茨城県北芸術祭ブログ-北澤潤@鯨ケ丘商店街 2016.9.15.-kenpokuart


投稿日:2016年09月16日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です!

前回の原さんに続いて、今回も常陸太田市鯨ケ丘商店街をレポートしたいと思います。

 

鯨ケ丘商店街は、ぐるりと円を描くようになった通りになっていて、

常陸太田駅から進んで左側の通りが「西町」、右側の通りが「東町」と呼ばれています。

西町側には、梅津会館や旧オーベルジーヌが。

_mg_4641

_mg_4646

そして、東町側には前回の原さんの制作拠点・旧亀宗のほか、

北澤潤さんの展開する「リビングルーム鯨ケ丘」があります!

20160915192846_00001

 

ここは、鯨ケ丘にあった旧衣料品店「こうわ」。

芸術祭の開幕よりひと足早く、9月10日からオープンしていたそうです!

img_0028

_mg_4688

真っ白に塗られた室内は、名前の通りまさにリビングルーム。

運営している「店員」さんや、地域の人々が思い思いにくつろいでいました。

_mg_4681

「ここは誰でも自由に入ってもらって、自由に過ごしてもらえる場所なんです。

だって、リビングルームですから♪」

と、店員さんに招かれて、私もお邪魔してみました!

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88

店内に置かれているものひとつひとつには、こんな風にメモが貼られています。

日付と、品物についてのコメントが書かれているみたいです。

実はここにあるものは、街なかから集めてきたものだったり、

誰かが持ってきたものだったり。

そして、何かを持ってきたら、ここにあるものどれかと交換することができるのです!

 

持ってくるものに決まりはありませんが、リビングルームなので

「こんなものがあったら嬉しいな」と求めているものがあるみたいです。

_mg_4684

例えば、みんなで遊べるゲーム。くつろげるソファ。音楽で盛り上がれるスピーカー。

集まって食事ができるちゃぶ台などなど・・・

 

なんと!このプロジェクトを発案した、北澤さんにお会いできました!

img_0030

実はわたし、北澤さんとお会いしたのは二度目なんです。

昨年末に常陸大宮市で開催された、県北芸術祭のプレイベント・ワークショップでした。

 

海外で活動されている北澤さんは、数日後には戻られるそうで、

たまたまお会いできて本当にラッキー!

「会期中は来られるかまだわからないですが、

できればまた様子を見に来たいと思っています」

とお話してくださいました。

 

_mg_4664

奥に置かれていたソファに座り「この席、気に入ったなあ~」と話す北澤さん。

リビングルーム全体を見渡せる場所です♪

 

このリビングルームの面白いところは、日々変化していくこと。

昨日まであったものがなくなって、代わりに別のものが置かれていくのです。

「地域によって特徴が出るんですよ。常陸太田は歴史のある町だから、

歴史を感じるものが多いかもしれないです」

確かに、そうかもしれません!

年代物のオルガンや、年季の入ったカルタなどもありました。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88b

 

リビングルームの中で、私が気になったものは・・・こちら!

お向かいのラーメン店「昇龍」のご主人が持ってきたお鍋です♪

_mg_4687

昇龍のラーメン、個人的にオススメなので、ここへ来たならぜひ立ち寄って頂きたいです!

_mg_4652

_mg_4659

 

奥の壁には、鯨ケ丘を中心とした常陸太田市の地図が描かれています。

物の写真がピン留めされている場所は、元の持ち主のお住まい。

_mg_4671

中央赤のしるしが、ここリビングルームです。

今はまだ始まったばかりで、鯨ケ丘周辺から持ち寄られたものが多いですが、

このマップもだんだんと変化していくのでしょう。

 

会期中に、このリビングルームはどんな姿になっていくのでしょうか?

なんだかとっても気になるので、また様子を見に来たいと思います。

そして次に来るときは、「リビングにあったらいいなあ」と思うものを私も持参します!

_mg_4662

 

ちなみに、観光いばらきでは茨城県北芸術祭と一緒に楽しむモデルコースを公開しました♪

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/kenpoku-tours.html

常陸太田市コースでは、鯨ケ丘の楽しみ方も提案しています。ぜひ、ご覧下さい!

 

 

 

 

 

back to top

茨城県北芸術祭ブログ-原高史@鯨ケ丘商店街 2016.9.15.-kenpokuart


投稿日:2016年09月16日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です!

