阿見の島津梅林で南高梅をもぎ取ろう!梅干しや梅酒にいかがですか?


投稿日:2015年06月18日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の佐藤です。

 

「茨城 梅」で検索すると上位に出てくるのは偕楽園の梅ですが、今まさに梅のもぎ取りが出来る旬のスポットをご存知ですか!?

それがここ、霞ヶ浦に程近い阿見町の島津梅林です!

 

隕ウ蜈芽肩蝓蚕DSC_1030

 

耕作放棄地となっていた土地2ヘクタールを借り受けて整備し、現在では観光農園として約700本の梅の木が植えられています。

そこで育てられているのは、和歌山県で誕生した品種「南高梅」。

肉厚で種が小さく、完熟したものは皮が薄くやわらかいのが南高梅の特徴です。

その魅力に引かれ、県内外から毎年訪れる方も少なくありません。

 

もぎ取りは受付で袋を買うか、かごを借りるところからスタート!

そして「南高梅 もぎとり心得」を読むべし!

 

隕ウ蜈芽肩蝓蚕DSC_1032

 

実はつまんで少し力を入れるだけで簡単にもぎ取ることができます。

枝を掴んで無理にもぎ取ろうとすると、反動で他の実が落ちてしまうので注意!

 

熟読したらいよいよ梅のもぎ取りへ!

下の画像のようにやさしい手つきでもぎ取っていきましょう!

 

隕ウ蜈芽肩蝓蚕DSC_0998

 

完熟した梅、まだ熟していない梅の見分け方も教えていただきました!

熟していないものはまだ青々とした色ですが、熟してくると実が黄色みがかってきます。

 

隕ウ蜈芽肩蝓蚕DSC_1029

 

上の画像を比較してみると違いが分かりやすいでしょうか。

ちなみに、日光に当たりやすい場所は赤く色づきます。

ただ、赤くなっているからといって熟しているかどうかとはまた別なのだとか。

 

充分もぎ取りを堪能したら、受付で計量しましょう!

お値段は1キロ600円~となっています。

 

ここで梅の加工の話。

完熟したものは皮が柔らかいので、梅干しにするのがオススメ。

まだ熟しきっていない青梅は味がさっぱりしているので、梅酒や梅ジュースを作るのにオススメです。

ちなみに、梅酒や梅ジュースを作る前に冷凍庫で一晩梅を凍らせてから作ると、より梅の旨みが染み出すのだとか。

是非お試し下さい!

 

最後に、今年は気温が高い日が続いた分、梅の成熟も進んでいるそう。

また梅の実がなくなり次第、梅のもぎ取りも終了となるので早めにお越し下さい!

 

隕ウ蜈芽肩蝓蚕DSC_1038

社長の臼田さん(写真左)とスタッフの皆さん

 

株式会社 島津梅林

住所:稲敷郡阿見町島津3360-1(阿見飛行場近く)

TEL:029-886-3334、090-3515-4901

営業:9:00~16:00

ホームページ:http://www.shimazu-bairin.com/

back to top

6月中旬~下旬が見頃!青山花しょうぶ園開園中!


投稿日:2015年06月13日   投稿者:観光いばらき特派員

aoyamahanasyobuen

こんにちは!観光いばらき編集部です。

今回行ってきたのは、6月10日(水)に開園した「青山花しょうぶ園」 。

輪業を営む山崎秀雄さんが、1998年から一株ずつ植えはじめたのをきっかけに、

今では、美しい緑に囲まれた休耕地に約70種類、16,000株の花しょうぶが植えられています。

そもそも、この地に花しょうぶ園を作るきっかけは何だったのか?山崎さんに伺ったところ、

「元々は1970年(昭和45年)の6月に山で花しょうぶが咲いている姿を見て、感動したのがはじまりです。その時、農家の人にお願いして一株分けてもらって育てるようになりました」。

一株からはじまり、今では16,000株。ここまで山崎さんを魅了する花しょうぶとは一体どんな花なのだろうか?

