茨城の歴史を知りながら、健康にもなれる「水戸黄門さま漫遊ウォーク」


投稿日:2013年10月18日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の滝口です。
10月5日(土)に「水戸黄門さま漫遊ウォーク」というイベントが開催され、参加してきましたのでその模様をレポートします。

これは、第2代水戸藩主・徳川光圀公(水戸黄門)が歩いた道を実際に辿ってみようというウォーキングイベント。黄門様だけでなく、常陸国と呼ばれた古代、第9代水戸藩主・徳川斉昭公、明治期の政治家ゆかりの史跡なども巡り、まさに茨城の歴史を深く知ることができるイベントでした。

漫遊ウォークのコースは長さによって3つに分かれます。
Aコース 水戸→那珂(約13km)
Bコース 水戸→那珂→常陸太田(約26km)
Cコース 常陸太田→那珂(約13km)

Bコースはほとんどハーフマラソンの距離。私はこれに参加しました。体力には自信がある私ですが、正直不安いっぱいで当日を迎えました。しかも、当日はあいにくの雨模様。実際、雨でキャンセルした人も結構多かったようです。それでも約150名が参加しました。

茨城県三の丸庁舎広場からスタートし、歩き始める漫遊ウォーク御一行。道中長いですから、私は参加者の皆さんと話をしながら歩くことにしました。するとあることに気付きます。あれっ? これ一番長い、一番大変なコースだけど、若い人がいない。ほとんどがシニアの方です。

「あの~。これ一番長いコースですよね?」といっしょに歩いている人に質問する私。
「えぇ、そうですよ。この漫遊ウォークは今年で9回目を迎えましたが、私は第1回から参加しています。あっ、ちなみに私70歳です」

年齢を聞いてビックリしました。背筋の伸び具合、肌の色艶、そして生き生きして楽しそうな表情。とても70歳には見えません。そんな方たちばかりでした。聞けば、水戸ウオーキングクラブに所属しているとのこと。このクラブでは月2回、長い距離を歩いて体を鍛えています。元気と長生きの秘訣を感じました。

さて、「水戸八景」のひとつ「青柳夜雨」に着きました。「水戸八景」とは、徳川斉昭公が、領内にある八つの景勝地を選定したものです。観光ボランティアの方が、解説してくれました。

途中、トイレ休憩や、水分補給を行いながら、ゆっくりとひたすら歩く御一行。本当に水戸黄門の気分になってきました。

長いこと歩いているはずですが、人と話しながら歩くと不思議と疲れないものです。ウォーキングの魅力がわかった感じでした。
中には、若い頃のことを教えてくれた人がいました。「私は○○という会社で、△△という製品を作っていてね~。よく働いて、よく飲んだもんだよ。気の持ちようで若さは保てると信じていてね。今はデジカメやタブレットを使って楽しんでいるよ。ワハハ」。
高度経済成長期を迎え、日本が破竹の快進撃を続けていた時代。そんな頃にバリバリと働いていたのですね。そして、今も好奇心を持ち続けている、こんな年の取り方ってステキだなと思いました。

そして、歩くこと約13km。那珂市役所前の「一の関ため池親水公園」に到着しました。AコースとCコースの人はここでゴールです。お疲れ様でした~。

ただ、私が参加しているBコースは、ようやく中間地点。午後のウォーキングに備えてまずは腹ごしらえです。お弁当がいつになく美味しく感じられました。また、那珂市商工会女性部の皆さんがふるまってくれた「七運汁」も美味でした。


昼休みの後は、記念のセレモニーが開催されました。この日のために、高橋 靖 水戸市長(写真右)、海野 徹 那珂市長(右から3人目)、大久保 太一 常陸太田市長(左から2人目)が駆けつけました。加えて水戸黄門さま、助さん、格さんも参上しにぎやかに。各市の物産を景品にした抽選会も行われ、セレモニーは大いに盛り上がりました。

