常陸太田ファーム&キッチン第7弾「とまとフェス.」まもなく開催!


投稿日:2015年06月03日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の根本です。

第1回からご紹介し続けてきた、常陸太田市のイベント

「常陸太田ファーム&キッチン」の第7弾が間もなく開催されると聞いて!

今回も試食会へお邪魔してきました。

とまとふぇす

 

平成25年からスタートし、これまで

・ぶどう ・おこめ ・いちご ・なし ・かぼちゃ ・あずき

と、市内の農作物をお題に、市内の料理人が創意工夫を凝らしたメニューを作り、期間限定で提供してきました。

生産者「ファーム」と、料理人「キッチン」が手を結び、市産品の新たな魅力を生み出す!

そんな、活気に溢れた取り組みなんです。

 

いざ、試食会会場「なごみ家」さんへ

いざ、試食会会場「なごみ家」さんへ

 

さて、今回のお題は、夏野菜の代表格・トマト。

_MG_4395

トマトといえば、わたしたちにも馴染み深い野菜ですね。

そんなトマトがメインなら、メニューも作りやすいのでは・・・?

ところが、そうはいかないのがこのファーム&キッチンです。

料理人の皆さんに、今回のメニュー開発はどうだったかと聞いてみたところ、

みなさん口を揃えて「いや~、一番難しかったかもしれませんね!」とのお答えが返ってきました。

 

_MG_4391

小倉屋食堂、なごみ家、宝月堂のみなさんです

 

過去に開催されたファーム&キッチンのレポートを見て頂ければ、察して頂けるのですが、

このイベントで提供されるメニューは、どれも創意工夫に溢れた、一筋縄ではいかないものばかり!

皆さん、メジャーどころを外して、ほかにはない自分の店だけのオリジナリティを目指して作っていらっしゃいます。

各店それぞれが仲間として、毎回切磋琢磨して、回を追うごとにレベルアップしているのです。

だから、わたしも毎回どんなグルメに出会えるのか楽しみにしています♪

 

その中で、東一町・鯨が丘商店街にある菓子処「宝月堂」さんの、今回のメニューはこちら。

常陸太田産トマトのクリームチーズ・デセール です!

 

_MG_4394

 

トマトはクリームチーズとの相性がとても良いので、それを組み合わせたひんやりスイーツを。

普段、菓子に使うのはデンマーク産のクリームチーズなのですが、それだとチーズの風味が重くなりすぎてしまうので、

トマトとの相性を考えて、さっぱり目のフランス産を使っているとのこと。

また、トマトといえばバジルなどとの相性が良いのは皆さんご存知ですが、あえて「松の実」をアクセントに使ったのもポイントです。なるほど!

間にスポンジの層を挟み、上層にはフレッシュトマトのジュレが。

下層にもトマトのカットを入れ、全体にトマトの風味を活かしたスイーツを完成させました!

今回使用した品種「桃太郎」は、酸味と甘味のバランスがとても良いので、

それを殺さずに、また必要以上に手を加えずに、組み合わせの技を駆使した逸品です。

 

お店と、生産者さんとの距離が近いのもこのフェスの魅力。

朝摘みのトマトを直接お店に取りに行き、新鮮なトマトを使えるんです。

ですが、「トマトは摘んだ直後は独特の青臭さが強いので、お菓子に使うには一日置いて香りを落ち着かせています」と、宝月堂さん。

ひと手間もふた手間もかけた、自信作はわたしもおすすめです!

 

_MG_4384

 

生産者の皆さんも、グルメに舌鼓。

常陸太田市三才町のトマト生産者・川崎さんは「自分の育てたトマトがこんな風に変身するなんて、びっくりしました!」と話していました。

 

_MG_4392

 

こちらは、市内の若い生産者が集まって結成している「4Hクラブ」のメンバー。

これまでも、ぶどうやおこめ、なし、いちごなどを提供してきたファームの皆さんです。

 

 

常陸太田ファーム&キッチン「とまとフェス.」は、

2015年6月19日(金)~7月5日(日)まで、常陸太田市内で開催されます。

今回の参加店舗は11軒、生産者が2軒です。

参加店や生産者について、詳しい情報はファーム&キッチンのホームページ

http://ho-fk.com/

でチェックしてください!

