花火シーズン到来!山﨑煙火製造所で花火の話を聞いてきました 


投稿日:2014年07月10日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の花島です。

いよいよ夏本番!花火シーズン到来ですね。

観光いばらきホームページでも

いばらきの花火大会

花火カレンダーがアップされています。そんなカレンダーをご覧になりながら、今年は花火大会巡りなどはいかがでしょう。

 

そこで今回は、花火作りの現場をみせていただこうと、「山﨑煙火製造所」にお邪魔しました。牛久沼のほとりで110年も花火を作り続けている、大小合わせると年間約3万個の花火を製造する花火屋さんです。

 

まずはほとんど見ることはない、仕込み風景からご紹介しましょう。

仕込み風景

仕込み風景

配合した火薬を丸い形状にしたものを「星」というのだそうです。写真はその星を玉皮と呼ばれるボール紙でできた半球の容器に並べているところ。夜空に、丸く美しく上がるためには、この仕込みの際に均等にバランス良く星々を並べる事が重要。そこは「職人の腕とセンスがものをいう工程」(山﨑芳男代表取締役)なのだそうです。そして、花火の基本は夜空にまん丸に上がる「割物(わりもの)」。どんな華やかな花火が誕生しても、基本は割物の美しさに尽きるのだとか。

 

 

これが割物です(写真はイメージ)

これが割物です(写真はイメージ)

次の工程が玉張りです。

玉張り風景

 「糊付けしたクラフト紙を完成した玉に貼っていきます。何重にも紙を貼っていく事で玉に張りと呼ばれる強度を付け、それにより割火薬の爆発する威力とそれを押さえつけ様ようとする玉殻の反発力で夜空に大きな花火が花開きます(山﨑煙火製造所ホームページから抜粋)」

 

 

06_MG_8628-6

 

この台の上に並べ、花火を乾かします。今は何も載ってなくて殺風景ですが、完成した花火がゴロンゴロンと並ぶ様は圧巻です。

 

 

07_MG_8636-7

 

 工場の敷地は広々としており、製造工程ごとにそれぞれ小さな部屋が用意されています。

 

割物の雄!完成した10号玉と山﨑さん

 割物の雄!完成した10号玉と山﨑さん。10号玉の直径は30cm!

山﨑煙火製造所を率いるのは、山﨑芳男代表取締役。祖父、父と続く3代目。100年を超える山﨑煙火製造所の歴史の中でも、この20年は変化が著しい時代だったといえそうです。

 

山﨑芳男代表取締役

山﨑芳男代表取締役

 

円筒形の打ち上げ筒を会社名を記しオブジェに

円筒形の打ち上げ筒に会社名を記しオブジェに

小高い場所にある駐車場からは牛久沼が一望できます

小高い場所にある駐車場からは牛久沼が一望できます

 

山﨑さんが家業を引き継いだのは今から43年前、19歳の時でした。実はその時点で山﨑家は、80%は農業、残りの20%で花火を作っている「兼業農家」でした。

当時の需要の多くは、運動会やお祭りの開催を知らせる「合図」花火、同じく合図のために「煙」を出す花火で、それらを合わせて「昼物(ひるもの)」と呼ばれてました。

 

時代の変化の中で、花火は進化!今では「夜物(よるもの)」最盛期となりました!

いくつもの花火を連続して打ち上げる「スターマイン」の登場は、花火の世界を大きく変えました。大会の花形プログラムともいえるスターマインは、コンピューターで遠隔操作ができる「点火器」の進化がもたらした福音です。それまでは人の手で一つひとつ点火、頑張って呼吸を合わせても、数秒のずれが生じてしまいました。現在の優れもの点火器は、プログラム通りに0.1秒の精度で打ち上げることができ、狙い通りの「速射連発」が可能になったのです。

 

花火の華やかさを語る上でもう一つ重要なことがあります。彩りと輝きです。

製造者たちの研鑽の結果、「紅、緑、青」が主流だった彩りに、中間色が出現しました。淡い緑や淡い青などが加わり、花火の表情はとても豊かになりました。量や配合はそれぞれ独自に研究。秘伝もあるそうで「ああ、この色はうちのだ、とすぐ分かります」と山﨑さん。