さて、Bコースの旅はまだまだ続きます。途中、那珂市の阿弥陀寺に立ち寄りました。ここは親鸞聖人が創建した古いお寺で、黄門さまの娘・万姫のお墓(写真右)もあります。

これは常陸太田市にある「防人の碑」。奈良時代、茨城県が常陸国と呼ばれた頃、多くの若者が防人として徴兵され、外国からの侵略を防ぐために筑紫国(現在の北九州地方)へと派遣されました。

『万葉集』には,そんな若者たちが自らの心の内を詠んだ歌が多数収録されており、常陸国出身の防人の歌は10首確認されています。歌碑に刻まれているのはそのひとつで、無事に故郷に戻れるかわからない若者の切ない心境が刻まれています。

さあ、旅は終盤に来ました。すると参加者の方が、「私たち70代なんて、まだまだひよっ子だよ。川又さんの元気さには、頭が上がらないよ」と教えてくれました。

写真右がその川又國雄さん。大正14年生まれで、今年末に米寿の88歳を迎えます。毎日鍛錬し、水戸ウオーキングクラブでも随一の健脚を誇っています。

若い頃のお話もお聞きしました。
「終戦の直前、最後の時期の徴兵がありました。私のところにも召集令状が来て徴兵されました。本格的に戦地に行く前に終戦を迎えましたが・・・。それだけにね。生きていること、健康でいることは尊いと感じているんです」と。
何だか、古代の防人とリンクする話でした。こうしてウォーキングできるのも平和の賜物なんですね。

さあ、ゴールである西山荘は目前です。この西山荘は、光圀公が隠居し、大日本史の編さんを行った地です。とはいえ、最後の難所である階段を上るのは一苦労。皆さん、さすがに体力の限界に来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ついにゴールを迎えました。皆さん、お疲れ様でした。あらためてシニアの皆さんの健脚に驚きました。若々しく生きるのにウォーキングは最適です。
そして、奈良時代の常陸国、江戸時代の水戸藩、明治時代、太平洋戦争、高度経済成長期・・・。古代から現代までさまざまな歴史に触れることができました。
この「水戸黄門さま漫遊ウォーク」は、来年も開催予定なのでぜひ多くの方にオススメしたいイベントです。

back to top

里山全体が美術館に!「雨引の里と彫刻2013」


投稿日:2013年10月11日   投稿者:観光いばらき特派員

 

こんにちは!

観光いばらき編集部の照沼です。

 

今回は、桜川市で絶賛開催中イベントを紹介します。

「芸術の秋」と「茨城の自然」が融合したイベントです。

それがこちら!

 

「雨引の里と彫刻2013」

9月22日(日)~11月24日(日) 

開催地/桜川市(旧大和村地区)

インフォメーションセンター/大和ふれあいセンター「シトラス」

筑波山を望む桜川市の旧大和村地区。

その地域の田んぼの中や林の奥、廃屋の中など、38箇所もの場所に作家たちの芸術作品が展示されています。

筑波山に抱かれた美しい里山を散策しながら、そこに溶け込むように展示されている作品たちを楽しむのです。

昔ながらの自然が残るこの地域だからこそ誕生した傑作たちの数々。

里山の匂い、そこに吹く風、日の光・・・その場のすべてが調和することによって作品は完成しています。

だから、その場に行って「体感」しなければ、本当の素晴らしさを知ることはできないのです。

しかも作品は直接ふれて楽しむことができるものばかり。

中に入れるものもあります♪

ぜひカメラを片手におでかけください。回り終わったころには

たくさんの思い出がか生まれているはずです♪

 

こんなステキなイベントが生まれた原動力。それは、桜川の石彫家たちのこんな想いでした。

「雨引の里(桜川)に住み、地元でとれた石を使わせてもらい、そして地元の皆さんには作品を作る際の騒音に耐えてもらうなど、協力してもらっている。なのに地元の人々に作品を見せる機会がないのは申し訳ない。」

