茨城県北芸術祭ブログ-キュレトリアルアシスタントとめぐる常陸多賀商店街PART1-


投稿日:2016年10月28日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です。
今回の茨城県北芸術祭レポートは、特別版!
KENPOKU ARTキュレトリアルアシスタントの冠さんに、

常陸多賀商店街を案内して頂きました。

_mg_0126

本芸術祭の招聘アーティストに、どの場所で、どんな展示を行ってもらうか…
そんな、地域とアーティストの間に立って、マッチングを果たしたのが

キュレトリアルチームの皆さん。
それぞれのアーティストの考えや作品の魅力・特性を理解し、

それを活かせる展示場所を提案。

また、展示を可能にするよう様々な折衝や準備を行っています。

 

常陸多賀商店街エリアの展示を担当したのが、

こちらの冠さん(キュレトリアルアシスタント)です。

_mg_0243
JR常陸多賀駅をスタート地点に、冠さんとめぐる
KENPOKU ART街あるき、スタート!

******

駅舎を出ると、既にいつもと違う風景が皆さんを迎えてくれます。

あちこちに、オレンジ色と水色の物体が・・・_mg_0129

_mg_0244

よく見ると、ニットなんです

当ブログでも既にご紹介している、力石咲さんの「ニット・インベーダーin常陸多賀」です。
街全体をニットで編みくるみ「侵食」してしまうというこのプロジェクト。
実は、最初に編みくるんだ場所、

いわば県北でのファーストインベージョン(私の作った勝手な造語です)が

ここ、常陸多賀駅なのだそう。
ロータリーの周りだけでなく、

駅舎の内部、待合スペースにもニットが編まれています。

ついつい、ニットを探したくなりますね。

あっ、あんな場所にも!

_mg_0138

シノハラスポーツさんの看板の下に「TAGA」という文字が♪

「ここでインベージョンしている時に、面白いエピソードがあったんですよ」

冠さんがそう言って指差したのは、バス乗り場の付近の青色のニット。

_mg_0141「通りかかった男子学生たちが、一緒に編んでくれたんです。

確か、あのあたりのニットでした」

見慣れない不思議な光景は、街行く人たちの興味を惹いたようです。

_mg_0146

他にも、多賀ステーションホテル前のここも、

たまたま通りかかった人と一緒に編んだのだとか。

「海外から仕事で常陸多賀を訪れていた方たちだったと思います。

“何してるの?”って話しかけてきて、面白そうに参加してくれました。

編む作業自体は難しくないので、誰でもできちゃうんですよ」

11月5日には、ニットインベーダーin常陸多賀のワークショップも開催予定です!
家族みんなで楽しめるので、ぜひ気軽にご参加くださいね。

01

あんなところ、こんなところもニット

******

さて、先に進みましょう!
次は、駅から真っ直ぐ伸びるメインストリート

・・・ではなく、冠さんが歩き出したのは、一本裏側の路地でした。

02
ニットを追いかけていくように、歩いていきます。

「皆さんには、ニットインベージョンをきっかけに、

街全体を楽しんでもらいたいです。

ニットは様々な場所に編まれているので、

探しながら、街をぐるぐる歩いてみてください!」

街を歩いていると、色々な発見があります。

なんだか、おいしそうな匂いも…。

_mg_0155

昔から地元で人気の「ひかり食堂」。にぼしラーメン美味しいです!

_mg_0245

街の名店をリノベーションしCafeやパン屋さんが営業している「シェアオフィスかどや」

通り沿いで、ランチやコーヒーブレイクにぴったりのお店を発見しました♪

「歩くとお腹がすきますよね!ニットを追いかけて、街を歩いてたら

なんだかおいしそうなお店があって、かわいい雑貨を見つけて…。

常陸多賀の街って魅力がいっぱいあるんですよ」

ちなみに、かどやで販売している「常陸多賀」ロゴグッズは、

アーティストやスタッフにも愛用者がいるとか!?

_mg_0247

ニットもかなり大胆に侵食してきていますね!

_mg_0156

かどやの店内にまでオレンジ色のニットが・・・

これは、力石さんだけでなくサポーターの皆さんが日々編みくるんでいる活動の成果。

「商店街の皆さんがとても協力的で、予定になかった場所も

“編んでいいよ”と言ってくださったりして、どんどん増えています」

はじめの頃は「芸術祭って、どんなことをするの?」と

首をかしげていた地元の皆さんも、

今では一緒になって楽しんでくれているようです。
これぞ、KENPOKU ARTの目指したもののひとつかもしれません♪

 

******

 

_mg_0160

常陸多賀駅から伸びる大通り。通称「よかっぺ通り」

 

私たちは、ぐるりと路地をひと回りしてから、

常陸多賀商店街のメインストリートへ。

_mg_0163
家電がたくさん置かれているここは、

和田永さんの活動拠点「ニコスラボin日立」!
以前、ブログでもご紹介した、家電を再生利用して楽器を生み出すプロジェクト

「エレクトロニコス・ファンタスティコス!in 日立」を実行中。
11月19日のコンサートに向け、

スタッフさんやサポーターさんたちが準備や練習を進めているところです。

「コンサートでは、この大きなテレビを

専用のバチでドーン!と叩いたりする予定です♪」

_mg_0162

どんな音が鳴るのでしょう!?

