茨城県北芸術祭ブログ-カレーキャラバン@日立市常陸多賀商店街 2016.10.3.-kenpokuart


投稿日:2016年10月03日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です。

突然ですがみなさん、カレーは好きですか!?

わたしはもちろん好きです!

日本の国民食とも言われるカレーライス。

みなさんの家でも、食卓に並ぶ定番メニューのひとつなのではないでしょうか。

そして、それぞれのお宅の味があるのではないでしょうか?

 

今回、茨城県北芸術祭の期間中に、そんなカレーのイベントが行われると聞いて

取材に行ってまいりました。

その名も「カレーキャラバン」!

全国津々浦々、さまざまな場所に赴いて、その日その場で調達した食材で

その場限りのカレーを作ってみんなで食べるのだそうです。

ちなみに、カレーキャラバンの活動は2015年度グッドデザイン賞も受賞♪

これまでに、50回以上もの回数を重ねています。

 

_mg_8486

カレーキャラバンメンバーの、木村健世さん、木村亜維子さん、加藤文俊さんです。(写真左から)

9/30の日立市を皮切りに、県北芸術祭の期間中に6市町をめぐり、各地でカレーを作ります!

 

 

事前情報では、いつ、どの市町村にやってくるかまでは発表されているのですが・・・

プロジェクトを行う詳しい場所は、明かされていません。

というのも、その時その場所にたまたま居合わせた人たちとカレーを共につくり、

一緒にカレーを食べるという偶発性を大切にしているからなのだとか。

つまり、出会えたらとってもラッキー!

どうしてもキャラバンに会いたい、カレーを食べたいという方は

開催当日にメンバーがTwitterなどで発信する情報を元に、探し当ててくださいね♪

 

ちなみに、9/30の開催場所はココでした。

_mg_8433

右側に映っている「石」の飾りが目印!

力石咲さんや、藤浩志さん、松本美枝子さんの作品が展示されている

常陸多賀商店街の、旧銀行前です。

 

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%8801

場所に到着したら、設営、カレーに必要な材料を買い出しして、

さっそくカレーづくりスタート!

今回のカレーに使う食材は、こんな感じです。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%8802

タマネギやニンニクといった野菜に、手羽元、味噌、もちろん大事なスパイスも!

そして・・・タコ!?タコをカレーに!?

常陸多賀へ到着する前に、日立おさかなセンターに寄って購入してきたそうです。

ちなみに、タコといえば日立市の「さかな」。

こんな風に、毎回、その場所その場所の特徴的な食材や名物が入るのも

カレーキャラバンのポイント。

決まったレシピがあるわけではまったくなく、

その時によって買い出しする材料は全然違うのだとか。

「出来上がりを想像して材料を決めるというよりは、

買った材料をどう使うか考えながらカレーを作っていく感じです」

と、健世さん。

 

場合によっては、カレー作りをしている最中に街の人から頂いた差し入れを

カレーに入れてみたりすることもあるのです。

過去には、猟師さんから鹿の肉を分けてもらったこともあったとか!

さて、カレーキャラバンin日立市では、一体どんなカレーが完成するのでしょうか?

 

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%8803

まず、大量のタマネギを刻み、スパイスの風味を移したオイルで炒めます。

この鍋で、カレーペーストを作ります。

いわゆる「カレールー」は使わずに作るんですね。

そして、タマネギとは別の鍋でお肉を炒めてスープを作ります。

キャラバンメンバーの3名と、お手伝いに来ていた3名のスタッフが力を合わせて

どんどん作っていきます。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%8804

材料の中でわたしが気になったのが、「バナナ」と「レモン」!
バナナは「バターのようにねっとりコクが出る」そうです!
レモンや柑橘系は「絞って入れると味が引き締まる」のだとか。
どちらも、これまでのキャラバンでの経験則から取り入れている知恵。
各地でカレーを作っていると、通りかかった方から
「あれを入れるといいよ」「これが美味しいよ」といったアドバイスがあることもあり、
それがまた、カレーづくりに活かされるのです。
街行く人が誰でも気軽に参加できるのは、
カレーという、誰もの身近にあるメニューだからこそ。

 

そして、カレーづくりの大事なポイント!ターメリックやクミンといったスパイスを投入!

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%8805

今回はたまたま通りかかった方にも、スパイスを入れてもらいました。
実は私も、シナモンを入れる係として参加させてもらっちゃいました♪

こんな風に、その場その場での出会いや偶然を経て出来上がったカレーは
その街のすがたや特徴が投影されている、と言えるのではないでしょうか。

 

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%8806
さて、ついにカレーが完成しました!
名前は「ひたちたがたこカレー」に決定!

_mg_8614
どう使われるのか気になっていたタコは、
パプリカと炒めてトッピングになりました♪

 

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%8807

そろそろかな?と待っていた人や、カレーの匂いにつられてやってきたご近所さんや、
たまたま通りかかった運が良い人も。
みんなが列になってカレーを受け取っていきます。

「スパイシーで美味しい!」「何が入っているの?」
「家のお父さんにも食べさせてあげたいんだけど・・・」
ワイワイとにぎやかに会話しながら、カレーを頬張る人々。

 

どんな味に出来上がったのか気になって、
わたしもついご相伴にあずかってしまいました。
ちょっと辛めの中に柔らかな手羽元の旨味、
さっぱりとした酸味、スパイスの香り、そしてタコ!
ひと言ではうまく表せないですが、美味しかったです♪
そして食べ終わった人は、ノートにメッセージを残します。

 

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%8808

 

カレーキャラバンのみなさん、取材にご協力いただきましてありがとうございました!

 

◎カレーキャラバン in KENPOKU ART2016の今後の予定◎

10/8 大子町
10/29 北茨城市
11/5 常陸大宮市
11/6 高萩市
11/19 常陸太田市

 

各市町のどこにキャラバンが出没するかは、

当日キャラバンのTwitterやFacebookでヒントを発表。
KENPOKU ARTを楽しみながら、

カレーキャラバンを見つけて参加してみてくださいね!

 

===KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭===

テーマ:「海か、山か、芸術か?」

会期:2016年9月17日(土)~11月20日(日)[65日間]」

開催市町:茨城県北地域6市町
日立市 高萩市 北茨城市 常陸太田市 常陸大宮市 大子町