そうして地元の作家たちが協力し合い、できたのがこのイベント。

地元の自然を活かし、自分たちの作品を展示するという町興しイベント「第1回 雨引の里と彫刻」が1996年に開催されたのです。

 

2年に1度開催され、今年で9回目。

今回参加するその作家のひとり、塩谷良太さんにお話を聞くことができました。

「街の中に作品を展示するイベントはいくつか知っています。しかしこのイベントのように、昔ながらの村里を舞台にするのは珍しいし、面白いですよね。
展示する作品を作るときは、まず場所選びからスタートします。このイベントでは、展示場所も作品の大きな要素なのです。ボクは木漏れ日が美しい、この場所に決めました。展示場所が決まったら、今度は場所作り。春からひたすら草むしりをしたり、虫と葛藤したり・・・。なので、このイベント用の展示作品ができあがるのに、約半年もかかりました。」

とのこと。お話くださったときの笑顔に、達成感と満足感のようなものが感じられました。

塩谷良太さんの作品「具合」 木の幹にまで作品が及んでいるのが見て取れる

塩谷さんをはじめとした作家さんたちのお話をもっと聞きたければ、ぜひ「バスツアー」へご参加ください!!

参加作家の自作解説を聞きながら、全38作品をバスで巡ることができます。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

バスツアー 

11月03日(日) 10:00~16:00

※予約受付中!お問合せはこちら↓

大和ふれあいセンター「シトラス」 1F

〒309-1242 茨城県桜川市羽田989-1

9:00-17:00

TEL 080-6770-7368

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

バスツアー開催日当日は、地元特産品などが販売される「軽トラ市場」も開催予定!

また、10月、11月の各日曜日には、ボランティアによる催しも開催されます。合わせてお楽しみください。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

10月、11月の各日曜日開催!!

■大和撫子庵(休憩所、お茶のサービス、会場のルートガイドなど)

■手打そば大好き会(蕎麦実演販売)

※会場等の詳細については、インフォメーションセンターで要確認

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

また、大和ふれあいセンター「シトラス」では、自転車も貸し出し中!

ここで自転車を借りて、作品を自由に巡ることもできますよ♪

迷うんじゃないか・・・と心配するかもしれませんが、大丈夫です。

MAPは公式HPからダウンロードできるし、現地には順路を示す看板が数多く立てられています。

「雨引の里と彫刻」公式HPはこちら↓

http://members.jcom.home.ne.jp/amabiki/data/home.htm

 

今年の「芸術の秋」をおもいっきり満喫するなら、「雨引の里と彫刻2013」で決まりです!

ぜひお越し下さい♪

back to top

伝統と若い感性が融合した「結い市」。10月12日~13日に結城市で開催!!


投稿日:2013年09月26日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の滝口です。

今回は10月12日(土)~13日(日)に結城市で開催される「結い市」(ゆいいち)というイベントをご紹介させていただきます。

今年で4回目となるこの「結い市」。まだまだご存知ない方も多いかもしれません。ですが、テレビや新聞の取材も増えている、注目度急上昇中のイベントなのです。

この「結い市」を簡単に説明すると、「アートによる町づくり」。アートのジャンルは、音楽・絵画・クラフト・伝統芸能・大道芸など多種多様です。

結城市は鎌倉時代から約800年続く城下町。町には蔵造り建築の「見世蔵」など、歴史ある建物が並んでいます。そして、なんといっても有名なのが「結城紬」(ゆうきつむぎ)。ユネスコ無形文化遺産にも登録された高級絹織物です。
こうした古い伝統と、若い感性が見事に融合したイベント、それが「結い市」なのです。

