura Festival”, which is selected the best 100 magnificent centering on Heiwa street in front of JR Hitachi station and Kamine park. This festival grooves to Hitachi Furyumono performance (traditional float performance) and so on in every year.

 

 6-123編集後

 

 

 

 

 

 

 

Site: JR Hitachi station Heiwa dori, Kamine park, Jyuo panprama park  

The best time to see: early April – middle April, 2016

Inquiry: Hitachi Tourism Association TEL:0294-22-3111

 

 

 

 

7.Fukuoka-zeki Sakura park [Tsukubamirai]

7

Someiyashino makes 1.8 km archway of flowering cherry trees along kokaigawa fukuoka-zeki. (weir) It is selected the best 100 tourist area in Ibaraki.

Site: Tsukubamirai-shi Kitayama shuhen (around Tsukubamirau)  

Number of cherry trees: 1.8 km archway of flowering cherry trees

The best time to see: early April

Inquiry:Tsukubamirai Tourism Association

TEL:0297-58-2111

Web site: http://www.city.tsukubamirai.lg.jp/

 

URL http://www.city.tsukubamirai.lg.jp/

 

 

 

 

※This data is as of 2015.

※More information : Sightseeing IBARAKI (http://www.ibarakiguide.jp/)

 

flowering 2016

Flowering

 

the end of March – the middle of May

 

1

In spring, many kinds of flowers bloom beginning with daffodil, and tulip, nemophila and many others beautifully in turn at the National Seaside Park.

During this period, it’s the best time to see flowers in full bloom any time and every time is worth visiting how many times you come.

 

 

 

Daffodil — the world of fantasy—-

the end of March – the middle of April

 

 

2 

It’s fantastic to see about 600 kinds of 1 million daffodils spreading below the pine trees and they look like an enormous yellow carpet. Please appreciate the symphony of color and fragrance of daffodils.

 

 

Tulip — world of colors —

the middle of April – the end of April

 

 

 

 

 

3

 

At ‘Tamago(egg) flower garden ’, more than 280,000 in 220 kinds of cute and colorful tulips showing off their beauty.

The display of tulips along with pine trees is so unique in the Hitachino area that you shouldn’t miss coming and seeing the beautiful garden.

 

 

 

 

 

 

 

Nemophila — envelopled in blue —

the end of April – the middle of May

 

4

 

More than 4.5 millions of nemophila covers the ‘3.5 ha Miharashi-no-oka’Miharashi Hills, and that looks like a light blue tapestry of nemophia is rising to the sky.

There’s nothing but a light blue carpet surrounding you as far as you can look around.

Please come and see it for yourself.  A picture is worth a thousand words.

 

INFORMATION

 

Period

The end of March – the middle of May

Place

Hitachi National Seaside Park

604-5 Mawatari-onuma, Hitachinaka, Ibaraki

Business hours

9:30 am – 5 pm

Days closed

Mondays (If it’s a national holiday, then the next day)

Admission

Adults : 410 yen Seniors : 210 yen

Elementary and junior high school students : 80 yen

Access

Car : ①1 km-drive from Hitach Seaside Park IC on Hitachi-naka toll road via Hitachi-naka IC on Kita-kanko expy

②15 km-drive from Hitachi-minamiota IC on Joban expy

Train : 15 minute bus-ride or taxi-ride from Katsuta station on JR Joban Line

(take Ibaraki–kotsu bus and get off at ‘Kaihin–koen Nishi-guchi’ or ‘Kaihin-koen Minamiguchi’)

Then, walk for 17 to 23 minutes from the entrance to the site

Inquiry

Hitachi National Seaside Park Management Center

TEL: 029-265-9001  FAX: 029-265-9339

Web

http://www.hitachikaihin.go.jp

ラーメン激戦区つくばで開催!つくば福来らーめん紀行第2弾!夏物語開催中♪

こんにちは、観光いばらき編集部です!
以前もこのブログでご紹介したことがあったのですが覚えてらっしゃいますか?
実は茨城県ってラーメン激戦区なんです
ご当地ラーメンも実は数多く存在しており、まだまだメディアで取り上げられてない
隠れた名店もたくさんあります