輝きも同じです。花火を白や銀色に輝かせるために使うマグネシウム、アルミニウムなどのほか、今まで使われなかった金属も試行錯誤しながら取り込み、より強い輝きを放つ花火が多くなりました。

 

 

さて、花火製造の様子はいかがでしたか。

まさに一つひとつ手作りで、花火師さんの細かいところまで手を抜かない熱意があってこそ、観客である私たちは、あのような美しい瞬間が味わえるのだと知りました。

一瞬で消えてしまう花火、長い積み重ねの末に訪れる至福の一瞬なのだと見る前に、感動!!

 

山﨑煙火製造所の花火は、いなしき夏祭り、常総きぬ川花火大会、とりで利根川大花火、神栖市花火大会、土浦全国花火競技大会ほかで見ることができます。

 

山﨑煙火製造所のホームページはこちら↓↓↓

http://www.yamazakienka.jp/

back to top

第6回なめがた金魚すくいまつり&全国金魚すくい選手権大会北関東大会


投稿日:2014年06月29日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です。
週末になると茨城県では、県内各地でいろいろなイベントが開催されています!!
そんなイベントの中にはちょっと珍しい催しも♪

今回はそんなちょっと珍しいイベントをレポートします。
2014年6月29日(日曜)に茨城県行方市で開催されたイベントです!

その名も

第6回なめがた金魚すくいまつり 兼全国金魚すくい選手権大会北関東大会

_MG_0858

金魚の養殖も盛んな行方市!
そんな行方市で行方金魚すくいの会が設立されたのは2008年のこと。
金魚すくいを観光資源のひとつとして掲げ、金魚の養殖地として毎年なめがた金魚すくいまつりを開催しています。

そんな6回目となる今大会は昨年を100名近く上回る372名の一般参加者がこの大会に参戦しました。
ちなみに、毎年8月に奈良県大和郡山市で開催される全国金魚すくい大会の北関東予選を兼ねているため、一般の部と小中学生の部各上位15名には全国大会への出場権が贈られます。

そんな金魚すくいの公式ルールは『3分間で何匹の金魚をすくえるか?』

そのほかにも禁止事項など細かいルール設定があり、きちんと競技として確立されています。

ちなみに、今大会最も金魚をすくったのは一般の部に出場した地元高校一年生の城腰さん。

準決勝で58匹!決勝では44匹をすくいあげ見事一般部門優勝を飾りました!!

_MG_0826

ちなみに、大会にも参加した行方市の鈴木周也市長も参戦!!

_MG_8983

予選は無事通過し、準決勝で16匹をすくいあげましたが決勝進出はなりませんでした。。。
ちなみにそんな鈴木市長は

「金魚すくいは日本の文化のひとつだと思っています。観光資源のひとつとして行方市としてもPRしていきたいですね。全国大会にも通用する若い子供たちが行方市の金魚すくい大会から育っているのも嬉しいです。今後は金魚の養殖が盛んな我が行方市と、金魚鉢の盛んな県内や他県の市町村などでコラボレートした企画をとり、地域の枠を超えた連携ができ、いろいろなチャンネルが築ければと思っています」と話してくれました。

ちなみに、この大会を共済している金魚すくいの会の中心人物である川井会長と大河塾長に金魚すくいのコツを伝授してもらいました。

_MG_0860

※ 左:大河塾長 / 右:川井会長

まず、金魚すくいに使うプラスチックの枠に和紙を張った「ポイ」には裏と表があります!
金魚すくいでは表を上にして使うのが鉄則!!

_MG_0842※上が裏面、下が表面!

次に重要なのが、金魚をすくうお椀に水をたっぷり入れることなんだとか♪

_MG_0820

水を入れていない左側のお椀に金魚を入れようとすると、水をたっぷり入れていないお椀に比べ、高いところまでポイを持ち上げなくてはならないため、なるべくお椀には水をたっぷり入れて水面との高さを少なくするのがコツなのだとか!!