さあ、ついに茨城県北芸術祭の開幕が迫ってまいりました。

本日、行ってきたのは、わたしのホームタウン常陸太田市です♪

常陸太田市内では、7エリアで展示が開催される予定です。

その中で、今回は「鯨ケ丘商店街」へ行ってきました!

常陸太田駅から商店街へと上がっていくと・・・

 

_mg_4620

おおっ!?

町中に、ピンクの窓が出現しています。

これは、原高史さんの「サインズ オブ メモリー2016:鯨ケ丘のピンクの窓」というプロジェクト。

鯨ケ丘商店街(東町・西町)一帯を舞台に行われています。

_mg_4632

商店街のシンボル・梅津会館もピンク色に!

この中でも展示が行われます。

_mg_4656

_mg_4593

それぞれの建物の窓の形に貼られた、蛍光色のピンク色。

よく見ると、何かが書いてありました。

_mg_4596

_mg_4618

一軒一軒、一枚一枚異なる言葉。そしてイラスト。

これは・・・ここに住む方の言葉でしょうか?

興味深く見ながら町を歩いていると、看板の制作を行っている建物を発見!

_mg_4739

中に入ってみると、まさにピンクの看板を制作している真っ最中でした。

_mg_4733

 

_mg_4731

こちらが、アーティストの原さんです!

お忙しいところでしたが、快く取材にご協力していただけました。

町の中で見かけたパネルに書かれていた言葉について聞いてみると、

「一軒一軒、住んでいる方ひとりひとりにインタビューをして、

その中から印象深かった言葉をピックアップして制作しています」

とのこと。

それぞれの家に掲げられている言葉は、住む方の言葉なんですね。

中には、町の歴史についてや、特徴などが分かるようなキーワードもあります。

 

「言葉と一緒に、連想されたイラストも描いて、

一枚一枚、こうやって手作業で作っています。

制作したらそれぞれ皆さんに確認してもらって、掲示です」

 

大学で教鞭を取っている原さん。

今回は、学生たち、そして協力してくれている町の方と共に

制作を展開しているそうです。

 

「はじめは、町の皆さんも”なにをしているんだろう?”と首をかしげていましたが

今ではありがたいことに”うちもやってほしい”という声が集まっていて、

まだ追いついていないんですよ」

まさに、制作の佳境です。

_mg_4625

 

こんな歴史を感じる建物に、真っピンクの窓だなんて

なんだかとってもミスマッチな光景ですが・・・

これがまた、目を引いて面白いですね。

_mg_4603

西町にある「立川醤油店」さんでは

「町がピンク色に染まって、明るくなって嬉しいですね!

たくさんの人に見に来てもらいたいです」

という声も聞くことができました♪

_mg_4600

 

_mg_4654

こちらは、鯨ケ丘商店街きってのおしゃれ雑貨屋「サニーサンデイ」。

こちらのご店主も、看板制作に加わっています!

_mg_4736

商店街の活性化にも尽力している小泉さん。

「町で何かをやれる、っていうのがとっても嬉しいです!」

と、話してくれました。

ちなみに、サニーサンデイでは県北芸術祭に合わせて、

芸術祭マステをオリジナルで制作したとか!

会期中、10月ごろには店頭に並ぶとのことですので、ぜひお土産にどうぞ♪

サニーサンデイ店内には、原さんのコーナーも出来上がるそうです。

 

_mg_4635

ピンク色に染まる、歴史ある街並み。

素敵なお店もある常陸太田市鯨ケ丘商店街を、

ゆっくり散策してみてくださいね!

back to top

茨城県北芸術祭ブログ-ミヒャエル・ボイトラー@常陸大宮市石沢地区空き店舗 2016.9.15.-kenpokuart


投稿日:2016年09月15日   投稿者:観光いばらき特派員

観光いばらき編集部が贈る、KENPOKU ART開幕直前レポート!

本日9月15日に、わたくし編集部のO野が、常陸大宮地区の

ミヒャエル・ボイトラーさんを訪ねました!

ボイトラーさんの作品は、常陸大宮市の石沢地区にあります。
ここには数件空き店舗があったのですが、今はといえば・・・!?

_mg_1829

ガラス越しに、なにやら巨大なオブジェのような物が見えますね~。

中にお邪魔してみると、ボイトラーさんは紐で木と木を結んでいました。
なんでも、この作品では釘は使わず、自然素材の紐や木を組み合わせて

作り上げているとのこと。

なるほど!木の凹凸にうまく一本一本が組み込まれていますね!