そしてなんと、和田永さんが新曲を作成しているとのこと。
コンサートは、どなたでも無料で鑑賞できますので
11月19日はぜひ、日立シビックセンターへ!
これまで体験したことがないような演奏に出会えるはずです。

_mg_0165

壁いっぱいに貼られたイラストやメッセージ

ニコスラボの壁に貼られている紙にも注目!
これには、訪れた方たちが自由に考えた、

新たな家電楽器のアイデアなどが描かれています。

「ここはアーティストが作った楽器を展示するだけでなく、

皆さんの創造が生まれる場であってほしいと考えています。

自由な発想で、新しいものを考えるきっかけになってほしい。

そういうテーマが込められています」
と、冠さん。
皆さんも、ニコスラボから自分の新しいアイデアを発信してみては♪

 

******

_mg_0170ニコスラボの向かいのバス停には、山本美希さんの作品が。
日立市にまつわるものを題材にして

ベンチに描かれたグラフィックアートです。

_mg_0167

商店街内の他のバス停にも置かれているので、お見逃しなく

******

よかっぺ通りを進んでいくと、次に出会ったのは青崎伸孝さんの展示。

_mg_0178

サポーターさんと一緒に♪

県北地域の6会場で、スマイリーバッグに

似顔絵を描くプロジェクトを展開した青崎さん。
ここでは、青崎さんがエリアのサポーターさんなどを描いた見本と一緒に
9月に県北6市町で開催された様子のスライドショーも見ることができます。

_mg_0173

あっ!冠さんの似顔絵も発見!

青崎さんは、見た目だけでなく、お話しながら

その人の雰囲気をつかんだ絵に仕上げてくれるのだとか。
単純なスマイルをベースにしているのに、

一枚一枚どれもまったく違う雰囲気に見えるのは、

見た目だけでない内面の個性を描き出しているからなんですね。

******

その隣のスペースは、中崎透さんの作品「看板屋なかざき」。

_mg_7774
「看板をモチーフにした作品などを展開されているアーティストです。

中崎さんは茨城県出身で、

地元だからこそぜひやりたかったとお話していました!」

看板に描かれているのは、

かつて平成の大合併前に存在した県北14市町村の名前。

「金砂郷」「水府」「里美」「美和」「緒川」といった、

今では失われてしまった地名も・・・。

「中崎さん自身、茨城から東京へ上京して、

戻って来てみたら昔あった地名がなくなっていてびっくりしたそうです」

確かに、合併し6市町になった今、

残りの8つの名前は住所からほぼ失われてしまったも同然。
ですが、地元の皆さんの中には、今なお強く残されています。

_mg_7776

わたくし根本が生まれ育った、常陸太田市・旧水府村の看板

街から消えてしまった、かつての故郷の名前が刻まれた看板。
今はもうないけれど、確かにそれはあった、と形にしてくれた

中崎さんの作品には、感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、私の個人的な思い入れはさておき・・・
看板屋なかざきは、建物2階にも続いています!
この看板は、中崎さんが県北エリアをまわって見つけた、

実際にあるスナックやバーの名前なのだとか。

_mg_0183

右上の張り紙は元々この建物に残されていたものです

個人的には、ここからのアングルが好きです!

 

そして1階に下りたら、ここを後にする前に、

看板の台になっているものにもぜひ注目してみてください。

_mg_0179

椅子には、美和中学校という名前が・・・

学校で使われていた椅子などの備品が使われています。
これも、中崎さんによるインスタレーション。

ノスタルジックな雰囲気を演出していますね。

******

さて、レポート前半はここまで。

冠さんとの常陸多賀駅前めぐりはPART2に続きます→

http://blog.ibarakiguide.jp/placeblog/6219.html

back to top

茨城県北芸術祭ダイジェストツアー@「じっくり山コース」2016.10.1-KENPOKU ART 2016


投稿日:2016年10月25日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の小野です!
今回のブログでは、茨城県北芸術祭ダイジェストツアー

「じっくり山コース」をレポートしたいと思います。

_mg_7451

水戸駅南口に集合し、本日はこちらのバスに乗って9:30分出発です。

 

 _mg_7454

最初に到着した「石沢地区空き店舗」では、

もうすでに建物の外から作品が見えていますね!

こちらはミヒャエル・ボイトラーさんの作品です。

 こちらの作品、浮力を利用して水の上で回転しているんですよ!

しかも作品に触れてOKなので、もっとスピードをつけてもいいし、

止めてしまってもいいんですって☆

 _mg_7462

こちらも巨大な作品ですね~。

隣の空き店舗では内海聖史さんのmoonwalkが展示されていました。

_mg_7469月面のようなこちらの作品は、よく見ると丸いタッチの集合体。

上の窓から光を取り入れ、見るときの光の状況で作品が変化します。

夜はライトアップされ、

月光に照らされいる作品も見ることが出来るそうですよ。

 

_mg_7651

続いて向かったのは旧美和中学校。

_mg_7506

懐かしい学校の昇降口から入ると、地図上(これもアート!?)に

作品案内がわんさか!

ほとんどの教室を使って作品が展示されています!

_mg_7528 こちらは「佐藤悠のKENPOKU SONGS」。

軽快なラップが廊下に響きます。

_mg_7517

別な教室では、こーんな距離の焦点を合わせて、あるものを見る望遠鏡が。

イザベル・デジューさんの作品です。

アレは見えるかな!?

