茨城県北芸術祭ブログ-開会式編2016.9.17.-kenpokuart


投稿日:2016年09月17日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です。
ついに、本日より茨城県北芸術祭が開幕いたしました!
昨日の前夜祭に引き続き、開会式に行ってきました。
会場は、北茨城市の、茨城県五浦天心記念美術館。

昨日のプレスバスツアーでも訪れた、

チームラボとミトゥ・センさんの作品が展示されている場所です。

 

_41a6001

開会式には、橋本知事、南條総合ディレクター、

県北6市町の首長をはじめ、参加アーティストや関係者が集いました。
そうそうたる顔ぶれに少し緊張しました…

 

はじめに、主催者の橋本昌知事、総合ディレクターの南條さん、

アーティストを代表してチームラボの猪子さんからの挨拶が。

 

9p8iz_yd
「海側の太平洋、山側の八溝山、食、名所、様々なよいものがあるこの地域で、

アートを感じられたらどんなに素晴らしいだろう?

そう考えて、始まった企画です。

地域の活性化のために、文化を活かして多くの方によろこんでもらえるように…。

また、ここ北茨城は東日本大震災の被災地。

ですが皆さんの応援のおかげでこうして立ち直ったことも知ってほしいし、

ぜひ見ていただきたいと思います。

本芸術祭成功のためには、きてくださった皆さんへのおもてなしも大切。

地域の皆さんも一体となって、おもてなしに

一生懸命に取り組んでくれている姿に感動しました」(橋本知事)

 

「2年近く前に橋本知事からこのお話を頂きました。

実際に県北エリアに来てみたら、とても素晴らしい場所。

 

ここで芸術祭をやったら、とてもユニークなものになるのでは…。そう感じました。

この6市町の面積は、東京都23区の約2.7倍もの広大な面積。

おそらく日本国内で最大、世界中でも最大級の芸術祭なのではないか?と話しています。

本芸術祭の作品は、

・スケールの大きな、自然と対話する作品

・デジタルテクノロジーやバイオテクノロジーといった最新の現代アート作品

・コミュニティ型の作品

という三種に大別できます。

芸術のプラットフォームを通じて、県北エリアの活性化や、

認知度アップに繋げたいです」(総合ディレクター・南條史生さん)

「岡倉天心が残した”茶の本”からイメージして、新しい作品を考えました。

新しい分野の作品を見ながら、過去の先人たちの美に想いを馳せてもらえたら…と思います」

(チームラボ代表・猪子さん)

 

_41a6052

「いよいよスタートだな、という気持ちです。

はじめ、この芸術祭の話を聞いたときには大規模なイベントに反対、不安、心配がありました。

ですが、南條さんとお会いしてお話して、この方ならお任せできると確信しました。
北茨城市のおもてなしは、県内でも一番だと信じています。

この素晴らしい土地、先人が残してくれたものを受け継いでいきたい…

そのひとつとして、この芸術祭が行われるのでしょう。
岡倉天心の没後、東洋のバルビゾンと呼ばれたこの場所を舞台に開催したことは、

天心先生もきっと天から”よくやった”と言ってくれているのではないかと思います」

(豊田北茨城市長)

 

そして、開会式内では、

芸術祭のテーマソングを担当したやくしまるえつこさんからのメッセージ、
文化庁長官・宮田亮平さんからのビデオメッセージも流れました!

ちなみに、やくしまるえつこさんの楽曲「わたしは人類」は、

昨日よりApple Music & iTunes Storeで先行配信されています。
県北エリアで採取したシアノバクテリアの一種・シネココッカスの

DNAの塩基配列を組み込んだ楽曲を制作するという試み。

さらに、出来上がった楽曲からDNAを再度合成して

微生物の染色体に組み込んだ……とのこと。

つまり、世界ではじめて、音楽をDNAに組み込んだ微生物が誕生したのです!
今芸術祭のテーマのひとつでもある、バイオアートですね。
やくしまるえつこさんも、コメントの中で「よくわからないですか?」と言っていましたが……

難しいことは置いておいて、まずは曲をきいてみてください!

バクテリアの塩基配列から、こんな素敵な曲が生まれるなんて、

なんだか面白いと思いませんか??