%e3%83%9c%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%bcんん?この形、どこかで見たことありませんか?

そう!神社仏閣の建物でよくみる造りですよね。
実はこの作品には、宮大工さんも参加されていてるんです。

ボイトラーさんは、現地の素材を、現地の人と協力して作品を作るそうで、
この作品には多くの地元の方が携わっています。

%e5%b8%83

この不思議な模様がついている白い布のようなもの。実はコレ、障子紙。
茶色い方はクラフト紙ですが、もちろんこれらも全て現地で調達したもの。

ローラーに色々工夫を施して模様を付けるみたいなんですが、

_mg_1782最初のころは・・・うん、シンプルなローラー模様ですね(汗)

しかし、色々な人が、色々なやり方で作業を進めていくと、

_mg_1783_mg_1785

こんなに様々な模様ができました!
その日、その時で作り手が違うので、

ボイトラーさんはこのような“実験的に”何かをした結果生まれたものを
作品に取り入れていくそうです。

_mg_1775

それらを丸めて細長くしたものが大量にありましたが、

_mg_1765

これはどうやら茅葺屋根を表現しているとのこと。

_mg_1787

もう一方、外から見えた市松模様のような巨大作品。
その白い部分はというと、ここにも障子紙が使われていました!

%e6%89%8b%e5%85%83%ef%bc%92 丁寧に糊付けして、

破れないように、乾かないように、そっとそっと・・・

_mg_1713

_mg_1694

作品の輪郭に沿って形を変えて張られていきます。

ここだけで障子貼りは終わりかと思いきや、

_mg_1695どん!

_mg_1697どどん!!
こんな巨大なのでありました。
いったい芸術祭が始まったら、どんな作品になっているのかわくわくしますね!

_mg_1797

この大きな木製オブジェが、芸術祭当日は少し浮かんで、

さらにぐるぐる回転するとのことですが、
さてはて、一体どうやってこのオブジェが宙に浮かぶのか!?
その答えはぜひ現地に足を運んで確かめてみて下さいね!
展示準備はラストスパート!!茨城県北芸術祭は9月17日からです♪

いばらき観光マイスターS級おすすめのツアーガイドで

茨城の魅力を満喫しながら芸術祭も楽しめます!!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/kenpoku-tours.html

back to top

茨城県北芸術祭ブログ-デビー・ハン@穂積家住宅 2016.9.13.-kenpokuart


投稿日:2016年09月13日   投稿者:観光いばらき特派員

観光いばらき編集部が贈る、KENPOKU ART開幕直前レポート!

今回は、海側の「高萩市」編です♪

 

常磐自動車道の高萩インターチェンジを降り、一つ目の信号を右折すると

少し先の右手にあるのが「穂積家住宅」。

江戸時代の豪農の邸宅で、茨城県指定文化財でもあります。

 

_mg_4400

駐車場に車を停めると、県北芸術祭ののぼり旗が掲げられています!

_mg_4377

 

 

_mg_4381

ここでは、4組の作家さんが展示を行います。

どうやら、展示準備が行われている様子・・・!

_mg_4445

門をくぐってすぐ左手にある、農具展示室では、

アメリカ在住の作家、デビー・ハンさんがいらっしゃいました。

_mg_4401

中に入ってOKと言っていただけたので、見せてもらいました。

天井から、金属製の紐がたくさん吊り下げられています!

よ~く見てみると・・・

_mg_4421

ん??これは・・・

_mg_4416

もしかして・・・

_mg_4403

顔です!!

さまざまな表情が形作られているではありませんか。

楽しそうな笑顔や、怒っている顔。悲しそうな顔など、

その表情はどれもひとつひとつ違います。

同じ「笑顔」でも、にっこり笑っているもの、意地悪そうな笑みに、得意げな笑い方etc…

人の表情って、こんなに豊かなんだなって気づかされました。

_mg_4419

デビー・ハンさんは、アメリカで作ってきた表情たちを、

どこに置こうかとひとつずつ細やかに調整しながら展示を作っています。

_mg_4409

「展示が出来上がったら、部屋の中をぐるりと歩いて見てもらえます。

ぜひ、県北芸術祭が始まったらまた見に来て下さいね!」

・・・というようなことを、お話してくれました。

(英語が得意でない私が、なんとか聞き取れた内容です)

突然訪れたわたしにも、きさくに話しかけてくれ、

写真のお願いにも快く対応してくださいました。

 

_mg_4430

私のお気に入りは、これ!まつ毛があるおすまし顔♪

とにかく無数に色々な表情があり、見ていてあきません。

家族や友人と見ながら、

お気に入りの顔を見つけてみるのも楽しいのではないでしょうか。

 

さて、穂積家住宅は、その建物はもちろんのこと、

敷地内の庭園の雰囲気もとってもステキなんです!

