GWは世界屈指の絶景を鑑賞!国営ひたち海浜公園ネモフィラハーモニー開催中!!


投稿日:2015年04月28日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!
現在、国営ひたち海浜公園ネモフィラハーモニーへいってきました。
そんなネモフィラは4/28現在で8分咲
まさに今からGW期間中が見ごろです!!

_MG_6092

ネモフィラはカリフォルニア原産の一年草。
ギリシャ語の nemos(小森)と phileo(愛する)が 組み合わさった言葉で、森の周辺に生息していることが 多いところからきています。

_MG_6107
和名を瑠璃唐草(るりから くさ)といい、日本には 1877 年に渡来しました。

 

そんなネモフィラを国営ひたち海浜公園では3.5ヘクタールという広大な面積に450万本植栽!!
今年は、4月に入ってから日照不足と降雨が続いたため、生育が心配されましたが、無事例年通りのいまから見頃を迎えることができました。

海浜公園北西部、海岸沿いにある「みはらしの丘」一面に咲き誇るネモフィラは、規模・花数ともに日本一です。

ですが、その一面青の景色・・・近くに寄って見てみると、ひとつひとつの花の小ささに驚かされます。

この可憐な花と青い空と海がつくり出す青一色の世界。ここにしかいない春の風景を全身で体感してください。

_MG_6096

しかも、4/29(水・祝)からは開園時間を通常より早め、通常9:30が7:30に!!
早朝にしか見ることのできないネモフィラを特別公開します。
朝露をまとった瑞々しいネモフィラは一輪ずつが美しさを増します。
澄んだ空気の中、刻一刻と表情を変えるネモフィラからも目が離せません!!

 

また、「みはらしの丘」東側の斜面には、昨年に引き続き、『みはらしの丘』の海側 斜面にネモフィラで創る地上絵が描かれています!
_MG_6103

 

空をイメージさせる青いネモフィラの中を、白いネモフィラで描かれた鳥が飛翔する様子を、二種類の ネモフィラの絵で表現しています。

昨年は白いネモフィラの苗を植えました が、今年は種から生育。

2 年目の地上絵は実は観覧車から見るのがオススメです♪

 

また、スイセンとともにフラワリング2015を彩るチューリップもまだまだ見ごろ!!

_MG_6188

 

262品種27万本のチューリップが林床を埋め尽くします。

会場となる「たまごの森フラワーガーデン」は同じ場所で早咲きと遅咲きの球根を組み合わせて植えつけているため、見るタイミングによって違った表情を楽しめるのがポイント!

そのため、GW期間中もまだまだ楽しめるわけです。

_MG_6199

 

そんなネモフィラハーモニーですが、GW期間中は毎日2万人を超える来園者が押し寄せます!!
そこで、駐車場と迂回路のチェックはお忘れなく!!

 リアルタイム駐車場情報はココ

  → http://hitachikaihin.jp/info/parking_gw2015.html

 迂回路情報はココをチェック

  → http://hitachikaihin.jp/access/detour_route.html

8947fbdf0932c264a88c8130732ade40

 

個人的にはチューリップの原種コーナーが好きです(笑)

_MG_6233

back to top

茨城県陶芸美術館 開館15周年記念展「没後20年 ルーシー・リー展」


投稿日:2015年04月20日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部です。

今回ご紹介するのは、茨城県陶芸美術館開館15周年を記念する企画展「没後20年ルーシー・リー展」です。ルーシー・リーは、ウィーン出身で、ロンドンを拠点に「ルーシー・リー様式」とよばれる独自のスタイルを打ちたてた世界的に有名な陶芸家です。

 

20150418110309_00001

 

 

 

ルーシー・リーの作品は、国内でも人気が高く、現代の陶芸家たちに大きな影響を与えています。今回の企画展は、総点数200点にもおよび、そのほとんどが日本未発表の作品ばかり。今回5会場を回る企画展で、茨城県陶芸美術館からスタートなんです。

どんな作品に出会えるのか期待がふくらみつつ早速中へ!

