約1200年前から続く、7年毎の「西金砂神社小祭礼」第199回が開催されました!


投稿日:2015年03月31日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!
観光いばらき編集部の根本です。

先週末、ひさびさに常陸太田の実家でのんびりと過ごしてまいりました。
ちょうどその時期、3/26~29の期間で、7年に一度開催される大きなお祭り「西金砂神社小祭礼」が開催されると聞き、28日に久しぶりに母と一緒に見に行ってきました!

_MG_2232

 

小祭礼は、今回で199回を数えるそう。未年と丑年の3月に行われる予定の祭礼です。
予定の、というのは、この祭礼は毎回、神社を支える氏子地域の代表が話し合って、催行するかどうかを協議するのがしきたりだからです。
そんな古くからのしきたりが多数残る小祭礼。はじめて行われたのは815年…なんと平安時代から続いています!

 

常陸太田市金砂郷地区にある西金砂神社から、同市水府地区を通り、市中心地区の馬場仮殿まで行列で歩いた後にまた戻ってくる……。そんな合計4日間の行程で行われます。

神輿、世話人、そして神社の氏子などなど大勢が行列を成して街道を行く姿は、まさに7年ごとの大祭に相応しい圧巻の風景!ですが「小祭礼」という名前の理由は、同地区では72年に一度の「大祭礼」があるからなのです。

 

ちなみに平成15年に行われた大祭礼は、各メディアでも取り上げられ大きく話題になりました。私の父も行列に参加していたので、非常に思い出深いものです。次回の開催は平成87年。前回を見逃した方は、ぜひ見られるといいですね!

 

さて、4日間に渡って繰り広げられる小祭礼ですが、その中でもいくつかの見どころがあります。
道中の宿場となる中染、そして和田、馬場、西金砂神社で行われる「田楽舞」!
金砂田楽とも呼ばれるこの舞は、国選択・茨城県指定無形文化財にも指定されています。
お恥ずかしながら、小祭礼のことは何度も見物したことがあれど、実はこの田楽舞はしっかり見たことがなかった私。
今回こそはこの目でしかと見なければ!と心に決めて、和田の祭場に向かいました。

 

_MG_2188

10時半に行列が到着予定だったので、9時半ごろ和田の祭場に到着すると…既にこんなに多くの人出が!
中央に田楽舞の舞台が設置され、その横にはずらりと山車が並んでいました。

 

_MG_2196_MG_2206

この7つの山車は、和田の祭事を取り仕切る7つの各地区が出しているもの。舞台の上では、手踊りや奏上が行われ祭事に華を添えています。

そんな山車を見ながら待っていると、神輿行列が到着したとのアナウンスが!

 

_MG_2208

すごい歓声です。

_MG_2216_MG_2225

朝に中染を出立して約7kmを徒歩でここまでやってきました。
到着して、まずは祭祀が執り行なわれます。

_MG_2248

この祭礼は、そもそも「天下泰平」「五穀豊穣」「万民法楽」を祈願して催されるもの。その願いを込めた祝詞奏上、そして御祓いを受ける地域の皆さん。真剣です。

 

そしてついに、田楽舞の奉納!
アナウンスとともに、舞台の周りに大勢が詰め掛けます。

_MG_2261

舞は4段からなる構成になっています。
天狗の面が印象的な「四方固め」
笑いの面(大国主命)が獅子を従える「獅子舞」
五穀豊穣を願って籾を蒔く「種子まき」
そして最後の「一本高足」です。

_MG_2292

種子まきでは、まかれる籾を手にしようと皆さんが手を伸ばします!

_MG_2296

どうやら縁起物のよう。見事ゲットできました!やった!

 

せっかくだからと、御神輿にも御挨拶。

_MG_2331
そしてこの榊も縁起物と言われているのだそう。そういえば、大祭礼の際に父も榊を頂いてきていました!

 

私と母も頂戴してきました。家族平安に過ごせるよう、大事にしたいと思います。

 

ちなみに、このあとも神輿行列はまだまだ歩きます。

午後6時ごろ、ようやっと馬場近くへ到着。

_MG_2369

沿道からは「お疲れ様です」と声がかかります。また、御神馬に乗った宮司さんからは「こんばんは」との声も♪

 

第199回の小祭礼も、多くの皆さんのお力で無事催行されました。
次回は200回!この節目の祭礼、ぜひ皆さんも見に常陸太田へいらして下さい!!