_MG_8407花しょうぶは6月の梅雨の花とも言われ、癒しの花でもあります。江戸系、伊勢系、肥後系の3系統と、原種の特徴を強く残す長井系を含め、4系統にわけられます。ここ青山花しょうぶ園は特に肥後系が多く植えられており、その特徴は大きな花びらにあります。

_MG_8452大きなもので約15センチほど。山崎さんが花しょうぶに魅入られ、青山花しょうぶ園を作るきっかけとなったのが肥後系の花しょうぶだったということです。

_MG_8399

個人で花しょうぶ園を作るまでに、花しょうぶの虜となってしまった山崎さんに花しょうぶの魅力を聞いたところ、「最初に花しょうぶが咲いている姿を見て感動したというのが全てです。今でも朝早く、まだ日が上がる前、夜露がつぼみや葉に付いている姿がとても美しいです。そんな感動を来てくれたみなさんにも味わっていただきたいですね」と言葉では表せないのが、花しょうぶの魅力なのかもしれません。

_MG_8437

現在の開花状況は5分咲きといったところ、6月20日(土)、21日(日)には園内でステージイベントや地元の野菜販売、お茶会などがある「花しょうぶまつり」を開催!是非足を運んで、花しょうぶの魅力を感じてみて下さい。

_MG_8457

 

開花状況など詳しくはこちら

http://www.town.shirosato.lg.jp/news_kankou_kyoukai.php?code=1839

 

 

back to top

常陸太田ファーム&キッチン第7弾「とまとフェス.」まもなく開催!


投稿日:2015年06月03日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の根本です。

第1回からご紹介し続けてきた、常陸太田市のイベント

「常陸太田ファーム&キッチン」の第7弾が間もなく開催されると聞いて!

今回も試食会へお邪魔してきました。

とまとふぇす

 

平成25年からスタートし、これまで

・ぶどう ・おこめ ・いちご ・なし ・かぼちゃ ・あずき

と、市内の農作物をお題に、市内の料理人が創意工夫を凝らしたメニューを作り、期間限定で提供してきました。

生産者「ファーム」と、料理人「キッチン」が手を結び、市産品の新たな魅力を生み出す!

そんな、活気に溢れた取り組みなんです。

 

いざ、試食会会場「なごみ家」さんへ

いざ、試食会会場「なごみ家」さんへ

 

さて、今回のお題は、夏野菜の代表格・トマト。

_MG_4395

トマトといえば、わたしたちにも馴染み深い野菜ですね。

そんなトマトがメインなら、メニューも作りやすいのでは・・・?

ところが、そうはいかないのがこのファーム&キッチンです。

料理人の皆さんに、今回のメニュー開発はどうだったかと聞いてみたところ、

みなさん口を揃えて「いや~、一番難しかったかもしれませんね!」とのお答えが返ってきました。

 

_MG_4391

小倉屋食堂、なごみ家、宝月堂のみなさんです

 

過去に開催されたファーム&キッチンのレポートを見て頂ければ、察して頂けるのですが、

このイベントで提供されるメニューは、どれも創意工夫に溢れた、一筋縄ではいかないものばかり!

皆さん、メジャーどころを外して、ほかにはない自分の店だけのオリジナリティを目指して作っていらっしゃいます。

各店それぞれが仲間として、毎回切磋琢磨して、回を追うごとにレベルアップしているのです。

だから、わたしも毎回どんなグルメに出会えるのか楽しみにしています♪

 

その中で、東一町・鯨が丘商店街にある菓子処「宝月堂」さんの、今回のメニューはこちら。

常陸太田産トマトのクリームチーズ・デセール です!

 

_MG_4394

 

トマトはクリームチーズとの相性がとても良いので、それを組み合わせたひんやりスイーツを。

普段、菓子に使うのはデンマーク産のクリームチーズなのですが、それだとチーズの風味が重くなりすぎてしまうので、

トマトとの相性を考えて、さっぱり目のフランス産を使っているとのこと。

また、トマトといえばバジルなどとの相性が良いのは皆さんご存知ですが、あえて「松の実」をアクセントに使ったのもポイントです。なるほど!

間にスポンジの層を挟み、上層にはフレッシュトマトのジュレが。

下層にもトマトのカットを入れ、全体にトマトの風味を活かしたスイーツを完成させました!

今回使用した品種「桃太郎」は、酸味と甘味のバランスがとても良いので、

それを殺さずに、また必要以上に手を加えずに、組み合わせの技を駆使した逸品です。

 

お店と、生産者さんとの距離が近いのもこのフェスの魅力。

朝摘みのトマトを直接お店に取りに行き、新鮮なトマトを使えるんです。

ですが、「トマトは摘んだ直後は独特の青臭さが強いので、お菓子に使うには一日置いて香りを落ち着かせています」と、宝月堂さん。

ひと手間もふた手間もかけた、自信作はわたしもおすすめです!