「結い市」の中心地は、健田須賀神社。13世紀に創建された。伝統ある神社です。

もともと、この神社で行われてきた収穫祭「夜神楽祭」に合わせる形で、「結い市」も開催されます。

開催中は、この神社の境内で演奏会が行われます。神社なだけに古色蒼然とした雅楽が演奏されるのですが、それに加え、若者によるロックやポップスまで演奏されます。健田須賀神社の理解があってこそ実現している演奏会。伝統と若い感性が融合されていて、「結い市」のテーマを象徴しています。

期間中は、市内23ヶ所にショップやギャラリーが並びます。そして、約80組のアーティストが参加。いろんなアーティストやパフォーマーが神出鬼没に現れては、参加者を楽しませてくれます。

 

 

 

 

 

この「結い市」が生まれた背景には、どの町も抱えている商圏の空洞化や後継者不足がありました。「何とかして結城市を活性化できないか」、そうした思いを持った若手商店主、公務員、学生ら約30人が集まり、「結いプロジェクト」が結成され、独自のコミュニティ作りが模索されてきたのです。

「結いプロジェクト」の特徴は、参加アーティストが各地から集まっていること。東北や沖縄からも駆けつけています。彼らが、この結城市で得た体験やつながりを郷里の仲間たちに紹介することで、つながりは加速度的に広がっているそうです。これはまるで、「結城紬の糸」が伸びているような感覚。今年の「結い市」のテーマである「糸」、そのものですね。

この「結い市」が行われるようになってから、さまざまな人が結城市を訪れるようになりました。町にはオシャレなお店も増え、年配者たちもさらに誇りを感じてきているといいます。


 

 

 

 

普通に参加するのも楽しいですし、町づくりのヒントを得るのにも最適です。ぜひこの機会に結城市を訪れてみてください。

結いプロジェクトHPはこちらです!
http://yuiproject.jimdo.com/

back to top

今が美味しい!常陸太田ぶどうフェス.9/16まで開催中!


投稿日:2013年09月13日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です。

すっかり秋を感じる今日この頃。秋といえば、皆さん何を思い浮かべますか?
スポーツの秋、芸術の秋、そして・・・わたしは食欲の秋!

今回は、そんな今、まさに食べて頂きたい、絶品グルメをご紹介します。

 

常陸太田市で現在開催中の「ぶどうフェス.」に行ってきました!
これは、常陸太田ファーム&キッチン実行委員会が主催する企画の第一弾。
地元・常陸太田で営む農家の若い後継者と、同じく地元の料理人がタッグを組んで行うプロジェクトです。

若い農業人が想いを込めて作った農産物を使って、料理人たちが新しい発想でオリジナルの料理を作る・・・
そこで、第1回の食材として選んだのが「ぶどう」です。

8/31から開催しているこのぶどうフェス.について、実行委員会事務局代表の山口さんと
参加者の中からお二人に、お話を聞いてきました!

まず伺ったのは、ぶどう農家の「本多巨峰園」さんです。

本多巨峰園は、ぶどう栽培の盛んな常陸太田で、その歴史を古くから支えてきた農家です。
常陸太田オリジナルの品種として、近年話題を集める「常陸青龍」は、
こちらの先々代の本多勇吉さんが育成したのがはじまり!

美しい黄緑色の常陸青龍!
だいたい9月下旬までだそうです。
本多巨峰園をはじめ、JA茨城みずほ
常陸太田ぶどう部会会員の直売所(一部)で
栽培・購入することができます♪

本多巨峰園では、巨峰、常陸青龍をはじめ約30種ものぶどうを栽培。
もちろん、直売で購入することが可能です!

直売所にはひっきりなしに
お客さんが来ていました。
ぶどうは今がまさに美味しい時季!

 

 

 

試食も用意されています。
こんなに大きな種類も!!
常陸太田のぶどうは、巨峰だけじゃないんです。

 

さて、こちらでぶどうフェス.プロジェクトに参加しているのは本多巨峰園の4代目・本多雅樹さん。
ご両親と一緒に、園を盛り上げています。

雅樹さんは現在27歳。若手農業後継者団体「4Hクラブ」でも活動しています。
そして、写真右側はぶどうフェス.実行委員会事務局代表の山口さん。
常陸太田の酒類卸会社の専務ですが、地元を盛り立てるべく様々な企画の仕掛け人でもあります!