そんな茨城県でも、特にラーメンが盛んな街
それが、つくば市です!!
そんなつくば市では、昨年より地元の特産品でもある福来みかんを題材に

つくば市ならではの「福来らーめん」作りに取り組んでいます

梅まつりの開催に合わせて行われた第1弾に引き続き

この8月1日から8月31日まで、つくば福来らーめん紀行第2弾が開催されています

今回は、前回よりも参加店も増え、市内11店舗でオリジナル福来らーめんが提供

期間中、数量限定や曜日限定はありますが、随所で福来みかんを使ったラーメンが食べられます

0001

『ラーメン』と『みかん』

という組み合わせに、「えっ!?」と疑問を抱く人もいるかもしれません!?

でも、ほとんどの福来らーめんがみかんの皮である陳皮を使っています

柚子の皮を使っているラーメン同様、柑橘の香りが爽やかでどの店も美味しいのが特徴です

しかも、この福来らーめんを食べてフォトラリーに参加すると

参加店舗のラーメンお食事券がプレゼントされるイベントも開催

美味しく食べて、さらにお得にもらえちゃうという特典付です♪

さて、そんな福来らーめん紀行第2弾ですが

参加店は以下の通りです

【麺屋大樹】

福来冷し中華・・・800円

福来みかんの陳皮を贅沢にふりかけた冷し中華
地元醤油醸造所の沼屋特製の福来ポン酢をタレの中に加えることで

スープの中からも福来の香りと爽やかな酸味を感じてもらえる一杯です

ゴマ油を風味付け程度に加えて、柑橘の香りだけでなく

冷し中華らしさにもこだわりました

サラダラーメン感覚でお召上がりください♪

daiki

麺屋大樹

029-868-7737

つくば市吾妻1-6-1クレオスクエアQ’t3階

11:00-22:30LO

年中無休

【つけめん・らーめん活龍本店】

福来麺の冷し中華・・・780円

今回の数ある福来らーめんの中でも

自社工場で福来みかんの陳皮を練り込んだ福来麺を使った冷し中華を提供するのはココだけ

ルックスは定番の冷やし中華のようですが、実はタレがスープのように

絶妙な塩梅とダシが効いているのがひと味違うポイント!

タレでなくダシで食べさせる冷し中華は福来みかんの香りも相まって最高のできあがりです

ちなみに、活龍本店の冷し中華は土日のみの提供で各日20食限定

提供期間中、常に進化を続けるとのこと

最初と最後でどんな変化があるのか、食べ比べてみるのも面白いかもしれません♪

katuryu

つけめん・らーめん 活龍本店

029-864-8889

つくば市筑穂1-10-27

11:30 ~ 14:30 / 17:30 ~ 22:00

年中無休

【鶏白湯らーめん おび屋】

福来七味梅おろしらーめん・・・850円

毎日20食限定のこのラーメン

初春の福来らーめん紀行第1弾で人気を集めたラーメンと同じ内容で再提供です♪

福来の香りが立つ自家製の福来七味と大きな南高梅をトッピングしているのが特徴

さらに大根おろしを加え、さっぱりと梅おろしが鶏白湯スープと絶妙なマッチングです

濃厚だけどマイルドな鶏白湯にちょっと福来七味スパイシー感と爽やかな香りは特筆

限定数が口惜しい一杯です!!

