水戸の歴史とあじさいと♪第39回水戸のあじさいまつり


投稿日:2013年06月21日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の照沼です。

 

梅雨がやってきましたね。

しかし、今年は例年に比べて雨が気にならない気がします。

空梅雨なのでしょうか?雨が少ないなら少ないで、少し寂しい気もする今日この頃。

 

そんな少し変わった今年の梅雨ですが、毎年変わりなく、季節の移り変わりを知らせてくれるのが植物たち。

いま、水戸の保和苑では、この花が見ごろを迎え、おまつりを開催しております!

 

その花とはあじさいです♪

第39回水戸のあじさいまつり

期間/平成25年6月16日(日)~7月7日(日)

会場/保和苑 ※保和苑及び周辺史跡

問い合わせ/水戸のあじさいまつり実行委員会(水戸市観光課内)

TEL029-232-9189

 

西洋あじさい、がくあじさいなど、約60種6,000株のあじさいが、保和苑で色鮮やかに咲き誇ります。

なんと今年で39回目!歴史があるイベントです。

県外からの観光客が特に多く、今年も13万人が訪れることを見込んでいます。

 

たくさんの人々を魅了して止まないこのイベント。

遠方から毎年、欠かさずに訪れる方もいます。

そんな水戸のあじさいまつりの実行委員長の川又さんに、その魅力をお伺いしました。

 

「あじさいと、黄門様ゆかりの日本庭園・保和苑の美しさの調和を楽しんでほしいです。

この庭園をぐるりと周るだけで、山あり、谷あり、滝あり、小川あり・・・と様々な自然を堪能できます。

そしてそこに宿る歴史の深さにも思いを馳せれば、より一層、あじさいが艶やかに見えるはずです。」

 

黄門様が名を付け、水戸の勇士が作り上げた保和苑。

庭園内にある滝は水戸市内で一番大きな滝です。

4段になっており、大子町の「袋田の滝」を真似て作ったのではと言われています。

 

 

その滝の水をたたえる池には、噴水が水を噴き上げ、鯉が戯れ・・・。

その周りをあじさいが美しく囲むなんとも、華やかな光景が広がります。

 

 

しかし谷を下りると一変。シンと鎮まった「静」の空間が広がります。

そこに谷合いっぱいのあじさいが色を添えるのですが、それらさえも心を落ち着かせてくれます。

冷たい空気感の中に響く小川のせせらぎに耳を傾けながら、ぜひご鑑賞ください。

 

美しい情景と共に、期間中の土日はたくさんのイベントが開催されます。

 

●6月23日(日) 10:00~15:00 野点茶会(石州流)

●6月29日(土) 11:00~、13:00~ 演劇(劇団「水戸黄門」)

10:00~15:00 漫遊バス(ボンネットバス)運行

●6月30日(日) 10:00~15:00 写真撮影コンテスト

10:00~15:00 水戸黄門漫遊一座写真撮影サービス

 

●7月7日(日) 11:00~12:00 あじさい育成講習会

 

イベントも多く開催され、賑わう29日・30日はあじさいが全体のみごろと予想されています!

今年のあじさいの開花状況は、昨年より1週間早いとのこと。

今週は7分程度ですが、充分その美しさを堪能できますよ!

 

入り口では、新荘女性の会による、地元産品の販売も行われています。

 

水戸のお土産がいっぱいです!

中でもオススメは「あじさいまんじゅう」と「どら焼き」。「水戸のあじさいまつり」限定なので、ぜひお買い求めください♪

 

またこのお土産処では、あじさいの葉で入れたお茶「甘茶」の無料試飲もできます!

 

砂糖を使用していないにも関わらず、口に含むとじんわりと甘みを感じられる不思議なお茶です。

散策の休憩に、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

そして水戸のあじさいまつりにプラス1!

ぜひ行ってほしいのが、「水戸のロマンチックゾーン」巡りです。

水戸市街地の北西部には、保和苑を中心に歴史的遺産が点在しています。

水戸のロマンチックゾーンMAP ←マップのPDFはこちらから

 

古墳時代、6世紀初頭につくられた前方後円墳「愛宕山古墳」をはじめ、

奈良時代、万葉集で歌われている「曝井」、

安土桃山時代に栄町から現在地に移った「光台寺」、

江戸時代、1666年に藩士の墓として光圀が定めた「常磐共有墓地」、

安政の大獄、桜田門外の変後、幕末の国事で殉難した1,780名もの志士をまつった「回天神社」

など、その数は11個。水戸市の歴史を伝えています。

回遊ルートは約3.8kmで、徒歩で約90分と散策にはちょうど良い距離です。

 

