2015年!今年も開催!!袋田の滝(大子町)ライトアップ


投稿日:2015年10月27日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です
だんだん秋めいた陽気になり、茨城県最北端の大子町でも昨日初霜があったと地元の人からの声が届いています

さて、そんな季節になってくると楽しみなのが紅葉とイルミネーション!
そして、それにまつわるグルメです

 

今年も大子町では、平成27年11月1日(日)〜平成28年2月15日(月)の期間内 金・土・日・祝日
及び年末年始の56日間に渡って、袋田の滝のライトアップを開催します
昨年までのカラフルなライトアップとは打って変わって、今年は水墨画をイメージした白一色のライトアップ!!

そんな袋田の滝ライトアップの試験点灯が昨日10月26日に開催されたので撮影してきました♪

その様子がコレ!!

_41A0006袋田の滝だけを照明で照らし、周囲を暗く落ち込ませることで、くっきりと滝を浮き立たせています
昨年までの華やかさはないものの、しっとりと落ち着いた大人のライトアップという印象です
今年はエレベーターで昇る第二観瀑台からもライトアップを夜20時まで楽しめるのも特徴のひとつです
他にも第一観瀑台から見た景色はこんな感じ・・・

_41A0025

今年は足元までしっかり照明で照らされているので、上から下まで流れる滝の表情を全て見ることができます

ちなみに、編集部おすすめの撮影スポットは吊り橋のところから♪

_41A0037

 

で、そんな袋田の滝のライトアップですが、実は街中でも平成27年12月1日(火)〜平成28年1月15日(金)毎日46日間開催されるのが久慈川イルミネーションです!

こちらは、茨城県久慈郡大子町大子~松沼周辺の久慈川両岸をライトアップするもの

また、期間中には・・・

袋田の滝トンネル入口で平成27年12月1日(火)〜平成28年2月29日(月)の期間、5,000枚限定で温泉入浴割引券プレゼントを実施したり、平成28年1月9日(土)午後4時からは700食限定で奥久慈しゃも法度汁のサービスなどもあったりします♪

 

ちなみに、いまの時期は大子周辺ではリンゴ狩りと旬のアップルパイが楽しめます♪

02

蜜入りの幻のりんご「こうとく」はいまだけの特別なりんごです
もちろん、摘み立てのリンゴで作ったアップルパイも市内各所で販売中

これ目当てに大子町にやってくる人も少なくありません!!

11月に入ると「ふじ」の季節になりますが、その後にも特別な品種のりんごが控えていたりと、まだまだ知られていない大子の魅力がたくさんあります

 

個人的に大子と言えば、やっぱり食べたくなるのは奥久慈しゃも!!

袋田の滝からさらに北上した七曲りでは奥久慈しゃもの炙り焼きが食べられます

_MG_7995

奥久慈しゃもというと鍋ばかりが目立ちますが、炙り焼きだと奥久慈しゃもの脂の美味しさをグッと堪能できます

これが非常に美味!!

しかも、オイル漬けにしてから焼き上げているため、肉質が軟らかくなり、しゃも特有の弾力は残しながらも絶妙な柔らかさに仕上がっています

 

もちろん紅葉情報も観光いばらきでは随時更新中!!

あと数回霜が降りるとグッと秋めいてくるとか!?

秋の奥久慈を満喫しに、大子町を訪れてみませんか?

 

ちなみに、紅葉いばらき2015の情報はコチラから!!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/koyo.html

 

back to top

「茨城をたべよう収穫祭」10月24日(土)25日(日)に開催♪


投稿日:2015年10月21日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき新人編集部の刈谷です。

さわやかな秋晴れが続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

「秋の味覚を楽しみたい!」「茨城を知りたい!」「イベント大好き!」「どこかへ出かけたい」「予定、空いてます」どれかひとつでも当てはまった人にお勧めしたい県内最大の食のイベントがこちら↓

 

いばらきをたべよう収穫祭

 

 

「茨城をたべよう収穫祭」10月24日(土)25日(日)に開催!!

