ただいま開催中!sense IBARAKI「いばらき和空間」@東京ミッドタウンガレリア地下1階


投稿日:2017年02月23日   投稿者:絶品いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です

茨城県内では先週水戸の梅まつりが開幕し、今週末は筑波山梅まつりが開幕
続々と春を告げるイベントがはじまっていきます

そんな花に注目が集まる茨城県の観光

しかし、茨城県は美しい花をはじめとした観光以外にも、

素敵な伝統工芸品の産地でもあります

ユネスコ文化遺産にも指定されている結城紬
GWの陶炎祭でも人気の笠間焼
そして、御影石の中でも別格の扱いを受ける真壁石燈籠
そんな3つの伝統工芸の産地が協力し、

数年前から茨城県伝統的工芸品産地交流促進協議会が設置されています

そんな協議会がより多くの人に茨城県の伝統工芸品を手にとってもらい、

日々の暮らしにちょっとした潤いを与えたいと、

新商品の開発と工芸品のPRに尽力しています

そのテストマーケティングとして現在、

六本木駅直結の東京ミッドタウンガレリア地下1階で開催中なのがこのイベント!!
sense IBARAKI 「いばらき和空間」

2017年2月16日~2月27日まで開催中です

会場は東京ミッドタウンということもあって

ショップの外観もとってもシックで風景に溶け込む感じ♪

そんな「いばらき和空間」では笠間焼協同組合に加盟する

作家たちの1点物の作品も販売!!
他にも、本場結城紬織物協同組合と卸商協同組合が開発した

結城紬を使ったテディベアや小物
真壁石材組合からは真壁石を使った洋間にもフィットする

御影石のライトスタンドなどが展示&販売されています

この「いばらき和空間」を主宰する

茨城県伝統的工芸品産地交流促進協議会会長の林清さんにお話を聞きました


林さんは「他分野、かつ伝統工芸品の一大産地をいくつも抱える茨城県。そんな茨城県の伝統工芸品のPRとテストマーケティングとして、この『いばらき和空間』を開催することになりました。madeinJAPANprojectさんの主宰する東京ミッドタウンの『THE COVER NIPPON』でもすでに展示&販売されていますが、今回は笠間・結城・真壁の3産地から120以上のアイテムを選りすぐってこの特設ショップに用意しました。本当に良いものを知ってもらうとともに、わたしたち生産地としても新しい販路や新商品を開発することで後継者のモチベーション向上をはかっています」とコメントし、このイベントをまとめてくれました

 

ちなみに、真壁石は上質の御影石
石と言うと大理石が高級素材として注目されますが、

実は御影石の方が硬くて加工は非常に難しいのだとか…

また、今回のイベントではそんな生産者の声も聴けるイベントが開催されました

それが先日、2月22日に開催された

『いばらき、3つの伝統工芸を感じる。温もりの夕食会』

この会自体は、工芸品バイヤーや飲食店関係者、メディア関係者などを中心に招待

3つの組合の代表が会場に集い食事会と共にトークセッションを開催

そんな会場には本場結城紬の蚕の繭からとった真綿(絹)から糸をつくる職人さんと、

実際に結城紬を織る職人さんの実演会も用意されました

提供される食事には笠間焼の器が使われ、間接照明として真壁石のライトが活躍
茨城の伝統工芸を堪能しながらの食事会となりました

その時の模様を下に動画でまとめましたので、ぜひ再生して楽しんでください!!

残り僅かですが、茨城の伝統工芸品を手にとれるチャンス!

ぜひ会場へ!

週明け月曜日まで開催の「いばらき和空間」
お近くにお越しの際は、ぜひ足を運んでみてください!!

詳しくは東京ミッドタウンのホームページで♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shop-restaurants/hitotoki/

back to top

「ISHIOKA SATOYAMA EXHIBITION」3月5日(日)まで開催中


投稿日:2017年02月19日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!

観光いばらき編集部です!

 

道の途中、ピンクや白の梅の花が咲き

春の訪れを感じる今日この頃。

 

早咲きの桜「河津桜」が咲き始めた茨城県フラワーパークでは

「いしおかの里山アート展」というイベントが開催中と聞き

いってまいりました~!!

