ついに開幕!平成最後の「水戸の梅まつり」に行ってきました!


投稿日:2019年02月22日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは。
今日は2️⃣2️⃣2️⃣(にゃーにゃーにゃー)ということで「ネコの日」でしたね😸
そんなネコちゃんも喜びそうなポカポカ良いお天気☀️だったので、2月16日土曜日に開幕したばかりの「水戸の梅まつり」に行ってみました🚗

開幕から7日目の今日は平日というのに、すでにたくさんの観光客で賑わっていました。
県内だけでなく、東京や千葉、さらには福岡からいらっしゃったという声も聞こえてました。
はるばる偕楽園までお越しいただいてありがとうございます✨

2月20日水曜日の調査では、偕楽園の梅は約3,000本のうち712本が開花したということです。
偕楽園の梅は「早咲き」「中咲き」「遅咲き」の品種があり、現在は早咲きの梅を中心に咲きはじめているところです。

園内のどこかに早咲きの梅がまとまっているというわけではありませんので、気ままに散策をしながら花の開いた梅を見つけるという「探梅(たんばい)」が、この時期の楽しみ方のひとつです🔎

まだまだ全体の3割にも満たない本数ですので、これからどんどん花が開いていく様子を、ぜひ何度も足を運んで楽しんでいただきたいと思います😊

偕楽園のどこかに、水戸の梅大使のみなさんや水戸黄門さんがいることもあります。気さくに記念撮影に応じてくれますので、ぜひ見つけてみてくださいね❗️

 

さて、この週末の注目イベントは「お茶会」です。

2月23日(土)は常磐大学高等学校の生徒さんによる高校生野点茶会が開かれる予定です。
2月24日(日)は石州流の野点茶会が開かれる予定です。
どちらも午前10時から午後3時まで、呈茶料は300円です。
江戸時代から続くこの偕楽園で、伝統のお茶会なんて素敵ですね💕
ご興味のある方はぜひ参加してみてください!

 

それから、明日2月23日(土)から、毎年好評のライトアップ「光の散歩道」も始まります。


日没~21時まで、梅はもちろん、孟宗竹林や萩柵といった偕楽園のさまざまな場所をライトアップ✨💡✨
昼間とは異なる幻想的な空間をお楽しみください。

 

さらに、明日2月23日(土)21時より放送の📺テレビ東京「出没!アド街ック天国」の舞台は、なんと「水戸」‼️
あくまでも個人的な予想ですが、きっと梅まつりで賑わう偕楽園や弘道館も紹介されることでしょう。
デーブ大久保さん、岡部磨知さん、渡部豪太さんといった茨城県ゆかりのゲスト陣のトークも楽しみです。
こちらもぜひご覧ください⭐️

 

 

そして、もうひとつお知らせです。
水戸の梅まつりのこの先の注目イベントのひとつに3月9日(土)の「夜・梅・祭」がありますが、この「夜・梅・祭」を満喫できる「夜型・朝型オプショナルツアー付き宿泊プラン」のお申し込みを受付中です。


茨城県がこの冬から春にかけて、朝や夜にしか見られない魅力的な観光スポットの数々をご紹介するため、茨城の宿にご宿泊の方限定で実施している、貸切バス・現地ガイド付きのオプショナルツアーです。この機会にぜひ、茨城県とっておきの魅力をご体験いただければと思います❤️

 

茨城の夜・朝を満喫!「夜型・朝型オプショナルツアー付き宿泊プラン」6コース

 

水戸の梅まつりの情報は、観光いばらきでもくわしくご紹介しています。

「第123回 水戸の梅まつり」平成31年2月16日(土)〜3月31日(日)

 

また、「水戸の梅まつり」開幕にあわせて、会場となる偕楽園、弘道館のホームページがリニューアルオープンしました。梅まつりの楽しみ方はもちろんのこと、貴重な史料や歴史を知ることもできますので、ぜひこちらもチェックしてみてください⭐️

偕楽園 ~梅の芳香と歴史の景勝地~ (茨城県水戸市)

弘道館〜日本最大規模の藩校 江戸時代の総合大学〜 (茨城県水戸市)