obiya

鶏白湯らーめん おび屋

029-864-3551

つくば市要137-3

11:30 ~ 15:00 / 17:30 ~ 22:00

水曜日

【熟成蔵出し味噌 麺処 たちばな】

冷やし福来味噌らーめん・・・918円

味噌ラーメンで人気の麺処たちばな

地元牛久のヤマイチ味噌の赤味噌をベースに香味野菜と醤油の風味をきかせた味噌ダレ

そこに鶏ベースのスープで冷たいラーメンを創作しました♪

福来の香りを存分に楽しんで欲しいと、植物油ベースの福来油を仕上げにひとさじ

さらに福来の陳皮をふりかけて香りを引き立てています

地元つくば製麺特製の中細麺とスープの相性も抜群です

tachibana

麺処 たちばな

029-886-3218
つくば市上横場2431-2
11:00 ~ 24:00(L.O.23:30)
年中無休

【麺や 小五郎】

福来まぜそば・・・750円

薄口醤油ベースのカエシに福来みかんをゆっくり戻しながら作った福来油で作ったまぜそば

特に福来油は福来みかんの陳皮を自社挽きしてゆっくり加熱

仕上げに果汁をほんの少し加えることでさらに香りと酸味を追加しています

しかも、トッピングの鶏の低温チャーシューも福来油と真空処理して寝かせるこだわり

タレからもトッピングからも香りが溢れ出す豪華なまぜそばです

毎日数量限定なして提供してくれるのも嬉しいポイント

kogorou

029-857-1118
つくば市桜1-12-1
11:30 ~ 14:00 / 17:30 ~ 22:30
月曜日(祝日の場合は営業して翌日休)

【麺や松辰】

牛ソバ福来風味・・・780円

今回のつくば福来らーめん紀行夏物語で特に印象的だった一杯がコレ!
牛スープにこれほどまでに福来みかんが絶妙にマッチをするのは意外でした

醤油ダレにも福来みかんの陳皮を加えて寝かして香り付け

加えてヘッド(牛脂)ベースの香味油にも福来みかんの陳皮を!

低温チャーシューも福来みかんのつけダレに漬けこむ徹底ぶりです

別添えのシラガネギも特別な味変アイテムとしてどうぞ♪

福来みかんとレモンのドレッシングを加えることで、ラーメンを全く違ったテイストに変化させます

期間中毎日20食限定ですのでぜひとも堪能してみてください♪

matsushin

029-852-0062
つくば市天久保1-15-15 くいだおれ5 号館1F
11:30~14:30/17:30~24:00(日曜日:~21:30)
月曜日 (祝日の場合は営業して翌日休)

【関東風とんこつらーめん五右衛門】

福来つけめん・・・780円

ちょっと辛めに仕上げたオリジナルブレンドの醤油ダレ

そこにマイルドな鶏白湯スープを注ぎ込み

ラードベースのかつお油をトッピング

さらに福来みかんの陳皮を添えて香りを立たせます

期間中毎日制限数なしで提供してくれる上に、中盛&大盛無料はポイントです!

ちなみに、期間中は第1弾でも人気だったスープのある福来らーめんも提供中♪

goemon

029-838-5117
つくば市上横場2029-8
11:00 ~ 25:50 L.O
年中無休

【東池袋大勝軒 うさぎ家】

福来ミワン・・・750円

薄口醤油と塩ダレで、醤油ラーメンと塩ラーメンの中間のような不思議な味わいのワンタンメン

昆布とカツオ節の旨味が立ったスープの中には、煮干しの旨味だけを抽出

もちろん、しっかりと肉の味も包み込み、懐かしさの中に新しさのある一杯です

香味油の福来みかんの陳皮油は別瓶で提供

自分の好きな分量をスープにかけて食べられるので、バランスを調整しながら試してみてください

また、具のワンタンの中にも福来みかんを追加

ちゅるんとのどごしの良いワンタンからも福来が香ります♪

期間中毎日20食限定で提供中です

usagiya

029-879-5584
つくば市上横場2200-1
11:00 ~ 23:30 L.O
年中無休

【油そば 油虎】

しお油そば~福来仕立て~・・・750円

いままで限定商品を提供してこなかったつくばの超人気店油虎

そんな油虎がこの福来らーめん紀行第2弾のためだけに新商品を開発してくれました

それがこの塩味の油そば

昆布をはじめとした乾物系素材でダシをとり、岩塩をはじめとした3種類の塩でバランス

いままでなかった塩味の油そばは、いまでさえ食べやすい油虎の油そばを

さらに食べやすく進化させています!!