 

 

とまとのあとも、季節の市産食材を使ったフェスを企画中とのことなので、

これからも乞うご期待です!

back to top

第4回 いばらきスイートフェア2015開催!!


投稿日:2015年05月22日   投稿者:観光いばらき特派員

皆さん、こんにちは!観光いばらき編集部です!

 

いよいよ、「第4回 いばらきスイートフェア2015」が始まりました。

今日22日(金)10:30からスタート!!これから5月23日(土)、5月24日(日)の3日間、各日、洋菓子、和菓子、パン、料理の一大食のイベントが繰り広げられます。

茨城県内のイチゴやメロンなど県産食材を使用したお菓子が大集合!今年は「茨城県産お茶」を使用して作り上げたお菓子も新登場します!

スイーツ好きの私にピッタリのイベント!

 

スイートフェア

 

 

会場の茨城県庁2階でオープニングセレモニーが開催されました。

ご当地キャラ茨城県マスコット「ハッスル黄門」・水戸市マスコット「みとちゃん」・茨城国体マスコット「いばラッキー」も登場!小さいお子様にも大人気でした。

 

_MG_8916

 

 

_MG_8930

 

★洋風笠間菓子グリュイエール代表取締役でフェアの実行委員長 根本高行さん

★茨城県菓子工業組合理事長 面澤義昌さん

★茨城県副知事 楠田幹人さんは

「毎年好評をいただいています「いばらきスイートフェア」。今年で4回目の開催となり、3日間を通してたくさんのお客様に来ていただきたい。」とおっしゃっていました。

のお話の後にテープカット。

セレモニーの途中でふと横を見ると、長蛇の列が。皆さんまちにまっていたのですね。

_MG_8934

 

オープンニングセレモニーが終わり、いよいよ開場です!

いっきに開場内、人であふれました。

 

_MG_8935

 

お忙しい中、洋風笠間菓子グリュイエール代表取締役でフェアの実行委員長 根本高行さんにお話をお聞きしました。『今回のテーマは「お茶」。茨城県には、奥久慈茶・さしま茶・古内茶のお茶の産地があり、それぞれ飲み比べた所、味の違いに驚いたとのこと。そのお茶を使ってスイーツを作る事は、はじめての試みですが、試行錯誤をしながらの商品づくりに今回チャレンジしました』とおっしゃっていました。

_MG_8946

 

 

 

県庁2F県政広報コーナーでは、茨城県産のお茶の試飲・販売会が行われております。茨城のお茶の3大産地、奥久慈茶・さしま茶・古内茶のそれぞれのお茶を味わうことができます。私も一杯ご馳走に。おいしいお茶をいただきました。ぜひ、皆さんもお立ち寄り下さい!

 

_MG_8942

奥久慈茶コーナー

さしま茶コーナー

さしま茶コーナー

古内茶

古内茶コーナー

 

ここで、私が気になったお店をご紹介。

 

まずは、商品の名前も気になる

龍ヶ崎市【アルドゥール】「いも姐~茶ん」

ホワイトガナッシュにかすみがうら市産の紅あずまとさしま茶のペーストを練り込んだいも羊羹風生チョコです。

_MG_8970

 

 

 

続いて見た目も豪華な、笠間市【洋風笠間菓子グリュイエール】「真夏の貴婦人」。

去年の「いばらきスイーツ総選挙」のグランプリをとったスイーツです。旭村の光センサーの15~16度の甘いメロンのみを使い、くりぬいたメロンをそのままかぶせ、中にはメロンのピューレを使ったババロアと、さわやかな爽快感のミントのゼリーが入っています。

_MG_8965

 

その他にも、気になる商品がたくさあり、迷ってしまいます!

