ブログ9月号


投稿日:2020年09月04日   投稿者:ibaraki

いばらきの暮らし「秋の訪れを楽しむ、大人の建築旅行」

 

早いものでもう9月。日中は変わらず厳しい暑さが続いていますが、朝晩には涼しい風が吹くようになり、少しずつ秋の気配が感じられるようになってきました。

秋の茨城を楽しむ旅としてぜひお勧めしたいのが、伝統的な建物を見て楽しむ「大人の建築旅行」です。

茨城には古い建物の良さを最大限に生かし、訪れた人に上質な癒しの時間を提供する施設・店舗が数多くあります。建築に刻まれた時の流れに想いを馳せながら、日々の喧騒を忘れて心と体をリフレッシュさせる時間を過ごしてみませんか。

 

 

伝統建築の風格ある佇まいを体感できる宿

伝統ある日本家屋の魅力を存分に味わいたいという方にお勧めしたいのが、古民家を活用した宿泊施設です。長い年月を経た風格ある佇まいの空間は心を満たしてくれます。周辺の豊かな自然環境や味覚をゆっくりと堪能できる茨城県内の古民家施設を紹介します。

 

・ゲストハウス 古民家 江口屋(かすみがうら市坂895番地1 Tel.080-9095-7800

目前に広がる霞ヶ浦のロケーションが素晴らしい古民家ゲストハウス。明治後期に建てられた造り酒屋の風情を生かしながらモダンにリノベーションして2020年7月にオープンしました。最大4名まで泊まれる部屋が3室あり、貸し切りも可能。釜炊きごはんと地元の新鮮食材を使った朝食が自慢です(夕食はオプションとして追加可)。近くにはナショナルサイクルルートに指定された「つくば霞ヶ浦りんりんロード」もあり、徒歩1分のところにある「かすみがうら市交流センター」で自転車をレンタルすることもできます。

 

 

・水郷旧家 磯山邸(潮来市潮来595 Tel.0299-94-2800

水郷として知られる潮来市に2019年8月にオープンした「水郷旧家 磯山邸」は、築約120年の古民家を活用した宿泊施設です。最大の特徴は、宿泊者を一日一組(最大10名)限定としていること。太い梁と丁寧な細工が施された建具が印象的な10畳1間と8畳2間の空間を、独占して利用することができます。大人数でシェアしながら思い思いの時間過ごすもよし、食事もオプションとしてオーダー可能。初夏の「水郷潮来あやめまつり」期間中には、そばを流れる前川を観光ろ舟(手漕ぎ舟)が行き交う光景を楽しめます。

 

 

風情ある雰囲気の中で至福のカフェタイムを満喫

旅とカフェは切っても切り離せない関係です。初めて訪れる地で、おいしいコーヒーやスイーツを提供する雰囲気のよいカフェに出会えたら、それは至福の時間となります。歴史ある個性的な建築を生かした店舗で、オーナー自らが丹精こめて淹れるコーヒーや手作りケーキを味わえる2店をご紹介します。

 

 

・カフェポステン(つくば市北条183 Tel.029-867-5565

大正末期から1962年まで実際に郵便局として使われていた愛らしい三角屋根の建物をリノベーションしたカフェです。お店のホームページによれば店名のポステンは、スウェーデン語で郵便局を表す言葉だそう。あたたかな気分にさせてくれる昭和のレトロモダンな内装を生かした店内で、自家焙煎のコーヒーのほか、オーガニックの紅茶や地元食材を使ったプレート、季節のケーキ、焼き菓子などを楽しむことができます。

 

 

Cafe MIHARU(日立市旭町2丁目8−14 Tel.0294-22-1567)

1950年(昭和25年)に初代女将が小料理屋として始め、二代目女将の時代には料亭として人気を得た店舗を、現在の三代目女将が、日本料理を提供する「三春」(1階)と手作りのスウィーツと飲み物を提供する「Cafe MIHARU」(2階)があり、とくにカフェで提供される季節の果物を使った手作りケーキは大人気。眼前に広がる鮮やかな日立の海、洗練を極めた建物内の室礼(しつらい)とともに心に滋養を与えてくれます。

 

 

歴史ある建物の中で選りすぐりのお酒を楽しむ

旅行で外せないのが、美味しい食事とお酒。長い年月を刻んだ建物が醸す落ち着いた空間の中で、自分の好みの味を選んでくれるお酒の目利きがいればいうことがありません。選りすぐりのお酒を味わえる2店をご紹介します。

 

・ブラスリーJOZO(住所:常総市本石下2052 Tel.0297-42-2056

120年続く「野村醸造」の一角にあるフレンチレストラン。2015年の関東・東北豪雨で浸水被害に遭った醸造所の店舗兼住居を改修し、被災時に手を差し伸べてくれた人々への感謝の想いを込めて2017年にオープン。野村醸造の復興の象徴となったオリジナルの日本酒「紬美人」とともに、地元食材を生かしたフランス料理をカジュアルに楽しめる店として人気を得ています。

 

 

・WINE O’CLOCK(水戸市泉町2-3-17 泉町会館 Tel.029-306-9777

1955年(昭和30年)に建築された「泉町会館」内に、2018年にオープンした「ワインの時間」という意味のワインダイニング。泉町会館は、建物の独特のアール(曲面)や入り口の付近のタイル、建物名を示す金色の立体文字など、レトロモダンな表情が多くの市民に愛されてきました。その雰囲気を十二分に生かした店内には、日本や世界各地のワイン20~30種類が常時用意され、シニアソムリエの店主がお客様の好みに合わせた銘柄を選んでくれます。フードメニューも豊富でシーズナル薬膳とのマッチングを楽しむことができます。

 

 

上でご紹介したほかにも、茨城県内には古い建築の良さを生かした魅力ある店舗・施設がたくさんあります。

この秋はぜひ、長い歳月を経た建物が生み出す安らぎの空間に身を置き、心と体を満たす時間を過ごしてみてください。

観光いばらき「メルマガ」でもメルマガ限定の季節の情報をご紹介しています。ぜひ、ご登録をお願いいたします。

特集ページのご案内

「IBARAKI outdoor KINGDOM」

太陽、月、森、川から導く「アウトドア王国いばらき」おすすめのアクティビティを紹介します。

IBARAKI OUTDOOR KINGDOM

「いばらき県産品お取り寄せサイト」

茨城の美味しいものはこちら

https://www.ibarakimeisan.jp/