もちろん、油そばの味の決め手となる油には福来みかんの香りを移した福来油を使用

トッピングの鶏団子にも福来みかんの陳皮を加えています

とにかく、想像以上の美味しさに油そばの既成概念が変わるかもしれません!?

それほどまでに美味しく、完璧に仕上がったこの一杯

必食です!

abutora

029-879-0105
つくば市筑穂1-1-13
11:30 ~ 14:30 / 17:30 ~ 22:00
日曜日

【らあめん喜元門 サイエンス大通り店】

長瀬有里の福来ドレッシングらーめん
ハーフサイズ・・・350円

日本テレビ「ヒルナンデス」のレシピの女王で準優勝した長瀬有里さん

そんな長瀬さんとつくば人気No.1の喜元門がコラボレーション

長瀬さん考案の「福来ドレッシング」を使ったサラダラーメンです♪

このドレッシングは、香味野菜をベースに

福来みかんの果汁と陳皮を加え、酸味・甘味・苦味のバランスを整えた逸品

あごダシの醤油ダレにこれを合わせています

女性にも嬉しいハーフサイズでの提供

期間中毎日10食ご用意しています♪

kigenmon

029-836-6608
つくば市上横場273-6
11:30 ~ 14:30 / 17:30 ~ 22:00
年中無休

【とりどり】

鶏だし福来そば・・・800円

濃厚鶏白湯で人気の鶏々の定休日である火曜日限定で開かれる

セカンドブランド「とりどり」

鶏白湯の鶏々に対し、透明感のあるすっきりした鶏清湯スープのお店です

そんな、とりどりで提供する福来そばは塩スープとつくば製麺特製福来麺を使った一杯

あえて陳皮を荒く挽いてトッピングするのは、より香りを立てています

すするたび、噛みしめるたびに香る福来の香りを存分に楽しめます

toridori

029-860-6025
つくば市天久保2-11-10
11:30 ~ 14:30 / 18:00 ~ 23:00
火曜日限定営業

***特別協力店****

【茨城スタミナラーメンがむしゃ】

スタミナラーメン・・・750円

茨城のご当地ラーメンといえばこのスタミナラーメン

甘辛あんが特徴のこのラーメンには元来一味唐辛子が入っています

そんなスタミナラーメンに福来七味をトッピングすると

これが意外にも相性抜群!

期間中卓上に用意されるみよこの福来七味で自分だけの

オリジナル福来スタミナラーメンを作ってみてください♪

gamusya

029-864-3864
つくば市筑穂1-13-2
11:30 ~ 15:00 / 17:30 ~ 22:00
月曜日、第3 火曜日

詳しくはぜひつくば観光コンベンション協会のホームページをチェックしてみてください♪

http://www.ttca.jp/

また、フォトラリーの参加方法はコチラ

つくば、ホンモノ!夢特区のサイトでチェックしましょう!!

http://tsukuba-honmono.jp/

茨城県陶芸美術館 開館15周年記念展 「没後20年ルーシー・リー展」

こんにちは!観光いばらき編集部です。

今回ご紹介するのは、茨城県陶芸美術館開館15周年を記念する企画展「没後20年ルーシー・リー展」です。ルーシー・リーは、ロンドンを拠点に「ルーシー・リー様式」とよばれる独自のスタイルを打ちたて世界的に有名な陶芸家です。

 

20150418110309_00001

 

 

 

ルーシー・リーの作品は、国内でも人気が高く、現代の陶芸家たちに大きな影響を与えています。今回の企画展は、総点数200点にもおよび、そのほとんどが日本未発表の作品ばかり。今回5会場を回る企画展で、茨城県陶芸美術館からスタートなんです。

どんな作品に出会えるのか期待がふくらみつつ早速中へ!