 

_41a6062

さて、テープカットを行ったあとは、

知事をはじめ、皆さんで美術館内の作品を見学しました。

 

_41a6073

チームラボの展示「小さき無限に咲く花の、かそけき今を思うなりけり」

入室してはじめに出会うのが、今回の新作

「小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」。

作品については、昨日のプレスツアーブログを参照ください♪

 

_41a6084

_41a6100

お茶の中に開くお花。

橋本知事も、このアートを体験!

お茶の中に咲いたお花ごとお茶を飲むと、お花は散ってしまいます…

が、またお茶をたてると、そこには新たなお花が♪

さっきとは違った花が咲いたことに、知事も興味津々!

お茶の先生がいないときは、茶碗が置いてあり

そこに咲く花を見ることができるそうです。

ちなみに、花が咲いたらその器をずらすと

咲いていたお花が散り、椀の中にまた新しく花が咲きます。

_41a6230

ぜひ、お試しあれ!

 

_41a6176

影に触れると変化するアートや、

書とコラボしたグラフィック、一刻一秒ごとに変化し続けるアートなどなど・・・

最新鋭のVRを実験的に活用した、異次元のアートを鑑賞・参加出来る

「空書 円相、無限相」も体験。

 

_41a6140

知事や皆さんも驚きの連続だったデジタルアート、

皆さんもぜひ、体験してみてくださいね!

_41a6189

 

開会式を終えて外に出ると、開場をいまかいまかと待っている皆さんがいました。

列の先頭のご夫婦は、日立からこの会場を見にいらしたとのこと♪

きっと楽しんでいただけたことと思います。

_41a6268

 

本日から開幕の、茨城県北芸術祭!

観光いばらき編集部は、これからも続々レポートを更新していきますので

お楽しみに!

 

 

 

back to top

茨城県北芸術祭ブログ-海側プレスバスツアー編2016.9.16.-kenpokuart


投稿日:2016年09月16日   投稿者:観光いばらき特派員

 

こんにちは!観光いばらき編集部のともみです!!

明日(9/17)から11月20日まで行われる

KENPOKU茨城県北芸術祭2016」のプレスバスツアーで

海側の会場をまわってきました!!

 

(改めまして)KENPOKU茨城県北芸術祭2016

東京都、約2.7倍の茨城県北地域の6市町村で開催される

国内最大級の芸術祭

 

■総参加アーティスト「85組」

■作品数「約100点」

■世界で活躍する「国際的アーティスト」が大集合

■ここでしか体感できない「インスタレーション」

 

そんな注目度10000%のイベントです!!!

 

まずは日立市の「御岩神社」へ。

(パワースポットとして人気の場所ですよね)

森山茜さん、岡村美紀さんの作品が飾られている会場です。

 

現地に着いて待っていたのは・・・

 

茨城県北芸術祭総合ディレクターの「南條史生」さん!!!

 

「いよいよ第一回目が開催します。今回に続き、2回、3回と続くイベントにしていきたいです」と語ってくれました。

 

 

続いてアーティストの森山さんが登場。

 

森山さんの作品がある場所まで移動・・・

 

作品を楽しむ途中の道でも自然の豊かさを存分に感じることが

できるのも、県北芸術祭ならでは♪

自然の中を歩いていくので(でこぼこ道、ぬかるみ道など)

スニーカーがおすすめです!

 

 

 

歩いていくと、、、、、

あらわれてきました!!!

 

001_2
森山さんは御岩神社の長い歴史と自然の豊かさに惹かれてこの場所に作品を作ろうと思ったそうです。

御岩神社の地形の特長は山の上から下にかけて風が吹くこと。

その風を受けて、表情を変える薄さ1mm以下のオーロラフィルムを作成しました。

森山さんの作品は20×20cmのオーロラフィルム(プラスチック)を約6千枚ホチキスでつなぎ合わせて作られています。
大きさは縦3m×横3m×奥行き24m。

オススメ来場時間は8時と14時頃。
日差しに照らされた時、緑やピンクに色を変えて輝く様子が楽しめます。

001
御岩神社に集まる光、風、植物たちの普段はあまり感じることのできないささやきを感じれる、ここでしか生まれない芸術作品をお楽しみに♪

 

会期中、9月17日(土)~21日(水)にいけば、森山さんに会えるかも!?

 

 

 

続いて、岡村さんの作品はどこにあるのかというと・・・

境内にある大日如来・阿弥陀如来像が祀られた斎神社の天井!