ロマンチックゾーンの11スポットの中でも、あじさいの名所としても知られるのが水戸八幡宮。

60種5,000株ものあじさいが境内を彩ります。

 

ここには、国指定天然記念物の御神木御葉付公孫樹や

国指定重要文化財の本殿などみどころも多数。

下の写真は、境内にある茨城百景の烈公御涼所。

 

徳川斉昭公が涼んだ場所です。夏でも涼しい風が吹き上げる不思議な場所です。

昭和25年に茨城百景に指定されました。

眼下には那珂川、北は八溝山地、西は日光連山を望みます。

御来光の聖地としても有名で、茨城観光百選にも上位で選ばれています。

 

水戸の歴史に触れながら、あじさいも楽しめる「水戸のあじさいまつり」。

ロマンチックゾーンも合わせて、ぜひ足を運んでください♪

back to top

大河ドラマ化へ向けて推進協議会設立!冲方丁さんの話題作「光圀伝」


投稿日:2013年05月31日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!
観光いばらき編集部の根本です。

私は子供の頃から、趣味と言えばもっぱらインドア派でした。
とにかく本が好きで、学生時代には図書館で本を借りては読む日々。
中でもミステリー小説が好きで、コナン・ドイルやモーリス・ルブランの有名シリーズを愛読していました♪

少しずつ読むということが出来ず、まとめて読む性格のため
ここ最近はあまり大作には手を出せていませんでしたが…
実は少し前に、気になっていた作品を買って読み始めました!

冲方 丁さんの「光圀伝」です!

水戸光圀公を主人公に、その波乱万丈な生涯を追う歴史小説です。
第3回山田風太郎賞を受賞し、先日発表になりました2013年本屋大賞にもノミネートした話題作。
昨年9月に発売されて以来、12万部を越える大ヒットを記録しています。

冲方さんといえば、映画化もされた話題作「天地明察」の作者でもあります。
第7回本屋大賞を受賞した天地明察に次ぐ時代小説として描かれました。
話題性もさることながら、やはり光圀公のお膝元・茨城県民としてはぜひ読んでおきたい一冊です!

ちなみに余談ですが、私は、冲方さんの作品ではSF小説「マルドゥック・スクランブル」を愛読しました。
とにかくストーリーが面白く、息もつかせぬアクションや展開でどんどん引き込まれる話。
そんな冲方さんの作品ということで、光圀伝も絶対に面白いに違いない!と、ワクワクしながら読み始めました。

この話の魅力は、何よりも主人公・水戸光圀の生き様にあると思います。
光圀水戸黄門として時代劇ドラマも長年にわたり放映されているので、
頭が良く優しいご隠居、というようなイメージが根強く染み付いてしまっているのではないでしょうか?
しかし、そのイメージははじめの数ページでがらりと変わるはずです!
この物語で描かれている水戸光圀は、驚くほどに力強く豪胆な人物です。
本を読み進め、そんな光圀が生涯でぶつかった困難や苦悩の末に成し遂げたものを追ううちに、
私は光圀公にどんどんと引き込まれてしまいました。
今まで思い込んでいた水戸黄門様とはまったく別の人物のようです。
この物語を読んで、まさに黄門様の魅力を再発見できたように感じています!

と、私の感想はこれ位にしまして・・・
そんな「光圀伝」に魅せられた人は数多く、今年3月には光圀伝ゆかりの地をめぐるツアーが茨城で開催されました。

 

3月10日の「みとの日」東京発着・1泊2日のツアー。
光圀公の隠居・西山荘に立ち寄りました。
地元のガイドの案内を受けながら、散策。

 

と、このツアーでは嬉しいサプライズが!
なんと、光圀伝作者の冲方さん自らが
西山荘でツアー参加者を迎えてくれたのです。
冲方さんは大変きさくな方で、皆さんからの質問に答えていました。

 

記念撮影や握手、書籍へのサインなど、
参加者には想い出に残るふれあいになったことと思います。
とってもうらやましい!
私も本を持っていけばよかったと大後悔しました…

また、この日には水戸市のホテルレイクビュー水戸で、水戸商工会議所の主催により「黄門料理まつり」が開催。
水戸黄門が食した料理を楽しみながら、冲方さんを招いての講演会が催されました。

 

 

 

 

 

 

多くのファンに支持されている冲方さんのトークに、参加者は聞き入っていました。
講演会の中では質疑応答も行われ、物語の真相に迫る質問や、冲方さんのプライベートへ踏み込んだ質問まで!
終始和やかな雰囲気で、大盛況のようでした。

