速報!第43回筑波山梅まつりが開幕しました!


投稿日:2016年02月20日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です!
生憎の雨模様になってしまった2月20日の週末土曜日


ですが、第120回偕楽園梅まつりとともに、茨城に春を告げるイベントが筑波山でもはじまりました
それが今年で43回目を迎える筑波山梅まつりです

20160220152703_000012016年2月20日~3月21日まで、筑波山梅林にて開催されます

G7茨城・つくば科学技術大臣会合開催記念としてイベントも盛り沢山です

 

筑波山の中腹に位置する筑波山梅林

もちろん、都内からはTXことつくばエクスプレスにてつくば駅までお越し頂ければ

あとはバス1本で到着いたします!

また、期間中3月の土日は無料周遊バスも運行され、

梅林会場から筑波山神社前、常陸牛で有名な常陸野前を経由してつつじヶ丘ロープウェイまで

バスが1時間おきに周遊いたします

例えば梅林を楽しんでケーブルカーで山頂へ、女体山から男体山までハイキングを楽しみ

その後、ロープウェイで下山しても、元いた梅林まで戻ってこれる魅力的なバスです

 

さて、そんな周遊バスもあって楽しめる筑波山梅林ですが

現在(2016/2/20)は全体で5分咲き

紅梅はまさに見ごろ

白梅は4分咲きになっています

岩と梅

筑波山の梅林といえば、眼下に関東平野を望む絶景と梅のコラボ

そして、筑波山を象徴する武骨な岩肌と柔らかい梅のコントラストが挙げられます

筑波山の南斜面ということもあり、偕楽園より1週間程度早い春が訪れています

自然あふれる筑波山なら「梅」と「鶯」なんて日本の伝統的風景に出会えるかもしれません

 

さて、そんな筑波山梅林ですが山頂までは無料園内巡回ワゴンが便利です

_MG_5982

第一駐車場から展望あずまやまで快適に運んでくれます

途中、説明を求めれば筑波山の絶景を解説しながらバスをゆっくり走らせてくれることも

基本、梅まつり期間中は毎日9:00~16:00まで運行中

あずまやまでたどり着いたら、ちょっと登ってあとは下るだけ♪

快適です!!

東屋

そんなあずまやからの景色はと言えば

文句なしの最高!

天気が良ければ富士山やスカイツリーも見えます

 

さて、そんな筑波山梅林でオープニングイベントとなる開園祭と開園式が11時から執り行われました

まずは、常陸乃国ふるさと太鼓により和太鼓演奏が行われた後、

筑波山神社の神職がいらっしゃり筑波山梅まつりの成功と、期間中の安全を祈願

開幕式

つくば市の市原市長をはじめ、式典にかけつけた有志の皆さんも

梅まつりの成功を祈願しました

市原市長はコメントとして

『第43回を迎える筑波山梅まつり開会式に多くの方にご参列頂き感謝いたします。

筑波山梅林を観光の拠点とすべく、昨年はおもてなし館、今年はきれいなトイレを用意しました。

規模こそ他の梅林には及ばないところもありますが、この関東平野を一望に望む眺望、

そして梅と筑波石のコントラストは他所にはない筑波山独特のものです。

今後ともこの梅林を中心に筑波山観光に取り組んで行きたいと思っています。

この景観をこれからも保てるよう、これからも対策を立て、根気よくがんばっていくつもりです。

また、筑波山の地質的特徴と歴史をふまえた筑波山ジオパークもすすめています。

これにより筑波山の資源を有効に活用し、つくば市のみならず近隣6市と連携して

地域の活性化に取り組んでいきたいと思います。』とまとめてくれました

 

そんな開園式の後は、この後の梅まつり期間中も毎日開催される名物ガマの油売り口上が披露

_MG_6106

ガマの油売り口上

第20代永井兵助・金野龍一名人が披露してくれました

 

ちなみに、梅林の入口にあるお休み処・物産ブースでは温かい梅緑茶の無料サービスを実施

中ではつくば市の名産品が販売されています♪

坂の途中では筑波山観光ボランティアさんも在中

声をかければ筑波山梅林を案内してくれますのでお気軽にどうぞ!