 

 

まず入口を入って最初に出会えるのが、今回「新発見」されウィ-ンから運ばれてきた作品です。

ピンクや青の色彩が目を引きます。こちらは20代の頃の作品。技術や表現力が若い頃から豊かな女性だったのだなと感じられます。

_MG_2546

 

続いてのロンドン時代の作品。雰囲気がらっと変わり 白と黒をベースに シンプル・モダンなデザインになります。普段の生活に実際に使われていたとのことですが、今では考えられないでね。

_MG_2577

 

ルーシー・リー作品の特徴は、洗練されたスタイル、1点1点が違う作品、ギリシア・韓国・中国・など様々な世界の影響を受けているとのことです。好奇心旺盛で努力家の方だったんですね。

また、ろくろでどのようにしたら美しい形ができるのか、常に新しいことを試し、そのつど新しい発見が生まれ同じものがない作品が生まれてきました。

 

103

 

 

この作品は、2種類の土をろくろでまわしながら形作り、土そのものが模様になっています。

_MG_2602

 

 

また、こちらの掻き落という独自の文様で繊細な線が表現されています。ルーシー・リーはこの一本一本の線を簡単に引いていたとのこと。私だったら、気の遠くなる作業です。

 

_MG_2583

_MG_2699

 

今回2つの会場で企画展が開催されており、2階の県民ギャラリーでは、ルーシー・リーがウィーン時代に制作していたボタンも展示されています。

 

_MG_2675

こちらも、形・色・つや・デザインがすべて異なり、一つ一つ名前がついているんです。

 

_MG_2654_MG_2646

 

また、今回の企画展と一緒にご覧になっていただきたいのがこちら。

 

 

茨城県会場では、入口にいすが飾られているのですが、ルーシー・リーの先生がデザインにたずさわっていた椅子です。偶然茨城県立歴史館で発見されたとのこと。何かこの企画展に縁が感じられますね。

_MG_2688

 

また、「没後25周年里中英人展」が開催中ですが、この方も、ルーシー・リーの作品に影響を受けた方の一人。里中さんは実際に作品も持っていて、その作品から影響を受けた作品が今回の企画展に展示されています。

こちらが影響を受けた作品。ルーシー・リーのポットの作品が見え隠れしています。

 

_MG_2682

こちらが、実際に所有していたルーシー・リーの作品。

_MG_2696

ルーシー・リー展開催記念の陶芸コンテストの受賞作品も展示されていますので、こちらもぜひご覧ください。

 

 

_MG_2693

最後に、今回取材にご協力していただいた首席学芸員柳田さんは、「鉢」や「花瓶」のバリエーションの多さや、ひとつひとつの作品のフォルムの美しさを見ていただきたい。展示も工夫しており目線を高くしているので、さまざまな角度から作品を堪能してほしいとのことです。また、ピンクや黄色、緑などの色彩の作品に目をひきますが、ルーシー・リー自身は、白が好きだったとのこと。作品にも白の様々なバリエーションがあり、こちらもぜひ実際にご覧になっていただきたいとのことです。

 

私も実際に見て、どれも素敵な作品ばかりでしたが、私のお気に入りの作品はこちら。鮮やかなきいろの色がとても目を引きました。

_MG_2638

 

みなさも、実際に作品をご覧になってお気に入りの作品をみつけてください!