さて、この光圀伝。
地元でも強い支持を得て、実は大河ドラマ化を切望する声が多数上がっています。
その声に応える形で先日5月7日、大河ドラマ化へ向けた推進協議会が設立されたとのこと!
水戸商工会議所を中心に、水戸光圀ゆかりの
水戸・常陸太田・那珂3市の地元商工会議所や観光協会など、33の団体が結成。
大河ドラマ化へ向け、現在35万人を目指して署名活動を行っています。

署名については、水戸市のHPで詳しく案内されています。
http://www.city.mito.lg.jp/001433/003464/p012396.html

地域活性化のためにも、光圀伝大河ドラマ化、ぜひ実現してもらいたいですね。
今後の展開が気になります!皆さんもぜひ応援お願いします♪

光圀伝については、観光いばらき編集部でも注目し、随時新しい情報をご紹介していきたいと思います。

back to top

いばらきスイートフェア2013 開催です♪


投稿日:2013年05月22日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!
観光いばらき編集部の照沼です。

甘いもの好きの皆さんに朗報があります。
今週末にステキなイベントが開催されますよ~~!!

それがこちら♪
私はもう、待ちきれません!!!

「いばらきスイートフェア2013」です!!

2013年5月24日(金)~26日(日) 

11:00~16:00

会場/茨城県庁2階県民ホール

北は大子、南は神栖まで。県内のの洋菓子、和菓子、パン職人のみなさんが
腕によりをかけて作ったスイーツが一堂に会するイベントです。

昨年は、会場を人が埋め尽くすほど大盛況!1.6万人を集めました。
その好評を受け、今年は更にパワーアップ。
昨年参加できなかった店舗さんも続々と出店し、今年は40店舗が出店します!

「美味しいと噂には聞いていたけれど、遠くて行けなかった!」

そんなお店が県庁に大集結するのが、大変嬉しいイベントです♪

しかも、ただ「スイーツが集まる」だけではなく
「茨城の食」をテーマとしているのがポイントです!

茨城は、県土に占める工作地帯の面積が長年1位
農業産出額は、北海道についで第2位の農業大国です。

そんな「食」の宝庫・茨城の県産品を使い、
茨城を代表するお菓子屋さんが腕によりをかけて作ったスイーツたちが並びます。

例えば、茨城が誇れる洋菓子の名店・パティスリーKOSAIさんからは
ひたちなか産のさつまいもを使ったモンブランが出品されます!
これはこのイベントだけでしか食べられない限定商品です。

このほかの店舗さんからも、イベント限定商品が多数登場予定なのでお楽しみに♪

※購入したケーキは、お持ち帰りだけではなく、特設のイートインコーナーで食べられます。

※出店店舗はその日によって変わります。
お越しの前に、公式ホームページに掲載の「出店店舗配置図」をご確認ください。
http://www.ibaraki-sweat.com/shoplist.html

ほかにも、茨城県産品と食のマッチングイベントを同時開催!
その内容をご紹介します♪

★笠間焼+スイーツ=絶妙なマッチング

出店店舗の自慢のスイーツを、茨城を代表する特産品・笠間焼の器でご提供♪
ワンコイン(500円)で販売します。イートインコーナーでお召し上がりいただけます。
しかもお召し上がり後の笠間焼の器は、そのままお持ち帰りできます!
笠間焼の器は200~300円相当のもの・・・。しかもスイーツにピッタリで可愛らしい♪
この赤字覚悟の超お得なイベントは、絶対に見逃せません!!
笠間焼の展示販売も同時開催します。

★県産食材×料理人=強力なマッチング

県内の3つの調理師団体が、県産食材を用いて作ったスペシャルグルメが登場。
つまり、茨城を代表する一流調理師の方々が腕を奮う料理を食べられるのです。
しかもお値段も各500円とリーズナブル!
最高の料理人たちによる最高の食材とのコラボレーションをぜひご堪能ください。

【メニュー(各500円)】
○茨城県日本調理技能士会 Presents 「常陸牛とシラスのちらし丼」
常陸牛をはじめ、県産のレンコン、大洗産シラス、奥久慈卵、コシヒカリの豪華なちらし丼!

○全日本司厨士協会城本部 Presents 「茨城銘柄ポークカレー」
茨城の銘柄豚を使用した、本格派のポークカレー♪

○全日本司厨士協会城本部 Presents 「茨城きのこパスタ」
茨城県産のきのこを使用した洋風パスタ。

○日本中国料理協会茨城県支部 Presents 「ローズポークのピリ辛丼」
茨城の銘柄豚・ローズポークと県産野菜をたっぷり使用しました!