 

常陸太田のみどころは、観光いばらきでもグッと詳しくご紹介しています!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/good-ryujinkyo.html

back to top

国指定史跡の虎塚古墳壁画を一般公開します!


投稿日:2015年03月25日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の佐藤です。

ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園ではフラワリング(flowering)2015と題してイベントを開催するなど、春の訪れを感じる時期となってきました。

 

さて、そのひたちなか市にある虎塚古墳を皆さんはご存知でしょうか。

虎塚古墳は、7世紀のはじめ頃(約1400年前)に作られたとされる前方後円墳。

昭和48年に行われた調査を経て、歴史的・学術的な価値が認められ国の史跡指定を受けました。

そんな虎塚古墳では、毎年春と秋の期間限定で壁画の一般公開を行っています!

toratuka02

 壁画は古墳の後円部にある横穴式石室に描かれたもの。

幾何学文様をはじめ、槍や盾、大刀といった当時の武器・武具を見てとることができます。

toratuka08

7世紀初頭に造られた古墳の中で、彩色された壁画があるところは大変珍しいそう!

1400年という途方もない年月を身近に感じることのできるチャンスです!

 

また、虎塚古墳からは全長38cm程の漆塗小太刀や、小刀である刀子などが出土。

toratuka04

 これらは、古墳のすぐ近くにあるひたちなか市埋蔵文化財調査センターに展示されています。

toratuka01

虎塚古墳の出土品だけではなく、他の史跡から発掘された埴輪や土器も収蔵。

なんと縄文時代以前の石器も!

toratuka05 toratuka06

 

さらに、虎塚古墳から300mのところには県指定史跡である十五郎穴(横穴墓群)もあります。

古墳時代末期から奈良時代にかけて造られた集団のお墓。

toratuka03

現在、272基の横穴墓が確認されており東日本最大級の横穴墓群と考えられています。

大刀や勾玉など様々な出土品が発見されています。

 

十五郎穴と虎塚古墳の外観は常時無料で見学が可能。

穏やかな春の季節に、歴史に触れてみてはいかがでしょうか。

 

toratuka09

虎塚古墳壁画平成27年春季一般公開

場所:虎塚古墳史跡公園(茨城県ひたちなか市中根3494-1)

期間:3月26日(木)~3月29日(日)、4月2日(木)~4月5日(日)

時間:9:00~12:30、13:30~16:30

壁画見学料金:大人150円(120円)、小人80円(60円) ※( )内は30名以上の団体料金

お問い合わせ:

ひたちなか市教育委員会総務課文化財室

TEL 029-273-0111(内線7308)

ひたちなか市埋蔵文化財調査センター

TEL 029-276-8311

虎塚古墳事務所(公開期間中のみ)

TEL 029-273-3663

 

虎塚古墳の最寄り駅であるひたちなか海浜鉄道中根駅では、壁画の春季一般公開期間に合わせて自転車の無料貸し出しを実施しています。

中根駅から虎塚古墳まで自転車で約15分、春を感じながらのんびりサイクリングを楽しんではいかがでしょうか。

駐車場はないので、ひたちなか海浜鉄道湊線やスマイルあおぞらバス等の公共交通機関をご利用ください。

 

期間:3月26日(木)~3月29日(日)、4月2日(木)~4月5日(日)
受付場所:勝田駅湊線乗り場、那珂湊駅窓口
受付時間:8:00~14:30
貸出場所:中根駅ホーム特設駐輪場
(勝田駅か那珂湊駅で事前に受付を済ませてから貸し出しとなります。※台数に限りあり)
貸出料金:無料
※受付時に保証金(1,000円)が必要。戻った際に返金されます。

また、那珂湊駅でも常時レンタサイクルを行っています。
料金は、2時間100円、保証金1,000円(保証金は戻った際に返金)です。

那珂湊駅から虎塚古墳までは自転車で20分程度。

詳細はひたちなか海浜鉄道ホームページをご確認下さい!

 

ひたちなか海浜鉄道

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/

レンタサイクルに関するページはこちら

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/blog/2015/03/04/3667.html

back to top

イベント盛りだくさん!「古河桃まつり」盛大に開催中!!


