水戸の梅まつり×刀剣乱舞-ONLINE-×徳川ミュージアム『水戸の武』周遊イベント直前情報!


投稿日:2016年02月19日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です。
ついに明日から「第120回記念 水戸の梅まつり」がスタートします!
開幕直前の今日、水戸偕楽園と徳川ミュージアムに行ってきました。
というのも、水戸の梅まつり期間中、

人気オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボイベントが行われるとのこと!
昨年1月からスタートしたこのゲームは、

日本刀が擬人化した刀剣男子キャラクターが多数登場することで話題になっています。

_41A4705

 

その中の一振り、「燭台切光忠(しょくだいきりみつただ)」が、水戸徳川家に伝わる刀なのです。

現在、徳川ミュージアムで実物が特別展示されています!

 

この燭台切光忠は、数々の逸話が残されている名刀。
鎌倉時代に製作されて以来、この水戸徳川家の元に至るまでの来歴は諸説あります。
その中でも、水戸藩に伝わる「武庫刀纂(ぶことうさん)」という

水戸徳川家伝来の刀剣を詳しく調べた書物によれば、

この燭台切光忠は、かの有名な伊達政宗が所有していた刀とのこと!
政宗公が、自身に反抗的だった小姓をこの刀で斬った際、

近くにあった燭台もろとも斬り落とした逸話から、
「燭台切」という名がつけられたという由来があるそうです。
ちなみに、刀剣乱舞のゲーム内でも、そんな由来に基づいたセリフを聞くことができます。

 

書物によれば、伊達家から水戸へと燭台切を譲り受けてきたのは
「水戸黄門」こと徳川光圀公。
その後、水戸徳川家で大切に保管されてきた宝刀です。

しかし、残念なことに大正12年の関東大震災で被災し、焼刀に。

そのような、燭台切光忠についてのエピソードや説明が、

徳川ミュージアム受付で販売している特別解説書に記載されています。

来館したら、ぜひこちらをお手に取ってから館内を見学してみて下さい!!

 

パンフレット

さて、徳川ミュージアムでの燭台切光忠の公開は、

昨年の第一回目に引き続き二回目となります。
昨年の公開が、驚くほどの反響を呼び、大好評だったことを受け、
今回、3/30まで再度特別展示中!

「この刀を見に、全国津々浦々から驚くほどたくさんの来館者があり、とっても嬉しいです」

とミュージアムのスタッフさんもお話していました。

 

昨年の公開では、一番奥側の「第一展示室」に平置きで展示されていましたが、
「刀の裏側もぜひ見てみたい」

という多数の声があり、

今回はこのように裏側まで見られるような形で展示されることになったそうです!

まるで模様のようにも見えますが、刀身に付いている色は

関東大震災の火事に見舞われた際に溶けて付いた、

金色の「ハバキ」(刀と鞘をつなぎ、固定する部分)です。

 

燭台切光忠

裏側にも付着しているこのハバキまで、

今回の展示では見ることができます。

3/30までは「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場するキャラクター

燭台切光忠くんのパネルがケース横に設置。

ファンにとっては嬉しいポイントです!

また、今年2016年から徳川ミュージアムでは

「企画展示室」を除く全館でスナップ撮影がOKになりました。
パネルや刀と一緒に撮影することももちろん出来ます!

 

第1展示室
燭台切くんのパネルは、第一展示室の入り口にも展示されていますのでお見逃しなく。
「ぜひこの機会に撮影して、SNSなどにもどんどん投稿してくださいね」

と、徳川ミュージアム館長の徳川さんもお話して下さいました。
遠慮なく記念撮影していって下さいね!
※フラッシュ、三脚を使用しての撮影はできません

 

ちなみに、燭台切光忠の展示は特別企画展開催中の「第二展示室」前にあります。

ぜひ、奥の第一展示室・

それから3/30までの特別企画展

「企画展・水戸徳川家の梅まつり-kawaii-」もお楽しみください。
第一展示室には、皆さんもよくご存知の水戸黄門の印籠も展示されています!

