茨城県の個性派道の駅♪


投稿日:2019年07月22日   投稿者:ibaraki

本日は、道の駅特集!
茨城県の個性派道の駅をご紹介いたします^ ^

久慈しゃもやりんご、奥久慈茶、ゆば、凍みこんにゃくなど
土地の美味しい特産物が楽しめます!

2階にはなんと日帰り温泉施設も!
ドライブでの疲れも癒してくれる嬉しい施設です。

詳しくはこちら♪

道の駅 奥久慈だいご

【新鮮な海の幸が味わえる!道の駅 日立おさかなセンター】

久慈漁港のすぐ近くにある地元鮮魚店が軒を連ねる
市場スタイルの道の駅。

名物は自分の好きな海鮮を買ってのせる「味勝手丼」と浜焼き。

詳しくはこちら♪

道の駅 日立おさかなセンター

【独自の商品開発で注目!道の駅 ひたちおおた~黄門の郷~】

お土産をゲットしたい方はこちら!
「他にはない、ここにしかない商品」が魅力の道の駅。

地元の新鮮野菜が味わえるレストランも併設!

詳しくはこちら♪

道の駅 ひたちおおた〜黄門の郷〜

【2019年7月オープン!グランテラス筑西】

北関東最大級の複合型グランドステーション
地元産の食材を楽しめる、レストラン&カフェのほか様々な店舗が軒を連ねます。

広場や遊具、ドッグラン、農業体験、BBQなど
家族連れでも楽しめる、広々とした立地を活かした「遊べる道の駅」です!

詳しくはこちら♪

道の駅「グランテラス筑西」OPEN

その他にも、茨城には道の駅がたくさん!
観光いばらき 道の駅特集はこちら♪

茨城県の「道の駅」大特集

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
茨城県各所へのお出かけをお楽しみください♪

back to top

海水浴シーズン到来です!


投稿日:2019年07月11日   投稿者:ibaraki

七月に入り海水浴シーズン到来です!
家族でのお出かけにおすすめ!抜群のロケーションでデートにおすすめ!
近くて楽しい、きれいで安全「いばらきの海水浴場」をご紹介いたします。

ご家族におすすめの海水浴場を4ヶ所ピックアップ♪
家族でのお出かけのご参考にどうぞ!


周辺にはレジャー施設も!
「会瀬海水浴場」(北茨城・日立市)

日立駅からもっとも近い海水浴場。
駅周辺には科学館やプラネタリウム、かみね動物園もありレジャーにも最適です。

【車で】常磐自動車道「日立中央IC」から約15分
【駐車場】有り(有料)
【電車で】JR常磐線「日立駅(海岸口)」から徒歩10分


海のすべり台が大人気
「平磯海水浴場」(県北・ひたちなか市)

堤防で囲まれたコンパクトな海水浴場。
波が穏やかなので家族連れにはぴったり。
波間に浮かぶ すべり台「くじらの大ちゃん」が子供達に大人気です。

【車で】北関東自動車道「ひたちなかIC」から5km
【駐車場】私営100台(普800円)
【電車で】ひたちなか海浜鉄道湊線「平磯駅」から徒歩10分


珍しい海水のプール!
「姥の懐マリンプール」(県北・ひたちなか市)

潮の満ち引きを利用した海水プール。
家族連れに大人気のレジャースポットです

【車で】北関東自動車道「ひたちなかIC」から7km
【駐車場】公営100台(普800円)
【電車で】ひたちなか海浜鉄道「殿山駅」から徒歩15分


岩場で小さな海の生き物を観察できる!
「大洗海水浴場」(県央・大洗町)

日本の渚百選に選ばれている、森林を背景に自然風景が美しい海水浴場。
岩と岩に囲まれた自然のプールのような海水浴場で、
カニやヒトデなども観察でき、小さな子供も楽しめます。

【車で】北関東自動車道「水戸大洗IC」から国道51号で約7km
【駐車場】公営1,100台(普800円、中1,020円、大2,460円、バイク330円)
【電車で】鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「大洗駅」下車

ロケーション抜群!デートにもおすすめな海水浴場を4ヶ所ピックアップ♪
海遊びはもちろん海の景観を楽しみたい方におすすめの海水浴場です!