お休み処

 

筑波山梅まつりは今年もイベント盛り沢山

例えば、梅グルメが筑波山周辺の飲食店で楽しめる

 

限定グルメつくば梅食

限定グルメ・梅食<うめ〜しょく>

日帰り温泉もおすすめす!

周遊バス・周辺観光スポット

開花情報など筑波山と偕楽園の梅まつりの情報は観光いばらきでもご紹介しています♪

梅色いばらき

梅色いばらき2016〜水戸市の偕楽園とつくば市の筑波山、茨城の二大梅まつり情報〜

都内より一歩先に感じる春!

みなさまのお越しをお待ちしています!!

 

ちなみに、偕楽園の開会式こちらから!

第120回記念水戸の梅まつり開幕しました!

back to top

第120回記念水戸の梅まつり開幕しました!


投稿日:2016年02月20日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です。

本日2月20日、待ちに待った第120回記念・水戸の梅まつり筑波山梅まつりとともに開幕しました!

PANF

_MG_1313

9:00からの開幕を前に、水戸観光協会会長と高橋市長の挨拶がありました。

今回は、名前にも冠している通り

記念すべき「第120回」目となる開催とあって、

皆さんの熱意もひとしお!!

例年好評の、ライトアップした夜の偕楽園を楽しめるイベント

「夜・梅・祭」が今年は2回に渡り開催されるなど、新たな試みも。

梅まつり期間中のイベントについては、観光いばらきでもご紹介しています。

→ http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume/event.html

 

_MG_1319

おふたりと共に、総勢10名の梅大使、

水戸市マスコットキャラクター・みとちゃん、

水戸黄門一座が勢ぞろいして来園した皆さんをお迎えしました。

ダイジェスト1

高橋市長も笑顔で列に立ち、来場記念品を渡しながら皆さんとお話していました。

 

 

_MG_1338

そんな高橋市長に、今年の梅まつりについてお話を伺いました!

 

「今年は梅の開花が早いようで、開幕とともにたくさんの方にいらして頂けて

大変嬉しく思っています。

今回は第120回記念ということもあり、皆さんに飽きずに楽しんでいただけるよう

新たな試みも増やしながら、様々なイベントを企画しました。

また、例年本当に多くの方に足を運んでくださっていますが、

年々外国人のお客様も増えてきています。

そういった海外からの観光ニーズにも応えられるよう、

リサーチも重ねているところです!」

 

実は高橋市長は、ちょうど昨日まで台湾に行っていたとのこと。

台湾といえば、3/15から茨城空港と台北とを結ぶ定期便が就航されます!

そういったこともあり、アジア圏からの観光来訪者が今後も増えそうだと、

高橋市長も観光の魅力強化への意気込みをお話してくださりました。

 

さて、記念すべき開幕初日を彩るイベントも行われています。

10時からは、水戸市マスコットキャラクター「みとちゃん」のお誕生会が開催!

_MG_1368

みとちゃんを祝うべく、県内外から多数のご当地キャラクターたちが集合しました!

ステージ上に集合した際には、その愛らしい姿を写真におさめようと

来場者が一斉にカメラを構える姿が。

ダイジェスト2

 

キャラクターに会えるだけじゃなく、来場者の皆さんにも嬉しい特典があります!

まずは、みとちゃんお誕生会受付でビンゴカードをもらってくださいね。

_MG_1394

そのカードを持って、ステージ周辺に設置された各団体のブースを回ることで、ビンゴカードのマスを開けることができます。

ビンゴになったら受付へ再度カードを持っていくと、記念品をもらえるので

たくさんブースを回ってくださいね!

お買い物をしなくても、ビンゴのマスを開けることができます。

 

ダイジェスト23

みとちゃんお誕生会は、明日21日(日)も偕楽園で開催されます!

