6月中旬~下旬が見頃!青山花しょうぶ園開園中!


投稿日:2015年06月13日   投稿者:観光いばらき特派員

aoyamahanasyobuen

こんにちは!観光いばらき編集部です。

今回行ってきたのは、6月10日(水)に開園した「青山花しょうぶ園」 。

輪業を営む山崎秀雄さんが、1998年から一株ずつ植えはじめたのをきっかけに、

今では、美しい緑に囲まれた休耕地に約70種類、16,000株の花しょうぶが植えられています。

そもそも、この地に花しょうぶ園を作るきっかけは何だったのか?山崎さんに伺ったところ、

「元々は1970年(昭和45年)の6月に山で花しょうぶが咲いている姿を見て、感動したのがはじまりです。その時、農家の人にお願いして一株分けてもらって育てるようになりました」。

一株からはじまり、今では16,000株。ここまで山崎さんを魅了する花しょうぶとは一体どんな花なのだろうか?

_MG_8407花しょうぶは6月の梅雨の花とも言われ、癒しの花でもあります。江戸系、伊勢系、肥後系の3系統と、原種の特徴を強く残す長井系を含め、4系統にわけられます。ここ青山花しょうぶ園は特に肥後系が多く植えられており、その特徴は大きな花びらにあります。

_MG_8452大きなもので約15センチほど。山崎さんが花しょうぶに魅入られ、青山花しょうぶ園を作るきっかけとなったのが肥後系の花しょうぶだったということです。

_MG_8399

個人で花しょうぶ園を作るまでに、花しょうぶの虜となってしまった山崎さんに花しょうぶの魅力を聞いたところ、「最初に花しょうぶが咲いている姿を見て感動したというのが全てです。今でも朝早く、まだ日が上がる前、夜露がつぼみや葉に付いている姿がとても美しいです。そんな感動を来てくれたみなさんにも味わっていただきたいですね」と言葉では表せないのが、花しょうぶの魅力なのかもしれません。

_MG_8437

現在の開花状況は5分咲きといったところ、6月20日(土)、21日(日)には園内でステージイベントや地元の野菜販売、お茶会などがある「花しょうぶまつり」を開催!是非足を運んで、花しょうぶの魅力を感じてみて下さい。

_MG_8457

 

開花状況など詳しくはこちら

http://www.town.shirosato.lg.jp/news_kankou_kyoukai.php?code=1839