 

 

山々に囲まれた豊かな自然が広がり、

農産物に恵まれている石岡市が舞台。

 

茨城県フラワーパークにて咲いている「河津桜」を楽しんだり、

パーク内にある遊具で遊んだり、

周辺で、旬の「いちご狩り」を楽しんだり、

「やさと温泉ゆりの郷」でのんびりしたり、

今の時期、魅力いっぱいの石岡市に

さらに行ってみたくなるイベントです!

 

「いしおかの里山アート展」では、

2月11日(土)~3月5日(日)まで、

県外の武蔵野美術大学の学生作品や

ニューヨークADC入選作品のパネル展示が

茨城県フラワーパーク内のあちこちに飾られます。

 

その数、80作品+83枚(パネル展示)!!

合計「163」の芸術作品に出逢うことができます!!!

 

入り口でイベントの案内をしていた

石岡市観光課の水野さん・田村さんに

事前に(私が巡る前に)一押し作品を教えてもらいました。

 

 

水野さん(写真・左)は、佐久間優季さんの作品「重たい春」!!!

「これは力作だ!」と感じたそうです。

また、西島彩貴さんの作品「東京散歩 場所のもつ記憶と力」にも

作品紹介を読み、作者の世界感に面白さを感じたと教えてくれました。

 

田村さん(写真・右)は、瓦アート作品が好きとのこと。

通常は芝生の場所に、瓦アートが置かれることで

美術館みたいになっていると面白さを語ってくれました。

 

瓦は石岡市に奈良時代から伝わる「八郷瓦」を使用。

地元企業の桜井瓦工業有限会社と協力してつくられた作品だそう。

 

さ~て、早速園内へ!

入園料は普段と変わらず、【大人370円(団体300円)、小人190円(団体150円)】です。

 

玄関近辺に早速作品発見!

以下の3つの石のアート作品がありました。

■佐野研二郎作「DO IT BETTER」

■永井一史作「石のまち」

■ワビサビ作「Intentio」

 

 

ユニークな運転手の「周遊車」

【片道、中学生以上200円・小学生100円、小学生未満無料(定員は運転手込14名)】

に乗って、一気に頂上までいっちゃいます!!!

 

 

 

 

 

頂上では、筑波山をバックに「河津桜」が見事に咲き誇っていました。

とっても綺麗ですね!!!

 

 

展望台のある頂上では、以下の2つの作品が飾られていました。

■けんちく探検隊作「タケタケくん」

■西島彩貴作「東京散歩 場所のもつ記憶と力」

 

 

頂上から芝生の丘へ向かう途中、

近々見頃を迎える梅の花が咲いていました。

また、下をみると黄色い花の福寿草も咲いています。

とってもいい香りがして歩いていて気持ちよいです。

 

 

 

 

芝生の丘へむかう途中にある「花のすべり台」【一回:大人400円、小人300円】も

ぜひ立ち寄ってください♪

 

自動のすべり台で、約3分かけて園内を昇っていき

800mもの長さを一気に下るスリル満点のおすすめアトラクションです!

みんな楽しそう!

 

 

 

 

さて、芝生の丘につくと、

荒井律香作「球」がありました。

美しい球形の作品を眺めながら、のんびりできます。

 

 

その先のフラワードームの4作品をみる前にちょっと一服。

イベント開催中の土曜・日曜には、フラワーパーク内においてキッチンカーが出店!

風が冷たいこの時期に嬉しい温かいスープや食べ物をGET☆

 

フラワードーム内で食べられると教えてもらいました。

ドーム内のベンチでいただきま~す!!

 

 

元気チャージしたところで

フラワードーム内の以下の4作品をみて回りました。

■鈴木美緒作「日々を結ぶ」

■陳重穎作「汚泥進出」「擬態計画」

■佐久間優季作「重たい春」

 

石岡市観光課・水野さんが一押しで紹介してくれた、「重たい春」の存在感に圧倒されます!

生花は、花を生けるときの、その人の心が映し出されるという

作者の言葉が印象的でした。

ぜひ、作品と一緒に作品紹介文も楽しんでください♪

 

 

※陳重穎作「擬態計画」はこちらにあります!

 

 

フラワードームを出ると、

ニューヨークADC入選作品のパネル展示がずら~りと並んでいます。

時間に余裕がある人は、ぜひゆっくり観覧しながら下る(もしくは昇る)のが優雅ですね。

 

 

 

 

途中、パネル展示の反対に瓦アート作品も登場!