_mg_7531

校長室にはこんな先生が待っていました!!こ、怖い・・・

昇降口にも展示してあるmagmaさんの作品です。

小さい子どもたちはこの先生にビックリ☆大人だってビックリ!

_mg_7541

階段を上がると、どこかで見たことがある装置が現れました。

これこそポスターにもなった落合さんのコロイドディスプレイ!

超音波を当てて、すりガラス状になったシャボンの表面に映像を投影すると

ほんの一瞬、美しい蝶が現れます。

_mg_7548

この写真をタイミングを合わせて取れた時には感激して思わず声をだしてしまいました☆ _mg_7560

たくさん見る場所のある旧美和中学校では、一息つける素敵な場所が♪

Sunny Side Kitchenさんの出張カフェです。

こちらのカフェは10月14日(金)~10月20日(木)

11月1日(火)~11月11日(金)のみの限定オープンとなっています。

(営業時間は10時30分~16時45分)

_mg_7618

ここにあるイスやテーブルはなんとmagmaさんの作品。

実際に座ったりしても楽しめるんですね!

_mg_7608

屋上へ出てみると皆さん巨大な豆電球を覗き込んでいます!

村上史明さんの風景幻燈機です。

一体何が見えるのかは、ご自身でぜひ確かめてください☆

そこに映るのは、もしかしたら本当にこの地で起こった

ある物語かもしれませんよ?

 

 _mg_7658

  次の会場は旧家和楽青少年の家。

 建物の中に入ると、白くてやわらかそうな物体があふれんばかりに

会場からはみ出しています!

こちらはワン・テユさんの作品。

_mg_7664

なんと作品の中に入ってOKだそうで、風船の中にいるような

とても不思議な体験でした。

 

_mg_7699

隣の建物の扉を開けると、おびただしい数の黒い物体が

体育館の床を埋め尽くしています。

こちら、よ~く見ると・・・

_mg_7704

!!

とても繊細なミニチュア・シルエットになっていました!

 _mg_7706

ザドック・ベン=デイヴィッドさんのこの作品はこれだけでは終わりません。

ぜひこの作品を正面から見終わったら、裏からも見てみてください。

感嘆の息が漏れること必至です!

 

 

 続いてバスが向かったのは常陸大子駅前商店街。

作品を見ながら散策するのにちょうどいい大きさの商店街で、

人柄もあたたかかったです♪

_mg_7760

こちらでは東京藝術大学の学生が制作した作品も至る所に

あるので、それらを見つけるのも楽しいですね。

_mg_7731

あら、こんなところにも☆

 _mg_7807

麗潤館ではたくさんの作品を鑑賞することができます。

_mg_7795

こちらは作品表面の仕上げを

奥久慈漆・中国産漆・ウレタン塗装の三種で分けたseccaさんのもの。

近づいて見れば違いが分かるかも!?

_mg_7802

様々な作品がある中で特に驚いたものがこちら!

「干渉する浮遊体」という作品。

この写真、写真だからこの位置にシャボン玉があるわけではありません。

3秒経っても、5秒経っても、この位置に消えるまであり続けます。

はかなく消えるシャボン玉のイメージを打ち破る驚愕の作品でした。

 _mg_7818

大子商店街の中に、一際大きな建物

大子町文化福祉会館「まいん」があります。

_mg_7814

この中にも藝大生の作品がたくさん!

お手洗いも多くありますので、済ませておきたい方は

こちらを利用するといいかもしれませんね。

 

 _mg_7887

商店街散策の余韻を残しながら、次の会場である

旧上岡小学校へ向かいます。

こちらの小学校、見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

旧上岡小学校はNHKドラマ「花子とアン」や「おひさま」の

ロケ地になった場所でもあるんです。

_mg_7835

図書館にはピウス・シギット・クンチョローさんの作品が。

作品から問いかけられ、それをノートに書くのですが、

問いかけの内容に、すっと答えが出てきません。

皆さんはいかがでしょうか?

_mg_7839

 

 

 _mg_7851

茨城デザイン新興協議会さんの作品は、この地で生きる人々と共に

メッセージを作品に託していました。

白黒の写真だからこそ表現できる、文字と写真のアートをご覧ください。

_mg_7862

懐かしい雰囲気の廊下を進むと

ステージ上には黒いしずく型の物体が!

 どういうバランスで自立しているのかしら。

_mg_7866

そのすぐ隣には墨汁を使った漆黒の沼がありました。

なぜそれらは黒いのか。

そこに込められたメッセージを現地で読み解いてみてください。

 

 

大子といったら外せないのは袋田の滝!次は一体

滝でどんなアートに出会えるのでしょう♪

_mg_7893

 駐車場から滝まで少々歩きます。

_mg_7896 滝までのトンネルに入ると・・・!?

な、な、何でしょうか!?この赤く脈動しているかのような管は!

_mg_7899

奥まで続いていますね・・・

_mg_7934

ここに管が密集していて、時折いろいろな色で輝いています。

ジョン・ヘリョンさんの作品で、管のような物体は滝や久慈川の流れを

モチーフにしているのだそう。

なるほど!

袋田の滝はマグマが固まって出来たもの。

この赤はそういうものも表現しているのかしら。

_mg_7907

徐々に明るくなって、滝を見る観曝台が!