 

 

 

「没後20年 ルーシー・リー展」の会期・会場等のご案内です。

会期:4月11日(土)~6月21日(日)

会場:茨城県陶芸美術館 地階企画展示室、2階県民ギャラリー

開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日:月曜日(ただし5月4日(月)は閉館、7日(休館)

観覧料:一般820(670)円、高校生・大学生620(510)円、小学生・中学生260(210)円

*()内は20名以上の団体料金。満70歳以上の方。障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方。(ただし1人につき1人まで)は無料。土曜日は高校生以下無料。

 

今後開催される関連催事のお知らせ

・講演会「ルーシー・リー、ハンス・コパーと私」

5月9日(土)13:30~

定員:120名(先着順・当日整理券を発行)

・講演会「ルーシー・リー 多彩な技法、その魅力に迫る」

5月24日(日)13:30~

定員:120名(先着順・当日整理券を発行)

・ギャラリートーク

5月16日(土)、6月6日(土)

13:30~

担当学芸員が展覧会をご案内。*企画展チケットが必要です。

 

 

 

詳細はこちら

茨城県陶芸美術館(笠間市笠間2345番地)

HP

http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/

 

 

冬の味覚がいよいよシーズンSTART!あんこう鍋の季節が到来です!!

こんにちは、絶品いばらき編集部です!
皆さんご存じですか!?
「西のフグ!東のアンコウ!!」と呼ばれるほど、鮟鱇は東日本で珍重される冬の味覚なのです。
そんな鮟鱇の全国有数の水揚げ漁港が常磐沖です。
北は北茨城市の平潟・大津漁港から、南は三浜那珂湊・大洗漁港まで、常磐沖の鮟鱇がシーズンを迎えています。

そんな鮟鱇シーズン開幕を宣言するように、本日11月26日(水)にさいたま新都心けやき広場にて、『茨城あんこうフェアinけやきひろば』が開催されました!!

4e56f0da3b1ce1eb2cfd0c4968a30a9f-423x600

 

このイベントでは、茨城県内でも屈指の鮟鱇料理が盛んな5エリアから、各有名店が出店♪
なんと一杯100円という超リーズナブルな価格で鮟鱇汁が楽しめるというイベントでした。
しかも、会場では地元民でも普段滅多にお目にかかれない鮟鱇の吊るし切りの実演が見れるとあって、毎年人気のイベントです。

ただ、今回は残念ながら悪天候の中での開催・・・。

昨年ほどの来場者は得られなかったものの、それでも会場は多くのさいたま市民の皆様でにぎわいをみせました。

 

ちなみに、今回会場で振る舞われた鮟鱇汁は全部で5種類!!

例えばこんな感じですが、鮟鱇鍋は茨城県内でも大きく2種類に分類されます。

まず、漁師飯らしい仕上がりなのは、鮟鱇の肝をスープに溶いて味噌仕立てに仕上げる「どぶ汁風の鮟鱇汁」!!

_MG_8685 (2)

 

(写真 : 日立市 はぎ屋旅館 )

 

そして、もう一種類は割烹や料亭などで好まれる醤油風味の「だし仕立ての鮟鱇汁」です。

 

 

_MG_8673 (2)

(写真:水戸市 山翠 ) 

どちらも、人気なのですが鮟鱇の肝をはじめとした、こってりした味わいを楽しみたければ「どぶ汁仕立て」を!
淡白な身のもつ繊細で優しい風味を味わいたければ「だし仕立て」の鮟鱇汁がおすすめです。
この2つは好みなので、どちらが良いかはお好みで選んでください♪
ちなみに、店舗に問い合わせれば鮟鱇鍋をどちらで提供しているかを教えてくれます。

 

そんな「どぶ汁仕立て」の鮟鱇汁は鮟鱇の肝を炒るところかた調理がはじまります!!

_MG_8538 (2)もちろん、イベントで一杯100円の鮟鱇汁でも茨城県は手抜きはいたしません!!
ちなみに、この本当の美味しさを伝えてくれるのは大洗町の旅館組合の皆さんです。

まずは、念入りに鮟鱇の肝をフライパンで炒りながらじっくりと味噌と合わせていきます。

水分を飛ばしながら焦げ目を付、香ばしさを引き出したらこれを濾しながら鍋へと入れていきます。

_MG_8566 (2)

 

かなりの手間を擁して、鮟鱇汁は提供されるのです。

ちなみに、今回のイベントでは「どぶ汁仕立て」を提供したのは北茨城市、日立市と大洗町の3市町。

「だし汁仕立て」を提供したのは水戸市とひたちなか市でした!!