 

昨年度は笠間で行われ、県内外の多くの来場者で賑わったお祭りが今年度は下妻市の「砂沼広域公園」で行われます!!

 

(過去の様子)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このイベントでは「地産地消」がテーマとなっていて、県内の新鮮で安心な農林水産物が集結。「茨城の土地でつくられたものを、茨城で味わう」をみんなで楽しむお祭りです♪

では、収穫祭の内容について紹介していきます!!

 

 

まずは、「色々なものを食べたいけど選べない、そして予算にもお腹にも限界があるので困ります(泣)」という方にお勧めしたい食イベントが「100円試食ストリート」!!

 

おいしいものたちを”100円サイズ”にして提供してくれます♪

「茨城特級ハム」「いばらきバーガー」等のご飯物から

「パンケーキ」「つくばプリン」等のデザートまで盛りだくさんの内容が楽しめます!!

手頃なお値段で、小ぶりサイズなので食べたいもの全て制覇できるかも!?

 

 

続いて、「今年ならではの食を楽しみたい!」という方にお勧めしたい食イベントが「県西うまいもんストリート」!!

 

今回の開催地である県西地域のおいしいものが集い、出店します。

例えば、下妻市が産地として有名な「梨」をつかった「梨ジャム」の販売や、八千代町の「白菜」を使用した「白菜メンチカツ」など地元の味が楽しめる「来たら食べたいうまいもん」が集まっています♪

 

 

次に、「限定、お得という言葉が大好きです!」という方にお勧めしたい食イベントが「茨城をたべよう福袋」(両日開催)と、「常陸牛無料試食」(24日(土)のみ開催)!!

 

各日200袋限定販売「茨城をたべよう福袋」

なんと3000円以上の商品が入っているんです!

福袋の価格は1500円なのでとってもお得ですよね!

中身は、県産農林水産物の加工品などで、具体的な内容は当日の「お楽しみ」♪

去年も販売を行ったそうですが、すぐ完売だったとか。

今年もすぐ完売してしまう恐れがあるので、お買い求めの方は早めの購入をお勧めします!

 

先着200名様限定「常陸牛無料試食」

こちらも去年に引き続き行われるイベントで、去年は来場者でごった返したとか。

行われる時間は当日までシークレット。当日に会場でもらえる「案内パンフレット」には時間が記入されているそうなので、お目当ての方は来場してすぐ「案内パンフレット」のチェックをお勧めします!

_MG_5238

 

この他にも食のイベントいっぱいです♪

 

 

と、ここでイベントの紹介は終わりかと思いきや・・・

「茨城をたべよう収穫祭」は食イベントだけじゃないんです☆

 

メインステージでは・・・

 

24日(土)に、「鎧塚俊彦」シェフによる

トークショー&スイ-ツ作り実演や、

よしもと芸人「フルーツポンチ」などによる

いばらきの魅力PRショー等を。

 

25日(日)には、下妻市出身のお笑いコンビ

「江戸むらさき」によるお笑いライブや、

「仮面ライダーゴースト」ショー等を行います!

 

見どころ満載のメインステージタイムスケジュールはこちら↓

 

taimu

 

(過去の様子)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

他にも「大ビンゴ大会」を両日開催!!

参加者全員県産農産物やそれらを使った加工品が当たります!

こちらは、スタンプラリーでスタンプを全て集めると「ビンゴカード」が手に入るとか。

「ビンゴカード」をゲットするには・・・

①案内所(会場内に2つあり)でスタンプラリーの用紙ゲット!

②会場内にある”4つのスタンプ”をゲット!

③スタンプが全てそろったら案内所にいって、ビンゴカードをゲット!

以上の流れでビンゴカードをゲットして、メインステージにて行われる

大ビンゴ大会に参加しよう!

