水戸の梅まつり


投稿日:2020年02月10日   投稿者:ibaraki

水戸の梅まつりの時期が近づいてきました!!梅まつりの会場となるのは、水戸市の偕楽園と弘道館の二か所になります。

日本三名園のひとつ「偕楽園」には約100品種・3,000本の梅の木が植えられていて、見頃の時期には全国から多くの観光客が訪れる人気スポットになっています。梅まつりの期間中、さまざまなイベントが開催され見どころが満載☆

本日は水戸の梅祭りをご紹介させていただきます♪

 

第124回 水戸の梅まつり  開催期間  令和2年2月15日(土)~3月29日

 

偕楽園の梅は、種類も数も豊富で、「早咲き」「中咲き」「遅咲き」の品種が揃っているため、訪れるたびに梅のさまざまな表情を発見できる楽しみも、水戸の梅まつりならではの魅力のひとつです。

 

 

水戸のひな流し

常陸和紙人形会が制作した和紙人形を、参加者に無料配布して行われる水戸のひな流し。身体のけがれや災害を人形(ひとがた)に移して水に流したという厄払いの風習が起源です。今では情緒ある催しとして自作の紙人形で参加する人も増えています。

2020223日(日)  11:0012:00/会場:偕楽園吐玉泉下

 

 

偕楽園光の散歩道

日没から19時までの間、梅林や孟宗竹林などの園内各所がライトアップされ、昼間には味わうことのできない幻想的な夜の観梅を楽しむことができます。漆黒の闇に梅花や竹が浮かび上がる、幻想的な風景をぜひご覧ください。

215~322日 日没~19   ※催事により延長される場合があります。

 

 

 

夜・梅・祭2020

弘道館、偕楽園の2つの梅まつり会場を、キャンドルアートや幻想的な照明で華麗にライトアップ。昼間では味わえない夜の観梅をお楽しみください。

第一夜3月7日(土)18:00~21:00 弘道館

第二夜3月14日(土)18:00~21:00 偕楽園

 

 

水戸の梅まつり

 詳しくはこちら

 https://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume.html

 

back to top

茨城県のひなまつりイベント♪


投稿日:2020年01月27日   投稿者:ibaraki

今回は、茨城県のひなまつりイベントのご紹介です!

 

 

那珂のひなまつり那珂市)

古民家を移築した曲がり屋をはじめ、那珂市の中央公民館、歴史民俗資料館、総合センターらぽーるを舞台にして開催される「那珂のひなまつり」。歴史民俗資料館では市民によるひな人形とつるしびなをそれぞれ展示します。

 

 

詳細はこちらから

那珂のひなまつり_

 

 

 

かさまの陶雛 ~桃宴~(笠間市)

本年で20回目を迎える「かさまの陶雛~桃宴~」は、笠間焼の陶雛を中心に、市内の陶芸作家やギャラリー、飲食店が作り上げるかさまのひな祭りです。陶の小径とギャラリーロード、笠間稲荷門前通りを中心に、一足早い“春”を華やかに演出します。

 

 

詳細はこちらから

かさまの陶雛 ~桃宴~_

 

back to top

°.◌*寒い冬にはやっぱり温泉°.◌*(後編)


投稿日:2020年01月17日   投稿者:ibaraki

後編では、前編でご案内した温泉の近隣観光スポットも含めてご紹介します♪

 

 

周辺には人気の観光スポット六角堂があります。近代日本美術の発展に大きな功績を残した岡倉天心の住居敷地(茨城大学五浦美術文化研究所)の一角にあり、天心自身の設計により建てられたました。日没から21時までライトアップされており、光と歴史的名所が織り成す幻想的な光景です!

