歴史的価値の高いひな人形~地元愛あふれるひな人形に出逢える!「第14回 土浦の雛まつり」現場レポート!!


投稿日:2018年02月09日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!
観光いばらき編集部のともみです!!

 

だんだんと日がのびて、すこしずつ春の訪れを感じる季節となりましたね。
そんな初春を知らせるイベントといえば「ひなまつり」!

 

いばらきには歴史ある古き街並みや、伝統的な建物などに
個性豊かな「ひな人形」が飾られています。

 

各地で行われている数あるひなまつりの中でも
今回、編集部の私は取材に訪れたのは

「第14回 土浦の雛まつり」

 

 

3月3日(土)まで開催しています。
江戸時代末期に建てられた土浦まちかど蔵「大徳」・「野村」を中心に
周辺の公共施設や商店街のみんなが一斉にひな人形を飾って
土浦へ訪れたひとをおもてなし♪
その数「100」団体以上!!

 

まずは、土浦市観光協会がある
土浦まちかど蔵「大徳」にて「土浦の雛まつり 会場案内MAP」をGET!

 

 

 

さっそく、「大徳」にあるおひなさまを拝見♪

 


普段は倉庫で保管されていて、雛まつりの期間だけ展示される
「野村家に伝たわる明治時代の雛人形」(左上)が飾られています。

 

他にも、土浦全国花火競技大会など土浦の歴史や文化が分かる展示物があります。

ひな壇やひな飾り、土浦ならではの展示物が多数あり見どころ満載。
部屋の奥や2階までぜひ足を運んでみてください♪

 

 

大徳の向かいにあるのが「野村」。

 


ここでは、交通安全番所として
土浦市交通安全協会と交通安全母の会が随時滞在。
ひな人形の案内や交通安全の意識が高まる展示物の案内をしています。

 

ここで注目してほしいのが
霞蓮(はすれん)という地元団体の手づくりひな人形(写真右上)!

なんと衣装~髪の毛まで全て蓮で作られているそうなのです!

ちなみに蓮のガクはこちら(写真右下)!

人形の胴体に使われています。

 

他にも、交通安全の標語を人形が呼びかけているひな壇や、

90歳になる地元民の方がつくったひな飾りなどが置かれていました♪

 

 

次に向かったのが「土浦市立博物館
受付でスタンプラリーをGET!


駅前・中城・本町・亀城エリアの該当施設でスタンプを集めて応募すると
抽選で40名様に素敵な賞品があたるそう♪
(あ…さっき「大徳」でスタンプもらえばよかったです!)

 

土浦市立博物館では、3つのひな人形が飾られています。


幕末~明治時代にかけてつくられたひな人形は時代や地域による

様子の違いが楽しめます。
 特に細目の「京風雛」と目がぱっちりした「関東風雛」の顔の違いを見比べるのが
おすすめの楽しみ方です♪

 

また二階には、季節によって内容が変わる企画展示が行われており
昔の土浦城周辺の模型や、時代を物語る「青い目の人形」をみることができます。

その中には昔のひなまつりの様子がおさめられた写真も展示。

 

 

もちろん、商店街の各店舗にも個性あふれるひな人形が飾られていました!

 

かなり珍しいひな人形が飾られているという噂を聞きつけて
お店の前を立ち寄ったのが「田口高広歯科

 

ショーウィンドウに飾られていたのは
京都の人形師・雛屋次郎左衛門が創作したといわれる

ひな人形「次郎左衛門雛」(左上)。

その横には約300年前の江戸時代中期・享保時代の「享保雛」(右上)。

さすが、なんでも鑑定団に出演する田口先生のコレクションはかなりレアものでした!!

 

また、「福祉の店 ポプラ」でも

「かなり気合を入れてひな人形が飾られていた!」
という耳より情報を得てお店へ!

 

このお店では、江戸時代末期につくられた「古今雛」(右上)が飾られていました。
その他にも、都道府県別のひな人形など、「50組」!

地元コレクターの所蔵品だそう!!

ほかに市内の関連施設の方がつくられたひな祭りに関する作品が並んでいました!
見どころいっぱいでとても楽しい♪
(ちなみに私の好きなセーラームーンのひな人形も!素敵!!)

 

 

旅の楽しみといえば、グルメ&おみやげ(お買い物)も大切ですよね♪
商店街には美味しいお店やお土産やさんがいっぱいなので

ぜひお立ち寄りください♪

 

 

 

当イベントのメインストリート中城商店街には

(左上から)

「蔵」では土浦名物ツェッペリンカレーを

「佐野安陶苑」では県内をはじめ全国の陶芸

「吾妻庵」は創業明治6年の老舗のそばが

「矢口酒店」には地酒

「ほたて」は予科練生も食べた天丼

「尾張屋」には女将さん渾身の飾り付けが可愛らしいひな人形が

その他、「幸福大判焼本舗」、「ザックスオオヌマ」、「福来軒」など

土浦だけのとっておきを満喫できます♪

 

 

 

土浦駅周辺エリアを楽しんだところで

「“珍”なひな人形をみられる」聞いて訪れたのが
上高津貝塚ふるさと歴史の広場」!
土浦駅より車で10分程度移動すると到着!!

 

 

この考古資料館では「土偶のひな人形」(左上)が!
“教科書でみたことがあるなぁ~”と誰もが思うような
どこか親しみを感じる土偶たちが着飾ってひな壇に並んでいます!!

 

その他に、「編布を着たお雛さま」や土偶や土器の展示も。
また館内には縄文ファッションを体験できるコーナーがあります。

そこでコスプレをして記念撮影するのもオススメ♪

考古資料館となりの公園では、貝塚や広場があるので
散策するとゆったりした時間を過ごすことができます!!!

 

以上、現場レポートでした!!!

 

最後に、土浦の雛まつりでは、特定のお店&施設で「和服来場者特典」があります!
例えば、珈琲サービスや記念品のプレゼントなど。
風情ある街並みを和服を着て、ぜひ楽しんでください!!

 

 

 

=======
第14回 土浦の雛まつり
開催日時:2月4日(日)~3月3日(土)10:00~16:00
会場:土浦まちかど蔵「大徳」・「野村」ほか周辺商店街など
HP:http://www.tsuchiura-kankou.jp/tanoshimu/hinamatsuri/index.html
=======