私のお気に入りは柏木陽子作「女は、液体である」。

他にもユニークな作品が70点ずらりと並んでいるので

自分のお気に入りをみつけて楽しんじゃいましょう♪

 

 

 

茨城県フラワーパークの旬の花「河津桜」「梅」「福寿草」のほか

今だけたくさんの芸術作品が楽しめる「いしおかの里山アート展」開催中の

贅沢なこの機会にぜひ、茨城県フラワーパークへお越しください♪

 

そして、周辺地域でいちご狩り、温泉、直売所でのお買い物など

自然の恵みいっぱいの石岡市をご堪能ください♪

 

 

**********************

「いしおかの里山アート展」

開催日程:2017.2.11[土]~3.5[日]

開催場所:茨城県フラワーパーク内及び上青柳地区

開園時間:9:00~17:00

休館日:月曜日

問:石岡市観光課(0299-43-1111)

☆2017.3.3[金]~3.5[日] フラワーパーク駐車場にてクラフト展開催!!

**********************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

back to top

かすみがうらライドクエスト フルーツハンター2016冬~春


投稿日:2017年01月31日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の渡辺です。

 

冬空の下、寒い日々が続いていますが、日中は暖かい日もちらほらと出てきていて、

春が待ち遠しい~!と思う今日この頃です。

 

寒い日は外に出ようとしても腰が重く、運動不足になりがちです。

しかし、太陽がバッチリ出ている日は結構暖かく感じます。

そんな日は外で運動をしてみてはどうですか?

 

景色が良く空気もきれいで、観光も出来て美味しい旬の物も食べられ、程よい運動になる。

そんな欲張りプランをご紹介します。

 

 

かすみがうら ライドクエスト フルーツハンター2016冬~春

 

 

題名にあります『ライドクエスト』とはいったい…。
直訳すると、「自転車に乗って冒険の旅にでること」です。
そしてサブタイトルに『フルーツハンター2016冬~春』とあります。
そこで、右手にライドクエストを持ち、左手にフルーツハンター・・・を持って、あ~んって言いながらがくっつけると、PPA・・・ではなく
『かすみがうらの特産フルーツを楽しみながら巡る

体験型サイクリングプログラム』
となるわけです!

 

かすみがうら市は、都心から車で約1時間と言う好立地です。

それに加え、りんごや梨、ぶどう、いちご、ブルーベリー、栗、柿などの

果物が豊富に栽培されています。

 

 

また、日本で第2位を誇る広さの湖、霞ヶ浦に面しており景観も抜群!

県内外の人々からこよなく愛されている場所です。

 

かすみがうら市を手軽で、健康的に満喫してほしいと、

かすみがうら未来カンパニーが地域活性化を目指し運営。

 気軽に楽しめるレンタルサイクルのほか、半日~一日遊べるサイクリングレジャープログラム

「かすみがうらライドクエスト」を用意しました。

 

フルーツハンター2016冬~春プログラムの期間 は、

2016年12月20日~2017年5月31日になります。 

 (プログラムは季節によって変わります)

 

さて、楽しみ方はというと、3つのコースがあります。

 

まず、ショートコース 約25km
初心者でも気軽に楽しめる、25kmのショートコース。

 

コース紹介

【四万騎農園】(受付・コース説明・安全講習)

 ↓

【果樹狩りスポット・ランチ休憩】

下記の農園の中からひとつで、時期によって案内される農園は異なります。
①大関いちご園②田崎ファーム③沼田農園④すずめっこの森
⑤いけだファーム⑥永田いちご園

 ↓

【やまゆり館】足湯
2㎞(約10分)

 ↓

【ケアハウスピソ天神・げんき村】ラマとの触れ合い
10㎞(約45分)

 ↓

【富士見塚古墳】
6㎞(約20分)

 ↓

【交流センター】
農村環境改善センター(シャワー施設)
イチゴのドレッシング作り体験/夕食(かすみキッチン)
※16:00までにはかすみがうら市交流センターに帰還。

期間

2016年12月20日
~2017年5月31日

時間

9:30~18:00

料金

大人:8,500円
小人:6,500円
※自転車持込の方は1,000円割引

受付

かすみがうら市交流センター

 

 

 

 

次にロングコース 約50kmのご紹介!