見上げると、自分の下に龍が。そしてその下には茨城の地形が。

山は御岩山を描いたそうです。
002_2
作品をつくるときに重視したのは、この場所に馴染むことと、現代をどう取り入れるか。

 

「あれ?この絵いつからあったっけ?」と地元民に思われる、

そのくらい馴染むように素材や描きかたを工夫したそうです。

 

002

 

「この絵、いつ描かれたものだと思うだろう!?」と

ぜひ考えてみてください!

 

 

(ちなみに、普段はお目にかかれない

「大日如来坐像」が

期間中の日祭日に限り”特別開帳”されます!)

 

 

 

 

次は一時間ほど移動して

北茨城市の「茨城県天心記念五浦美術館」へ。

(有名な岡倉天心が愛した美しい自然が広がる場所です)

 

この会場には、チームラボやミトゥ・センさんの作品があります。

 

会場につくと通路にミトゥ・センさんの作品が。

描かれた作品を縁組(譲渡)できるそう。

 

003_3

 

 

 

 

 

 

会場を奥にチームラボ作品があります。

 

会場の中には、和と美学をテーマにした8作品が展示されています。

一番最初は、天心のから発想した新作!

「小さき無限に咲く花の、かそけき今を思うなりけり」

 

003

お茶を点てると中に花が咲きます。

 

003_2

お茶の動きにあわせて、ゆらゆらお茶を飲むと、色鮮やかに散る花びら

 

花は、会期中(9月~11月)に咲く

菊やコスモスなど約10種類を採用しています

 

この作品は日曜・祝日限定で体験(500円)が可能!

体験したい人は当日、美術館内インフォメーションカウンターにて

整理券をGET!!

 

☆詳しくはWEBをチェック☆

 

 

他に

命という字をモチーフにして、約4分半の中で四季を描いた作品

陰に反応して字が吸い込まれていく作品

視覚、聴覚を刺激されて、異世界にいくような体験ができる作品

などとにかく「おもしろ~~~~~い」作品が待っています!

 

003_1

進化したアートと和のコラボレーションに心打たれること

間違いなしです!!!!!!

 

 

 

次に、30分程移動して

高萩市の「高戸海岸」に。

この会場には、イリヤ&エミリア・カバコフさん、二ティパク・サムセンさんの作品が飾られています。

 

ザブ~ン・・・・と静かに波の音が聞こえる海岸に

 

ふたつの不思議なものが。

005

 

まずは、イリヤ&エミリア・カバコフさんの「落ちてきた空」

 

「昔、ある航空マニアの、部屋全体に空の絵の描かれていた建物が、台風によって吹き飛ばされた」と説明が・・・。

本当!?どうやって台風によって吹き飛ばれるんだ?どうやってこんな風に突き刺さるの!?と「非現実的」なような目の前の作品を「現実」として考えているとすっかりこの作品のとりこに。

 

なんで?どうして?と海が目の前に広がるゆったりとした会場で

ぜひ、自分の中で、その場にいる人と感じたこと、考えたことを

ぜひ語りあってみてください。

 

 

海岸にあわられた不思議なものふたつめ。

 

この作品は作者の二ティパク・サムセンさんが

日本に来たときに「テトラポット」ってなんだ!?と思ったことが

きっかけで生まれました。

 

無機質で人を寄せつけないテトラポットを全く逆のものにしよう!

と生まれたのが、高戸海岸にあわられたカラフルなテトラポット。

 

ぜひ浜にあるカラフルなテトラポットを触ってみてください。

ざらざら、ごつごつで無機質なイメージのテトラポットが・・・

ぷにぷにした不思議な触感に・・・

 

思わず近づきたくなる作品に、ぜひ思うまま近づいてみて!

 

 

最後は日立市に戻ってきて

「日立シビックセンター」に!!!

和田永さんのほか6名のアーティストによる作品の会場になっています。

 

 

和田さんの

古い電子機器を使って、音楽を生み出す作品や

(こちらは11月19日にコンサートを開催予定!!)

 

006

 

米谷健+ジュリアさんの

「ウランガラス」で出来た不気味に美しく光るシャンデリアの作品

007

 

 

テア・マキパーさんの

「ノアの箱舟」をイメージしてつくられたバスに植物やうさぎや鶏などの動物が共存している作品「ノアのバス」

 

008

 

 

ほかにも3つの作品が合わさったプラネタリウム作品もあるので

お楽しみくださいねっ♪

 

 

とっても楽しかったプレスバスツアーこれにて終了~!!!!!