何度も見ているはずなのに、このスケールには毎回圧倒されてしまいます。

_mg_7913

ベンチに座ってしばらくボーっと滝の流れを眺めていたい・・・

 

 _mg_7977

いよいよ最後の会場、道の駅常陸大宮かわプラザへ到着しました!

_mg_7972

こちらの入り口を入って、少々分かりづらいですが

右奥のガラスドアから外へ出ます。

_mg_7960

 外へ出ると、そこには奥に久慈川が流れる

パノラマ景色が広がっていました。

 そんな場所に、まるで創建当初からあるかのような自然さで

溶け込んでいたのは、塩谷良太さんの作品。

_mg_7964

悠久の流れによって丸みを帯びた川の石のようなこの作品には

触れて楽しむことが出来ます。

子どもたちもお気に入りのようですね。

 

 

こうして茨城県北芸術祭ダイジェストツアー「山コース」は終了・・・

と言いたいところですが、

帰り道、最初の会場である石沢地区を通ります。

覚えていますか?

こちらは夜でもライトアップされているので

建物の外から作品を見ることができるんですよね。

夜の美しい「moon walk」、バスで通りがかる時はほんの一瞬だけれど、

その一瞬に見える美しい作品をぜひご覧ください。

 

 

最初から最後までとても密度の濃い時間を過ごせた

今回の茨城県北芸術祭ダイジェストツアー「山コース」。

作品を鑑賞するだけではなく、会場になっている場所そのものを

楽しむということも、このツアーの大きなポイントの一つでしょう。
 その場の空気を感じながら作品を鑑賞することが出来るなんて

絶対に他では味わえません!

このブログでご紹介できなかった作品もたくさんあるので、

じっくり全部の作品をツアーにて見つけてみてください。
 編集部Oの、めちゃくちゃオススメ茨城県北芸術祭ダイジェストツアー!
皆さんぜひ参加してみてくださいね!

あなたのアートの概念が変わるかも!?

ダイジェストツアーは11/20(日)まで、土・日・祝日に運行しています。

添乗員同行の昼食付きで大人5,000円(パスポート付)、

大人4,000円(パスポートなし)、

小・中学生4,000円となっています。

コースは「じっくり山コース」、「ときめき海と山コース」、「きらめき海コース」の

3コース!

お申込は近畿日本ツーリスト(株)水戸支店029-225-1015まで

 

↓茨城県北芸術祭ダイジェストツアー詳しい情報&お申込はコチラ↓

http://tabihatsu.jp/special/kenpoku-art-2016/

 

秋のお出かけは茨城県北芸術祭に決まり!

===KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭===

テーマ:「海か、山か、芸術か?」

会期:2016年9月17日(土)~11月20日(日)[65日間]」

開催市町:茨城県北地域6市町
日立市 高萩市 北茨城市 常陸太田市 常陸大宮市 大子町

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭と秋のいばらき観光を楽しもう!いばらき県北エリア満喫ガイド

back to top

茨城県北芸術祭ブログ-旧家和楽青少年の家-KENPOKU ART 2016-


投稿日:2016年10月20日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です。
茨城県北芸術祭、楽しんでますか?
大子町の浅川温泉、常陸太田市の竜神大吊橋で予定されていた
残りの二作品も、ついに公開がはじまりました!
これで、KENPOKU ARTの全展示作品が出揃いましたね。

 

さて、今日わたしが皆さんにレポートするのは、常陸大宮市の旧家和楽青少年の家です。
水戸から大子へ向かう幹線道路、国道118号沿いにあります。

_41a6851

 

この会場では、4名のアーティストが展示。

 

まずは、マシュー・ジェンセンさんの作品「反芻―久慈川にて」からご紹介します。

_41a6867
畳の部屋の中に、地域を上空から撮影した写真が展示されています。
県北エリアの自然を育んできた清流・久慈川の流れを
いつもとは違った目線から見るのは、なんだか新鮮。

_41a6876_41a6879
そして、床にも目線を落としてみてください。
これらは、展示場所周辺の散策から発見されたものなのだとか。

_41a6870

窓の外に見える緑とさし込む光すらも、アートの一部。

 

 

次に紹介するのは、こちら!

_41a6882

ワン・テユさんのNo.85という作品。
空間いっぱいに、バルーンが広がっています。
思わず触れてみたくなっちゃうような、不思議な見た目。ぜひ触れてみてください。
そして・・・外から眺めるだけではなく、中に入ることも可能♪

_41a6888
半透明の素材を通して、外から降り注ぐ優しい光で満たされた白色の空間は
外から見た場所とは違う世界に変貌。
「まるで雲の中を歩いているみたい!」というのが感想。
もちろん、雲の中を歩いたことなんてないのですが、
そういう想像を働かせることができる、未知の体験ができました。

お子さんと楽しんでいる方もいらっしゃったりと、家族で訪れるにもオススメ!

_41a6905

2階からも中の世界をのぞくことができます。

_41a6908

ちなみに、この吹き抜けの天井の配色にもぜひ注目を。
白と青で構成されていてとてもキレイだったので、

これも展示のひとつかと思ったのですが、
実はこの天井は元からこのデザインだったのだとか。

 

屋外の作品もお見逃しなく!

