第40回古河桃まつりがスタートしました!


投稿日:2016年03月19日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!
今日から開園された、

「まくらがの古河 合併10周年記念 第40回古河桃まつり」へ行ってまいりました。

20160319173235_00001
会場は、おなじみ古河総合公園。

四季折々に咲く花と水辺の景観を楽しめる、地域の憩いの場です。
ユネスコの「文化景観の保護と管理に関するメリナ・メルクーリ国際賞」を受賞したことでも知られています。

_MG_3615

ちなみに、昨年この総合公園には「古河公方公園」という古河らしい愛称が決まったそう!
古河公方とは、室町時代に幕府と対立した鎌倉公方・足利成氏が、

こちらへ移った際にそう称したもの。

古河はその時代から江戸、近世に至るまで、

政や経済、文化の中心地として

また城下町、宿場町としても栄えてきた歴史深い街なんです。

 

・・・と、話が少しズレてしまいましたが、

実はこの総合公園のある場所に、

古河公方の館(古河城の別館)があったのだとか。

そういったこともあり、新たに決まった「古河公方公園」という愛称は

まさにこの場所にピッタリですね!

 

 

さて、古河の桃まつりですが、今年で記念すべき第40回を迎えました!
園内に植えられた約1,500本のハナモモが、

鮮やかなピンク色に染まる見事な景色を見ようと

毎年多くの方が市内外からやってきます。
ちなみに今年は、開園時から既に5割が開花し「見ごろ」を迎えています!!

ダイジェスト1

例年より開花のスピードが早いので、ぜひお早めの来園をオススメします!
来週の3月最終土日頃が、もしかすると最盛かもしれません。

 

道路から公園入り口を入って、駐車場沿いにもハナモモが植えられています。
車を停めて園内に踏み入れば、見事なハナモモのアーチ!

_MG_3619
さっそくそちらへ行ってみたくなりますが・・・

まずは「大会本部」で桃まつりのパンフレットをGETしましょう!
期間中は、古河のマスコットガール「華むすめ」さんが、皆さんをお迎えしてくれます。

ダイジェスト3ちなみに華むすめさんは、この桃まつり会期中だけ「桃むすめ」になるのだとか♪

 

 

大会本部から真っ直ぐ進んでいくと、メインステージのある芝生広場へ抜けることができます。
ここでは様々なイベントはもちろん、古河名物の露店がずらり!
個人的にぜひオススメしたいのは、古河で昔から重宝されている「鮒の甘露煮」。これ、ご飯にもお酒にもよく合うので、ぜひ一度お試しください。

広場へ抜ける手前、左側には「ジェラテリア」と「御所沼」が見えます。
ジェラテリアでは、ぜひとも桃のソフトクリームをどうぞ!

御所沼では、今年初めて行う「揚げ舟による御所沼めぐり」が開催されています。
(期間中の土・日・祝のみ、強風や雨天時は中止。大人500円、子供200円)
カワセミも訪れるという雅やかな景観を、ぜひ水上から楽しんでみてはいかがでしょうか。

ダイジェスト2

さて、桃まつりのメインともいえる桃林へ向かいましょう。
3月19日の時点で、こんな景観を見ることができました!

_MG_3737

公方公園に植えられているハナモモの8割は、「矢口」という品種です。
いま咲いているのもこの品種がほとんど。

_MG_3298
他に、園内では4種類のハナモモを見ることができます。
もちろんまだ蕾のものも多いので、お出かけ予定がもうちょっと先・・・という方もご安心を。
せっかくですので、全5種のハナモモの木を探してきました!

 

_MG_3374

白い花が「寒白」。既に見ごろを迎えているので、

園内のあちこちでちらほら見かけることが出来ました。

 

_MG_3580

民家園の入り口(関係者駐車場奥)で、菊桃を発見!

これは、いつも桃まつり期間終了後の4月中旬頃に見ごろを迎えます。
名前の通り、菊みたいなお花が咲くんですって!

 

_MG_3571

旧正門から桃林へ入っていく道に植えられているのが「寿星桃」。

とっても背が低いんです。見ごろは4月初旬。

 

ダイジェスト4

最後に・・・これがどこにあるか少し苦労しました!