 

でも今日はこれで終わらない!!!!!

 

プレスバスツアーのあとには

 

レセプション(パーティー)が♪

 

その会場にもすこしお邪魔してきました♪♪

 

 

会場には

アーティスト約80組

橋本昌知事や

総合ディレクター 南條史生さん

タイ王国文化省事務次官 アピナン・ポーサヤーナンさん

などGIBメンバーが勢ぞろい!!!!!

 

009

 

橋本知事からは

「これから茨城県北地域は紅葉がとても綺麗なので、紅葉を楽しみつつ芸術作品を楽しんでほしい。」と明日からの開催に向けて

ご挨拶がありました。

 

また、南城さんからは

「2年前に橋本知事からこのイベントの話を持ちかけられました。とうとう明日、本番がくると気持ちが高まっています。私の好きなスポットは北茨城市と五浦海岸、大子町の里山地域。素晴らしい茨城の自然、その地域の料理もゆっくり楽しんでほしい。県内の人は毎週のように、県外の人は2泊3日(無理な人は1泊2日)でゆっくりと楽しんでほしい。そしてアーティストたちや作品に触れることで、いろんな創造性を広げていってほしい。」と語ってくれました。

 

 

さぁ!いよいよ明日スタートの県北芸術祭!!!

 

===KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭===

テーマ:「海か、山か、芸術か?」

会期:2016年9月17日(土)~11月20日(日)[65日間]」

開催市町:茨城県北地域6市町
日立市 高萩市 北茨城市 常陸太田市 常陸大宮市 大子町

====================

 

県内外の皆様、芸術の秋を茨城で大満喫しましょっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

back to top

茨城県北芸術祭ブログ-北澤潤@鯨ケ丘商店街 2016.9.15.-kenpokuart


投稿日:2016年09月16日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です!

前回の原さんに続いて、今回も常陸太田市鯨ケ丘商店街をレポートしたいと思います。

 

鯨ケ丘商店街は、ぐるりと円を描くようになった通りになっていて、

常陸太田駅から進んで左側の通りが「西町」、右側の通りが「東町」と呼ばれています。

西町側には、梅津会館や旧オーベルジーヌが。

_mg_4641

_mg_4646

そして、東町側には前回の原さんの制作拠点・旧亀宗のほか、

北澤潤さんの展開する「リビングルーム鯨ケ丘」があります!

20160915192846_00001

 

ここは、鯨ケ丘にあった旧衣料品店「こうわ」。

芸術祭の開幕よりひと足早く、9月10日からオープンしていたそうです!

img_0028

_mg_4688

真っ白に塗られた室内は、名前の通りまさにリビングルーム。

運営している「店員」さんや、地域の人々が思い思いにくつろいでいました。

_mg_4681

「ここは誰でも自由に入ってもらって、自由に過ごしてもらえる場所なんです。

だって、リビングルームですから♪」

と、店員さんに招かれて、私もお邪魔してみました!

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88

店内に置かれているものひとつひとつには、こんな風にメモが貼られています。

日付と、品物についてのコメントが書かれているみたいです。

実はここにあるものは、街なかから集めてきたものだったり、

誰かが持ってきたものだったり。

そして、何かを持ってきたら、ここにあるものどれかと交換することができるのです!

 

持ってくるものに決まりはありませんが、リビングルームなので

「こんなものがあったら嬉しいな」と求めているものがあるみたいです。

_mg_4684

例えば、みんなで遊べるゲーム。くつろげるソファ。音楽で盛り上がれるスピーカー。

集まって食事ができるちゃぶ台などなど・・・

 

なんと!このプロジェクトを発案した、北澤さんにお会いできました!

img_0030

実はわたし、北澤さんとお会いしたのは二度目なんです。

昨年末に常陸大宮市で開催された、県北芸術祭のプレイベント・ワークショップでした。

 

海外で活動されている北澤さんは、数日後には戻られるそうで、

たまたまお会いできて本当にラッキー!