 

 

まず入口を入って最初に出会えるのが、ルーシーの学生時代の作品で、今回「新発見」されウィ-ンから運ばれてきました。

イエローやブルー、オレンジの色彩が目を引きます。こちらは20代の頃の作品。技術や表現力が若い頃から豊かな女性だったのだなと感じられます。

_MG_2546

 

続いてのロンドン時代の作品。雰囲気がらっと変わり 白と黒をベースに シンプル・モダンなデザインになります。普段の生活に実際に使われていたとのことですが、今では考えられないでね。

_MG_2577

 

ルーシー・リー作品の特徴は、洗練されたスタイル、1点1点が違う作品、ギリシア・エジプト・中国陶磁・など様々な世界の影響を受けているとのことです。好奇心旺盛で努力家の方だったんですね。

また、ろくろでどのようにしたら美しい形ができるのか、常に新しいことを試し、そのつど新しい発見が生まれ同じものがない作品が生まれてきました。

 

103

 

 

この作品は、2種類の土をろくろでまわしながら形作り、土そのものが模様になっています。

_MG_2602

 

 

また、こちらの掻き落としという独自の文様で繊細な線が表現されています。ルーシー・リーはこの一本一本の線をフリーハンドで引いていたとのこと。私だったら、気の遠くなる作業です。

 

_MG_2583

_MG_2699

 

今回の「ルーシー・リー展」は、陶芸美術館内の2つの会場で開催されており、2階の第2会場では、ルーシー・リーがロンドンに亡命した後に制作していたボタンも展示されています。

 

_MG_2675

ボタンも、形・色・つや・デザインがすべて異なり、名前がついているのもあります。

 

_MG_2654_MG_2646

 

また、今回の企画展と一緒にご覧いただきたいのがこちら。

 

 

茨城県会場では、入口にいすが飾られているのですが、ルーシー・リーが通ったウィーン工業美術学校の先生のひとりであったヨーゼフ・ホフマンがデザインした椅子です。ルーシーが生まれ育ったウィーンの香りが感じられますね。

_MG_2688

 

また、同館では「没後25周年里中英人展」も併せて開催中ですが、里中さんも、ルーシー・リーの作品を好きだった方の一人。里中さんは実際に作品も持っていて、その作品をモチーフの一つにした作品が今回展示されています。

こちらがその作品。ルーシー・リーのポットの作品が見え隠れしています。

 

_MG_2682

こちらが、実際に里中さんが所蔵し、現在茨城県陶芸美術館で所蔵されているルーシー・リーの作品。

_MG_2696

「ルーシー・リー展開催記念の陶芸コンテスト」の受賞作品も展示されていますので、こちらもぜひご覧ください。

 

 

_MG_2693

最後に、今回取材にご協力していただいた首席学芸員柳田さんは、「鉢」や「花瓶」のバリエーションの多さや、ひとつひとつの作品のフォルムの美しさを見ていただきたい。展示も工夫しており、さまざまな角度から作品を堪能してほしいとのことです。また、ピンクや黄色、緑などの色彩の作品が目をひきますが、ルーシー・リー自身は、白が好きだったとのこと。作品にも白の様々なバリエーションがあり、こちらもぜひ実際にご覧になっていただきたいとのことです。

 

私も実際に見て、どれも素敵な作品ばかりでしたが、私のお気に入りの作品はこちら。鮮やかなきいろの色がとても目を引きました。

_MG_2638

 

みなさも、実際に作品をご覧になってお気に入りの作品をみつけてください!

 

 

「没後20年 ルーシー・リー展」の会期・会場等のご案内です。

会期:4月11日(土)~6月21日(日)

会場:茨城県陶芸美術館 地階企画展示室、2階県民ギャラリー

開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日:月曜日(ただし5月4日(月)は閉館、7日(休館)

観覧料:一般820(670)円、高校生・大学生620(510)円、小学生・中学生260(210)円

*()内は20名以上の団体料金。満70歳以上の方。障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方。(ただし1人につき1人まで)は無料。土曜日は高校生以下無料。

 

今後開催される関連催事のお知らせ

・講演会「ルーシー・リー、ハンス・コパーと私」

5月9日(土)13:30~

定員:120名(先着順・当日整理券を発行)

・講演会「ルーシー・リー 多彩な技法、その魅力に迫る」

5月24日(日)13:30~

定員:120名(先着順・当日整理券を発行)

・ギャラリートーク

5月16日(土)、6月6日(土)

13:30~

担当学芸員が展覧会をご案内。*企画展チケットが必要です。

 

 

 

詳細はこちら

茨城県陶芸美術館(笠間市笠間2345番地)

HP

http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/

 

 

back to top

日本花の会・結城農場の桜見本園を一般公開します!


