絶賛開催中!茨城県の地酒・県産品PRイベント「うぶさけ」の初日の様子をレポート!!


投稿日:2019年01月29日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!今日はお酒好きにはたまらない話題です!!

茨城県には、那珂川、久慈川、利根川、鬼怒川、そして筑波山と、実に5つもの水系があり、さらにお米の生産にも恵まれているという、まさに日本酒造りに適した条件が揃っています。そのため、茨城県内には40もの酒蔵があり(平成30年6月現在)、これは関東で一番の酒蔵数なのです。
そんな地酒大県いばらきの個性あふれる地酒が数々から選りすぐり、産まれたての新酒(うぶさけ)のお披露目会をテーマにしたイベントが都内で開催されているのを、みなさんご存知でしたか!?
1月28日(月)〜2月1日(金)まで、東京・新橋の汐留公共地下歩道イベントスペースで開催されている茨城県の地酒・県産品PRイベント「うぶさけ」の初日の様子をレポートいたします!

 

 

初日・1月28日(月)は16時から、オープニングイベントが開催されました。
大井川和彦茨城県知事に加え、渡辺徹さん、磯山さやかさん、カミナリのお二人という茨城を代表するみなさんにお集まりいただき、鏡開きとトークショーで盛り上げていただきました。

みなさん茨城のお酒が(というよりお酒全般が!?)大好きのご様子で、「うぶさけ」のマス酒を嗜みながら、いつもテレビにご出演されているときよりも、お口が滑らかなご様子でした。
オープニングイベントの模様は、茨城新聞さんが動画で伝えてくださっておりますので、こちらもぜひご覧ください。

 

茨城県の地酒・県産品PRイベント「うぶさけ」は2月1日(金)までの毎日午後4時から9時まで開催されています。
出品されているのは茨城県を代表する11酒蔵の計20銘柄。その中からお好きなお酒3種類とおつまみ1品が700円(税込)でお楽しみいただけます。


吟醸酒や、大吟醸酒、燗酒、梅酒など幅広く取りそろえており、数量限定ではありますが地酒や甘酒の試飲サービスも実施します。


入場自体は無料ですので、まずはお気軽にお立ち寄りいただき、ご興味を持っていただけたらぜひ一杯、いや三杯、ひっかけていってください!

 

イベントのくわしいご紹介はこちら

 

また、茨城県では現在、全国新酒鑑評会に入賞した酒蔵などをめぐる日帰りツアー「酒蔵漫遊記」も開催中。2月から3月にかけてのツアーが絶賛参加募集中ですので、こちらもぜひお楽しみください!

 

日帰りツアー「酒蔵漫遊記」についてくわしくはこちら

 

以上、今回は1月28日(月)〜2月1日(金)まで開催されている茨城県の地酒・県産品PRイベント「うぶさけ」のご紹介でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

▼▽▼▽こちらもぜひご覧ください▼▽▼▽

地酒いばらき