朝10時~15時まで、偕楽園見晴広場で行われます。

スペシャルLIVEや、コラボイベント開催中の「刀剣乱舞-ONLINE-」

ナビゲーションキャラクター・こんのすけも登場予定!!

皆さんぜひ遊びにいってみてください♪

 

刀剣乱舞-ONLINE-コラボ企画については、昨日のブログで詳しくご紹介していますので、

そちらもあわせてぜひチェックしてくださいね。

→ http://blog.ibarakiguide.jp/placeblog/5044.html

 

ちなみに、偕楽園東門前の観光案内所・見晴亭では、

刀剣乱舞-ONLINE-と水戸の名所がコラボレーションした限定クリアファイルを販売中です!

今朝も開店を前にずらりと列が出来ていました。

_MG_1399

見晴亭では、茨城県内のお土産販売に加え、

観光案内パンフレットも配布していますので、ぜひあわせて見ていってください!

梅まつり期間中は、いばらき夢ガイドも皆さんをお待ちしています。

 

さて、園内の梅は一気に開花が進んだようで、

2月19日現在、約3,000本のうち約5割の1,472本が開花したとのこと。

_MG_1418

偕楽園の梅は、より長い間花を愛でることができるよう、

早咲き~遅咲きまで多くの種類が植えられているのが特長のひとつ。

ですので、今はまだ蕾でこれから咲き始める木もたくさんあります!

_MG_1403

 

第120回記念 水戸の梅まつりは3月31日(木)まで開催中!

皆さんのお越しを、心よりお待ちしています♪

 

_MG_1294

 

筑波山梅まつりの開園式の様子はコチラから

→ http://blog.ibarakiguide.jp/placeblog/5082.html

 

 第120回記念 水戸の梅まつりについては

茨城県観光物産協会公式Webサイト・観光いばらき内特設ページ

「梅色いばらき」内でも詳しくご紹介しています!

→ http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume.html

back to top

水戸の梅まつり×刀剣乱舞-ONLINE-×徳川ミュージアム『水戸の武』周遊イベント直前情報!


投稿日:2016年02月19日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です。
ついに明日から「第120回記念 水戸の梅まつり」がスタートします!
開幕直前の今日、水戸偕楽園と徳川ミュージアムに行ってきました。
というのも、水戸の梅まつり期間中、

人気オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボイベントが行われるとのこと!
昨年1月からスタートしたこのゲームは、

日本刀が擬人化した刀剣男子キャラクターが多数登場することで話題になっています。

_41A4705

 

その中の一振り、「燭台切光忠(しょくだいきりみつただ)」が、水戸徳川家に伝わる刀なのです。

現在、徳川ミュージアムで実物が特別展示されています!

 

この燭台切光忠は、数々の逸話が残されている名刀。
鎌倉時代に製作されて以来、この水戸徳川家の元に至るまでの来歴は諸説あります。
その中でも、水戸藩に伝わる「武庫刀纂(ぶことうさん)」という

水戸徳川家伝来の刀剣を詳しく調べた書物によれば、

この燭台切光忠は、かの有名な伊達政宗が所有していた刀とのこと!
政宗公が、自身に反抗的だった小姓をこの刀で斬った際、

近くにあった燭台もろとも斬り落とした逸話から、
「燭台切」という名がつけられたという由来があるそうです。
ちなみに、刀剣乱舞のゲーム内でも、そんな由来に基づいたセリフを聞くことができます。

 

書物によれば、伊達家から水戸へと燭台切を譲り受けてきたのは
「水戸黄門」こと徳川光圀公。
その後、水戸徳川家で大切に保管されてきた宝刀です。

しかし、残念なことに大正12年の関東大震災で被災し、焼刀に。

そのような、燭台切光忠についてのエピソードや説明が、

徳川ミュージアム受付で販売している特別解説書に記載されています。

来館したら、ぜひこちらをお手に取ってから館内を見学してみて下さい!!

 

パンフレット

さて、徳川ミュージアムでの燭台切光忠の公開は、

昨年の第一回目に引き続き二回目となります。
昨年の公開が、驚くほどの反響を呼び、大好評だったことを受け、
今回、3/30まで再度特別展示中!