 

 

開場に来られたお客様にお話を伺いしました。

すぐ近くにお住まいで、スイートフェアに来られたのが今回で3回目のお母様と娘さん。人気の商品は早めに買って、その後はゆっくりお店を回るとのことです。。ロールケーキやわらびもちなどを購入しましたと笑顔で答えていただきました。

また、東海村から来られた小さいお子様をだっこしたお母様は、去年に引き続き今年も来ました!スイーツはもちろん、キッシュなども購入しましたとのことです。

皆さんたくさんお買い物をしていましたよ!

 

 

その他様々なイベントも開催しております!

 

●開催日:23日(土)・24日(日) 先着順・料金:300円

会場:庁舎2F 食堂ひばり小ホール

お茶のテーマに合わせて、呈茶席を開催いたします!
お抹茶を水戸の「梅」を使用した新銘菓と共に味わう事が出来ます。

23日(土)
水城高校 茶道部

24日(日)
(一社)茶道裏千家淡交会茨城支部青年部育成委員会
茶道裏千家淡交会茨城青年部

 

笠間焼+参加店のスイーツ=絶妙なマッチング (中川学園)

開催日:23日(土)・24日(日) 先着順・料金:500円
会場:庁舎2F 食堂ひばり大ホール

笠間焼に茨城県産の食材を使用したスイーツを乗せたセットをワンコインで数量限定販売します。イートインコーナーでそのまま食べて笠間焼はそのままお持ち帰り頂けます。

中川学園 中川調理技術専門学校

●笠間焼展示販売

開催日:22日(金)・23日(土)・24日(日)
会場:庁舎2F 県政広報コーナー

毎年好評な【笠間焼展示販売】を今年も開催致します。風情薫る笠間焼をご自宅にもいかがでしょうか?

 

最後に、茨城県観光物産協会の観光ブースをご紹介!

茨城の観光パンフレットをたくさんご用意しております。

_MG_8914

 

ぜひ、皆さんお立ち寄り下さい!

 詳しい情報はコチラから!!

http://sweets-eat.com/event/

 

 

back to top

全国からYOSAKOIチームが結集! 「常陸国YOSAKOI祭り」明日17日(日)まで開催中!


投稿日:2015年05月16日   投稿者:ibaraki

10388194_1031484020213361_8318018114367742947_n

こんにちは!観光いばらき編集部です。

今回行ってきたのは、5月16日(土)、17日(日)と2日間に渡って行われる「常陸国YOSAKOI祭り」。

12回目を迎える今年は、全国から特別招待を含む、77チームが参加!今年も初日から会場は熱い熱気に包まれています!

 

yosakoi01s

メイン会場となる大子町文化福祉会館「まいん」駐車場では、踊り子の80%が大学生以下の学生チームによるYOSAKOI甲子園(第11回学生YOSAKOI大会)、そして、踊り子の平均年齢が45歳以上のチームによる雅大会が行われました。
yosakoi02

また、大子駅前流し踊り会場では踊りながら商店街を練り歩いている姿も。このほか、本町流し会場、明日17日(日)は袋田流し会場、豊年万作会場と増え、大子町はYOSAKOI祭り一色に染まります。

 

そして!メイン会場入口には、大子自慢「おれげの うめぇ~もん市場」と称した、大子町名産の奥久慈しゃもの焼き鳥、しゃも玉焼きそば、奥久慈しゃもまんじゅうなどを販売。奥久慈しゃもは国内でも指折りの地鶏なので、この機会に是非味わってみては。yosakoi03「常陸国YOSAKOI祭り」は明日17日(日)が本番!いよいよ、全国のチームが一同に会す迫力のあるステージが繰り広げられる「YOSAKOI茨城大会」が開催されます。また、特別招待チームの「東京高円寺阿波踊り 江戸っ子連・天翔連」や「茨城県立大洗高等学校マーチングバンド部BLUE-HAWKS」も登場し、見ごたえ抜群のステージになること間違いありません!明日は是非「常陸国YOSAKOI祭り」へ行ってみてください。

back to top

今年もスタート!メロンの森でメロン狩り♪


投稿日:2015年05月11日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部です。

 

ゴールデンウイークが終わり、台風6号が本州に接近…なんて話題を耳にすると、もはや春を通り越して初夏のような気分になる今日この頃ですが。

ついに今年も、茨城の「春」の味覚を味わえる季節になりました!