ちなみに、ビンゴ大会に参加できない方には、「オリジナルクリアファイル」のプレゼントがありますので、スタンプラリーのみの参加でもお楽しみ頂けます♪

 

(過去の様子)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

その他、お魚つりゲームや缶バッチづくりなど子供が楽しめる「無料のキッズコーナー」

県産花きを使った花束づくり体験 (25日(日)のみ開催)
などが楽しめる「いばらき花フェスタ」等開催されます!!

 

(過去の様子)

 

 

 

~美味しい、楽しい、嬉しいがいっぱいの「茨城をたべよう収穫祭」に是非、お越しください!!~

_MG_2680

 

 

「茨城をたべよう収穫祭」

日時:2015年10月24日(土)10:00~16:30、25日(日)10:00~15:30※雨天決行

会場:砂沼広域公園(下妻市長塚乙4-1)

問い合わせ:茨城県農林水産部販売流通課アグリビジネス推進室

TEL:029-301-3894

TEL(当日):080-3342-5570又は080-4058-7054

 

※会場内に休憩スペースあり

※無料バスあり(下妻駅東口、下妻市役所駐車場と会場を約30分間隔で巡回)

ukai

※土浦北IC方向から車でお越しの方は、会場付近で混雑が予想されます。

う回路での来場をお勧めします。

kaijyouzu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、茨城県内では他にもグルメイベントが多数開催されます!

2015秋のいばらきグルメイベント

この機会に、茨城の味覚を存分にお楽しみください!

back to top

今年も開催!国営ひたち海浜公園「コキアカーニバル」は10月18日(日)まで!


投稿日:2015年09月24日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の佐藤です。

シルバーウィークも終わり(中には9連休の方もいるかも知れませんが…)、もうすっかり秋めいてきた今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

休みを満喫した方も、できなかった方も、茨城の秋はまだまだこれからです!

 

全国第2位の面積を誇る霞ヶ浦の観光帆引き船!

霞ヶ浦観光帆引き船

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/kasumigaura-hobikisen.html

 

果物王国の茨城で楽しむ果物狩り!

いばらきの果物狩り

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/fruits.html

 

そして忘れてはならないのが、国営ひたち海浜公園で開催されている秋の一大イベント!

「きて、みて、さわって コキアカーニバル」です!

和名をホウキグサといい、箒のような茎と丸い形が特徴的なコキア。

そのコキアが、緑から鮮やかな赤に紅葉していく時期にこのイベントは開催されています。

シルバーウィーク明けの9月24日(木)、コキアの色づき具合を見に行ってきました!

 

_MG_2337

ほのかに色づき始めてきたころでしょうか。

中には既に紅葉がかなり進んでいるコキアもありますが、全体的にまだまだ紅葉が始まったばかり。

_MG_2332 _MG_2324

 

昨年のコキアカーニバルのブログ(http://blog.ibarakiguide.jp/placeblog/2731.html)を見ていただくと分かりますが、鮮やかな赤色がみはらしの丘を埋め尽くします。

 

2014年10月15日コキア

2014年10月15日のコキアの様子

 

この風景が見られるのは例年10月上旬から中旬ごろ。

同じ時期に見頃を迎えるコスモスとの競演も必見です!

 

また、Love Flower Project として、畑の中を歩けるスペースを設置。

コキアの間を歩きながら、そっと触れて魅力を体験することができます。

_MG_2353 _MG_2357

 

記念写真も1枚どうぞ♪

_MG_2350

 

さて、コキアカーニバル開催期間中は、他にもイベントが盛りだくさん!

●ふわりん&もこ太のクイズラリー

_MG_2361

日時:期間中毎日9:00~17:00開催

場所:園内各所

園内にいる「ふわりん」と「もこ太」がクイズを出題!

全問正解すると応募できる抽選でプレゼントをゲットしよう!

(ラリーカード・応募箱は各ゲートに設置)

 

●おばけカボチャ遊ぼ!