★ご当地キャラも参戦します!

我らがハッスル黄門も来ちゃいますよ~♪

可愛いと既に人気沸騰中の水戸のゆるキャラ「みとちゃん」、
笠間焼の聖地・笠間市のゆるキャラ「いな吉」くんが駆けつけてくれることになりました!

また、当日は混雑が予想されます。
会場へお車でお越しの場合は、臨時駐車場をご利用ください!
臨時駐車場は、庁舎東側にあります。会場へも歩いてすぐです。
混雑するであろう庁舎正面からよりもスムーズに入場できます!


詳しくは「いばらきスイートフェア公式ホームページ」をご覧ください。

http://www.ibaraki-sweat.com/guide.html

また、いばらきスイートフェア公式ホームページでは、
イベントの舞台裏まで詳しく見ることが出来ます。
出店店舗はもちろん、その材料を作っている農家さんのコメント、動画なども掲載。
「食べ物だけではなく、それを作っている『人』も伝えていけたら・・・」
と、実行委員の大津さん。

ホームページをご覧になれば、
「茨城の食」をより身近に感じられ、イベントの楽しみも倍増すること間違いなしです♪

茨城の食を通して、その魅力をたっぷりと楽しめる「いばらきスイートフェア2013」。
ぜひご参加ください!

また、昨年行われた「いばらきスイートフェア2012」と同時開催で大好評だった
「茨城県洋菓子協会作品展」は
別日程で、水戸駅ビルEXCEL内で開催します♪

★茨城県洋菓子協会作品展 Ibaraki Cake Show.2013

6月7日(金)~9日(日) 10:30~17:00※9日のみ16:00終了

会場/JR水戸駅EXCEL6階

飴やチョコレートで出来ているとは信じがたい繊細な芸術作品が展示されます!
合わせてご参加ください♪

back to top

第32回笠間の陶炎祭はじまりました!今年も見所盛りだくさんです♪


投稿日:2013年04月29日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の鈴木です。

今年のゴールデンウィーク、楽しんでますか?

明日からの予定が未定の方、ぜひ茨城で開催中の陶器の祭典に来てみませんか?

現在、笠間市・笠間工芸の丘公園では、第32回笠間の陶炎祭が4月29日~5月5日までの会期で開催中です。

今年も、例年以上に数多くの陶芸家が出店!

237の店舗が会場を埋め尽くします。

特筆はなんといっても、笠間の土、伝統的な笠間の焼き方にこだわった『純笠間焼』ブース!!

ステージ前のフードコートに面した場所にあります。

中には、今回出店されている作家たちの代表作が展示・販売されています。

純笠間焼というと値がはりそうなイメージがありますが、低温で焼き上げるため、実は燃料代が安く、手ごろな価格設定になり、意外なほどリーズナブルに地元色の強い一品を手に入れることができます。

ちなみに、笠間焼の良いところは、良くも悪くも作家中心の焼き物であることです。

つまり、よその銘窯地に比べ、作品にしばりがなくとても自由。

どこの土じゃなくちゃいけない、上薬や釉薬はこれじゃなくちゃいけない!

笠間焼にはそんなルールはなく、笠間の地で陶器成形に没頭する作家をすべて抱擁する懐の深さが笠間焼の特徴です。

だから、セラミックや青磁など、ひと口に笠間焼とはくくれないような作品も多数存在します。

その数はあまりにも多すぎて、全くといって見ていてあきません!!

個人的におすすめの工房は茨城デザインセレクションにも選出されたクラウドさん♪

その絵付けは、毎日の生活にあったら、それだけで場の空気感を柔らかくしてくれそうです。

また、こういったイベントでは、ぜひとも若手作家の作品を楽しんでもらいたいと思います。

まだまだ世に出て間もない若手作家にも道を広げる笠間焼。

東駐車場から入るとすぐにある「笠間のたまご新人コーナー」には若手作家たちのブースが立ち並びます。

普段、なかなか目にすることも、手にすることもできないような作家に出会えるのは、この陶炎祭の良いところです♪

他にも家族連れでいらっしゃった方には、キッズランドで粘土遊びやろくろ体験も超低価格で楽しめます。

※お子様限定の企画です。

あと、陶炎祭は食事も注目です!

毎年人気の朴葉焼ピザは今年も健在です♪

他にもいろいろな飲食ブースが立ち並びます。

オススメは会場ハズレにある稲田縁日!!