投稿日:2015年03月21日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき・絶品いばらき編集部の滝口です。

今、そしてこれからの茨城県は「花真っ盛り!!!」 まずは梅。「水戸の梅まつり」も「筑波山梅まつり」も今月まで。お見逃しなく! →→→梅色いばらき

そして、これからはなんといっても桜。「土浦桜まつり」は3月21日(土)から。「日立さくらまつり」は4月1日(水)からです。 →→→さくら*いばらき

 

そして、もう一つあるんです。それが桃。「古河桃まつり」が昨日からスタート。本日、開会式が行われたので、行ってきました!

momo2015_01

 

「古河桃まつり」の会場は、古河総合公園(茨城県古河市鴻巣399-1)。実は、私は昨年も開会式の取材に行ったのです。しかし、そのときは強風と雨で中止と残念な結果に・・・。

それが今回は晴天!会場にはこんなにたくさんの人が遊びに来ていました!!

momo2015_02

 

momo2015_03開会式で挨拶をする菅谷憲一郎市長。昨年の「古河桃まつり」には、約18万人が来場したとのこと。名実ともに、古河市を代表するビッグイベントです。関係者の熱の入れようが伝わってきました。

 

 

 

 

 

そして、まつりを鮮やかに彩ってくれるのが、「古河桃むすめ」の皆さん。左から大塚きららさん、殿岡明香里さん、米澤早紀さん、藤原夢子さん。皆さんお名前がステキすぎっ!!期間中は会場にいらっしゃいますので、いっしょに記念撮影をどうぞ!

momo2015_04

 

この「古河桃まつり」は、楽しいことが盛りだくさん!会場内には露天がたくさんあります。肉厚ステーキ、焼きそば、ぎょうざ、どれも美味しそうです。写真右は古河名物「鮒(ふな)甘露煮」の木村屋。桃まつりのお土産にぜひどうぞ。

momo2015_05  momo2015_06

 

写真左は古河で唯一の酒蔵・青木酒造。天保二(1831)年創業の老舗です。酒販店の信州屋酒店も出店。古河の地酒もお土産に最適ですよ。

momo2015_07  momo2015_08

 

momo2015_09この他にも猿回し、大道芸、気球乗り、人力車、ガマの油売り口上などなど、本当にイベントが盛りだくさん。

momo2015_10

 

 

 

 

 

 

 

子供から大人まで、家族みんなが楽しめます。美しい桃の花を眺めながら、思う存分愉しんでください。

 

 

 

 

最後に、なぜ古河市では桃の花を大切にしているのかをご紹介。それは江戸時代にさかのぼります。当時、古河藩は燃料となる薪が不足していました。そこで初代藩主の土井利勝(どい としかつ)は、成長の早い桃を育てることを考えます。そして江戸で家臣の子供たちに桃の種を拾い集めさせ、古河に送って農民に育てさせたのです。桃の木は薪として、果実は食料として重宝されました。時は移って現代、この故事にちなみ古河総合公園に桃林がつくられ、「古河桃まつり」がスタートしたというわけです。

momo2015_11

 

「古河桃まつり」は4月5日(日)まで開催中。ぜひ、お越しください!!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/momo.html

 

 

 

back to top

3月21日(土)大洗マリンタワー2Fにガルパン(GIRLS und PANZER)カフェ「ガルパン喫茶Panzer vor」がオープン!


投稿日:2015年03月20日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは観光いばらき編集部です!

人気アニメ『ガールズ&パンツァー』(以下:ガルパン)のコラボレーションカフェ「ガルパン喫茶Panzer vor」(パンツァーフォー)が3月21日(土)に大洗マリンタワー2Fにオープンしたので取材に行ってきました!

_MG_2809

『ガールズ&パンツァー』ことガルパンとは?

大洗町にある架空の女子高「県立大洗女子学園」を舞台に、大和撫子のたしなみとされる「戦車道(せんしゃどう)」に打ち込む女子高生の日常を描いたアニメ。

 

「PANZER VOR」がオープンするきっかけとは?