_41a6989

こちらは、タワッシャイ・プンサワッさんの「イレギュラー・テトラへドロン」。
実はこれ、展示場の緯度と経度から軸の傾き、ゆがみを計算して作られている彫刻です。
三角定規の形を基礎に、形作られているそう。
(数学が苦手科目だった私にとっては難しさがある作品でした・・・)

_41a6986_41a6991
角度を変えたりしながら、じいっと見ていると、なんだか不思議な感覚に。
真っ直ぐ立っているはずなのに、傾いている。
傾いているのはこちらなのか、それとも木?それとも・・・
知覚する、という感覚を改めて考えてしまいました。

 

_41a6925
ここは、旧体育館です。
この内部には、大規模な作品が展開されています!

_41a6928_41a6933ザドック・ベン=デイヴィッドさんの「ブラックフィールド」。

床面に砂が配置され、その上には無数の黒色。

近づいて見てみると、それら一本一本は金属で作られた植物でした。

全部でおよそ2万7千本!精緻な形に驚きます。

_41a6943
植物の種類は、約8,000種あるとか。

これだけでもため息の出るような作品なのですが、
この作品の魅力は、これだけではありません。
作品の周囲をぐるりと回って、反対側から見てみてください!

すると・・・

_41a6954

_41a6965

植物の色が、カラフルな色彩に変化!!
はじめて見たとき、感動で思わず歓声を上げてしまいました。
しかもこれらの色は、様々な国の人が色付けしているので、
同じ種類の植物でも、それぞれ色彩が違うのだそうです。

_41a6975
異なる国や環境、文化で育った人間は、誰一人として同じ人は存在しない。
物事は、一面から見ただけでは本質は分かりえない。
つい、主観的にものごとを見てしまいがちですが、
人はみな、多種多様な価値観で生きていて、

世界をひとくくりにすることは出来ないのだなあと考えてしまいました。

 

それから、こちらでは作品制作にも携わっていたサポーターの方に
制作時のエピソードを伺うことができました!
この「ブラックフィールド」のちょうど中央部あたりには、トンボの死骸が落ちています。

_41a6927

実はこのトンボ、作品の制作中にたまたま室内に飛んできて、

ここにポトリと落ちたのだそう。
取り除こうかどうしようか、と話す中で、ザドックさんが
「そのままにしよう」と言ったことで、作品の一部になったらしいのです。
なんて運命的なエピソードなんでしょうか。
もしかしたら、このトンボは無数の世界を飛んで、ここを目指し辿り着いたのかも…
なんて、想像すらめぐらせてしまいます。
予定調和だけでない、偶然の産物も「アート」ですね。

 

 

◎旧家和楽青少年の家◎
茨城県常陸大宮市家和楽161
9:30~16:30 最終入館16:00
※要個別鑑賞券(一般500円、学生・高齢者300円)
作品鑑賞パスポート利用可

 

旧家和楽青少年の家では、下記日程限定で抹茶おもてなしコーナーが登場します!
10月23日(日)
10月30日(日)
11月6日(日)
市内茶道教室の方々による、本格的なお茶を楽しみながら
作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか♪

 

 

===KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭===

テーマ:「海か、山か、芸術か?」

会期:2016年9月17日(土)~11月20日(日)[65日間]

開催市町:茨城県北地域6市町
日立市 高萩市 北茨城市 常陸太田市 常陸大宮市 大子町

 

back to top

茨城県北芸術祭ダイジェストツアー@「きらめき海コース」2016.10.1-KENPOKU ART 2016


投稿日:2016年10月20日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!
今回のブログでは、茨城県北芸術祭ダイジェストツアー

「きらめき海コース」をレポートしたいと思います。

_mg_7202

日立駅に10時に集合し、一番最初の目的地は日立市郷土博物館です。
日立駅から10分ほどなのですぐ到着!

_mg_7204

二階に上がると、何やら石の池のようなものが・・・

イアン・カルロ・ハウシャンさんの「フィールド・クリスタル」という作品だそう。

_mg_7210_mg_7205 こちらのクリスタル、砂の上にあるときは、淡い光を放っていますが、手にとってしまうと光は失われてしまいます。皆さん不思議そうに手にとっていまね。作品に触れられるアート作品はなかなかないので興味深い。しかもLEDライト以外、全てリサイクル可能な素材で出来ているんです。最新の技術と自然、維持可能な素材についての新しい可能性とは?

_mg_7214

次はティファニー・チュンさんの作品です。
こちらは展示会場全体が作品となっており、移り変わっていく日立市の歴史と社会を表しています。

_mg_7215
 また、ベトナム戦争後の映像を併置することで、世界とつながっていることを意識させられました。

 

_mg_7224次に向かったのはパワースポットとして有名な御岩神社。
こちらはなんと188体の神様がいらっしゃるという、なんかもうこれを聞いただけでご利益がありそうな、霊験あらたかな場所です。

_mg_7234 杉林の参道を上へ上へと登っていくと、頂上近くに何かきらめいている物が・・・!
森山茜さんの作品です。

_mg_7225 やさしく光を反射しながら、ひらひらと頭上はるかに「ある」様子は、

神々しささえ感じます。
皆さん、感嘆の息をもらしていますねぇ。

すぐ隣の拝殿にも作品があるそうなのですが、はて?

 どこにあるのか辺りをきょろきょろ探してみると、ありました!