そして、最も重要なポイントはポイは上下に動かさず、左右に水を切るように動かすこと!!

_MG_0833

加えて、金魚はなるべく小さいものを選んで水面に誘導してお椀に移すのが重要だそうです。

また、高等なテクニックとして金魚最大の武器である尾をポイの外に出してすくいあげる技術!!

_MG_0870

もちろん、2匹まとめて・・・。

なんてことも達人になると自由自在なんだとか!!

_MG_0881

ちなみに、行方市では一年中金魚すくいが楽しめる観光スポットもあります♪

霞ヶ浦大橋のたもとにある天然屋さんでは、大河塾長が面白おかしく金魚すくいのコツを教えてくれます。

夏休みの自由研究に金魚すくいを科学してみるのも楽しいかもしれませんね♪

ポイが破けるのにも一喜一憂!!

なんとも楽しい週末でした♪

_MG_0935

ちなみに、幼児部門優勝のかえでちゃん!!なんと3分間で13匹をすくいあげました♪

_MG_0974

昨年準優勝を経ての王座獲得!!将来が楽しみです♪

ちなみに、優勝者には行方市の特産品がずらりと揃う「行方市観光物産館こいこい」の生鮮野菜2,000円分が、なめがた食彩マーケット会議より贈られました♪

みなさんも、是非金魚をすくいを楽しみに行方市を訪れてみてくさい!!

ちなみに、大会の模様をおさめた動画はこちらから♪

第6回なめがた金魚すくいまつり

バックミュージックは行方音頭です!!

back to top

水陸両用車で霞ヶ浦にスプラッシュイン!


投稿日:2014年06月17日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の花島です。

 

長い人生で初めて、水陸両用車に乗りました。5月からスタートした霞ヶ浦ダックツアーに参加、その時の楽しくてビックリな体験をご紹介しましょう。

ハイライトは何と言っても土浦新港から、水を跳ね飛ばしながら霞ヶ浦に、勢いよく入っていく「スプラッシュイン」の瞬間でした。

 

 

迫力のある写真が撮れたと、自画自賛の一枚

迫力のある写真が撮れたと、自画自賛の一枚

 陸上の乗り物が、そのまま水の中に入っていき、今度は船になって水上を進む!これは人間のある種の夢を実現した感じがあって、そんな夢が形になったものが「ツアー」として身近にあることがうれしい! とまあ、ちょっと理屈っぽくいえばそんな気分でした。

 

ツアーはJR常磐線土浦駅東口からスタート。ここから約30分間、観光バスとして土浦市内の名所を観光しました。バスガイドの及川昌子さんの案内を聞きながら、オープン仕様の窓から、亀城公園や東光寺瑠璃光殿などを眺めていると、街行く人々が次々と手を振ってくれます。派手な車体ということもありますが、土浦市民の方々のサービス精神も感じましたね。みなさん、どうもありがとう、なぜか晴れがましい気持ちになりました。

学校帰りの小学生も

学校帰りの小学生も

亀城公園前の中学生も

亀城公園前の中学生も

 

 

陸上のツアーの終盤、専用道路から土浦新港に入ってくる水陸両用車。普通のバスに比べると一段と高い車体が印象的です。

普通の街並みの中で見ると、やっぱり目立ちますね

普通の街並みの中で見ると、やっぱり目立ちますね

 

 

冒頭の写真、スプラッシュイン!の一瞬前のショットです。

ウワー、大丈夫かとちょっと心配に

ウワー、大丈夫かとちょっと心配に

 

 実はこの前に運転手さんの交代があります。

ここまで陸上を走ってきたのは、関鉄観光バスの運転手・文隨(ぶんずい)さん。ここからは

船長の鈴木さんが操縦します。

中央がベテラン運転手、文隨さん。右が大船長・坪田さん、左が鈴木キャプテン

中央がベテラン運転手、文隨さん。右が大船長・坪田さん、左が鈴木キャプテン

 

