新情報ぞくぞく発表!KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭・企画発表会に行って来ました


投稿日:2016年06月24日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!

観光いばらき編集部です。

今年秋に開催する、一大イベント!

「茨城県北芸術祭」の情報は皆さんチェックしていますか?

観光いばらきでも、茨城県北芸術祭の特設ページを立ち上げました。

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/kenpoku-art.html

これから、県北周遊に役立つ情報をお届けしていきます♪

 

さて、本日6月24日に、水戸市・三の丸ホテルにて

茨城県北芸術祭の企画発表会が開催されました。

開幕まで3ヶ月を切った今イベントについて、新情報が告知されましたので

お知らせしたいと思います!

IMG_0601

茨城県北エリアの6市町(日立市・高萩市・北茨城市・常陸太田市・常陸大宮市・大子町)を舞台に

9月17日~11月20日の65日間に渡って開催される、茨城県北芸術祭。

テーマは「海か、山か、芸術か?」

主な展示会場は、4エリアに大別されます。作品の数はなんとおよそ100にもおよぶそう!

茨城県を代表する景勝・六角堂や、袋田の滝(トンネル)、穂積家住宅や日立シビックセンター、日立駅舎も会場になる予定とか。

 

ダイジェスト01

実行委員会会長の橋本知事や、総合ディレクターの南條さんも参加し、

芸術祭開幕に向けての意気込みや、目的について再度お話がありました。

 

「茨城県北芸術祭を通して、県北地域の魅力の再発見に繋げたい」という南條さんの言葉は、

エリア外から見に来る方だけでなく、県北地域に住まう方にもぜひお伝えしたいところです。

県北芸術祭、ご期待ください!

 

名称未設定 1

さて、県北芸術祭の新たなキービジュアルや題字もお披露目されました。

インパクトが目を引く「海か、山か、芸術か?」の題字は、茨城県生まれの書家・木下真理子さんによるもの。

木下さんは、県北芸術祭参加アーティストでもあります。

 

会場内には、新たなポスターも貼ってあるのを見かけました!

_MG_0117

これは、「山側」のビジュアルを利用したポスターです。

落合陽一さんの「コロイドディスプレイ」を使い、

実際に展示予定会場の窓際で撮影したものだとか。

なんとシャボン玉の表面に蝶が映し出されているんです!

私もぜひ、実際に自分の目で見てみたいです。

 

さて、展示に関する情報とともに、今回発表されたのが「作品鑑賞パスポート」について。

茨城県北芸術祭の会場の中で、8箇所の会場が有料展示になります。

各施設ごとに個別の鑑賞チケットも取り扱われますが、

8箇所全部を鑑賞できるチケットが大変お得です。

<前売価格>

一般2,000円

学生・高齢者(65歳以上)1,000円

 

以上の前売引換券は、7月よりプレイガイド等で販売開始されるそうなので、

県北芸術祭にいらっしゃる方は、ぜひともチェックすることをオススメします!

 

県外居住者の方には、芸術祭開催期間中に県北地域の宿泊施設へお得に泊まれる

「宿泊割引クーポン」も発行します。

クーポンについては、詳細が決まり次第「観光いばらき」ホームページでもお知らせします!

 

また、周遊に便利なツアーバスも企画しているそうです。

 

最後に、芸術祭では作品づくりのお手伝いや会場運営などに協力してくれる

「サポーター」を募集しています!

現在、240名を超える方が登録しているとのこと。

申し込み方法や応募条件等については、県北芸術祭公式HPをご覧ください。

http://kenpoku-art.jp/

 

芸術祭の公式HPもリニューアルし、アーティストや会場の紹介もぐんと増えました!

一日ではとてもまわりきれない、広大なスケールで行われる茨城県北芸術祭。

ぜひ、念入りに計画を練って、遊びにいらしてくださいね♪

旅行や観光のプランには、観光いばらきの情報をぜひお役立て下さい。