 

庭と外観

そして、お天気の良い日には、見学後にぜひ外のお庭も散策してみてください。

梅まつりにあわせて、皆さんをお迎えする徳川光圀公と、

茶席に招かれた徳川家康公の姿を発見しました♪

 

徳川ミュージアムでは、お土産も販売しています。来館の記念に、ぜひどうぞ。

土産

 

 

さて、次は皆さんも気になる「コラボイベント」の内容についてご紹介します。

 

●コラボ企画第一弾「水戸の武」周遊イベント●

梅まつり期間中、対象施設を二箇所以上まわって「入場券の半券」を集めたら、

偕楽園内の梅まつり本部目指して向かいましょう!
周遊対象施設は
・徳川ミュージアム(必須) ・茨城県立歴史館 ・常磐神社義烈館 ・弘道館
の四箇所です。

半券二枚(うち一枚は徳川ミュージアム)で、

「梅まつり限定 燭台切光忠ポストカード」を一点もらえます。
半券が三枚なら、ポストカード二点をプレゼントしてもらえます♪
限定ポストカードのデザインは二種!各先着2万枚です。

ポストカードAポストカードB水戸の名所を背にした燭台切くん、かっこよく決まってますね!!

二種類コンプを目指すなら、三ヶ所以上を周遊してください。

ちなみに編集部のオススメは・・・水戸駅からまず弘道館に立ち寄り、それから偕楽園・徳川ミュージアム方面に向かうルートです!
「日本遺産」にもなった弘道館の姿もぜひご覧になってみてください。
江戸時代、水戸藩第九代藩主徳川斉昭公が開設した、日本最大の藩校です。
学問や武芸など、かつて数多の武士が厳格に学んだ場所で「日本の武」の空気とともに
梅の花を楽しんではいかがでしょう?
弘道館については、観光いばらきでも詳しくご紹介しています!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume/koudoukan.html

 

_41A4812

 

ポストカードの引き換えは、偕楽園内の好文亭近くにある「梅まつり本部」です!

梅まつり開幕直後の数日間は、特に混雑が予想されるため、
本部近くにポストカード引き換えの特設テントを設置する予定とのことです。
このイベントに関するQ&Aが水戸観光協会のHPで公開されていますので、

参加予定の方は事前にチェックしておくことをおすすめします!!
http://www.mitokoumon.com/topics/touken_faq.html

 

●コラボ企画第二弾「こんのすけinみとちゃんお誕生日会」●

梅まつり開幕翌日の2月21日(日)に偕楽園・見晴広場で開催される、
水戸市マスコットキャラクター「みとちゃん」お誕生会。

ここでも「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボ企画が!
みとちゃんのお誕生日を祝いに、県内外各地のご当地キャラクターほかが大集合します。
なんと21日は、特別企画として「刀剣乱舞-ONLINE-」のナビゲーションキャラクター・こんのすけもやってきます!!

こんのすけ

c2015-2016 DMMゲームズ/Nitroplus

登場予定時間は、2月21日(日)10:30~。
そしてこっそり耳にしたのですが・・・

同日、燭台切くんの居るあの施設にも、こんのすけが遊びに行くかもとの噂が!

 

 

●コラボ企画第三弾「梅まつり限定 燭台切光忠クリアファイル」発売!!●

2/20より、「刀剣乱舞-ONLINE-」の燭台切光忠くんを水戸の名所とともにデザインした
限定クリアファイルの販売が行われます。

_41A4820
※1部400円、購入はおひとり様2部まで

販売場所は、偕楽園東門入ってすぐの観光案内所「見晴亭」。
今日聞いたところによると、見晴亭の入り口から見て左手のあたりに設置予定とか!

見晴亭では、県内のお土産も多数取り揃えていますので、
ぜひ一緒に見ていってください。

 

 

そして最後に速報です!関連グッズとして2/21から販売される
「梅香 百年梅酒 燭台切光忠」の現物写真を公開します!

_41A4870

価格は、1,000円(税別)。
販売場所は、水戸市内の「別春館」。

水戸駅南口から徒歩で15分ほどの場所にある、

梅酒とお酒の資料館です。

 

こちらは、「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボ商品ではなく、
徳川ミュージアムで進行している「刀剣プロジェクト」の関連商品。
この梅酒を販売した収益のうち、一部が徳川ミュージアムの同プロジェクトに寄与されるとのこと!
ちなみに、後日製造元の「明利酒類」さんのWebページで通信販売も予定しているそうなので、
水戸まで足を運ぶのが難しいかも・・・という遠方の方は、ぜひチェックしてみてください!
http://www.meirishurui.com/online/

中身のお酒は、同社の大人気商品「梅香 百年梅酒」と同じものですので、
美味しさも間違いありません♪
ぜひとも味わってみてほしい、水戸の逸品です。

 

 

「第120回記念 水戸の梅まつり」については、

茨城県観光物産協会公式Webサイト「観光いばらき」でも詳しく特集しています。

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume.html

県内の観光情報を網羅していますので、ぜひ参考にして

水戸~いばらき周遊のプランを練ってください!

皆さんのお越しを、心よりお待ちしています。