ちなみに、個人的にびっくりしたのはひたちなか市の住吉さんの提供してくれた鮟鱇汁!!

_MG_8689 (2)(写真 : ひたちなか市 すみよし)

まるごと鮟鱇の肝がひと切れ鮟鱇汁の中に入っていました。もちろん、鮟鱇の柳身もどんぶりの底に隠れています♪
とっても上品な味で美味でした!!

 

そんな鮟鱇鍋をいばらきで楽しむなら、是非このページを参考にしてください!!

153ab07fb0a802fe37f5be4bb32522ad

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/anko.html

もちろん、絶品鮟鱇汁は来場してくれたお客様を満足させてくれました!!
この笑顔を見れば、その美味しさは一目瞭然ですよね♪

_MG_8599

(写真 : 北茨城市 篠はら別館)

これから、寒さが増すほどに鮟鱇は肝が大きくなり大型のものは体重が20kgを超え、肝も5kgを超えるような大物が水揚げされます。
大きいほど美味しいとされる鮟鱇はまさにいまからが『旬』です!!
ぜひ、鮟鱇の聖地と称される茨城でその本場の味を堪能してください♪

 

 

제63회 가쓰타 전국 마라톤

タイトル(韓国)

~  제군들이여! 가쓰타의 바람이 되어라!  ~

1

2

내년 1월 25일 (일)에 개최되는 제63회 가쓰타 전국 마라톤!

올림픽 메달리스트 에릭 와이나이나를 초청해 성대하게 개최됩니다.

3-한글

드디어 10월 1일 (수)부터 신청 개시!

(※신청방법 등 자세한 정보는 하기「관련 링크」에서 『제63회 가쓰타 전국 마라톤【공식】』을 참고하세요)

共通

일시

개최일: 2015년 1월 25일 (일) 우천시에도 결행

신청기간: 2014년 10월1일 (수)~2014년 11월 17일 (월)

※    신청 마감후의 참가신청은 일체 접수하지 않습니다.

시간

【개회식‧표창식】(1월 26일)

‧ 개회식: 오전 9시 15분 (이시카와 운동장 石川運動ひろば)

‧ 표창식: 10km 팀 – 오전 1시 정각 (이시카와 운동장)

‧ 마라톤 팀: 오후 2시 정각 (이시카와 운동장)

참가비

남자 마라톤‧여자 마라톤: 5,000엔 (고교생3,000엔)

남자 10km‧여자 10km: 4,000엔 (고교생 3,000엔)

회장

이시카와 운동장 (이바라키켄 히타치나카시 이시카와조 내)

교통

JR조반선 가쓰타역에서 도보 10분

※    당일 가쓰타역에서 마라톤 버스 운행 (무료)

참가자격

‧  일본 육상경기연맹 등록자 및 일반경기자

‧  국적 불문, 단 고등학생 이상

‧ 육상연맹 등록자는 반드시 신청서에 등기 등록번호와 등록 단체명을 기입하시기 바랍니다.  또한 본 대회 중요 사항의 결정에 따라 주시기 바랍니다.

‧  선수로서의 매너를 엄수하여 주시기 바랍니다.

문의처

【대회내용에 관하여  (월~금  8:30~17:30)】

〒311-1292 이바라키켄 히타치나타시 와다초 2-12-1

히타치나카시 교육위원회 사무국 스포츠 진흥과 내 가쓰타 전국마라톤 대회사무국

 TEL: 029-262-5615 / FAX: 029-262-5637

【인터넷 및 휴대전화로의 신청에 관하여】

RUNNET의 문의 양식을 이용하시기 바랍니다.

URL: http://runnet.jp/cgi-bin/contact.php?p1=03

※    질문 종류는 「대회신청에 관하여」를 선택하시고, 항목은 반드시 「제62회 가쓰타 전국 마라톤」으로 입력하시기 바랍니다.