_mg_4384

_mg_4397

お庭をぐるりと回って、裏側へも行ってみると・・・

_mg_4443

なにか、キラキラと光るものが置かれています!

これは、茨城県内で活動している伊藤公象さんの作品「ブルーパールの襞」

穂積家住宅の庭園に設置作業中のようです。

_mg_4392

つるりとした質感に見えますが・・・実はこれ、薄く伸ばした陶の板を丸めたものだとか。

淡いブルーの色調が、とっても美しいです。

_mg_4434

外側から内側になるほどに、大きい襞のオブジェが置かれています。

 

_mg_4436

見る角度や、その日、その時の光源の反射によって異なる見え方になる

不思議な造形です。

私が訪れた時は、雨が降ったのちに上がったくもり空でしたが、

太陽が輝いているときに見たら、また違った輝きになるのでしょう。

 

ちなみに、穂積家住宅では例年好評の期間限定レストラン「萩の茶屋」が

今年も開催されるそうです!

県北芸術祭の会期に合わせて、17日からオープン予定とのことで、

現在、開店準備真っ最中でした。

_mg_1103

例年大人気の企画ですので、お早目のご予約がオススメ。

アートと一緒に、高萩の美味をお楽しみください!

 

 

さて、せっかく高萩まで来たので、もう一箇所足をのばしてみることに・・・

高戸海岸です!

_mg_4546

北側の「高戸小浜」は、高萩を代表する景勝地のひとつ。

_mg_4574

こんな、趣きある風景を見ることができます。

ここには、スッシリー・プイオックさんの作品が既に置かれていました!

_mg_4563

後ろから見ると、海にぴったりの「貝がら」のような大きなオブジェですが・・・

_mg_4585

正面から見ると、貝殻の中から指が!!

なんとも不思議な物体と、高戸小浜の風景のコラボレーションです。

 

そして、南側に位置する、高戸前浜には

県北芸術祭・海側のポスタービジュアルにもなっている、

イリヤ&エミリア・カバコフさんの作品が

展示されています。

_mg_4529

高萩の海岸に、空が落ちてきていました!

この作品に込められたストーリーのヒントは、会場で。

訪れていたサーファーの皆さんも、興味深そうに眺めていました。

 

 

他にも、高戸前浜にはニティパク・サムセンさんの作品が展示される予定。

_mg_4544

 

ぞくぞく展示準備が進んでいる、茨城県北芸術祭は9月17日からです♪

 

back to top

茨城県北芸術祭ブログ-aki inomata@日立市うのしまヴィラ.ゆずりはhouse2016.Summer.-kenpokuart


投稿日:2016年09月13日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です!

きょうは県南エリアに取材・・・だったんですが、以前別の企画で取材させてもらった

アーティストをどうしてもご紹介したくパソコン画面に向かっています

その人は、aki inomataさん

日立市のうのしまヴィラの一角で展示を行います

そんなうのしまヴィラで彼女に直接取材をさせてもらいました

以前取材させて頂いた内容はこんな感じでした

 

_41a0565

 

__今回の茨城県北芸術祭の展示内容について
「09年の在日仏大使館ではじめて展示したシリーズである、3Dプリンタを使ったヤドカリの宿とヤドカリを展示する予定です。今回は中央にヤドカリを配し、周囲にニューヨークやバンコクなど各国の都市を模した宿を展示しようと思います。ヤドカリが主役なので分かりませんが東京の宿を背負ってくれたら嬉しいです。また、会期中ヤドカリが引っ越しをしてくれたら面白いですね。いま、制作中のベルリンも間に合えば展示したいと考えています。」

 

__展示会場であるうのしまヴィラの第一印象?
「とても素敵なところだと思いました。わたしの作品であるヤドカリも海の生物ですから、海が見える場所で展示ができるのはとっても嬉しいです。自分のテーマである国境も、日本では海の向こう側ですし、ロケーションと作品の相性は凄くいいですよね。
また、地元の人にはぜひ何度か観にきて頂きたいです。海の景色が変わると作品のイメージも変わるし、ヤドカリですから期間中成長や宿替えなどもあるかもしれません。楽しんでもらえれば嬉しいです。」