岡村美紀さんの作品です。

_mg_7240 ダイナミックに天井に龍が描かれています!
まるで、大昔からそこに描かれていたかのような風格で、参拝者を力強い眼差しで見つめていました。

わたくし、何かこちらの御岩神社にはビンビン感じるものがありまして(気のせい!?)、
思わずお守りを買ってしまいました(笑)

 

御岩神社を出発する道中ではお弁当が配られ、次の場所まで50分程かかるとの事でしたが、まったく気になりませんでしたね~。

とても上手く時間配分も組まれているのだなぁと、

お弁当に舌鼓を打ちながら関心してしまいました。

実はこの日、朝はけっこう強い雨だったのですが、

ツアー中は見事やみましたヨ!

_mg_7249 そんな奇跡の太陽が照らすなか、高浜海岸まで海に向かって歩いていくと、な~んか違和感が・・・。

_mg_7251 テトラポッドが、なんか違う!!
ニティパク・サムセンさんの作品で、カラフルなビニール素材で出来ているんですって!

_mg_7267

隣の砂浜にある、まるで砂の上に空が落ちてきたかのような作品はイリヤ&エミリア・カバコフさんのもの。
砂浜の上にポンと青空がある様子は、まるで物語の世界のよう!
少し遠目で鑑賞すると

作品、海、空の青色を見比べる楽しさもあると思います。

_mg_7261 また、会場が海岸ということもあり、皆さん海辺まで行って写真を撮ったり楽しんでいらっしゃいました♪

 

_mg_7286

高戸海岸からほんの10分ほどで、

次の会場である「穂積家住宅」に到着です。
穂積家住宅は江戸時代の豪農の邸宅として建てられた、茨城県指定文化財として有名です。

_mg_7273

まずは庭園を散策してみると、

なにやら不思議な形状のものが光り輝いています。

_mg_7277_mg_7280 伊藤公象さんの「多軟面体」と呼ばれる陶造形で、光の強さや角度によって様々な表情を見せてくれます。

_mg_7284あら、こんなところにも!

 

_mg_7292

穂積家住宅の二階に上がると、ちょっとおどろおどろしい空間が・・・。
まるで何かの儀式に使うような展示物がズラリ!

_mg_7294 世界の神話や民話の要素に深い関心を寄せるサンドリーヌ・ルケさんが、県北地域をまわって入手した様々なものを通して
この土地ならではの「部屋」を作り上げたそうですよ!

_mg_7297そのすぐ下の展示スペースは、なんと真っ暗!
よく目を凝らすと、一輪の花が小山の上に咲いていました。

こちらの花は上野雄次さんの作品で、なんと3Dプリンターで出力されたものなんです。
伝統的な穂積家住宅と、最先端科学が融合した「いけばな」のような作品です。

_mg_7301ちなみに住宅の一階は、ただいま期間限定レストラン

「萩の茶屋」としてオープンしています!
常陸牛を中心として、茨城県が誇る美味しいお肉を贅沢に

美味しく調理した料理がずらりと並びます。
特に注目なのは、この茨城県北芸術祭のために用意された

『県北アート限定プレート』なので、作品鑑賞後に
ぜひ立ち寄ってみたいですね。
また、今年は青山にレストランを持つ

≪HATAKE AOYAMA≫オーナーシェフ
神保佳永氏プロデュースの花貫フルーツほおずきの

特別スイーツが提供されますよ。

 

穂積家はまだまだ続きます。こちらは敷地内にある農具小屋。
入り口からもチラチラみえる針金らしきものは一体?

_mg_7305 天井から金属製の紐がカーテンのように垂れ下がっています!
最初はなんだか形がグネグネしているだけかと思いきや、よく見ると・・・!

_mg_7308 顔がある~~~!!
スマイルちゃんを見つけて、思わずこちらもにっこり♪ご家族で来られた方は、お子さんと一緒に顔を探してみると面白いでしょう。

_mg_7314バスに乗り込む前に、

添乗員さんおすすめのアイスがあるということでこちらのお店に。

_mg_7319 その名も「ほおずきアイス」!ほおずきって、

人生で食べた記憶が無いに等しいのですが(汗)
こちら、穂積家のある高萩市は「フルーツほおずき」で有名なんですって!
気になるアイスの味は、チーズケーキの様でもあるのですが、全くしつこくなく爽やか。ほおずきのプチプチ種が入っていてクセになりそう☆どんな色・形なのかは、実際に食べて確かめてみてくださいね☆

 

次に向かったのは「茨城県天心記念五浦美術館」。海コースで特に人気が高いとウワサの、チームラボさんの作品がある会場です。

チームラボさんの会場は暗闇で、その中に様々なデジタルアートが並びます。ここは作品に支障が出てしまうためフラッシュ撮影は禁止。写真を撮る際は、皆さんお気をつけて。

 

最初の作品は茶席の中で、お茶をたてると茶碗の中に花が咲きます。・・・という写真をお届けしたかったのですが、
私の技術不足により写真に上手く収めることが出来ず(泣)
皆様、ぜひご自身で体験してみてください!自分の動きに合わせて映像が変化する様は感動必至!

_mg_7337_mg_7328続く部屋には大きなデジタルアートが。ずっと見ていられるくらい幻想的。

_mg_7342皆さん怪しい人々に見えますが、こちらではゴーグルと特殊な装置を使って、自分でデジタルアートを描いているんですよ。
人気コーナーなので、空いていたら迷わずやってみて!

