紅葉のライトアップ♪


投稿日:2019年11月07日   投稿者:ibaraki

自然に恵まれたいばらきには、おすすめの紅葉スポットがたくさんあります。

本日は、前回に引き続き茨城県のおすすめ紅葉スポットをご紹介させて頂きます!

 

 

花貫渓谷(高萩市)

 

 

花園花貫県立自然公園に指定されており、大小さまざまな淵と滝が連なる花園川上流一帯の渓谷です。

小滝沢キャンプ場から汐見滝つり橋付近は特に紅葉が見事で、橋に突き出たモミジの落ち葉が積もり、橋をカーペット状に埋める。紅葉時期、最も有名なのは渓谷にかかる長さ約60mの汐見滝吊り橋からの眺めです。川沿いに茂るあざやかに色づいた左右からトンネルをつくり、華やかな景観が多くの人々を集めます。また、ハイキングコースも整備されているので美しい見頃の紅葉を味わうことができますよ!

紅葉ライトアップは11月9日(土)から11月24日(日)まで開催。※日没~19:00

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/hananuki-keikoku.html

 

 

 

茨城県立歴史館(水戸市)

茨城県の歴史に関する「博物館」と「文書館」の機能を併せ持った施設として、昭和49年(1974年)に開館しました。常設展は、県内の歴史を民俗・考古・古代・中世・近代の各部門に分けて展示しています。 広い敷地(約72,000㎡)のなかには、本館のほかに、移築復元された江戸時代の民家建築や明治時代の洋風校舎などがあります。

また、敷地内には59本のイチョウが植えられており、11/13の茨城県民の日を中心に開催される、いちょうまつりでは多くの来場客でにぎわいます!

 

歴史館いちょうまつり開催期間:2019111日(金)~1123日(土)

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/events/events-147244.html

 

 

「いちょう並木ライトアップ」11/9(土)~11/13(水) (17:15~20:15)

約130mにわたるイチョウ並木では、期間限定でライトアップを開催、群青の闇の中に浮かび上がる黄金色のいちょう並木は息をのむ美しさ。旧水海道小学校本館に映し出されるプロジェクションマッピングも見ごたえがあります♪

 

 

 

 

袋田の滝(大子町)

 

高さ120m、幅73mの大きさを誇り、日本三名瀑の1つに名を連ねる袋田の滝。流れが四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、秋には、滝を囲うようにイロハカエデやオオモミジをはじめクヌギ、ナラ、ヤマウルシなどが赤や黄色に色づきます。四季折々の大自然の色彩と雄大な滝の姿が織りなす光景は美しく見応えがあり、国の名勝にも指定されています。

 

2019大子来人~ダイゴライト~」

袋田の滝のライトアップイベント「2019大子来人~ダイゴライト~」を11月1日(金)から2020年1月31日(金)まで開催。ライトアップされた滝の幻想的な美しさを,この機会に是非ご覧ください!

 

詳しくはこちら

https://www.daigo-kanko.jp/news/daigo-light

 

 

back to top

茨城県の紅葉スポット♪


投稿日:2019年10月24日   投稿者:ibaraki

茨城県にもいよいよ紅葉の季節到来です!

本日は茨城県のおすすめの紅葉スッポットをご紹介させて頂きます。

 

 

筑波山

 

 

昔から「西の富士、東の筑波」と愛称され、朝夕に山肌の色を変えるところから「紫峰」とも呼ばれている筑波山。男体山、女体山の2峰からなる筑波山は、標高の低い日本百名山の1つ。山頂から御幸ヶ原にかけてはブナをはじめとした落葉紅葉樹が多く、11月上旬から紅葉を楽しむことができます。男体山頂のそばを一周する約1.5kmの自然研究路では、紅葉の合間から関東平野を一望できます。山頂へは登山コースの他ケーブルカー、ロープウェイも利用できるので、子どもからお年寄りまでだれもが美しい眺望を楽しめます。

 

スターダストクルージング

毎年10月~2月末までの土日祝(曜日等の関係で9月末から2月上旬まで開催する場

合あり)に、筑波山ロープウェイ夜の空中散歩≪スターダストクルージング≫が開催。「日本夜景遺産」に認定されたすばらしい夜景をお楽しみ下さい♪

 

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/mt_tsukuba.html

 

 

 

 

 

偕楽園(もみじ谷)

 

金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられる『偕楽園』。江戸時代天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、領民の休養の場所として開園されました。

 

偕楽園といえば梅園が有名ですが、秋にもおすすめな穴場スポット『もみじ谷』があります。偕楽園から苑道沿いに徒歩5分ほど歩いた所にある『もみじ谷』はモミジやカエデなど合計約170本などが色づき、赤や黄色の葉が池の水面に映る様も美しいです。夜間にはライトアップも開催され、静寂と漆黒に囲まれた谷間に色付いた紅葉をほのぼのと映し出し、普段では味わえない幻想的な雰囲気に演出いたします!また、有料とはなりますが、 徳川斉昭公設計の好文亭からの紅葉も絶景です。特に上階からの眺めは、地上とは趣が違っておすすめですよ♪