「会期中は来られるかまだわからないですが、

できればまた様子を見に来たいと思っています」

とお話してくださいました。

 

_mg_4664

奥に置かれていたソファに座り「この席、気に入ったなあ~」と話す北澤さん。

リビングルーム全体を見渡せる場所です♪

 

このリビングルームの面白いところは、日々変化していくこと。

昨日まであったものがなくなって、代わりに別のものが置かれていくのです。

「地域によって特徴が出るんですよ。常陸太田は歴史のある町だから、

歴史を感じるものが多いかもしれないです」

確かに、そうかもしれません!

年代物のオルガンや、年季の入ったカルタなどもありました。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88b

 

リビングルームの中で、私が気になったものは・・・こちら!

お向かいのラーメン店「昇龍」のご主人が持ってきたお鍋です♪

_mg_4687

昇龍のラーメン、個人的にオススメなので、ここへ来たならぜひ立ち寄って頂きたいです!

_mg_4652

_mg_4659

 

奥の壁には、鯨ケ丘を中心とした常陸太田市の地図が描かれています。

物の写真がピン留めされている場所は、元の持ち主のお住まい。

_mg_4671

中央赤のしるしが、ここリビングルームです。

今はまだ始まったばかりで、鯨ケ丘周辺から持ち寄られたものが多いですが、

このマップもだんだんと変化していくのでしょう。

 

会期中に、このリビングルームはどんな姿になっていくのでしょうか?

なんだかとっても気になるので、また様子を見に来たいと思います。

そして次に来るときは、「リビングにあったらいいなあ」と思うものを私も持参します!

_mg_4662

 

ちなみに、観光いばらきでは茨城県北芸術祭と一緒に楽しむモデルコースを公開しました♪

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/kenpoku-tours.html

常陸太田市コースでは、鯨ケ丘の楽しみ方も提案しています。ぜひ、ご覧下さい!

 

 

 

 

 

back to top

茨城県北芸術祭ブログ-原高史@鯨ケ丘商店街 2016.9.15.-kenpokuart


投稿日:2016年09月16日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です!

さあ、ついに茨城県北芸術祭の開幕が迫ってまいりました。

本日、行ってきたのは、わたしのホームタウン常陸太田市です♪

常陸太田市内では、7エリアで展示が開催される予定です。

その中で、今回は「鯨ケ丘商店街」へ行ってきました!

常陸太田駅から商店街へと上がっていくと・・・

 

_mg_4620

おおっ!?

町中に、ピンクの窓が出現しています。

これは、原高史さんの「サインズ オブ メモリー2016:鯨ケ丘のピンクの窓」というプロジェクト。

鯨ケ丘商店街(東町・西町)一帯を舞台に行われています。

_mg_4632

商店街のシンボル・梅津会館もピンク色に!

この中でも展示が行われます。

_mg_4656

_mg_4593

それぞれの建物の窓の形に貼られた、蛍光色のピンク色。

よく見ると、何かが書いてありました。

_mg_4596

_mg_4618

一軒一軒、一枚一枚異なる言葉。そしてイラスト。

これは・・・ここに住む方の言葉でしょうか?

興味深く見ながら町を歩いていると、看板の制作を行っている建物を発見!

_mg_4739

中に入ってみると、まさにピンクの看板を制作している真っ最中でした。

_mg_4733

 

_mg_4731

こちらが、アーティストの原さんです!

お忙しいところでしたが、快く取材にご協力していただけました。

町の中で見かけたパネルに書かれていた言葉について聞いてみると、

「一軒一軒、住んでいる方ひとりひとりにインタビューをして、

その中から印象深かった言葉をピックアップして制作しています」

とのこと。

それぞれの家に掲げられている言葉は、住む方の言葉なんですね。

中には、町の歴史についてや、特徴などが分かるようなキーワードもあります。

 

「言葉と一緒に、連想されたイラストも描いて、

一枚一枚、こうやって手作業で作っています。

制作したらそれぞれ皆さんに確認してもらって、掲示です」

 

大学で教鞭を取っている原さん。

今回は、学生たち、そして協力してくれている町の方と共に

制作を展開しているそうです。

 

「はじめは、町の皆さんも”なにをしているんだろう?”と首をかしげていましたが

今ではありがたいことに”うちもやってほしい”という声が集まっていて、

まだ追いついていないんですよ」

まさに、制作の佳境です。

_mg_4625

 

こんな歴史を感じる建物に、真っピンクの窓だなんて

なんだかとってもミスマッチな光景ですが・・・

これがまた、目を引いて面白いですね。

_mg_4603

西町にある「立川醤油店」さんでは

「町がピンク色に染まって、明るくなって嬉しいですね!