_mg_7348

こちらは漢字を触ろうとすると画面に変化が現れます。

_mg_7352

大きい作品ですね~。ひと会場まるまる、一つの作品になっています。

 

_mg_7366暗闇の会場を抜けると、お土産コーナー。なんだかホッとしますね。
あ、ここでも海と山に分かれてる!それぞれ何があるか覗くだけでも楽しい♪

_mg_7375個人的にとても気になったのはこちらです。県北芸術祭公式チロルチョコ!かわいすぎる~~!

 

次の会場は五浦美術館出てすぐ、六角堂に到着しました。

_mg_7377 園庭に下りていくと、ん?

庭のど真ん中に明らかに異彩を放つ銀色の物体が!

_mg_7379 こちらはジャン・ワンさんの作品。現代風のメタリック岩が、天心の庭をどう変化させるのか、アートの力を感じます。

_mg_7384急な石段を下りれば、そこには六角堂が。一見、なんのアート作品も無いようなのですが・・・

ちょちょちょっ!もしかしてこれ!?

_mg_7389

これは解説の看板がないと見逃してしまうかも!

彫刻で有名な須田悦弘さんの作品でした。

_mg_7390 本物の草のようですが、実は木の彫刻なんですよ。気づくとそこにひっそりとたたずんでいる様子は、自然や生活と調和する美しさを表現しているかのようです。それにしてもリアル!

 

いよいよダイジェストツアー最後の会場、「日立シビックセンター」へ。
黄昏時の中、シビックセンターに入り案内されたのは9階のプラネタリウム。
なんとここで最後の作品を鑑賞するんです!プラネタリウムなんて本当に久しぶりで、ワクワクしてしまいました。
上映の様子は文字でしかお伝えできませんが、背もたれをグッと後ろまで倒して仰ぎ見る作品たちは、すごい迫力です!
個人的に榊原澄人さんの「Solitarium」が、美しいが恐ろしくもある私たちの世界を、巧みに表現し、考えさせられる作品でしたね。

茨城県北芸術祭ダイジェストツアーは、シビックセンターの上映をもって解散となります。

_mg_7408 その後お時間があれば、シビックセンターを出てすぐにテア・マキパーさんの作品もありますので、どうぞこちらもご鑑賞あれ!日立駅からすぐなので、10時の集合前に見に行ってもいいかもしれません。

 

こうして無事終了した茨城県北芸術祭ダイジェストツアー。

まるで壁のない美術館をたくさん巡っているよう!

こんな体験は初めてでした!
 その場の空気を感じながら作品を鑑賞することが出来るなんて

絶対に他では味わえません!
編集部Oの、めちゃくちゃオススメ茨城県北芸術祭ダイジェストツアー!
皆さんぜひ参加してみてくださいね!

あなたのアートの概念が変わるかも!?

ダイジェストツアーは11/20(日)まで、土・日・祝日に運行しています。

添乗員同行の昼食付きで大人5,000円(パスポート付)、

大人4,000円(パスポートなし)、

小・中学生4,000円となっています。

コースは「じっくり山コース」、「ときめき海と山コース」、「きらめき海コース」の3コース!

お申込は近畿日本ツーリスト(株)水戸支店029-225-1015まで

 

↓茨城県北芸術祭ダイジェストツアー詳しい情報&お申込はコチラ↓

http://tabihatsu.jp/special/kenpoku-art-2016/

 

 

秋のお出かけは茨城県北芸術祭に決まり!

===KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭===

テーマ:「海か、山か、芸術か?」

会期:2016年9月17日(土)~11月20日(日)[65日間]」

開催市町:茨城県北地域6市町
日立市 高萩市 北茨城市 常陸太田市 常陸大宮市 大子町

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭と秋のいばらき観光を楽しもう!いばらき県北エリア満喫ガイド

茨城県北芸術祭ダイジェストツアーの募集開始!!

back to top

国営ひたち海浜公園・コキアの見頃は10月23日まで!


投稿日:2016年10月20日   投稿者:観光いばらき特派員

みなさん、こんにちは~!!!

観光いばらき編集部のともみです♪

今回、秋に真っ赤に色づく、ふわふわの草「コキア」が

見頃を迎えたと聞きつけ

国営ひたち海浜公園にいってきました!

 

 

 

国営ひたち海浜公園では

10月23日(日)まで

「きて みて さわって コキアカーニバル」を開催中!

 

kokia

 

 

このイベントの主役である

「コキア」は、1年草で、成長とともに大きさや色を変えていく不思議な草。

緑色 → 赤色 → 金色 に変身していきます。

形がまんまるでとってもかわいらしい♪

 

 

_mg_7998

 

 

 

 

 

 

32,000本のコキアが咲き誇る、

国営ひたち海浜公園内の”みはらしの丘”の

現在(10月19日)の様子は・・・・・

 

 

 

 

 

_mg_8012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こ~んな感じでした♪

コキアが一斉に真っ赤に色づき、みはらしの丘を真っ赤に染めております!

今年は去年よりすこし遅れて見頃がやってきました!!

 

 

 

会場内には、団体さんや、ご家族、友人同士、カップル・・・と

多くの人が、朝からどっと会場に押し寄せておりました!

 

(開園は9時半で、この写真は10月19日10時頃の写真!)

 

_mg_8018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来場者のみなさんは、それぞれの方法で

コキアとの撮影を楽しんでいました。

例えば、、、

 

 

自撮り棒を活用して2人での撮影を楽しむカップル♪

 

 

_mg_8049

 

おふたりは神奈川県横須賀市から3時間かけていらっしゃいました!