スプラッシュインの瞬間は、ガイドの及川さんのリードで全員で3、2、1の掛け声を。

今回参加者の皆さんには、こんなポーズをとってもらいました。ご協力感謝です。

実は茨城県観光物産課の職員の方が、海外メディアの取材に同行。先頭の方が外国から日本全国の観光地を取材している方です

実は茨城県観光物産課の職員の方が、海外メディアの取材に同行。先頭の方が外国から日本全国の観光地を取材している方です

 まどからは筑波山がこんなに美しく見えました。なんと牛久大仏も遠くにその形を、確認することができました。この日は風速5mぐらい。その割には「揺れませんね」と余計なひと言をつぶやいた私。すかさず「それは私の腕がいいからです」と鈴木キャプテン。風をまともに受けないように、車体の向きを調整しているのだそうです。

窓にはガラスが入っていないオープン仕様。これにより容積トン数を抑え、座席などをいれることができたのだそうです

窓にはガラスが入っていないオープン仕様。これにより容積トン数を抑え、座席などをいれることができたのだそうです

 こんな風に湖上を優雅に進みます

09_MG_8433-9

 

救命胴着がたくさん用意されています

救命胴着がたくさん用意されています

運転席にはバス用のハンドルと、船の舵輪があります

運転席にはバス用のハンドルと、船の舵輪があります

 

 さて、水陸両用車で一番難しいのが、陸に上がる時なのだそうです。スクリューである程度もって行き、後輪が浮いた瞬間、その間1.5秒ほどで、水上のギアから陸上のギアに入れ替える…。一つのエンジンでタイヤを回したり、スクリューを回したりする水陸両用車ならではの難しさ…がここで顕著になる、らしい…です。

水から簡単に上がってきているように見えますが、さにあらず

水から簡単に上がってきているように見えますが、さにあらず

 

ここからまた土浦東口まで帰ります。

掛け声をかけたり、手を振り返したり、ツアー中もあれこれ忙しいですが、終わってしまえば、みんな友達!! ああ、楽しかった!!

13_MG_8583-13

 

 霞ヶ浦ダックツアーは11月30日(日)まで開催しています。

TEL029-835-8455

料金は中学生以上2,900円、3歳~小学生1,800円、2歳以下が500円。

発車時刻など詳しくはhttp://japan-ducktour.com

 

 

back to top

鹿島神宮の大鳥居完成。厳かな竣工祭の模様をレポート


投稿日:2014年06月03日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは。観光いばらき編集部の花島です。

東日本大震災によって倒壊してしまった鹿島神宮の大鳥居。 
シンボル不在のまま3年3カ月の時が流れました。倒壊直後から再建に乗り出したたくさんの方々の尽力が実りこのほど見事に完成、6月1日に竣工式が行われました。その模様をお伝えしましょう。

 

雄姿を現した大鳥居。鹿島神宮境内の森から伐採した、樹齢500年から600年の杉の巨木を4本使用しました。鳥居の上にかかる大きな丸太は、正面左手が太く、右手は約10%ほど細い「鹿島鳥居型」。自然のままに育った杉なので、木目の密度が高く美しいのが特徴。

総重量は10t以上。目に見える高さは10m強ですが、実は地中3mまで埋め込み、2m厚みのあるコンクリートで基礎を固めてあります。安全性を考え、大地震に耐えるよう配慮した結果です。

 01_140601-041-1

朱に染めないのが鹿島の大鳥居。無垢の色の美しさが一層際立ちます

 

 

6月なのに真夏日!うだるような暑さの中でしたが、参列者の間には歴史的な瞬間に立ち会う期待感が高まっている様子。

02_140601-034-1

式典会場前で始まりを待つ参列の皆さん

 

 

 

午前11時から始まる式典を前に、祭好会芸座が奏でるお囃子が優雅に響き渡ります。

03_祭好会芸座-1

祭好会芸座

 

 