 

その味覚とは……これです!

ほこたメロン茨城が生産日本一を誇る「メロン」です。

メロンの収穫時期は、春と秋にやってきます。いまは「春メロン」の収穫期。

 

今回は、県の中でもメロンの収穫がさかんな鉾田市にある「フォレストパークメロンの森」さんに取材に行って来ました!

 

15

メロンの森では、「ほこたメロン」や「優妃」、メロンの森オリジナル品種「さやか」など、複数品種のメロンを生産・直売しています。

ここで買えるメロンは、普段スーパーなどで目にするメロンとは違うポイントがあるんです!

それは…「完熟」なこと!!

 

IMG_0047

通常、メロンは収穫してからスーパーに並び、わたしたちの手元に来るまでの間に「追熟」されています。

つまり、収穫されたときにはまだ熟しきっていない状態ということ。

身が柔らかくなる食べごろを待ってから、食べることが多いですよね。

 

ですが、メロンの森ではハウスの中で完全に熟した実を収穫!

買ったその日に、新鮮で美味しいメロンを味わうことが出来るんです。

 

さて、メロンの森の魅力は買えることだけにとどまりません。

ここでは珍しい「メロン狩り」を体験することが出来ます!!

 

 

フォレストパークメロンの森・2015年の春メロンのメロン狩りは、5月2日からスタートしました。

というわけで…今回は特別に、メロン狩りを体験させてもらってきました!

メロン狩りのプランは、狩る数や試食のボリュームなどによって複数のコースが用意されていますので、

お好みに合わせて選べます。

今回は、メロン1つ+試食半個のコースを体験しましょう!

受付を済ませたら早速、車に乗り込んでハウスへ向かいます。

 

IMG_0053

メロン狩り用ハウスは複数用意されていて、その時によって最も良いハウスに案内してもらえます。

品種を選ぶことはできませんが、メロンを知り尽くしたプロが「いま美味しいメロン」のあるハウスへ連れて行ってくれるのでご安心を!

 

IMG_0048

ハウスの中に入ると、こんな感じでメロンがたくさん。

「この中から、好きなものを選んでくださいね~」

えっ、そう言われても、どのメロンが完熟してるのか…素人目には見分けがつきません!

コツを教えてくださ~い!!

 

14

「おまかせください!」

メロンの森のスタッフの皆さんに、完熟であま~いメロンの見分け方を教えてもらいました。

メロン集合

たくさんありますが、どれが完熟メロンかな~?

お姉さん、ヒントをください!

IMG_0055

「そうですね~。わたしが選ぶなら、このあたりですね!」

さすがはプロ。パッと見て、完熟メロンを見分けたようです。

 

「いくつかポイントがあるんですよ。まずは、メロンの葉の部分に注目してみてください」

IMG_0051

 

このように、葉が褐色になって枯れているのが完熟のしるしなんだそう!

さらに、網目が均一に強く浮き出てきていれば完璧です。

ちなみに大きさの差は味に関係ないので、大きなメロンを選びましょう!

 

メロン狩り

 

よーし、これに決定します!

決めたら、はさみでツルをチョキンと切りましょう。

 

IMG_0054

自分で収穫したメロンです!食べるのが待ち遠しいですね。

 

さて、ハウスから戻ってきたら、お待ち兼ねの試食タイム。

試食会場

「メロンの森」という名前の通り、森の中で緑に囲まれながらメロンを味わうことが出来ます。

ここではバーベキューも出来るので、仲間で遊びにくるのにもピッタリです!

材料もセットになったプランがあるので、ぜひホームページをチェックしてみてください。

http://www.melonnomori.com/

 

 

12

これは「ほこたメロン」の青肉果。ほこたメロンには、青肉と赤肉があります。

スプーンを差し入れてみると、いつものやわやわなメロンのイメージとはちがって身が固く感じます。

これが鮮度の証!

