関東三大祭の一つ、石岡のおまつり「常陸國總社宮例大祭」今年も開催されます!


投稿日:2018年09月10日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは。観光いばらき編集部です!

今年も「関東三大祭り」の1つ、「石岡のおまつり」が9月15日から17日までの3日間、石岡市内の中心市街地エリアで開催されます!

正式には「常陸國總社宮例大祭」と言うこの伝統行事。

毎年、敬老の日を最終日とする三連休に行われ、約40万人が来場する石岡の大イベントです。

「正月やお盆には帰省しなくても、おまつりには帰る」と言われるほど、出身者にとっては思い入れのあるまつりで、老若男女が集まります。

そんな、「石岡のおまつり」。

創建1,000年を誇る古社・常陸國總社宮で行われる様々な祭りの中でも、「神様のお出まし」「もてなし」「お見送り」までを行う、重要かつ盛大な祭典となっています。

9月15日の午前10時、常陸國總社宮に神社本庁の献幣使を迎え、「正服」という最も格式高い装束を身に着けて、厳粛に行われています。その後の3連休、市街地エリアで行われるお祭りがいわゆる「石岡のおまつり」として、市民や見物客に親しまれています。

そんなおまつり、「年番町」と呼ばれる交代制で行なっていて、石岡市内の森木町、大小路町、土橋町、金丸町、守横町、冨田町、仲之内町、宮下町、青木町、幸町、國分町、中町、若松町、泉町、香丸町の15町が1年ごとに交代で中心となり、年間を通し、当番として神社への奉仕をはじめ、まつりの中心として盛り上げます。

今年は、幸町が当番とのこと、どんな盛り上がりになるのか楽しみです!

初日となる9月15日には、年番町の御仮殿(おかりや)へ、ご神体が渡御される「神幸祭」が行われます。14時の花火を合図に神輿の渡御となり、供奉行列を組んで年番町の御仮殿へ向かいます。街中を練り歩く、お神輿に乗った神様と2千人の大行列は圧巻!大神輿が見られるほかにも、獅子・山車の協演があるなど迫力満点の演出が楽しめます。

 

16日の「奉祝祭」では、神様を「おもてなし」する様々な行事が目白押し。

10時30分からは、總社宮境内で、延享年間(1744〜48年)頃から始まったとされる「奉納相撲」が行われます。この「奉納相撲」、例大祭の中でも最も古い催しの一つで、過去には武双山や雅山といった名力士が戦ったこともあったそうです。

そして、13時から同じく常陸國總社宮で行われるのが「浦安の舞・染谷十二座神楽」。五穀豊穣の祈願と感謝が込められた関東地方で盛んな里神楽の一つで、戦中・戦後を経て、昭和30年代に地元の有志により保存会が再結成され、現在も受け継がれているのだそう。地元の人々のまつりへの思いの強さを感じます。

なんといっても見どころは、御幸通りで15時から行われる「幌獅子大行列」と18時45分からの「山車大行列」の2つのパレード。

華やかに装飾された山車12台と30台ほどの幌獅子が街中を練り歩きます!

そんな中、見物に来てみたはいいけれど、街中で目当ての山車や幌獅子を探すのは至難の技。

ここで活躍するのが、この幌獅子と山車をより楽しめるように、と昨年から導入されたGPSを利用した「山車・獅子位置情報配信システム」。

山車や獅子の今いる場所を自分のスマートフォンや携帯電話などを使ってみることができるというものなんです。とっても便利ですよね。

その他、トイレや駐車場、見どころ情報も確認できるので、初めて足を運んでも安心です!

 

そして、最終日の17日。神様の「お見送り」の日として、14時に年番町の御仮殿より神輿が出御。「神幸祭」と同じ行列で、本殿へ還御します。神輿が本殿に着御すると、還幸祭神事、年番町の引き継ぎが行われます。名残を惜しんで、神輿をなかなか進ませなかったこともあったそうです。

 

関東三大祭りの「石岡のおまつり」。

脈々と続く、日本の文化が根付く石岡で、勇壮な雰囲気とあふれんばかりの熱気を感じてみてはいかがでしょうか?