続いて勇猛なあばれ太鼓が披露。汗が飛ぶ、太鼓も跳ね上がる…

04_あばれ太鼓-2

あばれ太鼓

 

 

 

いよいよ式典がスタート。修祓、降神の儀、献餞、祝辞奏上、清祓の儀と進みます。

05_140601-043-3

 

 

弓馬術礼法小笠原教場による実演。放たれた瞬間、参列者の間からため息がもれました。

06_140601-045-4

 

 

悠久の舞。美しく優雅な舞いに参列者はうっとり。

07_140601-047-5

 

 

橋本昌茨城県知事、錦織孝一鹿嶋市長ほかによる玉串奉奠

08_140601-049-6

大鳥居とともに、今回新たにつくられた復興碑。閉式の後に、序幕が行われました。大きな復興碑には「深く心に感謝していつまでも忘れないこと」を意味する「感佩(かんぱい)」の文字が彫られています。

09_140601-053-7

 

 

テープカットならぬ居合いによるロープカット。宮本清美さんが居合い切りを披露。

10_140601-055-8

 

 

神官を先頭に、参列者全員でくぐり初め。

11_140601-058-9

 

 

参列した橋本知事は「厳かな竣工式でした。このような現場に立ち会えたことが大きな喜びです。まず地域の力が素晴らしい!同時に茨城の底力を実感しました。茨城の復興はどこよりも進んでいます。この大鳥居の竣工を契機に、さらに復興を推し進めていきたい」と力強く語りました。 

宮司の鹿島則良氏は「先人が植えてくれ、鹿島の神様が見守り育ててくれた杉があり、現代を生きる氏子の皆さんや崇拝者の皆さんが支えてくれました。時代を超えて2つの力が合わさってこの大鳥居が完成しました。そのことがとても感慨深く運命を感じます。今年は9月に12年に一度の御船祭も控えています。この大鳥居の完成をひとつの区切りにして、鹿島の神様の力をさらに多くの皆様に示すきっかけにしたいですね」と話しています。

 

周辺では復興祭も同時開催。各地域の山車も4基参加、ステージでは、芸座連によるお囃子、よさこい、かしま未来リーナも歌や踊りを披露するなど大盛り上がり。今年の祭頭祭の主役、明石郷が祭頭囃子をもう一度見ることができました。

12_140601-016-10

 

13_140601-015-11

14_140601-020-12かしま未来りーなも駆けつけました

大総督・東胤玖君を先頭に明石郷による祭頭囃し

 15_140601-052-13

大総督・東胤玖君を先頭に明石郷による祭頭囃し

 

シンボルの完成と復興への手応えに沸いた暑い一日!

新たな一歩を踏み出した実感をかみ締めた一日ともなりました。

 

back to top

開催!2014バラまつりin茨城県フラワーパーク!!園芸愛好家垂涎のイベントです♪


投稿日:2014年05月24日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の鈴木です!
茨城県の県の花といえば薔薇!!

そんなバラの祭典が5月24日(土)から茨城県フラワーパークではじまりました♪

01

 

今年で29年目、来年でOPEN30周年を迎える茨城県フラワーパーク!

一年を通して花で満ちているレジャー施設なのですが、一年の中でいまが一番のにぎわいを見せます。

春バラは秋バラに比べ、色が淡く優しいのが特徴で、開花時期が非常に集中するので、圧倒的な迫力を誇るのが自慢!!

つまり、茨城県フラワーパークがいまバラで満たされているのです♪

 

02

事実、バラまつり開催初日にしてこの満足度!!

丘一面に咲き誇るバラは美しく、そして香しい!!

一歩園内に入ればその香りに圧倒されてしまいます。

ちなみに、品種にもよりますがバラは蕾の方が香りが強いので開花しきってしまったバラよりは、まだこれからが見ごろのバラに顔を近づけてその香りを楽しんでください♪

花の品種ごとに異なる香りにもきっと驚いてもらえるはずです。

園内をめぐると「香りのバラコーナー」が設けられています。

20世紀のバラの品種作りにおいて、「香り」の要素がないがしろにされ、イギリスで「バラに芳香を返せ運動」が起こったことなど、バラに関する面白い話がPOPに記されているので、そんなPOPを探しながら散策するのもオススメです!!

