秋の絶景!国営ひたち海浜公園「きて みて さわって コキアカーニバル」開催中です!


投稿日:2018年09月18日   投稿者:絶品いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!
今年の夏は厳しい暑さが続きましたね。
9月も中旬にさしかかり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉のとおり
だんだん気候も秋めいてきました。
観光いばらき編集部でも、紅葉や味覚狩り、イベントなどなど
秋のレジャー情報を続々とお届けするべく、サイトを更新中です!

その中でも、毎年大人気のイベントがこちら。

ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開催される
きて みて さわって コキアカーニバル」です。

ひたち海浜公園といえば、春は丘一面が美しいブルーに染まる「ネモフィラ」が話題ですが
秋には丘一面が真っ赤に染まるんです♪
ネモフィラの季節が終わると、入れ替わりに植栽されるのが「コキア」。
和名は「ホウキグサ」で、その名の通り昔は乾燥させた茎でほうきを作っていたのだとか。
ちなみに、コキアの実は食べることができ・・・日本では「とんぶり」としておなじみの食材です。
(ひたち海浜公園のコキアは観賞用の品種です。公園内の動植物を採取して持ち帰ろうとしてはいけません)

8月には、コキアカーニバルに先駆けてライトアップが開催されました。

夏は緑色だったコキアは、10月に入ったころからだんだんと赤く色づき始めていきます。

鮮やかな赤に染まる丘はもちろんのこと、色づき途中のグラデーションも幻想的な光景。
さらに、真っ赤な紅葉時期を過ぎたあとの、黄金色のコキアもまた秋らしくて素敵なんですよ!
ネモフィラを見にいらした方も、同じ丘が春とはまったく違う絶景に変化しているので

きっと驚いてもらえるはず。
また、みはらしの丘のふもとにはキュートなコスモス畑、白い花をつけるそば畑も広がっていて、コキアと一緒に楽しむことができます。

コスモス、コキア、そして爽やかな秋空のブルー。
丘の下から、そして上から、色々な角度から絶景を見つけてください♪

***
9/22~24の三連休には、<ひたち海浜公園フードフェスタ>COOK in JAPANが開催予定です!

茨城が誇るおいしいものが勢ぞろいする、食のイベント。

RIJをはじめ各地のイベントでも大人気!高萩市「五浦ハム」のハム焼

味に自信あり!大洗町「大洗新鮮組」の絶品しらす丼

ひたち海浜公園有する地元・ひたちなか市からは「来鳳」のスタミナラーメン!

「かるかも やっこ凧」の那珂湊焼きそば!

などなど、肉あり、魚あり、もちろんスイーツもありのバラエティ豊かな出店者が集います。

各日10:00~16:30、西口・翼のゲートからすぐの「水のステージ」周辺で開催です。(雨天中止)


お腹をすかせて遊びにきてくださいね!

==========================

きて みて さわって コキアカーニバル
期間>2018年9月15日(土)〜10月21日(日)
開園時間>9:30~17:00
休園日>9月19日(水)~10月31日(水)は毎日開園
通常は月曜日休園(月曜日が祝日の場合は開園し、翌日火曜日休園)
入園料>一般 大人(15歳以上)450円/シルバー(65歳以上)210円
※中学生以下は無料
駐車料金>普通510円、二輪260円

◎詳しくは観光いばらき 特設ページで紹介しています

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/kochia_carnival.html

==========================
渋滞知らずでスイスイ♪ひたち海浜公園へは、路線バスやローカル線「ひたちなか海浜鉄道湊線」利用も便利です!
【期間限定運行】
JR常磐線・勝田駅東口から海浜公園西口までの直行バス<2018.9/15(土)~10/21(日)の土日祝日のみ運行・片道大人400円>
ひたちなか海浜鉄道湊線・阿字ヶ浦駅から海浜公園海浜口までのシャトルバス<2018.9/22(土)~11/4(日)の土日祝日のみ運行・無料>
◎海浜鉄道湊線では、ひたち海浜公園入園券付き湊線1日フリー切符を販売しています。
※「湊線勝田駅窓口」と「那珂湊駅」で販売