_MG_2851そもそも「Panzer vor」がオープンするきっかけは何だったのか?店長の室賀さん(写真中央左)にお話を伺ってみました。

「元々、ガルパンのファンで好きだったというのもあるんですが、やっぱり震災がきっかけですね。震災の後、先の見えない復興や風評被害によって落ち込んでいた街や人を、団結させたのはガルパンだと思ってます。そういう風にアニメが復興に役立ったことに感動をしまして、自分も何かやれないかと考えるようになったのがきっかけですね」。

元々店長の室賀さんは千葉県で別の仕事に就いていたのだが、「Panzer vor」をオープンさせるために大洗町に移住し、今回のオープンに至ったということです。

「Panzer vor」は、そんな室賀さんの熱い思いが随所に見られるお店です。

 

細部までこだわった店内。まさに「ガルパン」ワールド

GP05

店内に入ると、あんこうチームの大きなイラスト、そして各所には、作中でキャラクターが愛用しているぬいぐるみが配置されていたり、同じく作中に登場したクッションが用意されているなど、細かな部分にもこだわりが。奥へ進むと、なんと!壁から戦車の砲身が飛び出し、さらにキャタピラが石垣を壊して飛び出しています!ちなみに石垣部分は作中での「戦略大作戦」(映画)のパロディで登場した石垣を再現したものだそうです。他にも作中に登場する戦車を図面風にアレンジしたイラストなどもあり、このこだわりぶりにはファンもたまらないでしょう。

 

作中で登場したメニューから、大洗の特産を使ったメニューまで充実

GP02そして料理も『ガルパン』にちなんだものが充実!第1話で登場した大洗女子学園学食のサバ(味噌)煮定食(850円)、昨年公開されたOVAの中でアンツィオ高校のランチタイムでも登場した「アンツィオ屋台の鉄板ナポリタン」(850円)。また大洗の名産・カジキを使った「カジキカツカレー」(850円)「大洗カジキドッグ」(1,000円)なども用意。大洗マリンタワーから絶景を眺めながらの食事は最高です。

GP03

 大洗マリンタワーの2Fは震災以降、ずっと使われていなかったのですが、今回の「Panzer vor」をきっかけに再生し、活気ある場所になって欲しいと思いました。「ガルパン」ファンの人はもちろん、興味のある人は是非一度足を運んでみてください。

ちなみに、営業案内などはコチラを御覧ください。

http://www.oarai-mt.jp/

今年の11月21日には完全新作劇場版も全国公開されるとの事!ますます大洗から目が離せないですね!!

back to top

ただいま開催中!日本で最も珍しい世界中の野生ランコレクション!つくば蘭展!!


投稿日:2015年03月17日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!!

今週末22日まで開催中のつくば蘭展へ行ってきました。

つくば蘭展|筑波実験植物園_20150123

植物多様性を知る・守る・伝える筑波実験植物園は国立科学博物館のひとつの研究機関として、一般公開している実験植物園と非公開の標本庫からなる施設です。
特に標本庫には150万点を超える標本を収蔵されており、世界中の科学者の研究に活用されています。

また、筑波実験植物園には7,000種類を超える植物が保存栽培。中でもラン科の植物は3,000種類!!

単子葉植物の中でも特に種類の多いラン科だけあり、ここ筑波実験植物園でも数多くの種類が栽培されています。

そんな筑波実験植物園で、この企画展のために開花時期を厳選した約500種類のランが展示さてれいます。

 

筑波実験植物園の企画展の中でも特に人気の蘭展。

約14 万㎡の園内の中で会場となっているのは熱帯資源植物温室と多目的温室、研修展示館の3会場。ここで、3つの大きな企画といくつかの関連企画が用意されています!!

 

その内、洋蘭好きが1番目を引くのは第一会場で開催されている「つくば洋蘭会&水戸市植物公園蘭科協会作品展」♪

_MG_2080

この温室にはつくば洋蘭会と水戸植物公園蘭科協会の会員の皆さんが育てた、約300種類の洋蘭が展示されています。

中には、栽培技術に優れ、かつ花の色味が濃く大きく、珍しい品種が多く出品されています。

001

特に、このつくば蘭展を開催するに当たりボランティアで協力しているつくば洋蘭会の皆さんの美しく咲いた作品には、そのできばえを評したリボンが添えられています。
鑑賞するときの参考になさってください!!