 

_MG_4384

 

生産者の皆さんも、グルメに舌鼓。

常陸太田市三才町のトマト生産者・川崎さんは「自分の育てたトマトがこんな風に変身するなんて、びっくりしました!」と話していました。

 

_MG_4392

 

こちらは、市内の若い生産者が集まって結成している「4Hクラブ」のメンバー。

これまでも、ぶどうやおこめ、なし、いちごなどを提供してきたファームの皆さんです。

 

 

常陸太田ファーム&キッチン「とまとフェス.」は、

2015年6月19日(金)~7月5日(日)まで、常陸太田市内で開催されます。

今回の参加店舗は11軒、生産者が2軒です。

参加店や生産者について、詳しい情報はファーム&キッチンのホームページ

http://ho-fk.com/

でチェックしてください!

 

 

とまとのあとも、季節の市産食材を使ったフェスを企画中とのことなので、

これからも乞うご期待です!

back to top

第4回 いばらきスイートフェア2015開催!!


投稿日:2015年05月22日   投稿者:観光いばらき特派員

皆さん、こんにちは!観光いばらき編集部です!

 

いよいよ、「第4回 いばらきスイートフェア2015」が始まりました。

今日22日(金)10:30からスタート!!これから5月23日(土)、5月24日(日)の3日間、各日、洋菓子、和菓子、パン、料理の一大食のイベントが繰り広げられます。

茨城県内のイチゴやメロンなど県産食材を使用したお菓子が大集合!今年は「茨城県産お茶」を使用して作り上げたお菓子も新登場します!

スイーツ好きの私にピッタリのイベント!

 

スイートフェア

 

 

会場の茨城県庁2階でオープニングセレモニーが開催されました。

ご当地キャラ茨城県マスコット「ハッスル黄門」・水戸市マスコット「みとちゃん」・茨城国体マスコット「いばラッキー」も登場!小さいお子様にも大人気でした。

 

_MG_8916

 

 

_MG_8930

 

★洋風笠間菓子グリュイエール代表取締役でフェアの実行委員長 根本高行さん

★茨城県菓子工業組合理事長 面澤義昌さん

★茨城県副知事 楠田幹人さんは

「毎年好評をいただいています「いばらきスイートフェア」。今年で4回目の開催となり、3日間を通してたくさんのお客様に来ていただきたい。」とおっしゃっていました。

のお話の後にテープカット。

セレモニーの途中でふと横を見ると、長蛇の列が。皆さんまちにまっていたのですね。

_MG_8934

 

オープンニングセレモニーが終わり、いよいよ開場です!

いっきに開場内、人であふれました。

 

_MG_8935

 

お忙しい中、洋風笠間菓子グリュイエール代表取締役でフェアの実行委員長 根本高行さんにお話をお聞きしました。『今回のテーマは「お茶」。茨城県には、奥久慈茶・さしま茶・古内茶のお茶の産地があり、それぞれ飲み比べた所、味の違いに驚いたとのこと。そのお茶を使ってスイーツを作る事は、はじめての試みですが、試行錯誤をしながらの商品づくりに今回チャレンジしました』とおっしゃっていました。

_MG_8946

 

 

 

県庁2F県政広報コーナーでは、茨城県産のお茶の試飲・販売会が行われております。茨城のお茶の3大産地、奥久慈茶・さしま茶・古内茶のそれぞれのお茶を味わうことができます。私も一杯ご馳走に。おいしいお茶をいただきました。ぜひ、皆さんもお立ち寄り下さい!

 

_MG_8942

奥久慈茶コーナー

さしま茶コーナー

さしま茶コーナー

古内茶

古内茶コーナー

 

ここで、私が気になったお店をご紹介。

 

まずは、商品の名前も気になる

龍ヶ崎市【アルドゥール】「いも姐~茶ん」

ホワイトガナッシュにかすみがうら市産の紅あずまとさしま茶のペーストを練り込んだいも羊羹風生チョコです。

_MG_8970

 

 

 

続いて見た目も豪華な、笠間市【洋風笠間菓子グリュイエール】「真夏の貴婦人」。

去年の「いばらきスイーツ総選挙」のグランプリをとったスイーツです。旭村の光センサーの15~16度の甘いメロンのみを使い、くりぬいたメロンをそのままかぶせ、中にはメロンのピューレを使ったババロアと、さわやかな爽快感のミントのゼリーが入っています。

_MG_8965

 

その他にも、気になる商品がたくさあり、迷ってしまいます!