一本の木に紅白の花が咲く「源平」です。
わたしは駐車場の北側で発見しました。

蕾に紅白が見られるので、たぶんこれがそうかと思います。
もうすぐ開花しそうですね♪

 

 

さて、最後に豆知識を皆さんに披露したいと思います。
古河の桃林には、実は江戸時代初期までさかのぼる深い歴史があります。
古河藩初代藩主・土井利勝氏が江戸で桃の種を拾い集めさせて、

領地の古河で農民達に植えさせて育てたのが、古河と桃林の関係の由来です。
といっても、今みたいに可愛らしい桃花を愛でるために植えたのではなく、「薪」にするため!
「桃栗三年柿八年」という言葉がありますが、

比較的成長が早くて、おまけに実を食べることが出来る

万能な「桃」を土井氏が選んだそう。

(今の桃林は、昭和50年の総合公園開園時に復活させたものです)

 

ちなみに土井利勝氏といえば、

江戸時代初期に通貨「寛永通宝」を新たに作った人物としても知られています。
そういえば、鮒の甘露煮を名物にするきっかけを作ったのも後の代の古河藩主の土井氏。

また、古河藩第四代藩主の利位氏は、

雪の結晶を仔細に観察してまとめた「雪華図説」で知られているのです。
古河のお殿様は、優秀な方だったんですね。

ちなみに、古河市の商工会議所公認キャラクター「ゆきとのくん」は、

利位氏を遠いご先祖に持つ・・・のだとか♪
本日の開園にも、来てくれていましたよ!

見どころ満載の第40回古河桃まつりについては、

観光いばらきの特設ページでご紹介しています。
イベント情報などもまとめていますので、お出かけの前にぜひチェックしてくださいね。

 

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/momo.html

 

既にハナモモは見ごろ。古河の桃まつり開催期間は4月5日(火)までです!

 

back to top

2016年3月19日リスタート!こもれび森のイバライド最新情報!農業体験や動物とふれあえるテーマパーク


投稿日:2016年03月13日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です。

きょうは稲敷名物あげ餅自慢大会に合わせて、旧江戸崎農業公園ポティロンの森から

いよいよ2016年3月19日(土曜)にリスタートする

こもれび森のイバライドのプレオープンがありました。

茨城県を代表する農業体験や動物とふれあえるテーマパークの再始動!

もちろん体験取材してきました!

20160313190500_00001

リニューアルではなく、リスタートと書いたのには

施設的に大きく一新されたわけではないという点があります。

しかし、イバライドはもっと『体験』や『ふれあい』、『感動』になりました!

例えば、フランスをテーマにした自然と動物とふれあえる公園はそのままに

見て、触れて、学べるをコンセプトに

畑では大豆に育成や収穫を体験でき、大塚製薬とコラボし大豆を通じた食育に取り組みます。

また、非日常を園内随所で体感できようにエポック社のシルバニアファミリーとコラボ

sirubaniaシルバニアファームあそびの広場をはじめ、

園内では「わくわくステージショー♪」を開催!

また、なりきり体験館ではシルバニアファミリーと同じ衣裳を着て記念撮影も可能。

貸し衣裳の中にはフランス・アルザス地方の民族衣装も用意され

女子憧れのあの大きなリボンをまとって記念撮影もできます♪

 

さて、そんな園内マップはこんな感じ!

20160313190554_00001

地ビールと自家製ミルクは必ず飲んでもらいたいマストアイテムです。

もちろん、ポティロンの森から続くあのヨーグルトドリンクも健在!

美味しいはそのまま、さらにグレードアップして提供しています。

例えば、マルシェホールで提供されているフードには

food

3種類の窯焼きピッツァに、ワンプレートランチ

特におすすめは牛肉がゴロゴロ入った牛肉のラグー!

そして、ちょっとおしゃれにガレットなどなど♪

こもれび森のイバライドでリスタートするに当たり、メニューも刷新したそう。

ひと通り味あわせて頂きましたが、どれも本格的で美味しかったです。

個人的には窯焼きピッツァがオススメ!!

