友部SA上り「新メニューコンテスト」グランプリメニューを大井川県知事へお披露目!!


投稿日:2018年06月27日   投稿者:絶品いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です!

最近、暑い日が続きますがなぜか食欲は落ちません

いまからやってくる真夏に向けて

美味しいモノをガツンと食べてスタミナを付けましょう!!

 

そこで、茨城を訪れるときに是非食べてもらいたいのが

常磐道友部SA上り線のこの新メニュー

「君への手紙~ TOMOBE SA “FT. ” M.STYLE  ~」

実は昨年11月から販売を開始し

すでに20,000食以上を提供!

土日にはこの豪華な新メニューを食べようと

お昼時には1時間以上の列ができる人気です

さて、そんな新メニューが3月20日に開催された

平成29年度「NEXCO東日本新メニューコンテスト」決勝大会にて

見事グランプリを受賞したことを

大井川茨城県知事に報告に訪れました

表敬訪問では、菅沼眞二シェフがこの新メニューにかけたこだわりを紹介

 

中華風冷製前菜にはつくば鶏とつくば美豚を使用

常陸牛を低温調理したローストビーフ丼

中でも最も力を入れたのは遅れてサーブされる常陸秋そば

デュラムセモリナを配合した麺に

野菜やきのこたっぷりのカレー味のつけ汁を合わせます

しかも味変アイテムとして

「とろ~りチーズ」や「ダイスカットしたトマト」を

小皿で提供

ドラスティックの味を変えると大評判です♪

 

また、今回の大会で最も重要視されたテーマ

「SNS映えする新メニュー」

という難解なテーマに合わせて上野の食器メーカーとコラボした

特注の球体皿で提供

3段構造になっているので、運ばれてきて1枚

全部並べてまた1枚

そして、後から運ばれてくる蕎麦でまた1枚

ついつい嬉しくなって写真を撮ってしまうのだとか♪

そんなストーリーを聞いた上で知事も実食

この新メニューの美味しさに納得の表情!!

特にカレー味の常陸秋そばには驚いていました

 

「これは本当に美味しいです。特にローストビーフ丼をはじめ1の膳は本当に茨城の素材の素晴らしさを実感できますね!常陸秋そばは、デュラムセモリナ粉を使っていることで、パスタのような食感になっていて、若い方にも女性にも喜ばれそうな逸品。これは本当に驚きです。確かにこの新メニューを求めにツアーを組んでやってくるお客様がいるのも納得できますね。しかも、以前のグランプリメニューもオーダーできるというのは嬉しいですね!!いっそのこと友部サービスエリアも名前を『友部グランプリSA』や『友部チャンピオンSA』とか変えちゃってもいいくらいですね。そして、なによりこれで1,500円という価格も驚き。これでちゃんと儲かっているのか心配になりますね(笑)」とコメント

現在、友部SA上り線ではこの新メニュー

「君への手紙~ TOMOBE SA “FT. ” M.STYLE ~」

とともに4年前にSAPAどんぶりグランプリで最優秀賞に輝いた

「茨城を食べ尽くそう栄光のどんぶり」

も販売中です!!

ここ4年間で友部SA上りはグランプリ3回、準グランプリ1回…

友部SA上りが準グランプリのときのグランプリは実は守谷SA上り線

つまり常磐道は美味しいSA/PAグルメの宝庫だったりします♪

美味しい高速ドライブにはぜひ常磐道を使って茨城県へ!!

みなさまのお越しをお待ちしています♪

 

茨城の美味しいグルメなSAPA情報はコチラから!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いばらきのサービスエリア・パーキングエリア グルメ大集合!