このプロジェクトの発端は、
生産者の顔が見える地元産の素材を使って、お客さんにそれを伝えたい・・・という飲食店側と、
自分たちの作ったものをより多くの人に食べてもらって、美味しいと感じてもらいたい・・・ という生産者
両方の気持ちが合致し、ならば協力して新しいものを作りたいね、とはじまったのだとか。
そんな動きはやがて市の関係部署にも伝わり、行政の協力を得ることに。

料理の素材は「ぶどう」。
メニュー作成に当たって、ルールは「そのまま提供するのはNG」という一点のみでした。
ぶどうというと、やはりデザート類が思い浮かびますが・・・
ふたを開けてみると、どれも驚くようなアイデアメニューばかり!

公式Webページでメニューが紹介されています↓
http://ho-fk.com/menu/

バラエティ豊かなオリジナルメニューが勢ぞろい!
予想に反して、食事・一品料理系のものも多く揃ったのは、メンバーそれぞれが
「まさか普通のものは出さないよね?」とプレッシャーを掛け合い研鑽した成果だそうです(笑)

参加店から、なごみ家さんのメニューを紹介します。

 豚肉の巨峰角煮
620円  です。

代表の川上さんに、お話を伺いました!

 なごみ家はお酒を楽しむお店なので、お酒に合うおつまみにしよう!と開発をスタート。
はじめは、同店の看板メニューでもある唐揚げを使おうとします。が・・・
ぶどうでもみダレを作ってみたり、ぶどうを鳥の間に挟むなど色々試しに試した結果、
淡白な味の鶏と、ぶどうは相性があまりよくないという結論に。
どうやら濃い味との方が合いそう、ということで再度練り直しになりました。
数を重ねすぎて、スタッフからは「デザートに変えましょう」という声も出たほどだったとか・・・
しかし諦めずに試作を続け、この角煮が完成しました!

早速頂いて見ると、タレの甘味の中にぶどうの酸味が効いていて
さっぱり、爽やかな味わいを感じます。肉は箸でスッと切れる柔さ。
そして私が驚いたのは、ぶどうの粒!
甘みの強い赤ワインで、食感を残しつつ煮込んでいるそうです。
今までに味わったことのない新しいぶどうの料理に感動しました!

8/31からはじまったフェスは大反響で、たくさんの方が訪れているようです。
農家にぶどうを買いに来てフェスを知り、料理を食べに飲食店へ立ち寄るという人
また、逆に飲食店でぶどうメニューを食べ、美味しかったので農家でぶどうも買って帰る
という人も多いとか!これはまさに期待していたことのひとつです。

川上さんは、「同じ食材で、他店とのアイデアの競合が出来たことは店にもプラスになった」と話します。
また、本多さんは「今までなかった地元飲食店との繋がりができてとても良かった。4Hクラブでも今後も継続して、地元店とのコミュニケーションを取っていきたい」と話します。

常陸太田を盛り上げる!という熱い気持ちの下、
生産者も飲食店も、一丸となってPR・販売しているのが伝わってきました。
私も地元出身者として、本当に嬉しいことです。

ぶどうフェス.は今週末・9/16までの開催です!
詳しくは、公式HPをチェックして下さいね。
http://ho-fk.com/

参加店舗・生産者の情報も詳しく紹介されています。

常陸太田ファーム&キッチンは、第2弾以降も企画中です。
次なる地元素材は、一体どんなものになるのでしょうか?
とても楽しみです!

http://ho-fk.com/

 

back to top

いばらき夏旅のススメ ~滝めぐり編~


投稿日:2013年08月29日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!
観光いばらき編集部の根本です。

8月もついに最終週。早い地域では、8/29に始業式を迎えたところもあるとか!
長い夏休みもあっという間。みなさん、満喫できましたか?
今回のブログでは、手軽に行けて元気をチャージできる場所をご紹介したいと思います!