「この刀を見に、全国津々浦々から驚くほどたくさんの来館者があり、とっても嬉しいです」

とミュージアムのスタッフさんもお話していました。

 

昨年の公開では、一番奥側の「第一展示室」に平置きで展示されていましたが、
「刀の裏側もぜひ見てみたい」

という多数の声があり、

今回はこのように裏側まで見られるような形で展示されることになったそうです!

まるで模様のようにも見えますが、刀身に付いている色は

関東大震災の火事に見舞われた際に溶けて付いた、

金色の「ハバキ」(刀と鞘をつなぎ、固定する部分)です。

 

燭台切光忠

裏側にも付着しているこのハバキまで、

今回の展示では見ることができます。

3/30までは「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場するキャラクター

燭台切光忠くんのパネルがケース横に設置。

ファンにとっては嬉しいポイントです!

また、今年2016年から徳川ミュージアムでは

「企画展示室」を除く全館でスナップ撮影がOKになりました。
パネルや刀と一緒に撮影することももちろん出来ます!

 

第1展示室
燭台切くんのパネルは、第一展示室の入り口にも展示されていますのでお見逃しなく。
「ぜひこの機会に撮影して、SNSなどにもどんどん投稿してくださいね」

と、徳川ミュージアム館長の徳川さんもお話して下さいました。
遠慮なく記念撮影していって下さいね!
※フラッシュ、三脚を使用しての撮影はできません

 

ちなみに、燭台切光忠の展示は特別企画展開催中の「第二展示室」前にあります。

ぜひ、奥の第一展示室・

それから3/30までの特別企画展

「企画展・水戸徳川家の梅まつり-kawaii-」もお楽しみください。
第一展示室には、皆さんもよくご存知の水戸黄門の印籠も展示されています!

 

庭と外観

そして、お天気の良い日には、見学後にぜひ外のお庭も散策してみてください。

梅まつりにあわせて、皆さんをお迎えする徳川光圀公と、

茶席に招かれた徳川家康公の姿を発見しました♪

 

徳川ミュージアムでは、お土産も販売しています。来館の記念に、ぜひどうぞ。

土産

 

 

さて、次は皆さんも気になる「コラボイベント」の内容についてご紹介します。

 

●コラボ企画第一弾「水戸の武」周遊イベント●

梅まつり期間中、対象施設を二箇所以上まわって「入場券の半券」を集めたら、

偕楽園内の梅まつり本部目指して向かいましょう!
周遊対象施設は
・徳川ミュージアム(必須) ・茨城県立歴史館 ・常磐神社義烈館 ・弘道館
の四箇所です。

半券二枚(うち一枚は徳川ミュージアム)で、

「梅まつり限定 燭台切光忠ポストカード」を一点もらえます。
半券が三枚なら、ポストカード二点をプレゼントしてもらえます♪
限定ポストカードのデザインは二種!各先着2万枚です。

ポストカードAポストカードB水戸の名所を背にした燭台切くん、かっこよく決まってますね!!

二種類コンプを目指すなら、三ヶ所以上を周遊してください。

ちなみに編集部のオススメは・・・水戸駅からまず弘道館に立ち寄り、それから偕楽園・徳川ミュージアム方面に向かうルートです!
「日本遺産」にもなった弘道館の姿もぜひご覧になってみてください。
江戸時代、水戸藩第九代藩主徳川斉昭公が開設した、日本最大の藩校です。
学問や武芸など、かつて数多の武士が厳格に学んだ場所で「日本の武」の空気とともに
梅の花を楽しんではいかがでしょう?
弘道館については、観光いばらきでも詳しくご紹介しています!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume/koudoukan.html

 

_41A4812

 

ポストカードの引き換えは、偕楽園内の好文亭近くにある「梅まつり本部」です!