彼女が一生懸命、公式HPの情報を毎日毎日チェックしたおかげで

見頃の時期を逃さずこれたそうです♪

 

 

 

次は

お互いにカメラを持参して撮影を楽しむ姉妹♪

 

 

_mg_8053

 

 

おふたりの実家は水戸にあり、東京都から駆けつけて

家族で海浜公園に遊びに来たそうです!

 

 

他に、会場内には

「ウォークインスペース」を設けられており

_mg_8039

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コキアシーズン限定のフォトパネル

(ふんわり&もこ太のフォトパネル)

を使っての撮影や・・・

 

 

(カメラスタンドにカメラをセットして・・・)

_mg_8034

 

 

 

 

 

(こんな感じに撮れます!)

_mg_8038

 

 

 

コキアとコキアの間に入っての撮影も楽しめます♪

 

 

_mg_8042

 

 

 

ここでは、コキアとコキアの間に入って

歩いたり、

さわったり、

記念撮影をすることができます。

 

奥さんとワンちゃんを、カメラを持った旦那さんが撮影しているところに声をかけて撮影させていただきました!

 

ハイ、ポーズ☆

 

 

_mg_8041

みなさんは栃木県から来たそうです!

今年で三回目というコキアカーニバルのリピーターさん♪

ちなみにワンちゃんの洋服はコキアをイメージした赤色!

ネモフィラのシーズンは青色の洋服を着せて会場に来たそうです!!

 

「ウォークインスペース」はみはらしの丘のふもとにある

みはらし広場付近にあります!

 

 

 

 

 

撮影以外にも独自の楽しみ方をしている方に遭遇しました!

 

 

_mg_8079ご婦人は、よく海浜公園に遊びに来て、

咲いている花を撮影し

その花に合う詩をつけて

ハガキにしているそうです!!

自分で撮影したコキアをハガキ出来たら・・・

素敵ですよねっ♪

みなさんも素敵なコキアの楽しみ方をみつけられますようにっ♪

 

 

 

 

 

(撮影にご協力いただいた皆様ありがとうございました!)

 

 

 

 

 

 イベント期間中は

特別「グルメ」も楽しめます!

 

こちらは10月末まで数量限定販売の

「はなまるコキア弁当」(1,080円)

_mg_8084

緑色 → 赤色 → 金色 に色がかわるまんまるのコキアを

イメージして作られたかわいらしいお弁当♪

食材は全て茨城県産です!

_mg_8085

店員さんによると、

13時~13時半頃に売り切れてしまうこともあるそうなので

早めにGETがオススメです!!

 

 

 

 

続いて「コキア」のソフトクリーム♪

_mg_8090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ赤に紅葉してコキアをイメージした

クランベリー風味のソフトクリームです!

お味は酸味は控えめで

やさしい甘さのソフトクリームでした

(個人的に「さくらんぼの詩」を思わせる味わいでした!)

なかなかお目にかかれない珍しいフレーバーですよね!

 

ソフトクリームは

バニラ・ミックス・コキアの三種類(全て300円)

ぜひ限定「グルメ」も楽しんでね♪

 

 

最後にコキア以外の見頃を迎えている花々を紹介!

コスモスや、ソバが咲き誇っておりました!!

 

(ソバ・みはらしの里)

 

_mg_8061

(ソバの花)

_mg_8063

 

 

 

 

 

 

 

(コスモス・みはらしの丘)

 

_mg_8056

(コスモスの花)

_mg_8067

 

 

 

特にコスモスがとっても綺麗でした~♪

 

撮影中、蜂にも遭遇!

_mg_8028

 

自然の中っていろんな生き物との出逢いも

面白いですよね♪

 

 

 

コキアの見頃は今週いっぱい(10月23日)と言われていますので、ぜひぜひ駆けつけてください!

 

 

また、紅葉(赤色のコキア)が終わった後も、

見頃とはまた違った金色に輝くコキアがみられます。

10月末からは、茨城バラ祭りも始まるので

合わせてお楽しみください!!

 

 

 

最後まで読んでくれた皆様にお徳な情報!!!!

「きて みて さわって コキアカーニバル」

最終日の10月23日(日)は

入場無料!!!!!!

しかも

■海浜公園ケータリングカーDays(10月22日、23日開催)

■ひたちなかフェスタ2016

■ひたちなかコンサート

■いばらき都市緑化フェスティバル

、、、とイベント盛りだくさんなんです♪

 

 

海浜公園スタッフのIさんのおすすめイベントは・・・

 

■海浜公園ケータリングカーDays(10月22日、23日開催)

20161020082655_00001

 

園内で大人気のケータリングカーが年に一度の勢ぞろいするイベントです♪

Iさんが美味しすぎて、思わず2個食べたという

スペアリブのほか、美味しいものが大集合するので

ぜひご堪能あれ!!!!!

===========================

きて みて さわって コキアカーニバル

期間:~10月23日(日)<<只今見頃>>
場所:国営ひたち海浜公園

<入園料金>
年齢                      一般            団体
大人(15歳以上)        410円          290円
シルバー(65歳以上)  210円          210円
小人(小中学生)        80円           50円

<駐車料金>
車種          料金           年間パスポート提示での割引料金
大型車       1,550円     -
普通車        510円          410円
二輪車        260円          210円

===========================

back to top