秋の魅力満載の常陸太田!地域と作るアートイベント・ヒタチオオタ芸術会議開催中です


投稿日:2015年11月05日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の根本です。

気持ちの良い秋晴れの日が続いていますね!朝晩はめっきり冷え込むようになり、冬の足音がすぐそこまで近づいてきているのを感じます・・・。

 

昼夜の寒暖差が大きいと、紅葉もキレイに色づくそうですね。

県内では、各地で紅葉の見ごろを迎えています♪

観光いばらきでは、そんな紅葉の色づき情報を随時発信していますので、

ぜひチェックしてみてくださいね!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/koyo.html

 

さて、そんな秋晴れに恵まれた11月3日。わたしは常陸太田へドライブしてまいりました!

目的地は、常陸太田市の北部。旧里美村地区です。

秋のドライブやツーリングにはもってこいの場所!きれいに色づく山並みを楽しみながら、秋の旅を楽しめるのでぜひオススメです。

 

いま、里美地区では「第28回さとみかかし祭」が開催・展示中です。

_MG_6837

市内外から創意工夫あふれるかかしがたくさん展示されています。

皆さんがイメージする、田畑に鳥や獣よけとして置かれる藁の人形かかしはもちろん、

地元にちなんだものや、毎年の時事や話題を反映したもの、来年の干支をモチーフにしたものなどなど・・・

毎年、バラエティ豊かなかかしが勢ぞろいします。

まさに「農村のアート」ですね♪

 

_MG_6904

スケールの大きなかかしから!

_MG_6885

親しみあるかかしまで♪

_MG_6877_MG_6844

_MG_6899

_MG_6932

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれも細かな部分までこだわって、工夫されているのでぜひ360度、上下左右から見てみてくださいね。

 

ちなみに、今年のグランプリはこちら!

_MG_6907

巨大ゴジラ!!

_MG_6913

見てくださいこの迫力!歯までしっかりと作りこまれてます!

_MG_6911

しかも後姿もすごいんです。

ぜひ、実際に一度見てみてくださいね。

里美かかし祭は、11月28日まで「里美ふれあい館・イベント広場」 (常陸太田市 大中町3417-1)

で開催しています。

 

 

・・・・と、実はこの日わたしが里美地区へ出かけた目的はもうひとつあります!

かかし祭の会場からすぐ近くにある、大中神社(常陸太田市大中町1706)

で、常陸太田に滞在するアーティストが集まるイベントがあると聞いて、行ってみました!

_MG_6966

わたしは常陸太田が地元なのですが、大中神社には初めて訪れました。

こんなひっそりとした場所で一体なにが・・・?と思いながら行ってみると、

「ヒタチオオタ芸術会議」という札が掲げられています。

 

常陸太田市では、2013年10月から市内にアーティストが滞在し活動する

「常陸太田アーティスト・イン・レジデンス(AIR)」を行っています。

この芸術会議は、そんなAIRの活動アーティストや、ゲストアーティストが常陸太田地域の住民と共に創り上げる表現の場なのだそう。

10月31日から、市内の里美・水府・金砂郷の3地区をメイン舞台に、リレー方式でアートスポットが登場しています。

 

はじめの会場となるのがこの里美地区。

大中神社も、このとおり。

_MG_6942

境内のところどころに、アートがおかれています。

_MG_6952

本殿へと向かう参道の中央に置かれたこれも、アート作品のひとつ。

里美地区で活動するAIRアーティスト・なるさんの作品です。

「神さまの通り道」と題されたこれは・・・実は、紙芝居の台なんです。

_MG_6944

なんだか、風景を切り取った絵画の額にも見えますね。

 

_MG_7009

アーティストのなるさんです。

なるさんは、里美地域に伝わる「里美むかしむかし」という昔話と「こども」を軸にした活動を展開しています。

なるさんが制作した地域にまつわる紙芝居を、さっきの枠で上演するんですね!

11月8日の13:30から、この「おっきなおっきな紙芝居」が行われるそうです。

 

_MG_6992

境内には、カラフルな風鈴がたくさんつるされています。

よく見ると・・・_MG_6959

まるで七夕の短冊のように、紙にお願いごとや名前が書いてありました。

しかもこの紙が、とってもキレイ!

この紙は、里美地区に在住の小室さんという方が作っている伝統工芸品「かな料紙」なんです。

このかな料紙、映画「かぐや姫の物語」でタイトルの背景に利用されたこともある逸品。

そんな地域の工芸品を子供たちに知ってもらいたいと、なるさんが考えたワークショップで

これを制作したのだそうです。

 

他にも、決して広くない境内にはたくさんのアートが。

見つけるのも楽しいので、ぜひぜひいらしてみてください!

 

_MG_6949

_MG_6955

_MG_6982

_MG_7003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど、神社でオープニングイベント・・・?と首をかしげていたら。

なんと地域の皆さんとアーティストで食事を囲みながら!

_MG_7011_MG_7025

_MG_7018

地元のお母さんが、地元の素材を使って作ってくれた美味しいごはんを食べながら、

まるで寄り合いのような和やかな雰囲気でアーティストたちの活動を紹介。

実はヒタチオオタ芸術会議のテーマは「井戸端会議でアートする!」なんです。

 

地域のみんなと、地域の魅力や歴史、資源を巻き込んだアートを表現する。

そんなあったかくて楽しい「ヒタチオオタ芸術会議」!

ぜひ、みなさんも遊びに来てくださいね。

 

ヒタチオオタ芸術会議は、12月6日まで市内各地で開催しています。

開催場所や内容、イベントやワークショップなどなどについては、

常陸太田アーティスト・イン・レジデンスHP

http://hitachiota-air.com/

をご覧下さい!

 

ちなみに、今週末11/7~8には、常陸太田市新宿町の山吹運動公園にて、

常陸秋そばフェスティバル里山フェア2015も開催されます♪

表面

紅葉もそろそろ見ごろ!

アートの秋、そしてグルメの秋を満たす常陸太田市♪

今週末のおでかけにオススメのスポットです。