梅まつり開幕直後の数日間は、特に混雑が予想されるため、
本部近くにポストカード引き換えの特設テントを設置する予定とのことです。
このイベントに関するQ&Aが水戸観光協会のHPで公開されていますので、

参加予定の方は事前にチェックしておくことをおすすめします!!
http://www.mitokoumon.com/topics/touken_faq.html

 

●コラボ企画第二弾「こんのすけinみとちゃんお誕生日会」●

梅まつり開幕翌日の2月21日(日)に偕楽園・見晴広場で開催される、
水戸市マスコットキャラクター「みとちゃん」お誕生会。

ここでも「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボ企画が!
みとちゃんのお誕生日を祝いに、県内外各地のご当地キャラクターほかが大集合します。
なんと21日は、特別企画として「刀剣乱舞-ONLINE-」のナビゲーションキャラクター・こんのすけもやってきます!!

こんのすけ

c2015-2016 DMMゲームズ/Nitroplus

登場予定時間は、2月21日(日)10:30~。
そしてこっそり耳にしたのですが・・・

同日、燭台切くんの居るあの施設にも、こんのすけが遊びに行くかもとの噂が!

 

 

●コラボ企画第三弾「梅まつり限定 燭台切光忠クリアファイル」発売!!●

2/20より、「刀剣乱舞-ONLINE-」の燭台切光忠くんを水戸の名所とともにデザインした
限定クリアファイルの販売が行われます。

_41A4820
※1部400円、購入はおひとり様2部まで

販売場所は、偕楽園東門入ってすぐの観光案内所「見晴亭」。
今日聞いたところによると、見晴亭の入り口から見て左手のあたりに設置予定とか!

見晴亭では、県内のお土産も多数取り揃えていますので、
ぜひ一緒に見ていってください。

 

 

そして最後に速報です!関連グッズとして2/21から販売される
「梅香 百年梅酒 燭台切光忠」の現物写真を公開します!

_41A4870

価格は、1,000円(税別)。
販売場所は、水戸市内の「別春館」。

水戸駅南口から徒歩で15分ほどの場所にある、

梅酒とお酒の資料館です。

 

こちらは、「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボ商品ではなく、
徳川ミュージアムで進行している「刀剣プロジェクト」の関連商品。
この梅酒を販売した収益のうち、一部が徳川ミュージアムの同プロジェクトに寄与されるとのこと!
ちなみに、後日製造元の「明利酒類」さんのWebページで通信販売も予定しているそうなので、
水戸まで足を運ぶのが難しいかも・・・という遠方の方は、ぜひチェックしてみてください!
http://www.meirishurui.com/online/

中身のお酒は、同社の大人気商品「梅香 百年梅酒」と同じものですので、
美味しさも間違いありません♪
ぜひとも味わってみてほしい、水戸の逸品です。

 

 

「第120回記念 水戸の梅まつり」については、

茨城県観光物産協会公式Webサイト「観光いばらき」でも詳しく特集しています。

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume.html

県内の観光情報を網羅していますので、ぜひ参考にして

水戸~いばらき周遊のプランを練ってください!

皆さんのお越しを、心よりお待ちしています。

 

back to top

JR特別列車「お座敷列車ゆう」で行く!気になるibarakiツアーが面白い!!


投稿日:2016年02月14日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です

電車で行く茨城ということでいま注目を集めている「気になるイバラキ」ツアーシリーズ

都内のラジオCMなどでご存じの方も多いと思います

実はこのツアーがとっても人気♪

茨城に興味を持って頂き嬉しい限りの観光いばらき編集部です

 

さて、そんな気になるイバラキですが、その中でも編集部が注目しているツアーを

今回はご紹介いたします!!

【宿泊】早春茨城見どころ満載号チラシ表面

2016年2月27日実施のツアーが実はとっても面白そうなんです♪

なんといっても、この日のツアーは3本立てなんですが、お座敷列車にあのテツ&トモが

やってくるんです!!