観光いばらきでも、特設ページで紹介していますので、

合わせてご覧くださいね!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/ishioka_omatsuri.html

 

back to top

秋空の下でHipHopを楽しもう♪いばらきの秋フェス「偕楽園チャリティー音楽祭~MTCmusic2018~」


投稿日:2018年09月05日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です。

 

楽しかった夏も終わり、あっという間に9月になってしまいましたね。
秋といえば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・
いろいろな秋がありますが、今回オススメするのは秋フェス
「偕楽園チャリティー音楽祭~MTCmusic2018~」

10月7日(日)に 水戸市偕楽園で初開催されます♪

 

水戸市の偕楽園といえば、金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつ。
江戸時代天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公によって領民の休養の場所として開園されました。
東京ドーム約64個分の広さは、都市公園として世界第2位の大きさを誇ります。


そんな茨城県の観光名所・偕楽園公園内の四季の原広場で開催されるこのイベントの目的はチャリティー!
収益金の一部が児童養護施設などに寄付されます。
音楽を楽しみながら気軽にチャリティーに参加できるんです!!

ほかにも、
・県内外のプロアマ問わず音楽を通して水戸市内の活性化
・薬物依存、貧困国の現状など社会問題に対してのメッセージ配信
・他県他市からの集客と水戸市および偕楽園の魅力発信
・青少年規範意識や社会性の低下、思いやりの欠如、いじめや暴力行為など青少年の健全育成活動
・キッズダンススクールの発表の場としての活用
などを目的として開催されます。

そんな「偕楽園チャリティー音楽祭~MTCmusic2018~」
本来ならば2015年8月に初開催の予定だったそうですが、残念なことに雨でイベントは中止。
そして2016年・2017年は開催が見送られ、やっと今年初開催を迎えられることになりました!
「3年間温めてきた想いをやっとみなさんに届けられる」と、スタッフの方はワクワクしているそうです。

初開催目前ということで、ぜひ注目して欲しいイベントをPick Up!

 

●茨城県出身アーティスト、ほか有名アーティストによる豪華ライブ♪
t-Aceさん(水戸大使)

なんと全国で初めてラッパーとして行政に認められ、水戸大使を務めるt-Aceさん。実体験に基づいた嘘偽りのないリリックとセンスはHipHop関係者はもちろん、多方面から高い評価を得ています。

 

 

HipHop界のカリスマ 般若さん

 

ほかにないサウンド“NEW J-POP”を作り出す1ヴォーカル&1MCのマルチユニット CREAMさん

 

2014年メジャーデビューを果たしたANARCHYさん
日本テレビ系列地上波連続ドラマ「HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D,~(SEASON2)」にも出演

 

など計10組のアーティストが大集結!!
アツいパフォーマンスと豪快なステージをお楽しみいただけます♪

 

●中学生以下のキッズによるダンスバトル!!
バトルDJの流す音楽に合わせてダンスを競い合うダンスバトル。
ダンススクールのキッズが参加するため、ダンスのクオリティはハイレベル。
予選を勝ち抜いた上位16名で行われる本戦では1on1トーナメント方式を採用。
もちろんスクール生以外の参加も大歓迎です♪
そしてなんと!ゲストとして THE FLOORRIORZ が登場!
ブレイクダンスの世界大会「Battle of the Year World Final」で史上初の三連覇している彼らのパフォーマンスは必見です!

 

●フェスの楽しみ!グルメ♪
地元のお店を中心に10店舗が出店!
焼きそばやたこ焼き、ラーメンなど豊富なメニューが、来場者のお腹を満たします。
会場内に広がる美味しいそうな匂いが、さらにイベントを盛り上げてくれます。

 

 

イベント実行委員の畑岡さんは以下のようにコメント
「HipHopのジャンルは個性的なアーティストが多いので偏見もあるかもしれません。しかし、いろいろな経験をしてきたアーティストだからこそ真っ直ぐに伝えられるメッセージがある。ストレートな歌詞に救われる若者がいる。見た目で判断せず、多くの人に認めてもらいたい!音楽には“心を元気にするチカラ、心を和ませるチカラ、心をつなぐチカラ”があります。HipHop特有のメッセージ性を通じて“いま大事なこと”を発信していきたいです」

開催は10月の3連休中日にあたる10月7日(日)
イベント終了後は水戸市に泊まってゆっくりし、次の日は茨城県を観光!!
なんていかがですか?

