2/20から開催!アイデア満載の「常陸太田あずきフェス.」


投稿日:2015年02月18日   投稿者:絶品いばらき特派員

こんにちは!

絶品いばらき編集部の根本です。

 

ことあるごとに郷里・常陸太田推しでブログを更新してきた私が今回紹介するのは、

やっぱり常陸太田のイベント!

あずきフェス.」です。

 

flayer6

 

これまで、第一回からずっと追いかけ続けてきた常陸太田ファーム&キッチン。

その第六回目が、2/20から3/8まで開催されます。

 

まだご存知でない方に、簡単に趣旨をご説明しますね!

常陸太田の若い農業人が丹精込めて育てた特産品を使って、市内の料理人が腕をふるう、

農と食と地域を結ぶコラボレーション企画です。

これまで「ぶどう」「なし」「いちご」「カボチャ」など、様々な素材をお題にしてきましたが、

今回のテーマは「あずき」!!

 

あずきと聞くと、イメージするのはやっぱり餡ですよね。

やっぱりスイーツが数多く登場するんでしょうか・・・?

と、普通はそんなイメージを抱くところですが、このイベント。

毎回、びっくりするようなアイデア料理が飛び出すんです!

 

いちごがトンカツソースとして登場したり。

ぶどうが角煮と一緒に煮込まれて出て来たり。

料理人の皆さんがそれぞれの得意分野を活かした、スペシャルな料理を味わうことができます。

 

 

今回のテーマとなる「あずき」についてですが、

常陸太田の中でも北部の「里美地域」で栽培されている在来品種・「娘来た」を使っているそう。

種継人の会という、在来品種を発掘し、守る活動をしている皆さんが育てています。

白と赤のマーブル模様が特徴の小豆。

 

20150204_009

 

「娘来た」という名前がなんだかまたとっても素敵!

この由来は、皮が薄くて早く煮えるので、

「お嫁に行った娘が、里帰りで家に帰ってきてから用意してもすぐに煮える」

というところからなんだそうです。

 

なるほど。久しぶりに帰ってきた娘さん、美味しいものを早く出してあげたいですものね。

余談ですが、実は私の母の実家が里美地区なので、もしかしたら昔は「娘来た」を煮ていたのかなあ…と想像してしまいました。

里美地区は、常陸太田の中心市街地から車で北へ約30~一時間弱ほど向かった、福島との県境。

自然豊かで地域の皆さんも温かくて、とっても素敵な場所です。

隠れた「滝」の名所が多いという見どころもあるんですよ~。

 

と、思わず地元自慢になってしまいました。フェスの話に戻りますね!

 

今回の参加店は、全部で14店舗!和菓子、洋菓子店からレストラン、居酒屋までバラエティ豊かな参加店が名前を連ねます。

こんなメニューが各店で食べられますよ!

あずきフェス.メニュー1
あずきフェス.メニュー2 あずきフェス.メニュー3 あずきフェス.メニュー4

 

絶対に相性バツグンの抹茶と合わせたお菓子や、チリビーンズ風に小豆を使った料理。

中には、ピラフやコロッケ、「娘来た」の納豆を使ったバーガーも。

今回も、常陸太田の料理人の皆さんはやっぱり、期待を裏切りません。

「娘来た」がどんな味に変身しているのか、とても楽しみです。

 

皆さんも、常陸太田ファーム&キッチンで、

常陸太田の魅力「特産品」・「グルメ」・「地域の人のパワー」

を、まるごと体感してくださいね!

 

常陸太田ファーム&キッチン「あずきフェス.」

2015年2月20日(金)~3月8日(日)茨城県常陸太田市内参加店舗にて

http://ho-fk.com/