ただでさえ楽しいツアーが移動時間までもさらに楽しめるというわけです

 

ちなみにお座敷列車ですから数名ワンパックでお座敷を囲みながら移動できます

002

前回のお座敷列車の中では各エリアの観光協会や大使がお出迎え♪

移動の最中もお客様を退屈させない有意義な時間を提供いたします

もちろん、友達同士でテーブルの上にビールを配して語らうもOKです!

お座敷ですから、靴を脱いでゆるりと休日を寛いでください

 

さて、そんなお座敷列車で行く気になるイバラキツアーですが

編集部注目は茨城の早春を満喫できる観梅ツアー!

 

今年は1週間から10日間ほど梅の咲き方も早めとのこと

ですから2月27日は例年以上に観梅に最適な時期となりそうです♪

ume

もちろん、観光いばらきでも偕楽園の開花情報は随時更新中です

水戸の梅まつり

 

偕楽園をぐるっとまわり、好文亭を観覧すると60分くらいでちょうど良い感じ♪

好文亭3階から千波湖を見下ろす景色は最高です!!

NIC_4708

個人的には東門入口の見晴亭でビールを購入してこの後のツアーをさらに楽しみたい

というのがおすすめの楽しみ方です

 

そして、バスは贅沢に茨城の冬の味覚を楽しむ次なる目的地へ出発!

全国No.1の生産量を誇る茨城県のほしいも

こちらでは乾燥いもなどと呼んだりもします

そんな茨城県のほしいもですが、県内でも屈指の取扱い種数を誇るのが大丸やです

03 大丸屋now

店内にズラーッと並んだ干しいもは100種類近くに及ぶことも

いろいろな品種のさつまいもをいろいろな干し方で提供してくれます

一般的な平べったい切り干しもいいのですが、茨城県民が大好きな

丸々一本蒸し上げたさつまいもを干した丸干しがおすすめ

しかも、いろんな品種の丸干しが用意されているのも大丸やの良いところです

定番の味を求めるなら「玉豊」、甘味が強いのが好きなら「いずみ」

ちょっと変わった干しいもが食べたいなら「ほしキラリ」が人気です!!

ちなみに、ここでは奥のジェラートスペースが自分のおすすめ

奥さんが手作りしているジェラートがかなり格安で食べられます♪

安納芋のジェラートは特筆です!!

 

さて、ここであまりお腹を一杯にしすぎると次が辛くなります♪

冬の茨城にはまだまだ美味しいものがたくさん

寒暖差のある常陸灘で水揚げされた近海魚は特段の美味しさです

ichiba

というわけで、那珂湊おさかな市場へ移動します

美味しい鮮魚を市場価格で購入して、そのままクール宅急便で自宅へ配送もOK

ちょっと路地裏のような道を行けばふりかけ屋さんや乾物屋さんも

梅ちりめんジャコのふりかけは絶品だったりします

手前と奥の水産会社では取り扱う魚の種類も価格もバラバラ

ぜひ、プロになった気分で目利きに挑戦してください

でも、市場の売り子さんに話を聞くと美味しい魚の見分け方を教えてくれるので

まずは気軽に話しかけるのが吉です!!

昼食は特別メニューがツアーの中に組み込まれているのでご安心を♪

 

その後、赤い橋を渡ってお隣の大洗町へ!!

ここでは日本一のサメの飼育数を誇る大洗水族館を見学

oarai

イルカショーや餌付けなど、館内ではいろいろな催し物が随時開催されています

また、2016年2月27日は開館14周年を記念して

特別展示「勇者マンボウ」を開催中

ちょうど2/27は「勇者マンボウ キーホルダー製作」も開催しています♪

水族館の人気者チンアナゴやアザラシなどの海獣も充実

もちろんサメは大迫力です

個人的にはエトピリカがかわいくて好きです(笑)

 

さて、宿泊は県内屈指の美味しい料理で人気の大洗ホテル

総料理長・青柳氏の下、考案されたメニューで皆様をおもてなしいたします

 

DSC_3903

 

そして、次ぐ28日は朝から自由行動です!!