特にこのカボチャとミートソースのピッツァは江戸崎っぽくて素敵です。

 

さて、そんなイバライドですが、やはり動物とのふれあいが一番のポイントになります。

animal

町のエリアにある広場で開催されるバードショーは

食物連鎖で鳥類の頂点に立つ猛禽類が大活躍します。

鷹匠体験もできるので是非チャレンジしてみてください♪

もちろん、アルパカや牛、ヤギや羊、ロバや小豚などなど

ふれあいを楽しむことができる動物がたくさん!

しかも、100円で餌を購入していつでも自由に餌やり体験ができるのは嬉しいポイントです。

 

定期的に、モルモットレースや豚さんレース

アヒルの大行列なども開催され、動物と身近にふれあえる工夫がたくさん用意されています。

 

ちなみに、そのひとつが町のエリアにあるショップ

shop

ふくろうが店番をしているフェリシテ

ミニザルとぬいぐるみをはじめとした玩具雑貨を扱うシュエット

15分間3匹の猫と触れ合うことができる猫の店ミネット

動物が出迎えてくれるお店が3つも用意されています。

ちなみに、動物の体調により出勤できなくなることもあるので

もし会えなくても許してあげてください。

 

そして、こもれび森のイバライドになって最も大きく変わった点が

アスレチック施設が追加されたことです!

ikemawari

町のエリア横にある大きな池の横には大型ジップスライドが登場!!

芝すべりは以前の通り思いっきり風を切ってそりで滑り降りることができます

白鳥ボートにのって池をぐるりと一周することも♪

子どもたちも大人も一緒になって楽しめます!!

 

さらに、町のエリアから村のエリアへ移動する途中のポティロンの森エリアには

森の空中散歩コーナーが新設。

moriato

樹冠をつなぐように張り巡らされたワイヤーを伝って、

網の中を歩いたり、吊り橋を渡ったり、ワイヤーの上を綱渡りしたり♪

普段の生活では絶対に味わえないスリルとアクティビティが用意されています。

こちらにも、途中ジップスライドがあり、大人よりも子どもの方がサクサク進める

アクティビティになっています!!

 

もちろん、既存のソーセージ作り体験やパン焼き体験などの食体験も充実。

クラフト体験ではオカリナ作りなどが用意され、いろいろと楽しむことができます!

 

また、知的好奇心をくすぐるカルチャー体験も用意

その中のひとつがコレド室町で人気のおちゃらかによる

日本茶のフレーバーティースクールです。

otyaraka

おちゃらか代表・フランス人ティーブレンダーのダントン・ステファン氏が講師を務めます。

日本人には予想も付かない緑茶を使ったフレーバーティー作り

おちゃらかのコンセプトである

「日本茶の可能性を広げるには、日本茶を愉しむ層を新たに開拓」

の通り、卓上ホットプレートで緑茶にカモミールや生姜、ドライアップルやシナモンを

ブレンドしていきます。

さらには、イバライド自家製牛乳をそのお茶に注いで飲んだりと

まったく想像もしなかった日本茶の楽しみ方を食育とともに教えてくれます。

月一回程度、不定期での開催とのこと!

これは注目の教室です!

 

期待感満載のこもれび森のイバライド

2016年3月19日のグランドオープンがすでに待ち遠くてたまりません!

ぜひ、皆さんも稲敷市にあるイバライドへお越しください!

 

いばらきの観光情報はココから

観光いばらき

http://www.ibarakiguide.jp/

 

同日開催された

稲敷名物あげ餅自慢大会の速報はコチラ

 http://blog.ibarakiguide.jp/itemblog/5139.html

back to top

今週末開催!第120回水戸の梅まつり記念!夜・梅・祭2016 in 弘道館


投稿日:2016年03月01日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です!

梅薫るいばらきは、日を重ねるごとにめきめき春めいています

120回目の節目となった今年の水戸の梅まつりですが

今週末の3月5日(土)と来週末の3月12日(土)は梅まつり期間中、

水戸が最もにぎわう夜になります

それが夜梅祭2016です!!20160301194953_000013月5日は弘道館で、3月12日は場所を変えて偕楽園での開催

注目はやはり今週末の弘道館ライトアップでしょう!!

 

会場の弘道館では梅林と正庁のライトアップの他

対試場に竹キャンドルと書道家・川又南岳氏筆の書「魁」をライトアップ

弘道館と鹿島神社を結ぶ壁には水府提灯・灯りの小路が出現します!!