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/kairakuen.html

 

 

 

☆紅葉いばらき茨城県内の紅葉スポット色づき速報こちら→https://www.ibarakiguide.jp/seasons/koyo.html?fbclid=IwAR2x6biBAWmEQ5fOlTB_yl1xx0jGBRzaWEi_Z8zrOFslDAnb6jDWasXfRTg

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 

茨城は紅葉する樹木や色も様々、素敵な秋を体感してみてはいかがでしょうか?

back to top

茨城県で季節のイベントを楽しむ!霞ヶ浦観光帆引き船


投稿日:2019年09月03日   投稿者:ibaraki

茨城の秋を楽しむ為の観光地をご案内!
本日は、もちろんこの時期にしか楽しめないイベント「霞ヶ浦観光帆引き船」をご紹介致します!

かすみがうら市、土浦市、行方市の3市で開催されております。
詳細はこちらから
https://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/kasumigaura-hobikisen.html

帆引き船ってなんだろう…それでは簡単にご説明を!

霞ヶ浦の風物詩である帆引き船は、本市に生まれた折本良平氏によって考案され、明治13年に初めて霞ヶ浦に浮かびました。
20人以上の人手が必要だった従来の漁法に比べ、一人で広い湖を乗り回し、自由に魚を捕れる帆引き網漁は画期的な漁法でした。
昭和40年頃からトロール船に取って代わられ、まもなく姿を消しましたが、霞ヶ浦漁業の歴史を知る上で極めて重要な文化的遺産であることから、昭和46年に観光帆引き船として復活させました。
平成30年3月「霞ヶ浦の帆引き網漁の技術」が国選択無形民俗文化財に選定されました。

雄大な霞ヶ浦に白い帆を上げ、優雅に走る帆引き船!画になりますね!

歩崎園地には、帆引き船発祥のまちを宣言した記念碑が設置されています。
また、本市ではフォトコンテストや、帆引き船模型、絵ハガキの販売など、帆引き船にまつわるイベントも盛んです。

まずは茨城観光の第一候補にしてみてはいかがでしょうか?
ぜひ、お越しください!!

back to top

一度は行ってみたい茨城県の神社♪


投稿日:2019年08月30日   投稿者:ibaraki

本日は、一度は行ってみたい茨城の神社特集!
茨城県内の神社の一部を前編・後編に分けてご紹介いたします♪

御岩神社(日立市)

常陸国最古の霊山と言われている御岩山の麓に鎮座する御岩神社。
御神木・三本杉は、林野庁の「森の巨人たち100選」にも選ばれています。

背の高い木が立ち並んだその荘厳とした雰囲気は、鳥居から一歩足を踏み入れると空気感が変わるのがわかるほど。
茨城百景のひとつであり、近年パワースポットとして人気があり、
県外からも多くの観光客が訪れます。

詳しくはこちら

御岩神社

出雲大社(笠間市)

島根県出雲大社より平成4年、ご分霊をご鎮座。主祭神は「大国主大神」。
福の神「だいこくさま」として親しまれ、縁結びの神、商売繁盛、厄除け、病気平癒などあらゆるご利益があり、
人の霊魂をご守護なさる神として広く信仰されています。
重さ6tの大注連縄は長さ16メートルの圧巻の大きさで見応えがあります。

境内には吹きガラス工房での体験工房や、軽食のとれるお食事処「出雲館」など、お参りの際の楽しみも!

詳しくはこちら

常陸国 出雲大社

最後までご覧いただきありがとうございました♪

back to top

家族連れで楽しめる!茨城で遊べるスポット特集! 後編


投稿日:2019年08月27日   投稿者:ibaraki

本日は、家族連れで楽しめる!茨城で遊べるスポット特集! 後編
茨城でお子様と一緒に遊べるスポットをご紹介いたします^^

前編はこちら

家族連れで楽しめる!茨城で遊べるスポット特集! 前編

ミュージアムパーク 茨城自然博物館(坂東市)

県内最大の自然環境保全地域「菅生沼」のほとりにある、
体験要素を取り入れた展示や自然の中で体験できる野外施設など日本最大級の敷地を持つ自然体験型博物館。
恐竜好きのお子様にもおすすめな展示も。

現在、企画展「狩-ハンターたちの研ぎ澄まされた技と姿-」が、開催されています。
開催期間「2019年7月6日(土)~9月23日(月・祝)」
詳しくはこちら

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

大子おやき学校(大子町)

廃校を利用した、おやき学校。古くから大子に伝わる「ほどやき」に、現代風のアレンジを加えた大子おやきが楽しめます。
過去にタイムスリップしたかのような木造校舎で、懐かしい建築物も見ものです。

おやき体験教室もあり、自分の好きな具を詰めて好きな形のおやきづくりができます。
ハートや星形など、世界に一つのおやきづくりをお楽しみください!

大人 800円 子供 500円
団体割引 大人720円 子供 450円 ※10名様から 団体様は要予約
(2019年8月現在)

詳しくはこちら

大子おやき学校

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
茨城でのお出かけをお楽しみください!

back to top

1 / 5312345...102030...最後 »