投稿日:2015年04月07日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の佐藤です。

茨城県内各地ですでに桜の見頃を迎えているところが多数!

さくら*いばらき2015では、桜の開花状況や名所、イベント情報をお届けしています。

先週末の4月4日・5日はあいにくの天気でしたが、お花見を楽しんだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も4日に神栖市の神之池緑地公園、5日に日立市の平和通りの桜を見てきました!

天気がよければもっときれいなんだろうな…と少し残念な気持ちになりつつも、やはり桜は心惹かれるものがあります。

 

そんな春爛漫の中、4月11日(土)~4月19日(日)に日本花の会・結城農場で桜見本園の一般公開を行います!

国内外から収集した珍しい桜が咲き誇る様子を見ることができるチャンス!

 

彩の広場 2014.4.17  0014

 

【日本花の会とは】

1962年4月に設立。

桜の苗木を国内外に寄贈する「桜の名所づくり」をはじめ、「花のまちづくり」や技術指導、桜の再生・保全などを手掛ける「花と緑の調査・研究」といった活動を行っています。

 

桜見本園では、桜の品種を系統ごとに分けて展示・保存。

大きく分けて3つの区域に分類されます。

一つ目は、およそ13,000坪の園内に約350種の桜を展示・保存する「品種見本園」。

日本各地だけでなく、欧米や東アジアなどからも桜を収集しています!

 

見本園-1 2014.4.20  0008

 

二つ目は、桜の品種を組み合わせた植え方のモデルを提案しているモデルガーデン。

10品種の八重桜が立ち並ぶ「十色桜の並木」、開花時期の異なる桜を組合せ、池の周辺に植栽した「憩いの広場」、さらに枝垂れ桜と八重桜が楽しめる「彩りの広場」があります。

 

十色桜の並木 2014.4.23  0003

 

三つ目は、苗生産施設と苗木生産圃場。

ここで育成された苗木は全国に出荷され、3年後に花を咲かせ始めます。

現在まで、国内外に配布した累計本数はなんと220万本に達するのだとか!

期間中は見学も可能です。

 

さて、簡単に結城農場の説明をしてきました。

ここで、桜見本園で保存されている品種の内、特に珍しい品種のごく一部をご紹介します。

 

御衣黄(ギョイコウ)

ギョイコウ 09.04.19 07

黄緑色の花が大きな特徴。その花色から、古くから栽培されていたと考えられています。

 

 

松月(ショウゲツ)

ショウゲツ 09.04.19 09

淡い紅色で大輪の花が咲きます。もともと東京の荒川堤で栽培されていた品種。

 

 

須磨浦普賢象(スマウラフゲンゾウ)

スマウラフゲンゾウ 09.04.19 03

神戸市の須磨浦公園に植えられていた普賢象の突然変異種。黄緑色の花色が特徴。

 

 

駿河台匂(スルガダイニオイ)

スルガダイニオイ 06.4.22      00005

白い花が咲くこの品種。名前にも表れている通り、芳香が非常に強いのが特徴的です。

 

 

梅護寺数珠掛桜(バイゴジジュズカケザクラ)

バイゴジジュズカケザクラ06.4.22      00002

国の天然記念物。親鸞上人の逸話があり、数珠のように花が繋がって咲く様子から名づけられたとか。

 

ここまで5種紹介してきましたが、実は日本花の会ホームページには、桜図鑑というコーナーが。

380種もの桜に関する桜の形や色、特徴を一覧で掲載しています!

あらかじめ予習していくのもいいかもしれませんね。

また、日本花の会では「舞姫」という新品種も作っています。

まだまだ茨城で桜をお楽しみ下さい!

 

【桜見本園一般公開】

公開期間:4月11日(土)~4月19日(日)

公開時間:10:00~15:30

場所:茨城県結城市田間2217

入場料・駐車料:無料 ※駐車スペースに限りがあるので、団体で来園する際は事前に申込みを。

問い合わせ:公益財団法人日本花の会結城農場

Mail:hananokai@hananokai-yuuki.jp

ホームページ:http://www.hananokai.or.jp/

※掲載写真はすべて(公財)日本花の会の提供

 

一般公開期間以外でも見学は可能ですが、桜の維持管理作業のため見学に支障が出る場合があります。ご注意下さい。

 

また、4月12日(日)まで結城市の城址歴史公園で結城さくらまつりが開催中!