_MG_2366 _MG_2368

日時:9月21日(月)~10月25日(日)

場所:中央芝生広場

大きなおばけカボチャを転がしたり、座ったりして遊ぼう!

 

●いばらきうまいもんどころ

日時:9月12日(土)~10月25日(日)

場所:みはらし広場 るりの台所、中央芝生広場(土日祝日のみ営業)

茨城の「旨いもん」が集結!茨城の自然が育む恵みを味わって下さい!

場所は変わりますが、みはらしの里にある「里の家特設売店」ではコキアの丘ソフトクリームといった秋スイーツの限定販売もあります!

20150924193805_00001 20150924193821_00001

 

まだまだ紹介しきれないイベントはいっぱい!

緑、緑と赤のグラデーション、赤と様々な表情を見せてくれるコキア。

時期、場所、時間帯と移ろうコキアの魅力をお楽しみ下さい!

 

きて、みて、さわって コキアカーニバル

期間:9月19日(土)~10月18日(日)

※10月4日(日)と、イベント最終日10月18日(日)は入園料無料!

※期間中は無休

場所:国営ひたち海浜公園

TEL/029-265-9001

back to top

水戸がアートとデザインに埋め尽くされる1週間!水戸クリエイティブウィーク2015


投稿日:2015年09月15日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!

シルバーウィーク直前となりどこへ出かけようか迷っている人も多いのではないでしょうか?

そんな人に朗報!!

シルバーウィークの5日間、水戸市がアートで埋め尽くされるのです♪

それがこの水戸クリエイティブウィーク2015

MCW2015_logo

この5日間はビタミンカラーのこの黄色で水戸の市街地が埋め尽くされます!
具体的にどんなイベントかというと、水戸で人気のアートイベントが大集合します

まずは水戸芸術館の開館25周年事業として開催中の

カフェ・イン・水戸 R

11934566_539588329521461_4731976993036797518_o

ここでは「ReMITO100」と題して、市内で100のアートプロジェクトを始動

「こんな感じが好き」「あの雰囲気がいい」「なんか落ち着く」など

水戸市民が日常感じている「こと」「もの」「場所」「ひと」に注目

200ページを超す公式ガイドブックを配布して

水戸の日常をアーティスティックに切り取っています♪

どこにもない新しい水戸のガイドブックを片手に街中散策を楽しめます

そして、最も注目が集まるのがこのイベント

11998854_539588246188136_7794935126183581323_n

第19回水戸短編映画祭です
水戸芸術館ACM劇場で開催されるこのイベントでは、毎年多くの若手映像作家が

発掘され、映画界へと羽ばたいています!!

19日~22日の3日間は招待作品の上映が行われ、水戸在住の鈴木洋平監督が撮った

「丸」

のオープニング上映からはじまります

初日夕方には芸術館のシンボルタワー下に大型スクリーンをはり

2015年へタイムスリップしたという想定の映画バックトゥザフューチャー2を上映

観覧無料で家族で楽しめます

11391377_500984140048547_4170214801586543898_n

ちなみに、20日Cプログラムで上映される「ヒューマン・ハイウェイ」は

ニール・ヤングが監督&主演を務めた作品

日本初上映です!!

そして、22日はコンペティション部門が開催

全9本の中から最優秀賞が選ばれます

さらに、同じく水戸芸術館で開催される人気イベントが

あおぞらクラフトいち Autumn in 水戸

11207361_539588319521462_2692765099877928664_n

毎回2万人以上の集客を誇る水戸の一大イベントです!

今年も100を超えるクラフト作家が集合

魅力的な作品をを多数出展してくれます

もちろん、20店以上の飲食店が立ち並ぶ「あおぞら食堂」も健在

まるっと一日楽しめるイベントです♪

1466028_500983460048615_4786316609923304566_n

その他にも、市内では様々なイベントが併催!!

