美味しい「いばらき」に出会う旅!期間限定開催*茨城県北ガストロノミーイベント


投稿日:2018年12月25日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です

茨城県はその土地柄から、よく5つのエリアに分けて語られることがあります

ひとつは、県都水戸市を擁し、江戸時代から続く脈々とした歴史が魅力的な県央地域

そして、筑波山や霞ヶ浦を中心としながらも科学や文化の面でも最先端をいく県南地域

武家文化を色濃く残し、結城紬など伝統工芸がいまなお残る県西地域

加えて、鹿島神宮を筆頭に日本書紀から豊穣の地として知られる鹿行地域

最後に県内で最も豊かな自然に恵まれた山間部と太平洋に面した海浜部を有する県北地域です

 

この5つのエリアの中でも特に自然に特色のある茨城県北地域で、その豊かな食文化を見直す新しい取り組みが始まっています

それが『茨城県北ガストロノミー』です!!

 

ガストロノミーというちょっと聞きなれない言葉ですが、辞書を引くと「美食学」と和訳されています

その地域の郷土史や自然環境まで掘り下げ、その地域の食材や調理法を調べ上げ、深く理解し、料理人が料理という形でアウトプットし、食べ手もその文化や自然を学びながら美味しい料理に舌鼓を打ち、それを語らう・・・

 

そんなプロジェクトが,動き出しました!!

現在、県北6市町(日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町)で郷土料理や食文化の調査、郷土の食材探しが行われています

有名な「けんちんそば」「あんこう鍋」の他にも、「もみつけ」や「サンマ鍋」、「豆腐もち」などといった郷土料理をたくさん発見

食材の中には、県北地域に根付く在来品種の野菜「里川カボチャ」や「むすめきた」(小豆)、収穫量こそ少ないもののその美味しさは折り紙つきの「ブドウエビ」や「河原子産わかめ」などなど。まだまだ、世の中に広く知られていない魅力的な食材がたくさんありました

里川カボチャ

常陸大黒

赤ネギ

 

その調査を基に地元の料理人が開発したメニューを味わえるのが、県北地域の3つの旅館で開催される『茨城県北ガストロノミーイベント』です

その3つの旅館はこちら!

 

(1)日立市『うのしまヴィラ/Café & Dining海音』

https://unoshima-villa.com/

【開催期間】2019年1月17日(木)~1月28日(月)

      ※1月22日(火)と23日(水)は定休日

「日本の小宿2018 選考審査委員特別賞」10選にも選ばれた日本屈指のパーソナルリゾート・うのしまヴィラ。かねてより食材には強くこだわってきましたが、この『茨城県北ガストロノミー』のプロジェクトに参加し、新たなステップにチャレンジします。よりお手ごろに、より気軽にガストロノミーを体感してもらいたいと、うのしまヴィラでは期間限定メニューをランチで提供。自家製「ひしお」をベースにしたソースで頂く久慈浜で水揚げされた鮮魚など、約13品は贅沢の極み!目の前に海が広がる癒しの空間で茨城県北ガストロノミーを味わえます。

 

 

(2)常陸太田市『元湯 山田屋旅館』

https://www.motoyu-yamadaya.jp/

【開催期間】2019年1月17日(木)~2月1日(金)

 

      ※1月23日(水)・24日(木)・28日(月)は定休日

芸術家クリストとジャンヌ=クロード夫妻によるアンブレラプロジェクトの舞台にもなった茨城県常陸太田市里美地区。日本の原風景がここにあると称賛された風光明媚な土地。そんな里美地区で300年続く名湯と美食の宿・元湯 山田屋旅館。名店で研鑽を積んだ料理長が腕を振るう創作和食は一食の価値有り。目を閉じれば里美の風景が浮かぶ料理…。地元で収穫される有機栽培で育てられた在来品種の野菜はもちろん、里山の自然が育んだ山の幸、豊かな常磐沖で獲れた海の幸を織り交ぜた会席料理をぜひ!

 

 

 

(3)北茨城市『あんこうの宿 まるみつ旅館』

https://www.marumitsu-net.com/

【開催期間】2019年2月1日(金)~2月15日(金)

茨城県内でも屈指の「あんこう」の水揚げ漁港のひとつ平潟漁港。その目と鼻の先にたたずむ老舗旅館。茨城名物の「あんこう」の美味しさを知り尽くした料理人が、趣向を凝らした料理をご用意します。自慢のあんこう鍋は『全国ご当地鍋フェスタ鍋-1グランプリ』で見事グランプリに輝いた絶品!大量の「あん肝」を溶かし込んだスープに、さらに「追いあん肝」で旨味を重ねるのがまるみつ流です。そんな宿自慢の「あんこう尽くし」の料理が、ガストロノミー的思考を加えてさらに進化します。

 

そして最後になりますが、このガストロノミーイベントのおおとりを飾るのは

1日限定のバスツアー

2019年3月17日(日)開催

『茨城県北ガストロノミーツアー』です

バスツアーでは県北地域の美味しい食材とその食材が生まれる場所を訪ねます。訪れる場所は、野菜ソムリエのいる農園をはじめ、全国新酒鑑評会で金賞を受賞する酒蔵、全国味噌鑑評会で数々の賞を受賞する味噌蔵などなど。その作り手の熱意を感じてください。

また、バスツアーには全国を「旅する」シェフとしても有名な吉田友則シェフが、キッチンカーで伴走!

レクサスアメージングエクスペリエンス料理提供など、数多くの著名人や世界で活躍するスポーツ選手に支持愛される吉田シェフ。そんなシェフの作る、県北地域の素材と郷土料理をオマージュしたのはもちろん、各地で美味しい試食も提供してくれます。この日だけしか経験できないとっておきのバスツアーになること間違いなしです。

 

この一連のイベントのさらに詳しい内容は、茨城県北ガストロノミー専用フェイスブックページで随時紹介していきます。

気になる方はフェイスブックページで「いいね!」をクリック!

https://www.facebook.com/gastronomy.ibaraki/?modal=admin_todo_tour

ぜひ、茨城県北地域の「美味しい」に出会う旅へ、でかけてみませんか?

 

※料理の内容は予告なく変更する場合があります