20160301195012_00001

3月1日のきょうはそんな夜梅祭に備えて試験点灯が催されました!

というわけで、ひと足早く素敵にライトアップされた弘道館を紹介します♪

 

凛とした空気の中ライトアップされる正庁はまさに日本遺産の名にふさわしいたたずまい

_41A7029

当日は書を木枠に飾り背面からライトアップを施す予定です♪

そして、となりの梅林も赤から青、紫へと色を変化しながら展開

_41A7034

幻想的なライトアップにちょっと圧倒されてしまいます!!

 

そしてなにより圧巻なのは正門で行われるプロジェクションマッピング

 

 

約11分間の映像は県庁職員の萩野さんが中心になって製作されました!!

そんな萩野さん(右)と久田さん(左)というふたりで実現したプロジェクションマッピング

_41A7060

弘道館の歴史というよりは、弘道館の建物の変遷を

プロジェクションマッピングで描いたと萩野さん

ポイントはなんといっても明治元年に起こった弘道館戦争、第二次世界大戦による消失

そして東日本大震災によって3度に渡って姿を変えてきた弘道館の変遷を

このプロジェクションマッピングで描きました!

ちなみに、一番力を入れたのは「弘道館鳥瞰図」が横に流れていくシーンと

映像後半に控えた「四季折々の弘道館の姿」だとのこと♪

現在の三の丸庁舎まで弘道館だった広さを感じて欲しいとのことでした

 

3月5日は日没後の18:30~20:30の間に5回程度の上映を予定しているとのこと

詳細は当日発表されますので、ぜひライブで映像をご覧ください!!

 

水戸の梅まつりのイベント情報はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

水戸の梅まつり

 

 

 

back to top

☆★☆「3月5日(土)開催!「つくばショートムービーコンペティション」☆★☆


投稿日:2016年02月24日   投稿者:観光いばらき特派員

皆さんこんにちは!(お久しぶりです!)

観光いばらき編集部の刈谷です。

 

私の趣味のひとつは映画鑑賞。
学校のテストが終わった後や、風邪をひいた時、もちろん休日には

よく映画を観ていました。

 

みなさんも

会話の話題にあがったり、テレビ放送で観たり、

映画館で鑑賞したり、好きな俳優さんが出演していて興味をもったり、、、

などなど様々な形で生活の中で映画に関わることが多いのではないでしょうか?

 

映画に興味のある方や

茨城県やつくば市がだいすきな方に

おすすめしたい(私、大注目!!)のイベントが・・・

 

 

3月5日(土)につくば市にて行われる

「第3回 つくばショートムービーコンペティション」

 

 

111

 

通称、つくッペ!!

 

 

 

つくッペは、短編映像作品の祭典。みんなで楽しめる映画祭です!

 

つくばからの文化発信と次世代の才能の発掘を目指し、

つくばショートムービーコンペティション事務局(つくば市文化振興課内)が

企画・運営を行っています。

 

2013年に第1回目が行われ、今年では3回目の開催となります。

 

去年の9月~今年の1月の間に
つくば市に関する題材をテーマにした映像作品、つくば市で撮影した作品(つくば部門)と
自由なテーマから作る、オリジナリティのある映像作品(自由部門)の

2部門で募集が行われました。

 

<ちなみに応募条件はこんな感じ↓>

・10分間以内の短編映像
・映像のジャンル(実写、CG、アニメ等)は自由
・応募者本人が制作したオリジナルの映像作品
・他の映像コンペティションや映画祭等において受賞歴のある作品はNG など

 

 

これまでに最年少は16歳、最高齢は72歳まで、

幅広い年齢層から多くの作品が寄せられました。(多い年は70作品を超える年も!)

 

今年は、全国から53作品の応募があり、今年の2月中に1次審査が行われました。

そして選ばれたのが、この10作品!!

 

●自由部門
『友だちのカタチ』
『いつかきっと』
『何でも屋物語 決断屋篇 10分ヴァージョン』
『堀川出水入る』
『New』
『サイキッカーZ』
『本当に見たいもの』
『彼女の小さい手』
『一杯の珈琲から』

 

●つくば部門
『ごじゃっぺたちのつくば』      

 

・・・詳しくはコチラのページをご覧ください

 

 

筑波大学の学生による作品から、

一般の映像会社の作品まで幅広い方々の作品がノミネート!