 

水戸市および周辺には宿泊施設も観光名所もたくさんあります。
ぜひ、茨城県で思い出をいっぱい作ってくださいね♪

back to top

筑西市で開催された「IBARAKI SUMMER FES,JAMBOREE」に行ってきました♪


投稿日:2018年08月28日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です♪

 

気が付けば、あっという間に8月も最終週となってしまいましたね。

楽しい夏の思い出はたくさんできましたか?

 

茨城県ではたくさんのサマーイベントが開催されました!!

その中で、今回は8月5日(日)に筑西市で開催された「IBARAKI SUMMER FES,JAMBOREE」をPick Up!!

 

6月のブログでも紹介した「IBARAKI SUMMER FES,JAMBOREE」は今年開催2回目の若いイベントです

まだまだ知らない方も多いと思うので、会場の雰囲気や当日の様子をレポート♪

 

 

まず、会場に入って感じたことは、子ども連れでも楽しめそう・・・

というのも、すぐに目に付いたのがキッズパークエリア!

大きな犬のエアー遊具(ふあふあ)と大小含めて5つもある子ども用プール!!

 

これはキッズが喜びそう♪と思っていたところ、予想的中。

すぐにプールはキッズでいっぱいになり、楽しそうな声が聞こえてきました。

キッズが安心して楽しめるように、スタッフの人が定期的に除菌剤を入れておりと衛生面への配慮も◎

 

2年連続でフェスに参加した方によると

「去年に比べえて今年はキッズエリアが充実!ほかのフェスにはないファミリーで楽しめるアットホームな雰囲気になった!」とのこと

 

そしてフェスなどの野外イベントで気になるのがお手洗い。

中はとても綺麗に清掃されていて衛生的!

来場者がペーパーの補充している光景を見て、マナーの良さを感じました!!

また、会場にあるゴミ箱はこまめに回収が行われており、常に綺麗!

ゴミが溢れている事はなく、とても利用しやすい状態が保たれていました

 

さらに、3人の警備員が会場内を巡回!

安心してフェスを満喫することができます♪

 

会場内ではグルメにも注目!!

焼きそばやフライドポテト、からあげの定番メニューから海鮮焼きなど豊富なフードメニュー!!

肉料理も充実していて、フェスの合間にスタミナをつけるのにGOOD♪

 

 

そしてステージでアーティストのトップバッターを飾ったのはMONJI2Cさん!

昨年に引き続き2回目の参加とだけあって、堂々たるパフォーマンス!

 

私も仕事を忘れてしまいそうなくらい、とても力強いステージでした

パフォーマンス終了後に少しお話を伺わせてもらったところ、とても気さくに対応して下さり

「今年はお客さんのバイブスが高かく、ものすごいパワーを感じました!茨城県は神奈川の地元の街並みに雰囲気が似ているんです。映画『下妻物語』が好きで、インストアライブで茨城に来たときには下妻駅に行ったりしてます」と話してくれました♪

 

次にお話ができたのは、茨城県でのライブが初めてというVOGさん!

ステージではパフォーマンス中にまさかの機械トラブルが発生!!

「台本にない予定外の事が起こるから、見ている人も自分も楽しい!トラブルも含めて楽しめるライブが理想」とトラブルもプラスに変えてしまうVOGさん

ステージが進むに連れてお客さんがどんどんVOGワールドに引き込まれていくのを感じました

ステージ終了後に茨城県について聞くと

「大好きな納豆が有名!自宅では毎日食べています。あとは、牛久大仏に大洗水族館、ひたち海浜公園!来たことはないけど有名な場所がいくつもあるのは知っています。なかでも青銅立像として世界ナンバー1の牛久大仏にはぜひ1度行ってみたい!!」と興奮が冷めぬテンションで話してくれました

 

 

そして最後にお話させていただいたのは、MAY’Sのおふたり。

ふたりがステージに出た瞬間に大歓声が上がり、会場のボルテージは一気にMAX!!

