初開催!茨城おみやげコンクール速報!!


投稿日:2014年01月24日   投稿者:絶品いばらき特派員

こんばんは、絶品いばらき編集部の滝口です。1月24日、ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸で「第1回茨城おみやげコンクール」の審査会が行われ、“次世代の茨城のお土産”が決定しました。

これまで茨城県のお土産といえば、「水戸納豆」や「干しいも」が定番でしたが、ここ最近は「次世代のお土産づくりを育てていこう」という気運が高まっていました。そうしたなか本コンクールが開催されることになり、なんと120社の応募がありました。

これだけ多くの特産品が集まったのは、おそらく茨城県では初めてのこと。「新しい茨城のお土産を作るんだ」、そんな熱気で会場は包まれていました。

「絶品いばらき」でもお馴染みの生産者がズラリ。
青木製麺(つくばみらい市)の「つくばの恵み」、あさ川製菓(水戸市)の「ぷよもち」、木内酒造(那珂市)の「常陸野ネストだいだいエール」、三宝産業(大子町)の「とろ~り濃厚ゆば」、野村産業(坂東市)の「国産ごぼう茶ティーバッグ」などなど。

他にも、目を引く、魅力的な特産品が数多く出展していました。
慈久庵(常陸太田市)の「慈久庵甘露茶梅」。野口徳太郎商店(境町)の「茶の実トリュフ」、奥久慈屋 吉餅(大子町)の「常陸大黒大福」、小野(土浦市)の「ほんのり甘豆」、鹿島製菓(鹿島市)の「究極のメロンパン」などなど。

これらを審査するのは以下の方々。

審査委員長は白田典子氏(写真中央)。(有)良品工房 代表取締役。全国をかけ巡り、作り手・売り手・買い手をつなげる活動をしています。
小室忠男氏(写真右)は京成百貨店 営業政策部長。お中元・お歳暮、催事、営業企画を担当している特産品目利きのプロです。
塚本順司氏(写真左)はそごう・西武 商品部食品部バイヤー。催事やギフトの担当者として、日々おいしい特産品を探し求めています。
矢崎潤子氏(写真左から2番目)は(株)オフィスノベンタ代表取締役。これまで多くの観光振興事業に携わってきました。
長谷めぐみこ氏(写真右から2番目)は東京急行電鉄 社長室・広報。若い女性の目線や好みを意識した審査を行いました。

審査基準は①おいしさ②受け取った人が喜ぶもの③デザイン性④価格⑤地域に根ざしたストーリー。これを元に25点満点で審査されました。

生産者たちが熱い思いを訴え、それに審査員が真剣に応えたため、2時間で行われる予定だった審査は大幅に延長。どの特産品も味が良く甲乙つけがたいため、僅差の結果に。集まって行われた審査会議においても議論は白熱。同点順位のものも多数あり、さまざまな意見が交わされ、ついに結果が出たのです。

そして選ばれた最優秀賞は、農業法人深作農園(鉾田市)の「メロンバウムクーヘン」でした。審査委員長の白田氏は、「味はもちろんのこと、パッケージのデザインが秀逸。メロンをそのままもらえたような嬉しさが込み上げてきます」と賛辞を述べました。

優秀賞は、イイジマ(水戸市)の「常陸牛&ローズポーク『IFFA金銀受賞茨城そだちセット」でした。審査員の小室氏は「IFFA(国際食肉機械専門見本市)で金賞、銀賞を受賞した味と品質はまさに絶品。ギフトとして贈られたら本当に嬉しいと思い、この結果になりました」と高評価でした。

同じく優秀賞は、明利酒類(水戸市)の「本格梅酒 梅香百年梅酒」。審査員の塚本氏は「パッケージの美しさ、そして物語性、どれもさすが!と思いました」と評価。まさに老舗の実力、納得の受賞でした。

奨励賞は幸田商店(ひたちなか市)の「べっ甲ほしいも」。審査員の矢崎氏は「干しいもは、まさに茨城の特産品。この受賞は、県内の干しいもに関わる方、みなさんで取った受賞ではないかと思います」と述べました。

同じく奨励賞は鹿島菓匠丸三老舗(鹿嶋市)の「元祖はま栗」。審査員の長谷氏は「売り方がとてもステキと感じました。潮干狩りに行ったときのお土産。そんなストーリーが誰にでも思い浮かぶ商品です」と感激を伝えました。

受賞者一覧

総評として、茨城県観光物産課長の清瀬一浩氏は「長く審査がかかりました。それだけ、みなさんの思いが熱かったのです。これだけの生産者が集まり、皆さん多くの刺激を受けたことと思います。これを機にチーム・イバラキとして、みんなで団結して茨城県の特産品のPRに力を入れていきたいです」と力強く語りました。

最優秀賞を受賞した深作農園の深作勝己社長は「茨城県の選りすぐりの生産者が集まった中で、最優秀賞を受賞できたことは本当に嬉しいです。これまで基礎となる商品開発があり、観光農園としてやってきた経験などが全て結集されて得た結果です。茨城県の、鉾田市のメロンが日本一であることを、このメロンバウムクーヘンをきっかけに多くの方に知ってもらいたいです」と喜びを語りました。このメロンバウムクーヘンは、京成百貨店で現在開催中(1月28日まで)の『第31回漫遊いばらきの味と技展』でも販売しています。ぜひご賞味ください。メロン本来が持つ甘さとおいしさに驚くことでしょう。

今回受賞したこれら5つの特産品は、2014年度の茨城県の特産品として大々的にPRを展開していきます。もちろん、「観光いばらき」でも特集を掲載しますので、ご期待ください。