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/rokkakudo.html

 

 

 

 

 

筑波山 江戸屋(つくば市)

 

クラシカルモダンな雰囲気を感じさせるロビーなど、くつろぎへのこだわりを配した空間におもてなしを感じられる、創業390余年の老舗旅館。

筑波山の自然をそのまま生かした庭に面した露天風呂は、四季折々の趣を感じながら安らげるロケーション。アルカリ性単純泉の美肌効果抜群の温泉をお楽しみいただけます♪

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/edoya.html

 

 

 

徒歩8分のところには筑波山神社があり、縁結びや夫婦和合のご利益があるとして年間を通して多くの参拝客が訪れます。また、筑波山全体を御神体とする県内屈指のパワースポットで、神社で祈祷を受けた「願い石」に願い事を書き、男体山頂拝殿ちかくの「大石重ね」に置くと、願い事が叶うといわれています☆

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/tsukubasan_jinja.html

 

 

 

袋田温泉 思い出浪漫館(大子町)

平安時代の頃から温泉があったとも言われる大子町袋田。そんな歴史深い袋田温泉を楽しめる思い出浪漫館では、風情の異なるふたつの浴場を楽しめます。また、温泉露天風呂付客室も評判で良質の温泉はアルカリ性、PH値も8.9と高く、湯上がりに肌がツルツルになる別名「美人の湯」とも言われています。女性にうれしい、かわいい色浴衣のレンタルサービスもありますよ♪

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/omoideromankan.html

 

 

周辺には茨城県を代表する観光スポット『袋田の滝』があります。高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇り、滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれる。滝を上方から見下ろす第二観瀑台からの眺めもおすすめ♪

 

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/fukuroda_falls.html

 

 

 

 

茨城県の温泉特集はこちら

https://www.ibarakiguide.jp/seasons/onsen.html

 

 

 

 

back to top

°.◌*寒い冬にはやっぱり温泉°.◌*(前編)


投稿日:2020年01月16日   投稿者:ibaraki

美しい風景をのんびりと眺めながら、日頃の疲れをじっくりと癒しませんか?

本日は茨城県のおすすめ温泉スポットをご紹介いたします☆

 

 

五浦観光ホテル(北茨城市)

 

五浦温泉の太平洋を一望できる露天風呂「大観の湯」では、源泉71度かけ流しという贅沢な天然温泉。こちらの温泉は、神経痛・疲労回復・健康増進に効能があり、うぐいす色の珍しい濁り湯。

 

【あんこうの食べられる宿】 鮮度抜群、五浦ならではの海の幸も自慢の一つ。海鮮料理プランやあわびグルメプラン、冬場は名物あんこう料理(10月~3月まで)が好評です。日帰り入浴プランもおすすめ!お料理や温泉など癒しのひと時を過ごせますよ♪

 

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/itsuurakanko-hotel.html

 

 

周辺には人気の観光スポット六角堂があります。近代日本美術の発展に大きな功績を残した岡倉天心の住居敷地(茨城大学五浦美術文化研究所)の一角にあり、天心自身の設計により建てられたました。日没から21時までライトアップされており、光と歴史的名所が織り成す幻想的な光景です!

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/rokkakudo.html

 

 

 

 

 

筑波山 江戸屋(つくば市)

クラシカルモダンな雰囲気を感じさせるロビーなど、くつろぎへのこだわりを配した空間におもてなしを感じられる、創業390余年の老舗旅館。

筑波山の自然をそのまま生かした庭に面した露天風呂は、四季折々の趣を感じながら安らげるロケーション。アルカリ性単純泉の美肌効果抜群の温泉をお楽しみいただけます♪

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/edoya.html

 

 続きは後編で♪

back to top

.·˖✶‧˚˖茨城で初詣に行こう.·˖✶‧˚˖


投稿日:2019年12月26日   投稿者:ibaraki

新年の始めは初詣に行く人も多いと思いますが、ここ茨城にもご利益のある神社・仏閣などが沢山あります。

 

本日は、茨城県のおすすめの初詣スポットをご紹介します♪

 

御岩神社(日立市)

