『鹿行北浦ライン』一日周遊券で満喫の旅♪


投稿日:2016年12月22日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは。

観光いばらき編集部の渡辺です。

 2016年も残すところあとわずかですね。

12月1日より潮来~行方~鹿嶋広域路線バスの

『鹿行北浦ライン』がお得で便利に変わったことをご存知でしょうか!

ではどういう風に変わったのか!?

まず、運行時刻が変更!

始発便は鹿島大野駅を5時35分発、最終便が潮来駅20時30分発となります。

よって東京・佐原方面の利便性が向上しました! 

つぎに鹿行北浦ライン限定の1日周遊券が発売されます。

通常の運賃は初乗り200円で最大800円です。

鹿行北浦ライン限定の一日周遊券は大人1,000円・子供500円で鹿島大野駅~潮来駅区間内が1日乗り降り放題になります。

これを利用しないわけはないっ!ということで

1日周遊券で一日観光を満喫する旅に出てみました。

潮来駅東口からの出発便で、バスの旅がはじまります。

潮来駅東口のバス停

さあ、バスが到着しました。

通常の路線バスになります。

一日周遊券の買い方は簡単♪

運転手さんに鹿行北浦ライン1日フリーパスをくださいと元気良く言いましょう。

すると、ニコニコ顔の運転手さんが料金と引き換えにパスをくれます。

パスをゲットしかもラッキー7!

幸先の良いスタートです♪

それでは最初の目的地

『道の駅いたこ』へGO!

バスの運転も安全運転なので快適です。

のどかな景色をみているとあっという間に

『道の駅いたこ』へ到着しました。

さっそく店内に入ってみると

にぎやかなお土産コーナーがあります。

上の段の中央にある赤色(橙色っぽく見えます)らっきょうは珍しく、ここだけらしい!?

また特産品の芋を使った芋ようかんも人気です。

『ようかん』はやわらかいけれど、よう噛んで食べないと・・・

どぶろくの天然酵母パンはかなりのボリュームがあります♪

大人気の虹どら!そしてのむヨーグルトの組み合わせはお土産にピッタリです。

また、道の駅と言えば、

その地域で取れた新鮮な農産物が並ぶ直売所!

それがこちら

『農産物直売所 伊太郎』

店舗前には、はまぐり1,000円の文字!

鮮度バツグンの野菜がいっぱい♪

草団子も丸ごとひとつ試食出来ました♪

こだわり農家が作るお米です。

自然薯の大きさにビックリ!!

美味しそうな物を見ているとお腹がすいてきます。

そこで、軽食をとるならこちら、

『おふくろ亭』

なんと店内は持ち込み自由です。心が広いですね♪ 

また、それに負けないサービスとして、

大人気のお惣菜コーナーです。

地元の食材を使い、美味しそうな一品料理がいっぱい並んでいます。

しかもリーズナブル!

毎日通いたいくらいの充実した品揃えの『道の駅いたこ』。

今、たらふく食べて動けなくなったら上司におこられてしまいますので

ここは我慢です!

『道の駅いたこ』
住所:潮来市前川1326-1

営業時間:9:00~19:00

道の駅いたこHP(観光いばらきサイト内)

道の駅いたこ

何とか誘惑に負けず試合続行出来る状態になり、次の目的地である

『白鳥の里』に向かいます。

 

こちらの『白鳥の里』には毎年11月の下旬あたりから

3月の上旬まで白鳥が飛来しています。

今はちょうど時期なのでココはおさえたいところ!

そこで白鳥の里・かんぽの宿潮来下で下車。

早速北浦を見るとそこにはなんとっ!

水鳥たちがわんさか!大渋滞中です!!

日本野鳥の会でなければ、数えるのは大変困難でしょうねっ!

白鳥が飛来したのは昭和56年と言われています。

 

看板がありました。訪れた方で餌やりをしたい方は必ず守ってくださいね♪

 カモさんたちの多さに圧倒されていると・・・

おっと、サービス満点の白鳥さんがどんどん近づいてきます。

こんなに近くまで寄ってきてくれました♪

2羽でシンクロして、いきピッタリのところもっ!!