これがこのツアー最大の特徴

 

おすすめは大洗の商店街散策を楽しんで大洗駅から水戸駅へ

そして、駅近く日本遺産にも認定された弘道館でも観梅を♪

その足で現代芸術の集約点・水戸芸術館を訪れるのも良いかもしれません

 

ちょっと足をのばして大子町の百段ひなまつりも2/28は開催予定です

魅力度最下位と言われていますが、魅力あふれる茨城に是非お越しください♪

 

茨城の情報はココから検索!

観光いばらき

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.ibarakiguide.jp/

 

 

 

back to top

【いばらきdeひなまつり】お雛様 in 坂野家住宅に行って来ました


投稿日:2016年02月04日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です。

昨日、2/3は節分でしたね。毎年の暦の上で、冬と春の季「節」を「分」ける日です。

そして、今日2/4は立春!暦の上では、今日から春が始まりました!

とはいえ、まだまだ冷え込みは続きそうですので、みなさま体調管理には十分にお気をつけ下さいね。

 

さて、今回は春を代表するイベントを紹介したいと思います!

IMG_0343

 

女の子の健やかな成長を願う「ひなまつり」です。

茨城県内では、桜川市真壁地区をはじめ各所で個性豊かなひなまつりイベントが開催されています。

観光いばらきでも、そんな県内のひなまつりをずらりと紹介しています!

 

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/hina.html

 

 

その中から、今回は常総市・坂野家住宅で2/2からはじまった「お雛様 in 坂野家住宅」に行ってきました。

 

坂野家住宅は、その名前の通り、この地域に約500年ほど前に土着した惣名主的存在の坂野さんの住居でした。

坂野家住宅の原型は、およそ300年前・・・江戸時代中期頃には建てられていたそうです!

重厚なたたずまいの主屋と、本来であれば農家にはなく武家屋敷に設けられる表門(薬医門)の姿からは、坂野家が格式高く、また裕福な豪農だったことが伺えます。

表門(薬医門)

坂野家住宅・表門(薬医門)

坂野家住宅・主屋全景

坂野家住宅・主屋全景

ちなみに、主屋と表門は、国の重要文化財に指定されています!

坂野家住宅はドラマや映画、CMなどのロケにも多数使われているので、

もしかしたら皆さんも、見覚えがあるかもしれませんね。

 

 

そんな坂野家住宅で、ひな飾りをはじめたのは6年ほど前。

普段、坂野家では特別な企画展などをすることはあまりないそうなのですが、

近隣の方で、飾らなくなったひな飾りがあってもったいないね、という話が出たところからはじまって、

「せっかくあるのだから飾ってみようか」とスタートしたのだとか。

年を重ねるごとに地元の有志の方から集まったひな飾りは12組!

それらが、坂野家住宅の主屋にずらりと飾られています。

 

IMG_0340

国の重要文化財にもなっている趣きあるお宅の雰囲気に、ひな飾りはとてもマッチしていました。

立派なひな飾りはどれもきれいで、大切に保存されていたのが見ていてもわかります。

IMG_0338

 

一番古いものは、なんと昭和19年のひな人形!

IMG_0342

元村長さんのお宅にあったものだそうです。

昭和19年と言えば、終戦の前年。戦火を逃れて、大切に保管されたひな人形です。

 

また、中には坂野家住宅の館長、堀込さんのご自宅にあったひな人形も飾られています♪IMG_0337

皆さんも足を運んでみて、館長さんにぜひ実際にお話を伺ってみてくださいね。

 

また、駐車場から主屋までの間には、梅が咲き始めていました!

NIC_8537

坂野家住宅へ、ぜひ春を感じにお出かけしてみてはいかがでしょうか♪

 

***********

【お雛様 in 坂野家住宅】

水海道風土博物館 坂野家住宅

平成28年2月2日~3月6日開催

住所:常総市大生郷2037

入館時間:9:00~16:00

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

入館料:一般300円、小中高生100円、65歳以下無料

***********

詳しくは、観光いばらき「いばらきdeひなまつり」をご覧下さい

 

 

back to top