 

さて、茨城県フラワーパークでは昨年の650品種から、今年は約750品種に品種数をアップしました。

今年も約3万株があなたのお越しをお待ちしています♪

中でも昨年人気投票で人気だった品種をココでご紹介!!

園内で探してみてください。

【2013バラ人気コンテスト1位】

04

ピエール・ドゥ・ロンサール

フランス・ルネサンス期を代表する詩人・ピエール・ド・ロンサールの名前にちなんで名づけられました。

10cm~12cmの花はロゼッタ型と呼ばれる咲き方で、幾重にも花弁を重ねます。

ピンクとホワイトのグラデーションが特徴的で、2006年にバラの殿堂入りを果たしています。

 

【2013バラ人気コンテスト2位~5位】

05

 

パローレ

ドイツが原産のパローレ!花は大きく、芳香も強いのが特徴です。切り花のコンテストでも人気のある品種で、その優雅さが自慢。間近で見てもらいたい品種です。

 

カクテル

小さな花がたくさん咲き誇るカクテル。一般の庭木としても人気で、開花直後は花の中心部が黄色く、徐々に日が経つごとに白く変化していくのが特徴です。

 

花見川

1.5cm~2.5cmと小ぶりで可憐なかわいらしい花をたくさんつける品種です。滝のように花を咲かせ、フラワーパークでも坂を上った左手にたくさんの花を付けています。

 

サハラ98

黄色の大輪を咲かせるサハラ98!多目的展示ホールを囲むように咲いています。黄色から徐々にオレンジ色に変化する素敵な色合いが自慢です!!

 

この他にもバラまつりには見どころがたくさん!!

【バラ品種園】

09

10

さまざまな品種がところ狭しと咲き誇る品種園はとにかく絶景!!

 

【オールドローズ園】

07

08

 

オールドロースとは、現在栽培されている園芸品種以前の古い原種のバラこと。

全般的に近代バラの豪華さはないものの、情緒のある花が特徴的です。

特に原種であることを感じるのは花よりも葉!!

無数の産毛のような細かい毛の生えた葉や、独特な形状をした葉もあって、ちょっと熱帯地方で見かけそうなその姿に驚きます。

 

12

とにかく園内散策が楽しい茨城県フラワーパーク!!

今年のバラはやや開花が早めとのこと・・・。

今年は6月上旬までが特にオススメだそうです!!

 

ちなみに、バラまつり期間中はさまざまなイベントが開催されています。

初日のきょうは大正琴の演奏会が行われました。

11特に人気なのは以下のイベントです!!

【筑波山ガマの油売り口上】

 開催日 6/1 6/7 6/22

筑波山ガマの工場研究会による「サァーサァーお立合い!」でお馴染みの口上です!!

【園芸教室】

 開催日 5/25 6/1 6/8 6/15 6/22

バラの上手な咲かせ方や管理方法など、フラワーパークのバラ担当スタッフの方が無料で園芸教室を開催!!

【フラワーデザイン展】

 開催日 5/30~6/1

バラを使った豪華なフラワーアレンジを展示します!会場は入り口を入ってすぐ左手の来場者センター2階。

 

ちなみに、編集部おすすめは

 

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

 

レストランローズで購入できるローズソフトクリーム300円!

13

美味しいですよ♪

 

では、皆様のお越しを心よりお待ちしております!!

園芸家の方はぜひ日曜にいらしてください♪

ちなみに、僕の母はこの園芸教室でバラにはまって、いまでは庭にバラのアーチを作ってしまいました(笑)

 

14

 

花と緑の楽園

茨城県フラワーパーク

0299-42-411

茨城県石岡市下青柳200

開園時間 / 9:00~17:00

入園料金 / 大人740円 小人370円

休園日 / 4/19~6/22までは無休

※バラまつりは2014.5.24~6.22の期間開催中です!

 

back to top