明治維新150年記念!第122回水戸の梅まつりが開幕しました!!


投稿日:2018年02月17日   投稿者:観光いばらき特派員

筑波山梅まつりとともに、茨城が誇る梅まつりの筆頭
水戸の梅まつりが今年も偕楽園で開幕しました

第122回の梅まつりは43日間に渡って水戸市の偕楽園と弘道館で開催されます
会期中はイベントも盛り沢山
全国有数の梅の品種と本数を誇る水戸の梅まつり
偕楽園には約100種3,000本が、弘道館には約60種800本の梅の木が植えられ
2月初旬から早咲きの梅が咲きはじめ、3月一杯まで梅を愛で、その香りを楽しめます

そんな水戸の梅まつり開幕式では

梅まつり開幕記念品プレゼントが偕楽園東門で行われ
きょうは数百名のお客様迎えることができました
会場である偕楽園にいち早く入ったお客様には水戸の梅大使から記念品が手渡され、

早咲きの梅が咲き始めた偕楽園散策を楽しむ姿も♪

開幕に当たり、地元中学生ボランティア・チーム魁の出陣式では、

加藤高藏観光協会長と高橋靖水戸市長が挨拶


加藤会長(写真左)は
「今年は年初から寒い日が続きまして、今年はどうなるのかと思いましたが3,000本ある偕楽園の梅の花もほころんで参りました。今年の見ごろは3月初旬から中旬と公園事務所の方から聞いています。おそらく30日以上の間、梅の花を楽しめることと思います。この梅まつりの開幕を全国に発信し、多くの皆さまにお越しいただけるよう頑張っていきたいと思います」とコメント

高橋市長は
「今年も地元中学生ボランティアの7代目のチーム魁が水戸の梅まつりを手伝ってくれます!来年は国体もあります。これから県外の方が水戸に訪れます。最高の笑顔でおもてなしできるよう、43日間頑張っていきましょう!」と
チーム魁や水戸の梅まつりを支える関係者を鼓舞

 

また、常磐線での来場とともに、

自動車での来園をお考えの方はぜひこちらの周辺駐車場図を参考にしてください


千波湖周辺も含めると偕楽園周辺には1,800台以上の駐車場が用意されています
オススメは千波湖のほとりのP5駐車場
風光明媚な千波湖畔をちょっとお散歩しながらテクテクと

偕楽園を目指すのがおすすめです

 

ところで、今年は明治150年記念ということもあり、

今年は3月3日の夜梅祭で水府一弦琴を復活させます!
明治時代の文献を参考に水戸市内の琴の先生が、

当時の一弦琴を手に入れ演奏会を実施することになりました
弘道館に舞台を用意して夜の演奏会を開きます

 

他にも、水戸駅北口の東照宮を舞台に、

水戸市と水戸市周辺の酒蔵6蔵が集まってしぼりたての新酒を飲み比べできる

「水戸の新酒まつり」を2月24日に開催します


IWC金賞受賞の副将軍を有する明利酒類
地元水戸で絶大な人気を誇る一品の吉久保酒造
ネストビールでも有名な菊盛の木内酒造
笠間市の地酒・稲里の磯蔵酒造
日本一古い歴史を持つ酒蔵・須藤本家
常陸太田市旧里美地区にある幻の地酒・井坂酒造店

計6蔵元がしぼりたての新酒を持ち寄って参加します
入場料2,000円で会場内全銘柄の呑み比べが可能です

 

もちろん、大人気「第6回全国梅酒まつりin水戸」

3月2日~4日の3日間に渡って開催されます


梅酒154種類全国各地の梅酒が揃い、

飲み比べに訪れた参加者の人気投票で2018年の日本一の梅酒を決定します!!
場所は偕楽園隣の常盤神社境内特設会場
前売り券700円orファストパス1,200円で会場内150種以上の梅酒を

30分間心置きなく呑み比べできます!!
個人的には呑み比べもいいのですが、ビールと梅酒のカクテルもおすすめです
これが癖になる美味しさ♪呑み比べた梅酒の即売会もあり、

全国的に入手困難な梅酒をGETできるチャンスかも!?

 

今年はさらに便利に水戸の梅まつりを楽しんでもらうため
常磐神社鳥居前の階段下に梅の駅を用意
土日は有料ですがここで荷物を預かってくれるサービスを開始しました
また、園内散策用に布袋杖の貸出も行います

 

また、水戸の梅まつりは弘道館でも開催中


常時、市民観光ボランティア「歴史アドバイザー水戸」の皆さんが

弘道館を案内してくれるミニツアーもおすすめ
10時~16時の間に弘道館前庭にて受付をすると

60分弱の歴史ツアーへと旅立つことができます

 

他にも水戸の梅まつりはイベント盛り沢山!!
観光いばらき特設サイトでも詳細を公開しています
ぜひこちらもcheckしてください
http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume.html

 

さらに、第122回水戸の梅まつり特別イベント
続刀剣乱舞-華丸-『花丸遊印録~梅の花舞う水戸の陣~』も開催中
コチラも開幕当日に編集スタッフが早速体験してきました
特設ブログはコチラから
http://blog.ibarakiguide.jp/itemblog/7783.html

 

また、ひと足早く開幕した筑波山梅まつりの情報はコチラ

St.バレンタインデーに開幕!縁結びの神様を祀る筑波山梅林で第45回筑波山梅まつり!!

 

ぜひ、水戸と筑波山!茨城の梅まつりを楽しみにいらっしゃってください!