経験者やしっかりと運動したい人は50kmのロングコースで!

 

 

【交流センター】(受付・コース説明・安全講習)

 ↓ 

【果樹狩りスポット・ランチ休憩】

下記の農園の中からひとつで、時期によって農園は異なります。
①大関いちご園
②田崎ファーム
③沼田農園④すずめっこの森
⑤いけだファーム
⑥永田いちご園
【やまゆり館】足湯
2㎞(約10分)

 ↓
【ケアハウスピソ天神・げんき村】ラマとの触れ合い
10㎞(約45分)
【富士見塚古墳】
6㎞(約20分)

 ↓
【交流センター】
農村環境改善センター(シャワー施設)
イチゴのドレッシング作り体験/夕食(かすみキッチン)
※16:00までにはかすみがうら市交流センターに集合。

 

期間

2016年12月20日
~2017年5月31日

時間

9:30~18:00

料金

大人:7,500円
小人:5,500円
※自転車持込の方は1,000円割引

受付

かすみがうら市交流センター

 

いちごの季節は果樹園でイチゴ狩りができます♪

 

採れたていちごは香りとみずみずしさが違います。

 

いちごの旬の時期は1月~5月あたりと言われてます。

1(イチ)月・5(ゴ)月と覚えれば簡単ですね♪

 

 

 

最後に神立駅発プラン【ショートコース】約25kmのご紹介!

このプランは、特に車がない方で電車でいらっしゃる方におすすめです。
受付のあるかすみがうら交流センターまでお出迎え付き!

 

【四万騎農園】(受付・コース説明・安全講習)

 ↓
【果樹狩りスポット・ランチ休憩】

下記の農園の中からひとつで、時期によって農園は異なります。
①大関いちご園②田崎ファーム③沼田農園④すずめっこの森
⑤いけだファーム⑥永田いちご園

 ↓ 

【やまゆり館】足湯
2㎞(約10分)

 ↓

【ケアハウスピソ天神・げんき村】ラマとの触れ合い
10㎞(約45分)

 ↓ 

【富士見塚古墳】
6㎞(約20分)

 ↓ 

【交流センター】
農村環境改善センター(シャワー施設)
イチゴのドレッシング作り体験/夕食(かすみキッチン)
※16:00までにかすみがうら市交流センターまでに帰還。

期間

2016年12月20日
~2017年5月31日

時間

10:00~18:00

料金

大人:9,500円
小人:7,500円
※自転車持込の方は1,000円割引

受付

神立駅

 

こちらが3つのコースの最終目的地である、かすみがうら市交流センターです。

 

 

各コースのPDF

25kmコース

http://kasumigaura.miraidukuri.jp/ridequest/images/map_sc.pdf

50kmコース

http://kasumigaura.miraidukuri.jp/ridequest/images/map_lc.pdf

神立駅発25kmコース

http://kasumigaura.miraidukuri.jp/ridequest/images/map_sc.pdf

 

 

霞ヶ浦を横に、とても気持ちよさそう♪

 

 

貸し出しされている自転車はピッカピカで、整備が行き届いています!

だからストレスもなく、走っていて、とても気持ちいいんです♪

 

かすみがうら市を満喫したら、最後に交流センター2Fの

『かすみキッチン』で夕食を頂きます。

こちらのレストランは地産地消を掲げ、かすみがうら市で取れた品を

ヘルシーに仕上げて提供してくれます。

ちょうど時間も夕暮れ時で、眺めの良いレストランで、夕日を観ながら

美味しいものを食べて一日の疲れを癒してください。

こちらは、かすみキッチン人気NO.1の『蓮根豚ハンバーグ』

 

都内からの利用者も多く、女性にも大人気♪ 

 

自分のペースで運動が出来て、

栄養補給と称し、旬で美味しい採れたてフルーツを食べ、

美味しい空気と景色を堪能し、

最後に絶品グルメでしめる♪

 

充実した一日になる事、間違いない『かすみがうら市ライドクエスト』。

 

ぜひお試し下さい! 