全14のイベントが同時多発的に展開していきます

例えば、水戸芸術館からほど近く、徒歩数分のところにあるVILLAGE310では

BOOKSOUPと題した本のイベントや同所では朗読劇なども開催されます

また、ウェストヒルズ水戸ではシネポートシアター水戸とディスコパーティーが開催

11880355_530270120453282_8111930888883990057_n11225756_531365910343703_5597461423763211019_o

大人も楽しめるイベントも盛り沢山です

ちなみに会期中のスケジュールはこちら!!

003

公式フェイスブックもありますので、ぜひ参考にしてください!

https://www.facebook.com/mitocreative

観光いばらきのシルバーウィークおでかけ情報はこちらから♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.ibarakiguide.jp/seasons.html

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

back to top

郷土の伝統にふれる3日間!第31回茨城県郷土工芸品展は9月6日(日)まで開催!


投稿日:2015年09月04日   投稿者:観光いばらき特派員

posterこんにちは!観光いばらき編集部です。本日取材してきたのは、茨城県庁舎2階県民ホールで開催されている「第31回茨城県郷土工芸品展」。伝統的な技術、技法により、匠の手で創り出される、郷土色豊かな逸品を楽しむことができるイベントです。

_MG_2545 _MG_2606 _MG_2615

会場内では、茨城県各地域の伝統工芸品の実演・販売が行われています。

_MG_2608 _MG_2552_MG_2548

笠間焼【笠間市】
江戸時代後期から続く焼き物の産地。伝統を受け継ぎながらも、世界中から集まった多くの作家がそれぞれの個性を伸ばし、創造性豊かな作品を生み出しています。

こちらのブースでは体験教室も実施。体験料金はロクロ1,500円、絵付け800円(湯呑、飯碗、丸皿)※ロクロ、絵付けともに焼成代込み。また、梱包、送料は作品5つまで1,300円、作品6つから1,500円になります。

_MG_2485

_MG_2477_MG_2480

結城地方の桐下駄【筑西市】

柔らかな国産桐の素材がもつ履き心地や肌触りのよさが自慢の軽くて丈夫な桐下駄。かつては黒塗りが主流でしたが、最近では木地を活かしたものや、ヒール付きの下駄もあり、和装だけでなく、様々なスタイルにも合うデザインが多くなっています。

こちらのブースでは、ミニ下駄ストラップ作りが体験できます。先着10名のみで、料金は600円。ミニ下駄ストラップは「つまづかない」「転ばない」「足にケガをしない」と足のお守りとしても人気です。

_MG_2519 _MG_2657

大穂のほうき【つくば市】

蛤型や串型などの装飾をほどこした、手編みで仕上げる手作りのほうきです。サイズも多彩でキッチンや書斎などでも使いやすいため人気が高まり、最近では若い層の購入が増えているそうです。

_MG_2577 _MG_2585

常陸獅子頭【石岡市】

石岡のお祭り、常陸國總社宮例大祭に欠かせないのが常陸獅子です。まゆが太く力強い表情で、角がないのが特長。魔除けとして一般家庭にも根付いています。

 

また、同時開催として、茨城県各地の名産品が味わえる「いばらきの味めぐり展」も開催中!

_MG_2594

_MG_2629 _MG_2621_MG_2637 _MG_2646

ファームクーヘンフカサクの「HOKOTA BAUM」、(有)飯野屋製菓の「どら焼」、幸鹿堂の「メロンパン」など計25店が出店。茨城県各地の名産品を存分に味わうことができます♪

 

そのほかにも、会場内では様々な伝統工芸品の販売や実演、体験ができたりと、一日いても飽きることはありません。また、会場内で商品を購入した人には、工芸品などが当たる「お楽しみ抽選会」を実施しています。

今週末は是非「第31回茨城県郷土工芸品展」へ足を運んでみて下さい♪

 

第31回茨城県郷土工芸品展

●開催期間:平成27年9月4日(金)~6日(日) 10:00~16:00

●開催場所:茨城県庁舎2階県民ホール

詳しい情報はこちら

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/31th-kougei.html

back to top