あまりのサービスのよさに時間を忘れて何枚も写真を撮ってしまいます。

しかし時刻表を見ながらでないと、次のバスが2時間以上あと・・・なんてことになってしまいます。

踏ん切りをつけ、バス停まで戻ります。

白鳥たちが人懐っこいのも、人々のあたたかい心があるからこそのものだと思いました。

『白鳥の里』

場所:潮来市水原地先

潮来市公式 HP

http://www.city.itako.lg.jp/index.php?code=1401

お問い合わせは 潮来市商工観光課 TEL:0299-63-111

さて、次の目的地は東雲山根本寺愛染院です。

バス停は水原観音愛染院前になります。

愛染院は、北浦を望み、水原の地に長い歴史を刻んで建つ真言宗豊山派に属しています。

市指定文化財を多数所有していおり、予約すれば拝観も可能です。

ここは、1057年、八幡太郎の通称でおなじみの源 義家が合戦に行く途中、

この水原から鹿島まで渡りたかったが、強風のために中々渡れなかった。

その夜、不思議な夢を見たそうです。

(八幡太郎さんは、色んなところでよく夢を見ることがあり、各地で伝説が残ってますね。)

そこで、守護仏、如意輪観世音菩薩を安置し、武運を祈願したところ、

風がやみ、無事に渡れたそうです。

ココの特徴としては道路脇からすぐに山門があります。

朱色で目を引く観音堂

潮来市指定有形文化財に指定されています 。

水原の観音様で、安産・子育の御神として近郷近在の女人の信仰を集めています。 

由緒正しき愛染院で歴史にふれ、お参りをすることが出来て、心が洗われました。

 住所:潮来市水原1121
潮来市公式HP水戸徳川ゆかりの地

http://www.city.itako.lg.jp/index.php?code=213

 次の目的地に向かおうとバスを待っていると・・・

なんだか、ちょっと様子が違うバスが走ってきます。

おっと、これが噂のクリスマスバージョンバスか!

車内は手作りで装飾されていて、あったかくて、心がウキウキになります。

何だか得した感じです。

関鉄グリーンバス万歳!!

乗客の方々もワイワイ話をされていて、いい感じです。

わくわくしながら次の目的地を目指すことに・・・

さあ、着きました。なめがたファーマーズヴィレッジです。

停留所名はレイクエコー・白浜少年自然の家なめがたファーマーズヴィレッジ中央

となっています。

お気づきのかたもいらっしゃると思いますが、ココは2013年に小子化で廃校となった小学校の校舎を改築した建物になります。

なめがたファーマーズヴィレッジは、食べる・育てる・遊ぶ・つくる・買う・考える・知る・働く・つながるが出来る体験型農業テーマパークです。

入園に関しては、一部施設を除き無料です。

勉強熱心な私は、どうしてもやきいもファクトリーミュージアムにて、

おいもについて勉学に励みたかったので、生徒手帳を手に入れました。

こちらは入園料として

大人800円

子供600円

3歳以下は無料

になります。

受付で生徒手帳と試食チケットが渡されます。

ココからは工場見学をしながら勉強をします。

ちゃんとテストに合格すると、ご褒美がもらえるので、

しっかりと学びましょう。

こちらがやきいもの妖精『焼き右衛門』先生です。

いものすごさを力説してました。

次に進むと・・・

どうやら授業中のようです。

今日は「やきいもの未来をかんがえよう」がテーマ。

手を上げて必死に問題に答えようとする生徒や、中には酒を飲んでる生徒もいます。

なかなか自由な校風ですね♪

ここからは、工場見学になります。

入る前はこちらでキレイに手を洗いましょう。

手を洗ったら実際の工場を見学します。

作業風景をライブで見れるのは中々貴重です。

こちらではマイナス30度の冷凍庫に入る極寒体験が出来ます。

この冷凍庫の中で、芋の気持ちになって考えてみよう・・・と思ったのですが、それは無理でした。

それが分かったときはにはカチンコチンになって思考停止していますね。

そんなこんなで、お芋の勉強に励んだ結果は・・・見事、大人の力を使って満点になりました。

勝てば官軍!ご褒美に給食の大学芋をもらったので早速頂きます。

外側はかりっと中はしっかりさつまいもで、その甘さにビックリ!

こちらは最後にデザートとして『紅優甘』(べにゆうか)の焼き芋をくれました。

この『紅優甘』、そのままがスイーツなんです!