 

 かすみがうらライドクエストHP

http://kasumigaura.miraidukuri.jp/ridequest

 

【お問い合わせ先】

株式会社かすみがうら未来づくりカンパニー

TEL :029-840-9010

住所:茨城県かすみがうら市坂4784地先

back to top

あんこう料理で心も体もポッカポカ!第3回あんこうサミット開催


投稿日:2017年01月17日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の渡辺です。

寒波到来で一段と寒さが厳しい今日この頃。

こんな日は体の芯から暖まりたいな~・・・

 

うまいもんがわんさかあってあったまれるイベントがあったら・・・?!!

 

 

あるんです!とっておきのイベントがっ!!

 

 

それがこちら

『第3回 全国あんこうサミット』です。

開催日時:1月22日(日)10時~15時(雨天決行)です。

 

会場:茨城県北茨城市関南町仁井田789 

北茨城市漁業歴史館よう・そろー敷地内

http://www.yo-soro.org/

 

 

昨年大盛況だった全国あんこうサミット。

 

今年も全国各地自慢のあんこう料理が北茨城に集結します!

 

 

 

今回は、南は熊本県天草から北は青森まで39団体が参加します。

その中から18店舗があんこう鍋など絶品グルメを300円~で販売!

 

 

 

こういう機会でないとあんこう鍋の食べ比べは中々出来ません。

地域での味付けの違いを堪能してはいかがですか!?

 

 中に入っている具材や色などさまざまなでビックリ!

 

 

そもそも全国あんこうサミットがなぜ北茨城ではじまったのかと言うと、

『あんこうどぶ汁』の発祥地だから!

そこで全国にあんこう料理の美味しさと素晴らしさを発信していきたいとはじまったイベントです。

どぶ汁とは!?

 

昨今のようにまだあんこうが世間一般的で食べられていない時代に

漁師飯として船上で食べられていました。

鍋の中に水をくわえず、野菜・味噌・そして獲れたてのあんこうを

余すところなく切り分け、煮込んだ鍋です。

出来上がるころにはあんこうや野菜の旨みとあん肝、

そして味噌がからみあい、濃厚でふくよかな味わいになります。

 

 

さて、ステージ上では、豪快なあんこうの吊るし切りをはじめ、

ねばねば音頭の披露やねば~る君もお目見えと、盛りだくさんのイベントとなっています。

この吊るし切りから

野菜を加え

味を調えて 

はい、どうぞ!

あっつあつで、身もゴロゴロ入っていて大満足♪

ほっぺたが落ちまくりで、拾うのが大変です!

 

 

 また、県内から新鮮採れたて野菜や全国から名産品も数多く出展!


みんな元気で笑顔がいっぱいあふれています♪

大人気のあんこう鍋は、売切れ次第終了となるので、お早目の来場をおすすめします。

 

うまいもんを食べて、

体もあったまって、

みなさんの笑顔や出会いに心もあったまる♪

 

今が旬のあんこう!

 

この機会にぜひ北茨城に訪れて、絶品のあんこう料理を食べてみてください。

 

全国あんこうサミット実行委員会事務局
(北茨城市役所商工観光課内)
茨城県北茨城市磯原町磯原1630

TEL 0293-43-1111(北茨城市役所代表)

 

HP 北茨城市観光協会

http://www.kitaibarakishi-kankokyokai.gr.jp/page/page000408.html

 

back to top

【速報】茨城を代表するおみやげ品を決定!『茨城おみやげ大賞2016』最終審査結果発表!!


投稿日:2016年12月14日   投稿者:絶品いばらき特派員

みなさんこんにちは観光いばらき編集部です!

きょうは3年に1度、茨城を代表するお土産を決する、茨城おみやげ大賞2016の最終審査が

水戸市の京成百貨店で開催されました

一般審査による一次投票で148アイテムから絞り込まれた30品目

この中から最優秀金賞10品目が選ばれます!

会場となった京成百貨店9階バンケットルームには4つのテーブルが用意され

各テーブルに7~8品のアイテムが陳列

持ち時間4分間で2~3名のグループに分かれた審査員にプレゼンテーション

パッケージデザインや試食、そして茨城らしさについてスタッフから説明され

審査員からも質問が飛び交いました

各テーブルでの審査が終わるごとに集計表を回収

随時集計に回され合計点の高さを競います!