たくさんの人に見に来てもらいたいです」

という声も聞くことができました♪

_mg_4600

 

_mg_4654

こちらは、鯨ケ丘商店街きってのおしゃれ雑貨屋「サニーサンデイ」。

こちらのご店主も、看板制作に加わっています!

_mg_4736

商店街の活性化にも尽力している小泉さん。

「町で何かをやれる、っていうのがとっても嬉しいです!」

と、話してくれました。

ちなみに、サニーサンデイでは県北芸術祭に合わせて、

芸術祭マステをオリジナルで制作したとか!

会期中、10月ごろには店頭に並ぶとのことですので、ぜひお土産にどうぞ♪

サニーサンデイ店内には、原さんのコーナーも出来上がるそうです。

 

_mg_4635

ピンク色に染まる、歴史ある街並み。

素敵なお店もある常陸太田市鯨ケ丘商店街を、

ゆっくり散策してみてくださいね!

back to top

茨城県北芸術祭ブログ-ミヒャエル・ボイトラー@常陸大宮市石沢地区空き店舗 2016.9.15.-kenpokuart


投稿日:2016年09月15日   投稿者:観光いばらき特派員

観光いばらき編集部が贈る、KENPOKU ART開幕直前レポート!

本日9月15日に、わたくし編集部のO野が、常陸大宮地区の

ミヒャエル・ボイトラーさんを訪ねました!

ボイトラーさんの作品は、常陸大宮市の石沢地区にあります。
ここには数件空き店舗があったのですが、今はといえば・・・!?

_mg_1829

ガラス越しに、なにやら巨大なオブジェのような物が見えますね~。

中にお邪魔してみると、ボイトラーさんは紐で木と木を結んでいました。
なんでも、この作品では釘は使わず、自然素材の紐や木を組み合わせて

作り上げているとのこと。

なるほど!木の凹凸にうまく一本一本が組み込まれていますね!

%e3%83%9c%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%bcんん?この形、どこかで見たことありませんか?

そう!神社仏閣の建物でよくみる造りですよね。
実はこの作品には、宮大工さんも参加されていてるんです。

ボイトラーさんは、現地の素材を、現地の人と協力して作品を作るそうで、
この作品には多くの地元の方が携わっています。

%e5%b8%83

この不思議な模様がついている白い布のようなもの。実はコレ、障子紙。
茶色い方はクラフト紙ですが、もちろんこれらも全て現地で調達したもの。

ローラーに色々工夫を施して模様を付けるみたいなんですが、

_mg_1782最初のころは・・・うん、シンプルなローラー模様ですね(汗)

しかし、色々な人が、色々なやり方で作業を進めていくと、

_mg_1783_mg_1785

こんなに様々な模様ができました!
その日、その時で作り手が違うので、

ボイトラーさんはこのような“実験的に”何かをした結果生まれたものを
作品に取り入れていくそうです。

_mg_1775

それらを丸めて細長くしたものが大量にありましたが、

_mg_1765

これはどうやら茅葺屋根を表現しているとのこと。

_mg_1787

もう一方、外から見えた市松模様のような巨大作品。
その白い部分はというと、ここにも障子紙が使われていました!

%e6%89%8b%e5%85%83%ef%bc%92 丁寧に糊付けして、

破れないように、乾かないように、そっとそっと・・・

_mg_1713

_mg_1694

作品の輪郭に沿って形を変えて張られていきます。

ここだけで障子貼りは終わりかと思いきや、

_mg_1695どん!

_mg_1697どどん!!
こんな巨大なのでありました。
いったい芸術祭が始まったら、どんな作品になっているのかわくわくしますね!

_mg_1797

この大きな木製オブジェが、芸術祭当日は少し浮かんで、

さらにぐるぐる回転するとのことですが、
さてはて、一体どうやってこのオブジェが宙に浮かぶのか!?
その答えはぜひ現地に足を運んで確かめてみて下さいね!
展示準備はラストスパート!!茨城県北芸術祭は9月17日からです♪

いばらき観光マイスターS級おすすめのツアーガイドで

茨城の魅力を満喫しながら芸術祭も楽しめます!!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/kenpoku-tours.html

back to top