秋の訪れも少しずつ感じるようになりましたが、まだまだ残暑厳しいこの時期。
私がオススメするのは「滝」です。

茨城の滝といえば、日本三名曝にも数えられる「袋田の滝」が代表的ですが、
実は他にも、風情満点の滝が点在しています。

まずは、袋田の滝と同じ大子町にある「月待の滝」。

実はここ、全国的にも珍しい滝なのです!というのも・・・

なんと、滝の裏側に入れるのです!
足場と滝つぼの間にはかなり広々としたスペースがあるので、
濡れることを心配しないで大丈夫です。
まるで滝の中に入っていくような不思議な感覚。
水が目の前で流れ落ちていく眺めと音で、気持ちをリフレッシュできるはず。

ちなみに、滝の前には、もみじ苑という蕎麦屋さんがあります。
滝を見ながら美味しいお食事をいただくのも、ステキですね!
また、滝のまわりにはもみじがあり、
紅葉の時期には真っ赤に染まる風景を見ることもできます。
素晴らしい眺めです!

月待の水は飲めるほど澄んだとてもキレイな水です。

月待の滝については、観光いばらきで詳しくご紹介しています
http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000000613

さて、次にご紹介するのは、常陸太田市の竜神大吊橋近くにあるスポット!
吊り橋の足元、竜神ダムの奥へと続くハイキングコースを進んだ先にある
亀が淵」です。

竜神大吊橋といえば、渡った先は戻るだけと思っている人が多いようですが・・・
実は、吊橋の下へと降りられるようになっています。

 

 

 

 

 

 

ハイキング道を進むこと約1時間。その昔は滝つぼだった場所が淵になったそうで、
奥には静々と滝が流れ落ちています。

その名のごとく、竜伝説も残る神秘的な場所。
ハイキングの目的にする価値大ありです!
実は私も、子供の頃からとてもお気に入りの場所です。
ぜひ、清々しい空気を感じながらリラックスしてください♪

亀が淵については、観光いばらきで詳しくご紹介しています。
http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000000143

 

最後にご紹介するのは、筑波山にある超穴場のスポット!
「白滝」です。

山の中腹にあり、木々の生い茂る中にある滝。
落差は約3mほどあります。

行き方は、まずは林道白滝線から
筑波ふれあいの里 を目指します。
ふれあいの里の看板が見えたら、そちらへは行かずそのまま進みます。
しばらく道なりに進むと「白瀧神社」の看板が!
白滝は、神社の横にあります。

白瀧神社についての御由緒も書いてあります。

まさにうっそうと茂る森の中、聞こえるのは木々が揺れる音と
水の流れる音だけ。
そんなシンとした空間は、夏の暑い日でも涼しくてびっくり!
筑波山神社へもほど近いので、筑波山へいく際には
ぜひ、立ち寄ってみて下さい。

ここで、みなさんにお知らせがあります!

●観光いばらきでもご紹介していますが、ただいま
小中学生のみなさんを対象にした「いばらき夏旅」作文コンテストへの応募を受付中です!
http://www.ibarakiguide.jp/information/sakubun-contest.html

漫遊いばらき観光キャンペーン推進委員会が行うこの企画。
今年の夏休みに体験した茨城の旅の思い出や、その旅で感じた茨城のステキなところを
作文にして応募して下さい。
応募締め切りは平成25年9月6日(金) 当日必着!
詳しい応募方法や作文用紙は、下記案内ページをご覧ください。
http://www.ibarakiguide.jp/information/sakubun-contest.html

まだ間に合います♪
受賞作品には豪華賞品も用意されていますので、ぜひ!ふるってご応募下さい。

 

back to top