 

この、1次審査を通過した作品のノミネート作品の上映や、トークセッション、授賞式が

3月5日(土)に行われます!

 

会場は、つくばサイエンス・インフォメーションセンター 大会議室。

 

注目ポイントは・・・

 

 

 

なんと、特別審査員として「中村義洋監督」が参加します!

 

 

IMG_2236

 

中村監督は
今、公開中の映画「残穢ー住んではいけない部屋」を手掛けている映画監督です!
(竹内結子さんや橋本愛さんが出演している、あの怖そ~うな話題の映画です!)

 

他にも、「予告犯」「アヒルと鴨のコインロッカー」「チームバチスタの栄光」「ゴールデンスランバー」など数々の映画で監督や脚本を担当している中村監督。

作品名を聞いて「ああ!あの作品を!!」という方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

さてさて、「なぜ、このイベントに?」と思った方

実は中村監督は茨城県つくば市出身なんです!

 

地元出身の方が大活躍しているのは、なんだか誇らしくて、とっても嬉しいですよね!

 

そんな中村監督の後につづく、希望の星が参加する
短編映画祭「つくばショートムービーコンペティション(つくッペ)」

ぜひお越しください♪

 

IMG_2577

・・・当日スケジュールは下記のイベント詳細情報(まとめ)をご確認ください

 

 

当日が待ちきれない!

過去の作品も気になる!!

そんな方!!!

 

今までのノミネート作品についてもホームページ上で紹介されています♪

Youtubeで観られる作品もありますよ♪

 

第1回目の様子&ノミネート作品の紹介

 

第2回目の様子&ノミネート作品の紹介

 

 

私も第1回目、第2回目のブランプリ作品を観ました!

コチラです↓(クリックするとYoutubeページになります)

 

☆第1回グランプリ作品:「REAL VALENTINE 2013 」

・・・(感想)観ていて「楽しんでつくっているんだろうなぁ」と感じるようなユニークで思わずくすっと笑ってしまうような作品でした!

 

☆第2回ブランプリ作品:「岐路

・・・(感想)音楽のPVのような綺麗な映像が魅力的な作品でした!個人的には野球場の階段を上るシーンが好きでした!

 

 

他にも気になる作品がいっぱいです!

是非過去の様子もチェックして、イベント当日をお楽しみください♪

 

 

 

また、私もイベントに参加したいという方!

 

観客審査員を大募集しています!

観客審査員になって気に入った作品に投票しちゃおう♪

 

最も票を得た作品には「観客審査員賞」が贈られます!

定員は40名で、現在ちょうど募集が行われていますので

下記までどしどしご応募ください↓↓↓

[問合せ・申込み先]
つくばショートムービーコンペティション事務局
info@tsukuppe.org
お申込みの際は、氏名、電話番号をメール本文にご記入ください。

 

 

 

 

▽▽▽イベント詳細情報(まとめ)▽▽▽

 

映画好き必見!つくば市出身の中村監督が特別審査員を務める短編映画祭が開催♪
第3回 つくばショートムービーコンペティション
開催日:3月5日(土)
場所:つくばサイエンス・インフォメーションセンター 大会議室
時間:13時30分~16時10分
入場料:無料
問:つくば市文化振興課
TEL:029(883)1111

 

☆当日スケジュール☆

13:00 開場
13:30~15:00 作品上映会
15:00~15:15 観客投票
15:15~15:45 中村義洋監督と前回つくッペグランプリ受賞者によるトークセッション
15:50~16:30 表彰式

 

 

 

back to top

速報!第43回筑波山梅まつりが開幕しました!


投稿日:2016年02月20日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です!
生憎の雨模様になってしまった2月20日の週末土曜日


ですが、第120回偕楽園梅まつりとともに、茨城に春を告げるイベントが筑波山でもはじまりました
それが今年で43回目を迎える筑波山梅まつりです

20160220152703_000012016年2月20日~3月21日まで、筑波山梅林にて開催されます

G7茨城・つくば科学技術大臣会合開催記念としてイベントも盛り沢山です

 

筑波山の中腹に位置する筑波山梅林

もちろん、都内からはTXことつくばエクスプレスにてつくば駅までお越し頂ければ

あとはバス1本で到着いたします!