身の柔らかさ=成熟度 ではないんです。身が固くともしっかり熟していて甘い!

フレッシュでジューシー、いやみのない爽やかな味わいに、感動しました。

 

IMG_0041

 

こちらもオススメ。今年から新たに販売開始された、メロンソフトクリームです。

メロンの森で収穫した生メロンを搾ったフレッシュジュースと、ソフトクリームミックスを1:1で混ぜ合わせたアイス。もちろん香料ゼロ。

メロンの風味を堪能出来る、ぜいたくなアイスです!

「商売目当てじゃなくて、スタッフが食べたいっていうから作ったんです(笑)」とは、メロンの森社長・白井さんの言葉。

スタッフさんも大満足の美味しさ。ぜひこちらも味わってみてくださいね!

 

 

フォレストパークメロンの森・2015年春メロン狩りは、7月12日まで開催です。

(7月5日~12日は摘果済み品のお渡しになります。また、天候によりメロン狩りせず摘果済み品のお渡しになる場合もあります)

 

おひとり様から受付OK。土日祝日は、予約なしでも可能です(予定数に達した場合は受付できないこともあります)

平日、またバーベキューは要予約となりますので、事前にメロンの森事務所へお問い合わせの上来園してください。

 

フォレストパークメロンの森について、詳しくは、「絶品いばらき」でもご紹介しています!

http://www.ibaraki-meisan.gr.jp/?page_id=6448

メロン狩りプランなど、さらに詳しい情報はメロンの森HPをチェック!

http://www.melonnomori.com/

 

 

 

 

 

 

 

back to top

天を仰ぐ千匹の鯉!「第26回竜神峡鯉のぼりまつり」5月17日(日)まで開催中!


投稿日:2015年05月01日   投稿者:観光いばらき特派員

 koinoborimatsuri

こんにちは!観光いばらき編集部です。

今回行ってきたのは、4月25日(土)から開催している「第26回竜神峡鯉のぼりまつり」 。

県内有数の雄大さとV字渓谷を誇る竜神ダム上空に約1,000メートルのワイヤーロープが張ってあり、そこに鯉のぼり約1,000匹が壮大に群泳する姿はまさに圧巻です!

_MG_6781

koinobori02

茨城県の奥久慈県立自然公園の中にある竜神峡。竜神峡にひろがるV字形の美しい渓谷の中を流れる竜神川をせき止めた竜神ダムの上に竜神大吊橋はかけられています。そして竜神大吊橋はその大きさ、全長446m、中央支間は375mもあり、歩行者専用としては「本州一」の長さの吊橋なんです。ダム湖面よりの高さは100m、橋の上からの眺めは絶景で、四季折々のパノラマが広がります。またバンジージャンプの人気スポットとしても有名で、シーズン常設開催サイトとしては日本最大級!

_MG_6825

吊橋を渡った正面には竜神大吊橋のシンボル「竜神カリヨン」と「木精の鐘」(もりのかね)というカリヨン施設があり、愛・希望・幸福の3種類の澄んだ音色が竜神峡にこだまします。愛の鐘は2人でボタンを押さないとならないため、カップルに人気。ここの愛の鐘を鳴らすと幸福になるとか・・・是非鳴らしてみてください。

kane

また、「水府物産センター」では、地元の名産やお土産を販売。特に常陸太田市特産の「凍みこんにゃく」(30g)650円やバンジージャンプにちなんだ「竜神バンジー×竜神峡 竜ちゃんモナカ」3個入490円などがおすすめです。

omiyage

「鯉のぼりまつり」期間中は地域の特産や山菜の展示即売する「物産市」も行っているので、地元の味を堪能してみては。

bussanichi

 

「鯉のぼりまつり」は5月17日(日)まで開催中!美しい景色の竜神峡で鯉のぼりが壮大に泳ぐ様を、是非一度ご堪能してみてください♪

そして、スリル満点!日本最大級のバンジージャンプも受付中です!

詳しくは

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/ryujin-bungy.html

_MG_6710

back to top