白い砂浜と海の青のコントラスト!
「高萩海水浴場」(県北・高萩市)

高萩駅から歩いて10分という、絶好のロケーションに恵まれた海水浴場。
遠浅のきれいな海と白い砂浜のコントラストが魅力です。

【車で】常磐自動車道「高萩IC」から市街地まで5km
【駐車場】公営200台
【電車で】JR常磐線「高萩駅」下車


青松と白い灯台の景観が美しい海!
「久慈浜海水浴場」(県北・日立市)

久慈漁港と日立港に隣接し、白い灯台と紺碧の海。
白浜と青松のコントラストが抜群な景観をみせる海水浴場です。

【車で】常磐自動車道「日立南太田IC」から約15分
【駐車場】有り(有料)
【電車で】JR常磐線「大甕駅」からタクシーで約15分

茨城のナポリと呼ばれる
「阿字ヶ浦海水浴場」

海岸線が約1.5キロに渡って美しい弧を描く海水浴場です。
カップルや小さい子供のいる家族連れにも人気です。

【車で】北関東自動車道経由 常陸那珂有料道路「ひたち海浜公園IC」から1.5km
【駐車場】公営200台(普1,000円)
【電車で】ひたちなか海浜鉄道湊線「阿字ヶ浦駅」から徒歩5分


眺めの良さが人気!
「日川浜海水浴場」(鹿行・神栖市)

広くて白い砂浜と眺めの良さが人気の海水浴場。
家族連れにも人気で、駐車場料金が無料というのも魅力です。

【車で】東関東自動車道「潮来IC」から国道124号
【駐車場】公営600台(無料)
【電車で】JR成田線「下総橘駅」からタクシーで約15分

もっと詳しく海水浴場を調べたい方はコチラをご覧ください!

いばらきの海水浴場

最後までご覧いただきありがとうございます♪
茨城県各地でのお出かけをぜひお楽しみください!

back to top

茨城のおすすめあじさいスポット


投稿日:2019年06月13日   投稿者:ibaraki

本日は茨城のおすすめあじさいスポットについてのご紹介です♪
雨が降っても絵になるあじさいは、梅雨の時期のお出かけにぴったりです!

おすすめスポット.1
「雨引観音」(桜川市)
雨引観音あじさい祭も開催しています♪
毎年6月10日~7月20日 8:30~17:00

安産・子育てのご利益が名高い寺院で、40年ほど前「梅雨の時期でも参拝客の心を晴れ晴れとさせたい」という思いからあじさいが植えられ、今では約10種3000株のあじさいが楽しめます。

また、2012年にオープンした「薬膳中華茶坊 三笠」は、お食事処としても利用できます♪

「雨引観音」
茨城県桜川市本木1
https://www.ibarakiguide.jp/seasons/ajisai/amabiki-kannon.html

おすすめスポット.2
「二本松寺」(潮来市)
平安時代初めに創建されたと伝えられる二本松寺。
あじさいの杜では、あじさいが約100種類・10000株植栽されています。境内の見どころを含めて30~40分の散策コースも完備されているので、梅雨時のハイキング気分を味わいたい方におすすめです!

「二本松寺」
潮来市堀之内1230
https://www.ibarakiguide.jp/seasons/ajisai/other-ajisai-spots.html#id1


おすすめスポット.3
「保和苑」(水戸市)
水戸黄門が寺の庭を愛されて「保和苑」と名付けたことが始まりとされています。

現在水戸のあじさいまつりを開催中♪
2019年6月9日(日)から6月30日(日)に開催される「水戸のあじさいまつり」では約100種6,000株のあじさいが咲き競います。

「保和苑」
茨城県水戸市松本町13-19
https://www.ibarakiguide.jp/seasons/ajisai/other-ajisai-spots.html#id2

おすすめスポット.4
「涸沼自然公園」(茨城町)
広大な敷地の涸沼自然公園は、涸沼のほとりの自然を丸ごとアウトドア施設として提供しています。

また、園内の「あじさいの谷」では、6月22日(土)~7月15日(月・祝)の期間中あじさいまつりを開催しており、色とりどりに咲いたあじさいが訪れる人たちの心を和ませてくれます。
2019年6月30日(日)に行われる「ひぬま あじさいまつり」では、夜を彩る”あじさいライトアップ” / いばらきまち にぎわいマーケット / お楽しみビンゴゲーム大会 / しじみ汁一杯100円 などなど、楽しいイベントが盛りだくさん♪

「涸沼自然公園」
茨城県東茨城郡茨城町中石崎2263

あじさいスポット「その他のオススメ」

back to top

68回水郷潮来あやめまつり


投稿日:2019年06月12日   投稿者:ibaraki

本日は現在開催中の第 68回水郷潮来あやめまつりのご紹介です♪

昭和51年に開園した歴史ある観光スポット「水郷潮来あやめ園」では、第 68回水郷潮来あやめまつりを開催しています♪

約500種類・100万株の色とりどりのあやめ(花菖蒲)が栽培されています。美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれるなど、優れた景勝地として人気を集めています。

あやめまつり期間中に「水郷潮来」を楽しめる

かつて日常の交通手段や嫁入り時に利用されていた「ろ舟」に、本物の花嫁さんが乗って当時の嫁入りを再現した様子を見ることができます。舟にゆられて対岸の婿のもとへ向かう、情緒豊かな嫁入りの様子を楽しめます♪

期間中は、こちらの「ろ舟」に乗れる「ろ舟遊覧」も毎日行っています!