 

__茨城県北芸術祭を楽しむポイントは?
「現代アートというと難解なものが多いというイメージの人もいるかもしれません。でも、作品の裏側にあるテーマなどは、見た人が感じたように楽しんでもらえればと思います。
今回の茨城県北芸術祭はコンセプトがハッキリしているので分かりやすい作品が多いと思います。特に【テクノロジー】と【アート】の融合が大きなテーマに挙がっています。地元の発酵菌を使った作品なども展示されるので、『これが〇〇の菌で作
られているんだ』など、土地柄から入っても面白いかもしれませんね。」
「現代アートは美術史を知っているともっと楽しめるかもしれませんが、そればかりではありません。特にわたしの作品はお子さんからご年配の方まで楽しめる作品だと思っています。
会期中はわたしも何度か会場を訪れる予定です。ぜひ皆さん作品を鑑賞しにいらっしゃってください。」

02

aki inomata

   1983年 東京生まれ
   2008年 東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了

   2012年 第15回 岡本太郎現代芸術賞 入選
   2014年 YouFab Global Creative Awards 2014 グランプリ

現在、多摩美術大学情報デザイン学科非常勤講師、

早稲田大学理工学 術院電気・情報生命工学科嘱託研究員を務めながら制作活動中

 

ちなみに、そんなaki inomataさんの作品が展示されるうのしまヴィラ

ココは茨城観光マイスターS級を取得した原田さんがオーナーを務めるホテル

_41a5533

そんな原田さん、こんなinomataさんの作品にこんなコメントをしてくれました!

 

「まだ、展示途中なんですがヤドカリがやってきて、inomataさんのいないときは、そのヤドカリに僕が餌をあげるんです。すると、ヤドカリが元気に餌を食べる。美しい宿を背負っている芸術作品が採餌をするという生々しいリアル。いままでいろいろな芸術に触れてはきましたが、はじめて覚えた感覚でした。そして、その生々しさとは対照的なinomataさんの人柄が現れたようなクリアな作品は一見の価値有です。もちろん、展示方法にもこだわりがあり、まるで作品がジュエリーのように素敵に見える工夫が随所にされています。ぜひ、うのしまヴィラでこの素晴らしい作品を見てもらいたいですね!」

と話してくれました!

 

ちなみに、そんな原田さんが海側エリアを日帰りで回るなら…こんなコースを提案するとか!?

 

①五浦天心美術館(北茨城)

②高戸海岸(高萩)    

③うのしまヴィラ(日立)   

④御岩神社(日立)    

⑤日立駅周辺(日立)   

 

「まずは、一番混むことが予想される五浦天心美術館に朝一で!駐車場渋滞も回避して、チームラボの作品を満喫します。そして、次に海岸線をドライブしながら高萩の高戸海岸へ立ち寄り、うのしまヴィラへ。ぜひうちでランチも楽しんでいってください!そして、午後はちょっとゆっくりとしながら日本有数のパワースポット御岩神社で♪このとき、ぜひ中里地区に立ち寄って地元の豆腐やおからドーナツを買ってみてください!凄く美味しいんですよ。パワースポットで湧く水で作った、地元の人たちが愛する豆腐。名物ではないかもしれませんが、本当に美味しいものをお土産にどうですか!?そして、最後は日立駅周辺でテア・マキパーさんのビオトープを愛でて終了。とっても素敵な旅になると思います。」とコース提案も♪

 

ちなみに、うのしまヴィラのレストラン海音~Seane~は地元でも人気のランチスポット

一番人気は和風あんかけオムライス

 

_41a5608

 

野菜ソムリエ認定レストランにも選ばれている海音

オムレツの下に隠れている雑穀ピラフももちろんオーガニック

地元の名産しらすがほどよい塩分でとっても美味しいんです

しかも、5種類の魚でとった出汁をあんかけにして、コクはあるけどあっさりと

オムライスなのにとってもホッとする味です

 

そんな海音は13時30分ラストオーダーです!

13時半以降はカフェタイムになるのでお気を付けて!

 

うのしまヴィラ Cafe & Dining 海音 seane

0294-42-4404

日立市東滑川町5-10-1

ランチタイム11:30~13:30LO

火曜&水曜定休

 

_41a5614

back to top