可憐な華花ふわりとのせて…第67回水郷潮来あやめまつりがはじまります!!


投稿日:2018年05月23日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です
魅力的な花まつりが季節ごとに県内各所で開催される茨城県
早春の水戸梅まつり、

春の国営ひたち海浜公園のネモフィラ、

秋の笠間の菊などなど
茨城県は『花』の県だったりします♪
さて、そんな『花』の茨城県の中でも特に有名な花まつりが

水郷潮来あやめまつりです


今年も水郷潮来あやめ園にて

5月26日(土曜)から6月24日(日曜)までの1ヶ月間
その美しく妖艶な紫紺の花を咲かせます

今年で第67回目となる水郷潮来あやめまつり
例年通り人気のコンテンツが盛りだくさんです
手漕ぎのろ船遊覧はもちろん

18:30~22:00まで園内がライトアップ

日中とはまたひと味違ったしっとりした空気感のあやめ園もおすすめ!
また、あやめ期間中の水曜・土曜・日曜は

本物の花嫁さんが手漕ぎのろ舟に乗って花婿のもとへ嫁いでいく

嫁入り舟が運行されます


美しいあやめに囲まれ、

大観衆の見守る中、

祝福を受けている花嫁さんは必見

土曜の夜には

宵のライトアップされた水郷潮来あやめ園の中を

嫁入り舟が運行される特別な時間も…

今年も必見の花まつりです!!

 

ちなみに、そんな水郷潮来あやめまつり
アヤメを筆頭に同属の花菖蒲やカキツバタを

総じてあやめまつりとして開催しています


「いずれアヤメかカキツバタ」という言葉がある通り、

その姿はどちらも美しく区別をつけるのは難しいとされています
水郷潮来あやめ園には

そんなアヤメ属の花菖蒲やカキツバタが

1.3ヘクタールの園内にびっしり

約500種100万株が植えられています
特に水郷潮来あやめ園のあやめが美しいとされる理由のひとつに、

花の管理が挙げられます


見頃が終わった花は装束をまとった地元のお母さんたちが

手摘みで間引き
水郷潮来あやめ園のあやめは

見頃の美しい花だけで満たされるように

管理されているのです
これが水郷潮来あやめまつりが人気の理由のひとつ

そして、水郷潮来あやめ園のあやめは

白と紫紺が美しいあやめを中心に栽培されているのも特徴です


色の統一感もとれていると、

訪れるお客様からもお褒めの言葉を頂きます

個人的におすすめしたいのが特に園内にかかる雨情橋と

ろ舟の船着き場横にかかる水雲橋からの眺望
一段高いところから見下ろして楽しむ水郷潮来あやめ園はまた格別です
特に水運橋から嫁入り舟を上から楽しむのも風情があっていい感じ!!

2018年5月23日現在のあやめの開花状況は2割弱
他の花祭りもそうなのですが、

今年は1週間から10日ほど見頃が早くなりそうだとか…
潮来市産業観光課に聞いたところでは6月初旬が見ごろとのこと
でも、水郷潮来あやめ園は

あやめを中心とした早咲きの品種から、

花菖蒲と中心とした遅咲の品種まで

1ヵ月間たっぷりと楽しめるように管理されているので、

今年も6月中は安心して楽しめそうです♪

また6月の土日は新宿駅から便利な特急列車も運行されます!!

 


ぜひ、潮来を訪ねてみてください♪

 

ちなみに、潮来市に訪れたら…
潮来にしくらの手焼きせんべいがオススメ!!


一枚一枚、カランコロンと丁寧に焼いたおせんべいは絶対に美味しさ
昭和44年の創業当時から変わらぬ味は間違いなし
しかも、手焼きせんべい体験ができるのもポイント
30分ほどでマイせんべいを焼くことができます!!

 

潮来にしくら手焼きせんべい

茨城県潮来市潮来1086-33
0299-62-2286
7:00 ~ 19:00
年中無休

 

水郷潮来あやめまつりの詳しい情報はコチラ

水郷潮来あやめまつり

※あやめの写真は2017年6月のものを使っています