 

 

開場に来られたお客様にお話を伺いしました。

すぐ近くにお住まいで、スイートフェアに来られたのが今回で3回目のお母様と娘さん。人気の商品は早めに買って、その後はゆっくりお店を回るとのことです。。ロールケーキやわらびもちなどを購入しましたと笑顔で答えていただきました。

また、東海村から来られた小さいお子様をだっこしたお母様は、去年に引き続き今年も来ました!スイーツはもちろん、キッシュなども購入しましたとのことです。

皆さんたくさんお買い物をしていましたよ!

 

 

その他様々なイベントも開催しております!

 

●開催日:23日(土)・24日(日) 先着順・料金:300円

会場:庁舎2F 食堂ひばり小ホール

お茶のテーマに合わせて、呈茶席を開催いたします!
お抹茶を水戸の「梅」を使用した新銘菓と共に味わう事が出来ます。

23日(土)
水城高校 茶道部

24日(日)
(一社)茶道裏千家淡交会茨城支部青年部育成委員会
茶道裏千家淡交会茨城青年部

 

笠間焼+参加店のスイーツ=絶妙なマッチング (中川学園)

開催日:23日(土)・24日(日) 先着順・料金:500円
会場:庁舎2F 食堂ひばり大ホール

笠間焼に茨城県産の食材を使用したスイーツを乗せたセットをワンコインで数量限定販売します。イートインコーナーでそのまま食べて笠間焼はそのままお持ち帰り頂けます。

中川学園 中川調理技術専門学校

●笠間焼展示販売

開催日:22日(金)・23日(土)・24日(日)
会場:庁舎2F 県政広報コーナー

毎年好評な【笠間焼展示販売】を今年も開催致します。風情薫る笠間焼をご自宅にもいかがでしょうか?

 

最後に、茨城県観光物産協会の観光ブースをご紹介!

茨城の観光パンフレットをたくさんご用意しております。

_MG_8914

 

ぜひ、皆さんお立ち寄り下さい!

 詳しい情報はコチラから!!

http://sweets-eat.com/event/

 

 

back to top

全国からYOSAKOIチームが結集! 「常陸国YOSAKOI祭り」明日17日(日)まで開催中!


投稿日:2015年05月16日   投稿者:ibaraki

10388194_1031484020213361_8318018114367742947_n

こんにちは!観光いばらき編集部です。

今回行ってきたのは、5月16日(土)、17日(日)と2日間に渡って行われる「常陸国YOSAKOI祭り」。

12回目を迎える今年は、全国から特別招待を含む、77チームが参加!今年も初日から会場は熱い熱気に包まれています!

 

yosakoi01s

メイン会場となる大子町文化福祉会館「まいん」駐車場では、踊り子の80%が大学生以下の学生チームによるYOSAKOI甲子園(第11回学生YOSAKOI大会)、そして、踊り子の平均年齢が45歳以上のチームによる雅大会が行われました。
yosakoi02

また、大子駅前流し踊り会場では踊りながら商店街を練り歩いている姿も。このほか、本町流し会場、明日17日(日)は袋田流し会場、豊年万作会場と増え、大子町はYOSAKOI祭り一色に染まります。

 

そして!メイン会場入口には、大子自慢「おれげの うめぇ~もん市場」と称した、大子町名産の奥久慈しゃもの焼き鳥、しゃも玉焼きそば、奥久慈しゃもまんじゅうなどを販売。奥久慈しゃもは国内でも指折りの地鶏なので、この機会に是非味わってみては。yosakoi03「常陸国YOSAKOI祭り」は明日17日(日)が本番!いよいよ、全国のチームが一同に会す迫力のあるステージが繰り広げられる「YOSAKOI茨城大会」が開催されます。また、特別招待チームの「東京高円寺阿波踊り 江戸っ子連・天翔連」や「茨城県立大洗高等学校マーチングバンド部BLUE-HAWKS」も登場し、見ごたえ抜群のステージになること間違いありません!明日は是非「常陸国YOSAKOI祭り」へ行ってみてください。

back to top