審査員として茨城おみやげ大賞2016に参加してくれたのは以下の7名

良品工房 代表 白田 典子(はくた のりこ)
三越伊勢丹 食品第一商品部 グローサリーバイヤー 阿江 規孝(あえ のりたか)
JR東日本水戸支社 事業課課長 坂本 有希子(さかもと ゆきこ)
水戸京成百貨店 催事課長 鈴木 達也(すずき たつや)
フードジャーナリスト 小松 宏子(こまつ ひろこ)
いばらき観光マイスターS級 堀田 誉(ほった ほまれ)
     〃         依田 直子(よだ なおこ) 

 

会場では、メーカースタッフが審査員に情熱的にプレゼンテーション

茨城の特産品を使ったり、25年ぶりに新しくなったパッケージをPRしたり、

素材を作る農家の素晴らしさを伝えたりと熱気溢れる雰囲気に

その結果、最優秀金賞に選ばれた10品が選出

審査委員長の白田さんはコメントで

「今回、お土産という観点で、パッケージが大きいものやギフトとの区別がつきづらい商品もありましたが、もらって嬉しいという気持ちを大切にしました。加えて見た目以上の商品も多く、パッケージはまだまだでも、食べてみると本当に美味しいという商品も多かったです。また、茨城らしさを大切に選ばせてもらいました。ここに選ばれた30品全てが厳しい一次審査を通過してきたこともあって、どれもが素晴らしい商品でしたが、甲乙つけ難い中、審査員で10品目に最高金賞を選ばせてもらいました。」

と総括を残してくれました

では、茨城おみやげ大賞2016最高金賞に輝いた10品がコチラ

菊水食品/はこいり娘4姉妹セット(納豆)

てるぬまかついち商店/ほしいも農家の白ぷりん

幸田商店/海風ほしいも

小美玉ふるさと食品公社/季節のドリンクヨーグルトセット

花貫フルーツほおずき倶楽部/花貫フルーツほおずきアイスセット

夢食六ファームほくほく/冷やし焼き芋「プレミアム夢ごこち」

鴨安商店/いわしさくらぼし

高橋肉店/茨城の美味しいお肉「常陸牛&瑞穂のいも豚みそ漬」セット

ふじ屋/和栗ぷりん

鳥末食品/肉ちりめん

 

受賞者一覧

中でも、無農薬&無化学肥料の自社農園でサツマイモ作りからこだわる

てるぬまかついち商店広報の鈴木さんは

「こういった場所でこのような栄誉ある賞を頂けることを誇りに思います。ほしいも農家だったり、たくさんの人の想いがつまった商品が最高金賞に選ばれて嬉しいです。もっとたくさんの人にこの商品の美味しさを知ってもらえればと思っています」

とコメント

他にも龍ヶ崎コロッケで有名な高橋肉店の飯島さんは

「美味しい空気、美味しい水、おだやかな気候、豚も牛も美味しく育つ茨城の肉の美味しさを、全国の人、世界の人に知ってもらいたくてこの商品を作りました。この商品を通して、茨城ってとっても住みやすい県なんだと知ってもらえれば嬉しいです!!」

と受賞の嬉しさとともに、これからのPRにも力をいれていくことを言葉にしてくれました

その他、20品目に関しても茨城おみやげ大賞2016金賞として

これから茨城県として販売PRをバックアップしていきます!

ちなみに、外国人向けOMIYAGE部門を今年は新設

明利酒類/本格梅酒梅香百年梅酒

廣瀬商店/梅酒八代セット

農創/こめつぶぱんだの米みつ

の3商品が受賞しました!!

最後に茨城おみやげ大賞2016を担当した

茨城県商工労働観光部観光局観光物産課 瀬谷さんのコメントです。

 

「今回の茨城おみやげ大賞は茨城の地域性がみられる商品が特に多く最高金賞に選出されたと思います。中でも生産量全国2位のサツマイモ関連の商品が多かったことが特徴だったかもしれません。前回のお土産コンクールに対して、一次審査を設けたことで、今回の茨城おみやげ大賞は非常にレベルが高かったと審査員の方からも総評を頂きました。金賞を受賞した20品目も合わせ、これから茨城県のお土産はコレだと皆さまに言ってもらえるようPRしていきたいと思います」

とまとめてくれました

2017年1月には都内での記者発表を予定

観光いばらきでも近日、茨城おみやげ大賞特設ページを公開予定です

こちらも楽しみに待っててください♪

back to top