期間中はボンボリも設置し、150本のソメイヨシノが楽しめます。

一番の見頃は過ぎてしまうかもしれませんが、併せてお楽しみ下さい!

back to top

約1200年前から続く、7年毎の「西金砂神社小祭礼」第199回が開催されました!


投稿日:2015年03月31日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!
観光いばらき編集部の根本です。

先週末、ひさびさに常陸太田の実家でのんびりと過ごしてまいりました。
ちょうどその時期、3/26~29の期間で、7年に一度開催される大きなお祭り「西金砂神社小祭礼」が開催されると聞き、28日に久しぶりに母と一緒に見に行ってきました!

_MG_2232

 

小祭礼は、今回で199回を数えるそう。未年と丑年の3月に行われる予定の祭礼です。
予定の、というのは、この祭礼は毎回、神社を支える氏子地域の代表が話し合って、催行するかどうかを協議するのがしきたりだからです。
そんな古くからのしきたりが多数残る小祭礼。はじめて行われたのは815年…なんと平安時代から続いています!

 

常陸太田市金砂郷地区にある西金砂神社から、同市水府地区を通り、市中心地区の馬場仮殿まで行列で歩いた後にまた戻ってくる……。そんな合計4日間の行程で行われます。

神輿、世話人、そして神社の氏子などなど大勢が行列を成して街道を行く姿は、まさに7年ごとの大祭に相応しい圧巻の風景!ですが「小祭礼」という名前の理由は、同地区では72年に一度の「大祭礼」があるからなのです。

 

ちなみに平成15年に行われた大祭礼は、各メディアでも取り上げられ大きく話題になりました。私の父も行列に参加していたので、非常に思い出深いものです。次回の開催は平成87年。前回を見逃した方は、ぜひ見られるといいですね!

 

さて、4日間に渡って繰り広げられる小祭礼ですが、その中でもいくつかの見どころがあります。
道中の宿場となる中染、そして和田、馬場、西金砂神社で行われる「田楽舞」!
金砂田楽とも呼ばれるこの舞は、国選択・茨城県指定無形文化財にも指定されています。
お恥ずかしながら、小祭礼のことは何度も見物したことがあれど、実はこの田楽舞はしっかり見たことがなかった私。
今回こそはこの目でしかと見なければ!と心に決めて、和田の祭場に向かいました。

 

_MG_2188

10時半に行列が到着予定だったので、9時半ごろ和田の祭場に到着すると…既にこんなに多くの人出が!
中央に田楽舞の舞台が設置され、その横にはずらりと山車が並んでいました。

 

_MG_2196_MG_2206

この7つの山車は、和田の祭事を取り仕切る7つの各地区が出しているもの。舞台の上では、手踊りや奏上が行われ祭事に華を添えています。

そんな山車を見ながら待っていると、神輿行列が到着したとのアナウンスが!

 

_MG_2208

すごい歓声です。

_MG_2216_MG_2225

朝に中染を出立して約7kmを徒歩でここまでやってきました。
到着して、まずは祭祀が執り行なわれます。

_MG_2248

この祭礼は、そもそも「天下泰平」「五穀豊穣」「万民法楽」を祈願して催されるもの。その願いを込めた祝詞奏上、そして御祓いを受ける地域の皆さん。真剣です。

 

そしてついに、田楽舞の奉納!
アナウンスとともに、舞台の周りに大勢が詰め掛けます。

_MG_2261

舞は4段からなる構成になっています。
天狗の面が印象的な「四方固め」
笑いの面(大国主命)が獅子を従える「獅子舞」
五穀豊穣を願って籾を蒔く「種子まき」
そして最後の「一本高足」です。

_MG_2292

種子まきでは、まかれる籾を手にしようと皆さんが手を伸ばします!

_MG_2296

どうやら縁起物のよう。見事ゲットできました!やった!

 

せっかくだからと、御神輿にも御挨拶。

_MG_2331
そしてこの榊も縁起物と言われているのだそう。そういえば、大祭礼の際に父も榊を頂いてきていました!

 

私と母も頂戴してきました。家族平安に過ごせるよう、大事にしたいと思います。

 

ちなみに、このあとも神輿行列はまだまだ歩きます。

午後6時ごろ、ようやっと馬場近くへ到着。

_MG_2369

沿道からは「お疲れ様です」と声がかかります。また、御神馬に乗った宮司さんからは「こんばんは」との声も♪

 

第199回の小祭礼も、多くの皆さんのお力で無事催行されました。
次回は200回!この節目の祭礼、ぜひ皆さんも見に常陸太田へいらして下さい!!

