お歳暮準備は「お得いばらき名産品」におまかせ☆


投稿日:2015年11月14日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部の刈谷です!

だんだん冬も近づき、肌寒くなってきましたね。これから年末に向けてどんどん忙しくなる時期かと思います。クリスマスに、年賀状の準備に、仕事納めに、、、慌しく年明けになってしまいそうですね。

 

そんな多忙な皆様が、年末年始に余裕をもって過ごすことができるように

皆様のお歳暮の準備をお手伝いさせていただきたいと思います!

 

これから毎週末全5シリーズでお届けしていきますのでお楽しみに☆

 

 

 

 

お歳暮とは年の暮れに日頃の感謝の気持ちを込めて贈るもの。

お歳暮で悩むことといえば、「選ぶこと」。

 

「お得茨城名産品」では茨城の自慢の商品を厳選して紹介しています。

ここで、きっと素敵なギフトに出会えるはずです。

 

今だと大感謝祭セールが開催されていて

一部の対象商品に使えるクーポンを取得すると40%OFFに!

 

しかも、今だとお歳暮用に一部の対象商品が「のしつき」で配送対応中!

 

毎年選ぶのに悩んでいた方に是非活用していただきたい皆様の強い味方です☆

 

 

 

そんな「お得いばらき名産品」の商品の一部を

観光いばらき編集部で紹介していきます。

今日は第一弾目!!

 

子どもがいるご家庭や、甘いもの好きの女性・男性にお届けしてほしい

「銘菓・スイーツ」特集の中から紹介していきます!

 

 

 

<<もち入り「館最中」 16個化粧箱詰>>

 

_MG_3936

 

中にあんこがぎっしり詰まって入っているのが特徴的!あんこ好きには堪らないですね!

あんこの甘さと最中の皮の香ばしさが口いっぱいに広がります。

ずっしり重い感じですが、甘さがちょうどよくてとても食べやすい。

上品で重量感のある見た目を裏切らない「満足感」を感じることができました。

 

 

_MG_3949

 

柔らかいぎゅうひ(餅)も入っています。

食べた時に「ぎゅうひ(餅)がはいってる!!」なんて喜ばれそうですね。

ぎゅうひが入っていることで味や食感のいいアクセントになり、最後まで美味しく頂けます。

 

_MG_3959

 

あんこがぎっしりとはいっていて、甘さがちょうど良い。

厚みがあって食べ応え◎

 

包みもシンプルかつ上品なので万人ウケしそうな逸品です。

 

—詳細—

「館最中」

(※クリック先の商品紹介サイトの下スペースにもっと詳しい商品説明があります)

[金額]4,000円→2,400円(送料・消費税込み)

[メーカー名] (有)湖月庵
[内容量] 16個 化粧箱詰
[賞味期限] 25日
[原材料] 大納言小豆、白双糖、水飴

 

 

 

 

<<姫のおやつ8入×2折セット>>

 

_MG_3650

 

「おいもパイ」と「りんごパイ」の二種類が入っています。

 

こちらが「おいもパイ」↓↓↓

わたしの周りでは、おいも味が女性に大人気でした。

茨城県の芋を使用した焼芋ペーストと

白餡とバターと生クリームを合わせ、パイ生地で包んであります。

見た目より、しっとりしています。

どうしてお芋のお菓子ってこんなにおいしいのでしょうかー!

 

_MG_3665

 

こちらが「りんごパイ」↓↓↓

りんごパイはりんごプレザーブを細かくカットし、白餡と生クリームを合わせ

パイ生地で包んであります。

こちらもりんごパイと名前ですが、りんごがシャキシャキするというよりは

しっとりとした食感で、程よい甘さが口いっぱいに広がります。

 

_MG_3657

 

茨城を感じることが出来る、2つの味が入っているのが嬉しい。

しっとりと美味しくて程よい甘さなので、何個でも食べたくなるような逸品です。

 

 

パッケージがとてもかわいらしいので、是非女性や女の子のいるご家庭に贈っていただきたいです!

 

—詳細—

「姫のおやつ」

(※クリック先の商品紹介サイトの下スペースにもっと詳しい商品説明があります)

[金額4,000円→2,400円(送料、消費税込み)

[メーカー名] 阿さ川製菓株式会社
[内容量] 姫のおやつ8入×2折
[賞味期限] 25日
[原材料] 甘藷
[特定原材料] 卵、小麦、乳

 

他にも銘菓・スイーツ特集では、お歳暮に贈れる素敵な商品を多数紹介しています!!

 

また、お得いばらき名産品では肉加工品や麺類など多種類の商品を揃えています。

甘いもの以外のものを贈りたいと考えているかたもこちらをチェック☆

 

 

 

ではでは、早めのお歳暮選びで皆様が余裕をもって、素敵なお正月を迎えられますように・・・また来週☆