会場のボランティアとしても協力しているつくば洋蘭会は会員約80名、1996年に発足したランを愛するアマチュア栽培家の皆さんの集まりです♪

第一会場にはそんなつくば洋蘭会の方が洋蘭の育て方など、簡単な説明をしてくれるブースもありますので興味のある方は是非足を運ばれては!?

_MG_2085

さて、次はこのつくば蘭展のメイン会場となる第二会場です!!
世界有数の野生ランの保全施設である筑波実験植物園が有する「つくばコレクション」の中から、会期中に美しく咲いた花を中心に系統保存された野生ラン200点が公開されています。

中には、日本国内ではここでしか鑑賞することができない珍しい種や新種発表に使用された実物のランも!!

そんな中、今回の蘭展でメインとなっているのはこのデンドロビウム・トランキミアヌム!

002

この種が2004年に発表された、まさにその株がコレです!!

発表をしたのは筑波実験植物園で研究員をなさっている遊川知久さん。

_MG_2069

そんな遊川さんにこの第二会場でぜひとも見て欲しいランをふたつ選んで頂きました!!

003

ひとつは左のミルメコフィラ・ティビキニス!!
手前の美しい花の奥にあるのが本体です。
樹の上で生育し、茎の中は空洞で蟻を住まわせて外敵から身を守っているのだとか!!
そして、もうひとつは写真右側のメガスティリス・グランドゥロサ。

オーストラリアの北東部に位置する島・ニューカレドニアの固有種です。

18年ほど前に調査隊が現地から持ち帰ってきた種で、緑色に見えるのが花!!

自生地以外でこのランが鑑賞できるのは世界的にみてもとても貴重なのだとか♪

他にも数少ない貴重な野生ランが一度に鑑賞できるのはまさに日本全国探してもここだけの特別な体験!!

004

観賞用のランにはない野生種ならではの美しさはまさに感動!!

この企画展を見逃すなんてもったいないかもしれません♪

また、第三会場では小笠原諸島の自然とランをテーマにした写真展を開催。

_MG_2122

世界自然遺産に登録された小笠原諸島を保護する東京都レンジャー協力の下、とっても貴重な写真を楽しむことができます。

ひと口に小笠原諸島といっても、生息地も違えば開花時期も違う固有種8種を含む、18種類のランの姿を見ることができる世界で初めての展示です。

 

さて、週末の来場も良いのですが、個人的にはぜひ平日の来場をおすすめします!!
なぜなら、この蘭展で個人的に一番注目したい企画が平日限定で開催されているからです♪

それが、筑波実験植物園が誇るラン男子によるコンシェルジュサービス「オーキッド・ホスト」。

これだけ多くのランにも、それぞれにストーリーがあり、自然を生き抜く戦略や形状があったりします。

そんなストーリーを熱く語ってくれるのが研究員や栽培担当者からなるラン男子です!!

_MG_2074

この日担当してくれたのは研究担当の谷亀高広さん!!

第二会場でその熱弁をふるってくれましたが、谷亀さんが最もヒートアップしたのは第3会場2Fの小さな企画「ビー・オーキッド」の展示でした♪

_MG_2151

花を蜂に擬態しておびきよせ、花粉を蜂に付着させ、他の花に受粉をうながすという戦略をとるビー・オーキッド!!
特にヨーロッパに生息するオフリスというグループのランがとる生態的戦略を熱く語る谷亀さん!!
これだけのオフリスが集まって展示されているのも、日本広しといえどもここ筑波実験植物園だけ♪

005

ベルベットのようなモフモフしたオフリスの花の毛の生える方向や、蜂をおびきよせるフェロモンはこのランが発する話など、その情熱はさすが研究員!!

ちなみに、さきほど登場してくれた遊川さんもラン男子として登場予定♪

平日14時からがおすすめです!!

 

きれいなだけでなく、植物の多様性やそのストーリーまで楽しめるつくば蘭展!!

おすすめです!!

 

国立科学博物館 筑波実験植物園

029-851-5159

茨城県つくば市天久保4-1-1

入園料(一般)310円/(高校生以下・65歳以上)無料

9:00~16:30 ※最終入館は16:00

ホームページ

 

_41A2499

back to top