 

常陸太田のみどころは、観光いばらきでもグッと詳しくご紹介しています!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/good-ryujinkyo.html

back to top

国指定史跡の虎塚古墳壁画を一般公開します!


投稿日:2015年03月25日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の佐藤です。

ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園ではフラワリング(flowering)2015と題してイベントを開催するなど、春の訪れを感じる時期となってきました。

 

さて、そのひたちなか市にある虎塚古墳を皆さんはご存知でしょうか。

虎塚古墳は、7世紀のはじめ頃(約1400年前)に作られたとされる前方後円墳。

昭和48年に行われた調査を経て、歴史的・学術的な価値が認められ国の史跡指定を受けました。

そんな虎塚古墳では、毎年春と秋の期間限定で壁画の一般公開を行っています!

toratuka02

 壁画は古墳の後円部にある横穴式石室に描かれたもの。

幾何学文様をはじめ、槍や盾、大刀といった当時の武器・武具を見てとることができます。

toratuka08

7世紀初頭に造られた古墳の中で、彩色された壁画があるところは大変珍しいそう!

1400年という途方もない年月を身近に感じることのできるチャンスです!

 

また、虎塚古墳からは全長38cm程の漆塗小太刀や、小刀である刀子などが出土。

toratuka04

 これらは、古墳のすぐ近くにあるひたちなか市埋蔵文化財調査センターに展示されています。

toratuka01

虎塚古墳の出土品だけではなく、他の史跡から発掘された埴輪や土器も収蔵。

なんと縄文時代以前の石器も!

toratuka05 toratuka06

 

さらに、虎塚古墳から300mのところには県指定史跡である十五郎穴(横穴墓群)もあります。

古墳時代末期から奈良時代にかけて造られた集団のお墓。

toratuka03

現在、272基の横穴墓が確認されており東日本最大級の横穴墓群と考えられています。

大刀や勾玉など様々な出土品が発見されています。

 

十五郎穴と虎塚古墳の外観は常時無料で見学が可能。

穏やかな春の季節に、歴史に触れてみてはいかがでしょうか。

 

toratuka09

虎塚古墳壁画平成27年春季一般公開

場所:虎塚古墳史跡公園(茨城県ひたちなか市中根3494-1)

期間:3月26日(木)~3月29日(日)、4月2日(木)~4月5日(日)

時間:9:00~12:30、13:30~16:30

壁画見学料金:大人150円(120円)、小人80円(60円) ※( )内は30名以上の団体料金

お問い合わせ:

ひたちなか市教育委員会総務課文化財室

TEL 029-273-0111(内線7308)

ひたちなか市埋蔵文化財調査センター

TEL 029-276-8311

虎塚古墳事務所(公開期間中のみ)

TEL 029-273-3663

 

虎塚古墳の最寄り駅であるひたちなか海浜鉄道中根駅では、壁画の春季一般公開期間に合わせて自転車の無料貸し出しを実施しています。

中根駅から虎塚古墳まで自転車で約15分、春を感じながらのんびりサイクリングを楽しんではいかがでしょうか。

駐車場はないので、ひたちなか海浜鉄道湊線やスマイルあおぞらバス等の公共交通機関をご利用ください。

 

期間:3月26日(木)~3月29日(日)、4月2日(木)~4月5日(日)
受付場所:勝田駅湊線乗り場、那珂湊駅窓口
受付時間:8:00~14:30
貸出場所:中根駅ホーム特設駐輪場
(勝田駅か那珂湊駅で事前に受付を済ませてから貸し出しとなります。※台数に限りあり)
貸出料金:無料
※受付時に保証金(1,000円)が必要。戻った際に返金されます。

また、那珂湊駅でも常時レンタサイクルを行っています。
料金は、2時間100円、保証金1,000円(保証金は戻った際に返金)です。

那珂湊駅から虎塚古墳までは自転車で20分程度。

詳細はひたちなか海浜鉄道ホームページをご確認下さい!

 

ひたちなか海浜鉄道

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/

レンタサイクルに関するページはこちら

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/blog/2015/03/04/3667.html

back to top