また、期間中3月の土日は無料周遊バスも運行され、

梅林会場から筑波山神社前、常陸牛で有名な常陸野前を経由してつつじヶ丘ロープウェイまで

バスが1時間おきに周遊いたします

例えば梅林を楽しんでケーブルカーで山頂へ、女体山から男体山までハイキングを楽しみ

その後、ロープウェイで下山しても、元いた梅林まで戻ってこれる魅力的なバスです

 

さて、そんな周遊バスもあって楽しめる筑波山梅林ですが

現在(2016/2/20)は全体で5分咲き

紅梅はまさに見ごろ

白梅は4分咲きになっています

岩と梅

筑波山の梅林といえば、眼下に関東平野を望む絶景と梅のコラボ

そして、筑波山を象徴する武骨な岩肌と柔らかい梅のコントラストが挙げられます

筑波山の南斜面ということもあり、偕楽園より1週間程度早い春が訪れています

自然あふれる筑波山なら「梅」と「鶯」なんて日本の伝統的風景に出会えるかもしれません

 

さて、そんな筑波山梅林ですが山頂までは無料園内巡回ワゴンが便利です

_MG_5982

第一駐車場から展望あずまやまで快適に運んでくれます

途中、説明を求めれば筑波山の絶景を解説しながらバスをゆっくり走らせてくれることも

基本、梅まつり期間中は毎日9:00~16:00まで運行中

あずまやまでたどり着いたら、ちょっと登ってあとは下るだけ♪

快適です!!

東屋

そんなあずまやからの景色はと言えば

文句なしの最高!

天気が良ければ富士山やスカイツリーも見えます

 

さて、そんな筑波山梅林でオープニングイベントとなる開園祭と開園式が11時から執り行われました

まずは、常陸乃国ふるさと太鼓により和太鼓演奏が行われた後、

筑波山神社の神職がいらっしゃり筑波山梅まつりの成功と、期間中の安全を祈願

開幕式

つくば市の市原市長をはじめ、式典にかけつけた有志の皆さんも

梅まつりの成功を祈願しました

市原市長はコメントとして

『第43回を迎える筑波山梅まつり開会式に多くの方にご参列頂き感謝いたします。

筑波山梅林を観光の拠点とすべく、昨年はおもてなし館、今年はきれいなトイレを用意しました。

規模こそ他の梅林には及ばないところもありますが、この関東平野を一望に望む眺望、

そして梅と筑波石のコントラストは他所にはない筑波山独特のものです。

今後ともこの梅林を中心に筑波山観光に取り組んで行きたいと思っています。

この景観をこれからも保てるよう、これからも対策を立て、根気よくがんばっていくつもりです。

また、筑波山の地質的特徴と歴史をふまえた筑波山ジオパークもすすめています。

これにより筑波山の資源を有効に活用し、つくば市のみならず近隣6市と連携して

地域の活性化に取り組んでいきたいと思います。』とまとめてくれました

 

そんな開園式の後は、この後の梅まつり期間中も毎日開催される名物ガマの油売り口上が披露

_MG_6106

ガマの油売り口上

第20代永井兵助・金野龍一名人が披露してくれました

 

ちなみに、梅林の入口にあるお休み処・物産ブースでは温かい梅緑茶の無料サービスを実施

中ではつくば市の名産品が販売されています♪

坂の途中では筑波山観光ボランティアさんも在中

声をかければ筑波山梅林を案内してくれますのでお気軽にどうぞ!

お休み処

 

筑波山梅まつりは今年もイベント盛り沢山

例えば、梅グルメが筑波山周辺の飲食店で楽しめる

 

限定グルメつくば梅食

限定グルメ・梅食<うめ〜しょく>

日帰り温泉もおすすめす!

周遊バス・周辺観光スポット

開花情報など筑波山と偕楽園の梅まつりの情報は観光いばらきでもご紹介しています♪

梅色いばらき

梅色いばらき2016〜水戸市の偕楽園とつくば市の筑波山、茨城の二大梅まつり情報〜

都内より一歩先に感じる春!

みなさまのお越しをお待ちしています!!

 

ちなみに、偕楽園の開会式こちらから!

第120回記念水戸の梅まつり開幕しました!

back to top