いばらきの体験アクティビティ!ナガタフーズで大根収穫体験してきました!


投稿日:2018年05月31日   投稿者:絶品いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!

観光いばらきホームページでは、今年おすすめの「体験アクティビティ」をご紹介しています。

家族で楽しめるワークショップや、大自然の魅力を体感できるツアー、歴史に触れるスポット見学などなど……

「こんな楽しみ方があったんだ!」と驚くこと間違いなしのアクティビティが満載です♪

その中で、先週開催された「大根収穫体験とマロンポークの焼肉」アクティビティに参加してきましたので、皆さんにレポートをお届けしたいと思います。

場所は、笠間市の「ナガタフーズ」さん。

主に大根の生産からカット加工を手がけるほか、

自社・契約農家で栽培した大根を使ったオリジナルドレッシングや

県特産のお芋、栗を使ったスイーツも開発しています。

今回は、このナガタフーズさんの畑で大根を収穫したあとに

地場産の「マロンポーク」を焼いて大根ツマサラダと一緒にドレッシングで試食。

工場見学ありお土産もありと、嬉しいこと盛りだくさんの内容です。

今回、ご案内いただきました永田修一さん。

ナガタフーズさんの工場は、笠間市と小美玉市、そして石岡市のちょうど境目あたりに位置しています。

見渡せば、田園と畑の風景が広がるのどかな場所。

集合したら、まずはさっそく大根収穫に向かいます!

今回の収穫場所はこちら!実は、永田さんの家庭菜園だそうです。

青々とした葉の下には、大根が白い顔を出しています。中には、大根が畑で実っている様子を初めて見たという人も。

確かに、言われてみれば農家や家庭菜園をたしなんでいる方でなければ

なかなか見る機会がないかもしれません。

「どれもよく育っていますので、お好きなものをどうぞ!」と永田さん。皆さん、どれにしようか吟味して…これだ!という一本を決めていました。

よいしょ~!という掛け声と共に力いっぱい、引き抜けば・・・

みて下さい!こんなに大きな大根が!

「こんな大きい大根、スーパーで見たことない!!」と皆さん驚いていました。

ずっしりと重たい大根。葉も立派で、捨てるにはもったいないですね。

大根の葉は炒め物にしたり、細かく刻んで混ぜご飯にしたりしても美味しいですよ♪

収穫した大根を手に記念撮影!皆さんいい笑顔です。

 

さて、次は畑の中を進んでいき、もっと広い畑へ。

目の前一面に広がる大根畑を見ながら、マロンポーク焼肉&大根のつまサラダ試食です!

畑には、モンシロチョウがたくさん飛び交っていて

とっても素敵な光景を目にすることができました。

ナガタフーズさんでは、このような一般参加者を募っての企画は初めてだったそう。

企画をやってみよう!というきっかけになったのが、このモンシロチョウでした。

「大根は春まきと秋まきがあるんですが、不思議と秋まき大根の畑にはモンシロチョウがいないんです。この時期になるといつもモンシロチョウがたくさん飛んでいてキレイなんですよ」

と話したところから、ぜひ皆さんにその光景を見てもらいたい!と企画が決まったんです♪

風が強い日などは飛ばないこともあるのですが、この日はお天気も良く、バッチリ見ることができました。

工場や畑のまわりでは、見たこともないような農機具があり

興味津々の皆さん。

すると、永田さんの計らいで農機具倉庫も見学させて頂けることになりました♪

シャッターを開けると、中には大小、形も様々な機械がずらり!

中には、ジャガイモを収穫するための機械を改造して「大根を収穫する」仕様にしたという

ナガタフーズオリジナルのマシンも!すごい!

とにかく畑が大きいので、育った大根を収穫するのもひと苦労。でも、この機械を導入したことでかなり効率化されたそうです。

こちらの畑の大根は、さっき収穫したものよりもまだやや小ぶり。

出荷まではもう少しでしょうか。

「よかったらこちらも1本抜いていってください、もう美味しく食べられますから」と永田さん。

いいんですか!?嬉しいです!

子どもたちもすっかり大根収穫がお気に入りのようです。

 

さて、これからはお待ちかねの試食タイムです♪

広大な畑の中にある農機具倉庫の横で、炭火焼のマロンポークをつまサラダにたっぷりON!

それに、お好きなドレッシングを選んでかけていただきます。

こちらのナガタフーズ特製「大根百笑」ドレッシングは現在10種類のラインナップ。

定番の和風やゴマ、香味野菜ポン酢のほか

豆板醤やバジルなど、ちょっと変り種も。

サラダにかけるだけでなく、今回のように焼肉のタレ代わりにしてもよし!

鍋のつけダレやパスタ、ハンバーグなどなど

色々な料理にアレンジすることもできる万能ドレッシングです。

大根おろしがたっぷり入っているので、さっぱり&食べ応えがあるのも◎。

「どんどんおかわりして、全部の味を試してみてくださいね!」と永田さんの嬉しい声に、皆さん大満腹の様子でした♪

マロンポークは、地元・笠間市の豚。その名のとおり、栗を食べて育った豚です。

大根と豚肉だけで、こんなに贅沢な美味しさを体感することが出来るなんてびっくり。

最後には気に入ったドレッシングを選んで持ち帰るプレゼントまであり、「家でもさっそく試してみます!」と、皆さん嬉しそうでした。

最後には、ナガタフーズさんの工場も見学させてもらいました。

こちらは自社、そして契約農家で収穫された大根が保存されている冷蔵倉庫。広さに圧巻です。

ナガタフーズでは毎日、大量の大根を加工しており

その多くは「お刺身のつま」としてスーパーマーケットなどに卸しているそう。

農場から加工まで一貫して行っているからこその鮮度と品質もポイントです。

自分の手で畑から収穫した大根を手に、皆さん嬉しそうな笑顔がとっても印象的でした。

大根畑がこんな素敵な光景だなんて知らなかった!

大根収穫がこんなに楽しいなんて驚き!

大根のつまがこんなに美味しく食べられるなんて新発見!

皆さんの笑顔に、永田さんも「こんなに喜んで頂けるなんて、農家冥利に尽きます」と嬉しそうでした♪

 

なかなか体験することが出来ないアクティビティ。

皆さんも、ぜひいばらきでとっておきの体験をしてみませんか♪

「観光いばらき」でオススメの体験プログラムをご紹介しています。

予約・問い合わせは下記をご覧下さい!

http://www.ibarakiguide.jp/taiken2018.html