いばらき観光マイスターS級研修会が開催されました


投稿日:2017年03月09日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です。

 

平成27年度より創設された、「いばらき観光マイスター」認定制度をご存知でしょうか?

いばらきを心から愛し、その魅力について、

いばらきへ訪れた観光客の皆さんに存分に説明することができ

なおかつ高い接遇スキルを有する、

いわば「いばらき観光案内のスペシャリスト」!

その中でも、接遇試験をクリアし

より高いおもてなしスキルを有していると認められた方が、

いばらき観光マイスターS級認定者の皆さんです。

http://www.ibarakiguide.jp/meister.html

今年度も認定試験が開催され、新たなマイスターが続々誕生しています。

 

本県では、平成26年に施行された「いばらき観光おもてなし推進条例」のもと、

観光マイスターの皆さんとも連携し、

おもてなし日本一を目指して、様々な施策に取り組んでいます。

その中で、先日3/7に行われた取り組み・

観光マイスターS級認定者研修会を取材してまいりました!

 

会場は、現在、水戸の梅まつりが絶賛開催中の水戸市。

水戸市の市民観光ボランティア「歴史アドバイザー水戸」の案内のもと

偕楽園と弘道館をめぐる実地研修です。

今回の研修には、なんと20名が参加。

 

マイスターの皆さんはそれぞれ職業や年齢も様々ですが、

茨城の観光、魅力発信について積極的に取り組んでいます!

 

水戸駅に集合し、バスに乗り込んでまずは偕楽園へ向かいます。

偕楽園で出迎えてくれたのは、歴史アドバイザー水戸の茅根さん。

ベテランの観光ボランティアさんで、なんと御年77歳!

 

案内の前に「だいたいどのくらいの時間で案内しますか?」と茅根さん。

今回の研修では、およそ1時間で偕楽園をめぐるコースをお願いしました。

「案内をするときに、一番大事にしているのは“時間”です。

予定の時間通りに案内できないと、皆さんのそのあとの予定が狂ってしまいますから。

皆さんの予定に合わせて、案内ルートを考えています」(茅根さん)

では偕楽園ではどのくらいの案内時間が多いのかというと、

だいたい30~40分くらいが多いのだとか。

今回は、梅林が広がる本園から、竹林、吐玉泉まで案内してもらいました。

この日は、梅を見るには絶好のタイミングの開花具合!

 

偕楽園のあらましから六名木といった基本の案内に加えて、

園内で見られる珍しい梅や、豆知識も話してくれる茅根さん。

その見事な案内に、観光マイスターの皆さんも聞き入っていました♪

 

茅根さんは、園に来たらまずぐるりと一周まわって

その日の咲き具合や状況を確認しながら「今日は何を話そうか」と考えるそうです。

また、案内する方の世代や、興味のありそうなことに合わせて内容も変えています。

「ただ一方的に話すのではなく、

皆さんとコミュニケーションを取りながらご案内しています。

ひとりよがりになってはいけません」(茅根さん)

そのために、自分で勉強して知識を増やしたり、資料を用意しているとのこと。

話す内容やネタは歴史アドバイザーの皆さん個々に用意されているそうなので、

案内してもらう方によって違った話が聞けるのもお楽しみ♪

 

偕楽園といえば、県内屈指の観光地。

マイスターの皆さんにとっておなじみの場所ですが、

「こんな梅があるとは知らなかった」「こんな楽しみ方もあるのか」と

新しい発見が得られたようです。

 

 

さて、次に目指すは弘道館。

こちらで迎えてくれたのは、同じく歴史アドバイザー水戸の岡野さんです。

「日本遺産」にも登録された弘道館。

まずは正庁の玄関でそのあらましについて聞いたのち、

建物の中へと進みます。

岡野さんが話す中には、

普通に見ているだけでは気づけないポイントも!

 

正庁正席の間。目の前に飾られているのは、

敷地内の「八卦堂」に納められている弘道館記碑の拓本です。

ここには、弘道館建学の精神を象徴する内容が記されています。

資料を見ながらの解説だけでなく、

資料には書いていないエピソードも交えられているのが

プラスアルファのおもてなしですね。

 

ちなみに、水戸の梅まつり期間中

人気アニメとコラボした企画「花丸遊印録」が開催中。

弘道館の館内、偕楽園内では、

そのイベントを楽しんでいる女性たちの姿が

たくさん見受けられました。

ぐるりと見てまわるだけでも風情のある弘道館、偕楽園ですが、

歴史アドバイザーの案内を聞きながらめぐると、

より楽しめること間違いなし!

梅まつり期間中は、それぞれにボランティアガイドが常駐しています。

案内は無料ですので、ぜひご利用くださいね。

 

実地研修の後には、観光マイスターS級の皆さんの意見交換会も開催。

今回の研修についてや、今後の取り組みなどについて、

皆さん活発に意見を交わしていらっしゃいました。

 

 

来週には、観光マイスターの新たな取り組みがもうひとつ行われます!

3月13日(月)~17日(金)の期間中、偕楽園・見晴亭において

観光マイスターS級認定者が観光案内をいたします。

偕楽園から向かうのにオススメの観光スポットや、

気になるいばらき観光の名所についてのご案内、

美味しいグルメなども聞けるかも……!?

期間中に水戸の梅まつりへ来場される際には、

ぜひ観光マイスターを探してみてくださいね。

 

 

 

いばらき観光マイスター制度については、

観光いばらきで詳しくご案内しています

http://www.ibarakiguide.jp/meister.html