ここでは地元の酒造場や地元稲田石の石屋さんがおもてなししてくれます。

フードコートだと行列ばかりで中々、食事にありつけませんが、稲田縁日はゆったりと笠間の空の下で稲田石のテーブルで食事が楽しめます。

しかも、石屋さんの採算度外視のメニューはどれも美味♪

公共交通でいらっしゃたなら、料理持込で笠間の地酒を楽しみながら、磯蔵酒造さんのブースで一献!!

なんてのがオススメです(笑)

新作にごり酒!とっても美味です♪

地元麺屋さんの麺を使ったラーメンなんかも、ほっこりした味です。

期間中は恒例の土面オークションなども開催中です。

ブースでは数万円で販売されているようなオブジェと同価値のものが数千円で落札できるチャンスです!!

もちろん、茨城県観光物産協会も特設ブースを出店中!!

笠間から県内観光をお考えのときはぜひ立ち寄ってご相談ください♪

オススメの観光スポットをご紹介します。

back to top

ゴールデンウィークは茨城の食の王座決定戦2013へ!


投稿日:2013年04月22日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の鈴木です

いよいよ今週末から念願のゴールデンウィーク突入!

茨城県では、ひたち海浜公園のネモフィラや笠間では笠間焼の祭典・陶炎祭など、注目のイベントが目白押しです。

そんな中、編集部が注目しているイベントがコレ!!

昨年開催されたつくば食の王座決定戦をさらにバージョンアップさせたイベント!!

茨城の食の王座決定戦です。

昨年、2日間で3万5,000人を集めた同イベント。

今年も4月28日と29日の2日間で開催します。

28日は主食部門としてつくば市内外から集まった34店舗が出場!!

29日はスイーツ部門としてこちらも34店舗が出場し、その美味しさに優劣をつけます。


気になる参加店舗は・・・

常陸太田市から出場の「わたる家×太田ワクワク会」、炙り道場、桜川市で水戸藩らーめんを提供する本格中華料理の店・中華菜館彩菜などなど!!

もちろん、つくば市の人気手作りハムの店・学園手造りハムの会も出展!!

大洗B級グルメグランプリで見事優勝に輝いた朝日堂も参戦します。

そして、注目なのは坂東太郎グループ!茨城No1のおもてなしファミリーレストランの本気は見ものです♪

そして、個人的に大好きな取手市の新名物・鳥手羽かくれんぼを持って白山かくれんぼも登場!!

龍ヶ崎名物コロッケの伝道師・高橋肉店も!もちろん、ノーマルのコロッケも美味しいですが、トントロコロッケの美味しさは格別です。

編集部注目なのは、カフェの立ち並ぶつくばらしいメニューを持って望む喜聞屋!

特選!常陸牛チーズバーガー

荒引きした常陸牛のパティを香ばしく焼き、チーズ地元産のトマト、レタスを特製バンズで挟みました。

常陸牛の美味しさを実感できる仕上がりです。

地元の代表食材である常陸牛をこの機会にぜひ食べてもらいたい一心で魂を込めて作ってくれるとか♪

これは注目せずにはいられません!!


ちなみに、良く29日に開催されるスイーツ部門では・・・

つくば市の特産品でもあるブルーベリーを生産する生産者たちが作る、つくば市ブルーベリー 生産者連絡協議会のブルーベリーアイス!!これは行列必至の大人気商品です。

そして、ほしいもの生産量日本一のひたちなか市から大丸屋がほしいもアイスを持って参戦!ほしいもの品種ごとの甘さの違いを堪能できます。

また、昨年チャンピオンの地元志ち乃はこれら強敵を迎え撃つために「つくばどら」を作ってきます!!

そして、観光物産協会にも加盟する、茨城が誇るつくばぷりんも参戦。その美味しさは絶品いばらきでも紹介済みです♪

編集部注目は筑西市からやってくるCAFE CACHE-CACHE!!

幻のスーパーフルーツトマト・筑西ロッソ

ちょっとおしゃれに!でも美味しく!!

このルックスの中で、トマトがどれだけ主張しているのかとっても気になります♪


両日とも10:00会場!!

場所はつくば市役所駐車場です。

TXつくば研究学園駅から徒歩3分ほどの距離!!

アクセスも抜群です♪

詳しくは公式ホームページをチェックしてください

http://ibarakisyoku.com/index.htm

今年も熱い2日間になること間違いなしです!!

back to top

48 / 48« 先頭...102030...4445464748