「ISHIOKA SATOYAMA EXHIBITION」3月5日(日)まで開催中


投稿日:2017年02月19日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!

観光いばらき編集部です!

 

道の途中、ピンクや白の梅の花が咲き

春の訪れを感じる今日この頃。

 

早咲きの桜「河津桜」が咲き始めた茨城県フラワーパークでは

「いしおかの里山アート展」というイベントが開催中と聞き

いってまいりました~!!

 

 

山々に囲まれた豊かな自然が広がり、

農産物に恵まれている石岡市が舞台。

 

茨城県フラワーパークにて咲いている「河津桜」を楽しんだり、

パーク内にある遊具で遊んだり、

周辺で、旬の「いちご狩り」を楽しんだり、

「やさと温泉ゆりの郷」でのんびりしたり、

今の時期、魅力いっぱいの石岡市に

さらに行ってみたくなるイベントです!

 

「いしおかの里山アート展」では、

2月11日(土)~3月5日(日)まで、

県外の武蔵野美術大学の学生作品や

ニューヨークADC入選作品のパネル展示が

茨城県フラワーパーク内のあちこちに飾られます。

 

その数、80作品+83枚(パネル展示)!!

合計「163」の芸術作品に出逢うことができます!!!

 

入り口でイベントの案内をしていた

石岡市観光課の水野さん・田村さんに

事前に(私が巡る前に)一押し作品を教えてもらいました。

 

 

水野さん(写真・左)は、佐久間優季さんの作品「重たい春」!!!

「これは力作だ!」と感じたそうです。

また、西島彩貴さんの作品「東京散歩 場所のもつ記憶と力」にも

作品紹介を読み、作者の世界感に面白さを感じたと教えてくれました。

 

田村さん(写真・右)は、瓦アート作品が好きとのこと。

通常は芝生の場所に、瓦アートが置かれることで

美術館みたいになっていると面白さを語ってくれました。

 

瓦は石岡市に奈良時代から伝わる「八郷瓦」を使用。

地元企業の桜井瓦工業有限会社と協力してつくられた作品だそう。

 

さ~て、早速園内へ!

入園料は普段と変わらず、【大人370円(団体300円)、小人190円(団体150円)】です。

 

玄関近辺に早速作品発見!

以下の3つの石のアート作品がありました。

■佐野研二郎作「DO IT BETTER」

■永井一史作「石のまち」

■ワビサビ作「Intentio」

 

 

ユニークな運転手の「周遊車」

【片道、中学生以上200円・小学生100円、小学生未満無料(定員は運転手込14名)】

に乗って、一気に頂上までいっちゃいます!!!

 

 

 

 

 

頂上では、筑波山をバックに「河津桜」が見事に咲き誇っていました。

とっても綺麗ですね!!!

 

 

展望台のある頂上では、以下の2つの作品が飾られていました。

■けんちく探検隊作「タケタケくん」

■西島彩貴作「東京散歩 場所のもつ記憶と力」

 

 

頂上から芝生の丘へ向かう途中、

近々見頃を迎える梅の花が咲いていました。

また、下をみると黄色い花の福寿草も咲いています。

とってもいい香りがして歩いていて気持ちよいです。

 

 

 

 

芝生の丘へむかう途中にある「花のすべり台」【一回:大人400円、小人300円】も

ぜひ立ち寄ってください♪

 

自動のすべり台で、約3分かけて園内を昇っていき

800mもの長さを一気に下るスリル満点のおすすめアトラクションです!

みんな楽しそう!

 

 

 

 

さて、芝生の丘につくと、

荒井律香作「球」がありました。

美しい球形の作品を眺めながら、のんびりできます。

 

 

その先のフラワードームの4作品をみる前にちょっと一服。

イベント開催中の土曜・日曜には、フラワーパーク内においてキッチンカーが出店!

風が冷たいこの時期に嬉しい温かいスープや食べ物をGET☆

 

フラワードーム内で食べられると教えてもらいました。

ドーム内のベンチでいただきま~す!!

 

 

元気チャージしたところで

フラワードーム内の以下の4作品をみて回りました。

■鈴木美緒作「日々を結ぶ」

■陳重穎作「汚泥進出」「擬態計画」

■佐久間優季作「重たい春」

 

石岡市観光課・水野さんが一押しで紹介してくれた、「重たい春」の存在感に圧倒されます!

生花は、花を生けるときの、その人の心が映し出されるという

作者の言葉が印象的でした。

ぜひ、作品と一緒に作品紹介文も楽しんでください♪

 

 

※陳重穎作「擬態計画」はこちらにあります!

 

 

フラワードームを出ると、

ニューヨークADC入選作品のパネル展示がずら~りと並んでいます。

時間に余裕がある人は、ぜひゆっくり観覧しながら下る(もしくは昇る)のが優雅ですね。

 

 

 

 

途中、パネル展示の反対に瓦アート作品も登場!

私のお気に入りは柏木陽子作「女は、液体である」。

他にもユニークな作品が70点ずらりと並んでいるので

自分のお気に入りをみつけて楽しんじゃいましょう♪

 

 

 

茨城県フラワーパークの旬の花「河津桜」「梅」「福寿草」のほか

今だけたくさんの芸術作品が楽しめる「いしおかの里山アート展」開催中の

贅沢なこの機会にぜひ、茨城県フラワーパークへお越しください♪

 

そして、周辺地域でいちご狩り、温泉、直売所でのお買い物など

自然の恵みいっぱいの石岡市をご堪能ください♪

 

 

**********************

「いしおかの里山アート展」

開催日程:2017.2.11[土]~3.5[日]

開催場所:茨城県フラワーパーク内及び上青柳地区

開園時間:9:00~17:00

休館日:月曜日

問:石岡市観光課(0299-43-1111)

☆2017.3.3[金]~3.5[日] フラワーパーク駐車場にてクラフト展開催!!

**********************