관련링크

제63회 가쓰타 전국 마라톤【공식】http://katsutamarathon.jp/

은행 축제

타이틀

1974(昭和49)년에 개관된 이바라키현립 역사관은 역사 박물관과 문서관의 기능을 겸한 시설로서, 이바라키의 원시ㆍ고대 시대부터 근ㆍ현대 시대까지의 역사가 상설 전시되어 있습니다.

 

1

넓은 부지(약72,000㎡)안에는 본관 외에도 이축 복원한 에도 시대의 민가 건축과 메이지 시대의 서양풍 교사 등이 있습니다.  많은 초목에 둘러싸여 있어 계절에 따라 여러가지 아름다운 모습을 보여 줍니다.  가을이 되어  노란 은행잎이 가득채우고 있는  향수어린 관내를 산책해보시는 것은 어떠세요?

 

2

은행의 가로수가 노랗게 물드는 11월에 은행축제와 함께 휴일에 일본 전통문화를 즐길 수 있는 이벤트와, 15일 17시30분 부터는 라이트업과 함께 이벤트가 열립니다.

 

3

 

 

4-한글

 

 

 

  • 11월9일(일) 일본 제일의 사회인 라쿠고카(落語家) 니쇼테찬페(二松亭ちゃん平) 공 연(14:00)
  • 11월13일(목) 샤미센 연주자 가와시마(川嶋志乃舞), 쓰가루샤미센 공연 (11:00), 다과회, 고민가 해설 등
  • 11월 15일(토) 장인의 솜씨전, 잡화 마켓 등, 은행 가로수 라이트업 이벤트 (17:30)
    * 촛불행사
    * 은행 레스토랑
    * 나이트 콘서트
    * 괴담 (18:00)
    * 나이트 뮤지움
  • 11월16일(일) 장인의 솜씨전, 잡화 마켓, 매직쇼, 다이도게(大道藝), 미니 SL(증기기관차) 등

 

 

 

共通

 

 

 

기  일 11월 1일(토) ~11월24일(월.대체 휴일)
시  간 9:30~17:00 (입장은 16:30까지)
요  금 이벤트의 참가비는 기본적으로 무료 (일부 유료)
휴관일 월요일 (축일의 경우는 그 다음날)
교  통 【전  철】JR 조반선 미토역 하차, 이바라키 교통 버스(북쪽출구 4번 정류장)에서           가이라쿠엔 행 승차 (10분), 「역사관‧가이라쿠엔 입구」하차, 도보 2분
【자동차】조반 자동차도 미토IC에서 다이쿠마치 방면으로 약 7km, 약15분
문의처

이바라키 현립 역사관 (〒310-0034 이바라키켄 미토시 미도리마치 2-1-15)

TEL 029-225-4425 FAX 029-228-4277

홈페이지 http://www.rekishikan-ibk.jp

이바라키의 단풍☆2014(2)

title-korean 2

 

가을! 이바라키 현에도 드디어 단풍의 계절이 찾아왔습니다. 풍부한 자연에 둘러싸인 이바라키에는 추천하고 싶은 단풍 명소가 많이 있습니다.   자연이 빚어내는 아름다운 색채의 풍경을 만끽하시기 바랍니다.

1-korean*단풍시기의 신착정보는URL( http://www.ibarakiguide.jp/seasons/koyo.html)에서 확인하세요。

k7

k8k9

k10

k11

이바라키의 단풍☆2014(1)

title-korean 1

 

 

가을! 이바라키 현에도 단풍의 계절이 찾아왔습니다. 풍부한 자연에 둘러싸인 이바라키에는 추천하고 싶은 단풍 명소가 많이 있습니다.

자연이 빚어내는 아름다운 색채의 풍경을 만끽하시기 바랍니다.

 

1-korean*단풍시기의 신착정보는URL( http://www.ibarakiguide.jp/seasons/koyo.html)에서 확인하세요。

k2

k3

k4k5

k6