常陸太田ファーム&キッチン「かぼちゃフェス.」10/24から開催です!


投稿日:2014年10月19日   投稿者:絶品いばらき特派員

こんにちは!

観光いばらき・絶品いばらき編集部の根本です。

 

気がつけばすっかり、肌寒い季節になってまいりました。

先月はまだまだ残暑を感じていたというのに、季節が過ぎるのはあっという間です。

 

8月の下旬に、秋の味覚・果物の代表格「ぶどう」「なし」を使ったイベント

常陸太田ファーム&キッチン についてのブログを書きました。

それから約2ヶ月、もう次の旬がやってきたようです。

新たな素材を使ったイベントがまた開催されると聞いて、早速伺ってきました!

 

flayer5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お題は「かぼちゃフェス.」。10/24~11/9に開催されます。

常陸太田市のかぼちゃを使って、市内の飲食店がオリジナルメニューを提供します!

 

同イベントは今まで、なし・お米・いちご・ぶどうと、常陸太田の名産品を共通素材として開催されてきました。

5回目となる今回のテーマ「かぼちゃ」ですが、これがただのかぼちゃではありません。

_MG_2513

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいいお顔が描かれているのは、薄いオレンジピンク色のかぼちゃ。

これは、里川かぼちゃといって、常陸太田市の最北部・旧里美村里川地区でのみ栽培されてきた在来作物です。

よく目にする緑色のかぼちゃとは、まったく異なる見た目ですね。

 

里川地区は標高が高いこともあり、その寒暖差の中で育った里川かぼちゃは

とても甘味が強く、ホクホクの食感なんです。

この特長については、生産者の方だけでなく、このかぼちゃを使ってメニューを生み出した料理人の皆さんが口を揃えて「味が濃い!」とお話していました。

味が濃いので、どんな味に合わせようか試行錯誤した方も多かったようです。

 

さて、そんな里川かぼちゃがどんなメニューになって登場するのでしょうか?

取材にお邪魔した試食会で初お披露目されたメニューを、一挙ご紹介します!

かぼちゃフェスメニュー

 

今回の参加数は全15店!うち、1店舗が初参加です。

甘さを活かしたスイーツから、こっくりとした味の汁物、そしてまさかのハンバーガーや春巻きに!

まさに、和洋中が出揃ったラインナップになりました。

 

_MG_2506

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、今回の食材「里川かぼちゃ」の生産地・里美地区から参加の二店舗。

「焼肉・鮨・割烹 古神」さんと、「菓子のやまがた」さんです。

常陸太田の市街からは少し離れた北部ではありますが、ぜひ、里美地区にも足を運んでみてくださいね。

 

_MG_2497

 

 

 

 

 

 

 

 

 

里川かぼちゃの生産者さんたちも、メニューに舌鼓を打っていました。

 

そして今回、里川かぼちゃに欠かすことのできない方々がもう1グループいらっしゃいます!

_MG_2500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城大学生を中心とした、域学連携プロジェクト「チームさとみ・あい」のメンバーです。

里川かぼちゃの栽培に加え、加工品の開発や里川かぼちゃの魅力を伝える提案などを行っています。

ちなみに、彼女たちも茨城大学の学園祭「茨苑祭」で、水戸農業高校と共同で開発した

里川かぼちゃを使ったメニューを出店するのだとか!

茨城大学水戸キャンパスで11/15,16に開催されます。そちらにもぜひ注目です。

 

さとみ・あいリーダーの井上さんは、「どの料理も美味しかった!里川かぼちゃのために作られた料理、とても嬉しいです」と話していました。

 

常陸太田の生産者と料理人、そして地域を盛り上げようと奮闘する学生が丹精込めた

里川かぼちゃのメニュー。

ぜひ、食べにいらしてくださいね!

 

 

常陸太田ファーム&キッチン 「かぼちゃフェス.」

2014年10月24日~11月9日 常陸太田市内、参加各店で開催

詳しくはこちらをご覧下さい  → http://ho-fk.com/