期間中 毎日18:00~22:00は、
「水郷潮来あやめ園」園内では、あやめのライトアップも行っています。昼間とは異なる、幻想的な雰囲気のあやめを楽しんでみてはいかがですか?

第 68回水郷潮来あやめまつり
2019年5月25日(土)~6月23日(日)まで

開催場所
水郷潮来あやめ園

back to top

160年前にタイムスリップ!弘道館で梅と歴史を楽しんできました!


投稿日:2019年03月08日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは。2月の終わり頃から暖かい日が続いたおかげで、梅もすっかり満開になりましたね。連日たくさんの人が訪れている「水戸の梅まつり」ですが、偕楽園だけでなく、弘道館も会場となっています。その弘道館に先日行ってきましたので、中の様子をご紹介します。

 

弘道館は、江戸時代に第9代藩主徳川斉昭により今からおよそ160年前の1857年に開設された旧水戸藩の藩校、つまり当時の学校でした。当時の敷地面積は全国一の広さを誇り、天文台から神社、砲術場まで、さまざまな施設が整備された総合的な教育施設だったそうです。

「みんなが楽しめる」偕楽園に対して、「みんなが学べる」弘道館といったところでしょうか。

 

徳川斉昭公

 

明治維新以降、学校としては閉鎖された弘道館ですが、戦争を経て現存している部分は国の重要文化財や国の特別史跡にも認定されており、現在でも、当時の様子をうかがい知ることができます。

 

 

さらに今の時期は弘道館の敷地中に梅が咲き誇り、その歴史に思いを馳せるような建物とのコントラストがさらに梅の美しさを引き立ててくれているようにも感じます。

 

 

弘道館は大人200円、小人100円の入館料が必要です。入館料を支払って敷地の中に入ってみると、目に入ってくるのはたくさんの梅に囲まれた「正庁」そして「至善堂」。そしてその周りをぐるっと歩く散策路の入口が。こちらは梅を楽しみながら、さまざまな角度から弘道館を楽しむことができるのでおすすめです。

 

 

敷地内のところどころには、「水戸の六名木」と呼ばれる品種も見ることができます。写真のように梅の名前が紹介されているので分かりやすいと思います。

 

 

散策路を1周するとちょうど正庁の入口に。靴を脱いで、中を見学することができます。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような映画のセットのような場所ですが、お忘れなく。こちらは「ホ・ン・モ・ノ」なのです!

 

 

正庁は学校御殿ともいわれ、試験会場や儀式に使われたとのこと。160年ほど前も今頃は卒業式のようなことが行われていたのでしょうか。隣接する至善堂も「諸公子の勉学所」だったそうですが、15代将軍徳川慶喜が大政奉還後、なんとここで4ヶ月間謹慎生活を送っていたそうです。

 

 

撮影は許可されていませんが、歴史を学べる貴重な史料も多数展示されています。ボランティアガイドさんが分かりやすく解説もしてくれますので、気になることがあったらぜひ話を聞いてみてください。

 

 

時間もゆっくりと流れているかのような錯覚に陥るほど、静かで格調高い空間が弘道館にはありました。160年前の人々もここでこうして梅の花の下、友人や恋人と、夢や愛を語りながら散策したり勉学に励んでいたのかと思うと、とてもロマンチックですね💞

 

 

弘道館は梅が終わっても、4月には正庁玄関前の「左近の桜」が見事な花を咲かせます。すぐ近くの三の丸庁舎のお堀の桜も人気スポットです。

年度末のお仕事や、新生活・新学期にちょっと疲れを感じたときは、ぜひ弘道館へ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

 

いよいよ梅満開の「水戸の梅まつり」は弘道館と偕楽園で3月31日まで開催中。

「第123回 水戸の梅まつり」平成31年2月16日(土)〜3月31日(日)

 

弘道館については、先月リニューアルオープンした弘道館公式サイトもぜひご覧ください。

弘道館〜日本最大規模の藩校 江戸時代の総合大学〜 (茨城県水戸市)

back to top