まるで手を加えた極上スイートポテトみたいに甘くて、

ほっぺたが落ちそうなくらいおいしかったです。

さて、勉強したらお腹がすいてきました。

そこでお昼にしようと併設されているレストラン

『ファームトゥーザテーブル』で食事を頂きます。

ここのレストラン、大人気なのです。

農園から直送されたこだわり野菜をふんだんに使ったイタリアンレストラン。

 人気なのは¥1,680(税別)のパスタセットとピザセット です。

メインを選んだら後は、ビュッフェスタイルなので好きなものをいっぱい食べられます。

色とりどりの新鮮野菜と、素材の味をいかした本格イタリアンがいっぱい。

ベジタブルビュッフェなので、おなかいっぱい食べてもヘルシー。

メインのひとつパスタ。トマトのフレッシュさが伝わってくる一品です。

もうひとつのメインであるピッツアは、生地はもっちり、水菜がシャリッっとしていて食感が最高!

ボーノと思わず言いたくなります。

食事を満喫したらお土産を選びましょう。

あっ!さっき頂いた大学いもだっ!これ美味しいんですよね~♪

先生がいっぱい(><)!

おしゃれなバーカウンターもあります!

お芋のすごさや奥深さを楽しく勉強でき、美味しいものをいっぱい食べられて大満足でした。

なめがたファーマーズヴィレッジHP

  http://www.namegata-fv.jp
時間:10時~18時
TEL: 0299-87-1130
住所:行方市宇崎1561
天気のいい日はのんびりと座って景色を眺めながらお弁当でも・・・

と言う方は

北浦大橋が望める場所

白浜バス停でおりたらすぐ分かるのでおすすめです。

北浦大橋の景観と、みずうみならではの穏やかな水面

すごく心が落ち着きます♪

心がなごんだところで、終点の鹿島大野駅へ
 鹿島大野駅に到着!

そこで、鹿島大野駅周辺におすすめスポットがあります。

それは大野潮騒はまなす公園です。

歩くにはちょっと離れているので、お隣の駅で日本一長い駅名の

『長者ヶ浜潮騒はまなす公園前』

まで電車を利用すると便利です。

 

鹿島臨海鉄道(大洗鹿島線)HP

          http://www.rintetsu.co.jp

 

 

特に子供連れのかたにはぜひ行ってほしい場所です。

はまなす公園には歴史や美術、宇宙科学まで楽しめる公園となっています。

どこかのテレビショッピング風に説明しますと・・・

見てくださいこのボディ~!大きいでしょ~それだけじゃございませんよ~♪

 中にはプラネタリウムや美術館・パノラマ展望台まである欲張った内容です!

 今回は、館内のプラネタリウムで星空見学をしました。

こちら入館料が

大人300円

子供200円

幼児100円

となっています。

1F美術館のみ見学のかたは無料です。

プラネタリウムは何十年ぶりだろうかとワクワクしつつ中に入ります。

ココのプラネタリウム、本当に素敵なんです。

私が行った際、ちょうど子供連れのファミリーが居ました。

後々聞いた話なのですが、来演される年齢層に応じ、上映内容を変えたりするらしいです。

係りのお姉さんいわく「今回の上映は子供でも分かりやすいような内容を流しました」とのこと。

この心配りには素敵ポイント80点を進呈します。

さらにもうひとつ素敵だと思ったことが上映中、

その日の夜空を映し出した星空が見れます。

つまり、未来を少し早く見れると言う事なんです♪

何ともロマンチック!さらに素敵ポイント20点を加算し、100点満点です。マンテンの空・・・

以前のプラネタリウム

プラネタリウム鑑賞が終わったので、展望台に登ってみました。

 360度展望が望める景色は爽快感バツグンです。 

2017年元旦と2日は朝6:00開館し、初日の出が見れます。

鹿嶋の暮らしの今昔を展示する郷土資料館も併設。

こちらは事前予約にて説明員をつけることも可能です。

さらに公園にはアグレッシブに遊べる遊具も充実!

全長154mのローラーすべり台 や複合遊具など、楽しみどころも満載です。

 

鹿嶋市公式HP 大野潮騒はまなす公園

http://city.kashima.ibaraki.jp/info/detail.php?no=1064

住所:鹿嶋市角折忠2096-1

TEL:0299-69-4411

 

広域連携バス『鹿行北浦ラインバス』で一日周遊券を使い、

潮来市・行方市・鹿嶋市と3市をまたにかけ、充実した1日を過ごせることが出来ました。

まだまだ行けなかったところがいっぱいの魅力ある3市を満喫できる旅。

みなさんも一度楽しんでみてはいかがですか!

ではメリークリスマス♪

時刻表について

関鉄グリーンバス PDF

http://www.kantetsu.co.jp/green-bus/2016120197.pdf

関鉄グリーンバス鉾田営業所

TEL:0291-33-3181

 

行方市 HP

鹿行北浦ライン

http://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page004921.html