常陸国最古の霊山と言われている御岩山の麓に鎮座する御岩神社。御神木・三本杉は、林野庁の「森の巨人たち100選」に選ばれました。国常立尊、伊邪那美命、大國主命など26柱が祀られており、御岩山全体では188柱の神々が祀られています。代表的なご利益は、家内安全、心願成就、商売繁盛です。

 

茨城百景のひとつであり、背の高い木々が空を覆い隠すほど立ち並ぶその荘厳とした雰囲気にまず圧倒されます。鳥居から一歩足を踏み入れると空気感が変わるのがわかるほどです。厳かな雰囲気がただよう人気のパワースポット!御神木である「三本杉」と、御岩山の山頂付近にある洞窟「天岩戸」は特に強いパワーを持つといわれています。

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/oiwajinjya.html

 

 

 

酒列磯前神社(ひたちなか市)

酒列磯前(さかつらいそさき)神社は斉衡3年(西暦856年)に創建された歴史深い神社です。一の鳥居から拝殿へ向かう参道の両側には、どことなく神秘的な古木が生い茂る樹叢(県天然記念物)を見る事ができます。創建より名神大社に列せられ、明治18年には国幣中社となりました。

 

御祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)で、医薬・醸造(酒造)・海上安全・豊漁・学問の神として広く信仰を集めています。健康長寿を祈願するにはもってこいの神社♪

 

また、宝くじ当選祈願のパワースポットとしても知られ、高額当選者から寄贈された海亀の石像も境内で見られます。その海亀の頭を撫でると幸運にあやかれるといわれています☆

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/sakatsuraisosaki-zinzya.html

 

 

 

 

鹿島神宮(鹿嶋市)

鹿島神宮は、古文書では神武天皇元年(紀元前660年)の創建と伝えられており関東で最も古い神社です。香取神宮、鳥栖神社と併せて東国三社と呼ばれ、全国約600社ある鹿島神社の総本山です。

 

祭神は、武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)で、大国主命から国譲りの交渉を成功させたことから「勝利の神」や「武術の神」として有名で、源頼朝や徳川家康が崇敬したとされています。

代表的なご利益は、天下泰平はもちろん武道上達、必勝祈願、安産祈願、心願成就、商売繁盛など。出世や起業など、仕事に関する祈願に向いている神社なので、仕事に関してなにか悩みなどがある方はぜひ鹿島神宮へ初詣に出かけてみませんか?

 

境内にある地震封じの「要石(かなめいし)」は、心が研ぎ澄まされ、邪気を吸い取ってもらえる、また、活力を授かることができるといわれており、関東で有数のパワースポットとして人気です♪

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/kashimajingu.html

 

 

 

一言主神社(常総市)

大同4年(809年)大和の葛城山から一言主大神を迎えまつったのが始まりとされています。「一言願えば良き事につけ、良からぬ事(心配事・病気・災難等)につけ、良く聞き分けて御利益を授けてくれる神」と云われ、「万能神」として信仰されている。

 

古くから「一生に一度だけ願いを叶える」といった信仰もあり、一生の一大事に参詣し祈願するという人々も多い。

 

本殿の後ろには、とても立派な高くて美しい樹「御神木」があり、大きなエネルギーを感じることが出来ます。また、もう一つの御神木”なぎの木”は、葉が切れにくいことから「縁結びの木」として知られており、木の下に落ちている葉を持ち帰ると良縁が得られるといわれています◡̈♡

 

 

 

詳しくはこちら

https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/hitokotonushi.html

 

 

 

 

 

.·˖✶‧˚˖新しい年の始まりにお参りしたい茨城県の初詣スポット16選.·˖✶‧˚˖はこちら

https://www.ibarakiguide.jp/seasons/hatsumode.html

.·˖✶‧˚˖茨城で初詣に行こう.·˖✶‧˚˖

 

 

back to top

1 / 5412345...102030...最後 »