「茨城県はデビュー前から応援して下さっている方が多く、何度も来ています。いつも温かく迎えてくれてる茨城県の人が大好きです。しかも茨城県にはおいしいラーメン屋さんが多く、ライブ後に食べて帰ることも♪観光はしたことはないので、前から気になっている牛久大仏にはぜひ一度行ってみたいです」とのこと。

しかもVo.片桐舞子さんは納豆が大好きで、納豆の食べ比べをすることもあるんだそう。

そして、おふたりの出身地には海がなかったため、茨城の海沿いをドライブしたことが今でも思い出として残っていると話してくれました。

 

 

フィナーレでは全アーティストがステージで挨拶

主催者であるブリスタさんからは

「県の魅力度ランキングが最下位でも、茨城県には豊かな自然がある!海もある!心あたたかい人が多い!もっともっと地元を盛り上げて茨城県のよさを知ってもらいたい!!」と茨城愛を感じました

 

昨年に引き続き大盛況で幕を閉じた「IBARAKI SUMMER FES,JAMBOREE」

また来年、そしてこの先5年10年・・・と続いていって、茨城県を盛り上げてくれるイベントになってくれたら嬉しいと思います!

 

今年は都合が合わなった人も、来年はぜひ友達・カップル・ファミリーで参加してみてください♪

back to top

KOCHIA LIGHT UP 2018/1年に10日間だけの絶景。国営ひたち海浜公園でコキアライトアップがスタート!!


投稿日:2018年08月23日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは。観光いばらき編集部です!

秋に開催されるコキアカーニバルに先駆けて、2018817日(金曜)〜26日(日曜)の10日間、夏色のコキアが夜間ライトアップされるイベントが開催中です!

 

今回は8月15日(水曜)に開催された報道関係者向け試験点灯の模様をお届けします。

 

春のネモフィラのシーズンを終え、みはらしの丘にはモコモコっとした可愛らしい緑色のコキアが広がります。

深紅に染まったコキアは、絶大な人気を誇るひたち海浜公園の魅力のひとつですが、実は夏色の緑色のコキアだからこそ出せる魅力があるって知っていますか?

 

6年前からはじまった「コキアライトアップ」では、緑色だからこそ映える色鮮やかなライトアップが楽しめるんです!

年々バージョンアップをしていて、今年は昨年に比べエリアを拡大しLEDライトを増設。

150以上のライトを駆使してコキアを照らします!!

そんな、ムードたっぷりの「コキアライトアップ」。

昨年は50,000人を超える来場者を感動させました!!

 

そんなコキアライトアップ、今年のテーマは、「夢」。

コキアのキャラクター”ふわりん”の「夢」を描く事で、ひと夏のひと時、夢の中にいるような心揺さぶる感動的な世界や時間を演出しています。

あらゆる色を表現できるライトを駆使した演出が音楽と混ざり合い、無限に広がる可能性を感じることができる魅力あるプログラムとなっています。

 

「太陽・空・大地・海・情熱」にまつわる5つの物語が紡ぐ、音と光の演出が楽しめます。

 

演出は、18:00から21:15の間行われ、50分1クールで5種類のBGMに合わせた5つのプログラム展開。

 

 

ちなみに、園路に沿って配置された直径約50cmのボール型のライトは、丘全体の演出と連動し色が変化。その中には、コキアのキャラクター「ふわりん」と「もこ太」の顔が隠れているのだそう!是非探してみてくださいね!

 

また、コキアライトアップ中の土日はイベント盛り沢山♪ 

特に週末の土日には、ライトアップステージでダンスショーやにぎやかな演奏が会場を盛り上げる特設ステージが登場します。

 

825日/フラ・ハーラウ・エリーのフラ&タヒチダンスショー

826日/水戸内原吹奏楽団の金管アンサンブルコンサート

 

撮影ポイントも用意されているので、家族や友達と出かけたらぜひ立ち寄って下さいね!!

 

 

もちろん今年も期間中「夜の公園ぐるめぐり」と題して美味しいイベントも開催!!

日替わりでケータリングカーが登場。また、みはらし広場では、新しく飲食エリアが増設。

光るかき氷やわたあめなど新たなメニューも販売するのだそう!

 

そんな飲食エリアのほかにもオススメなのが、記念の森レストハウス!

ジャパンブリュワーズカップ(JBrC)ファイナリストのバリスタがいるカフェで、なんといってもイチオシメニューは『森のサンセット』(600円)。

ここ、記念の森レストハウスから見える夕焼けをイメージして作ったという期間限定ドリンクで、美しい層がポイント。

上からエスプレッソの炭酸割、オレンジジュース、ローズヒップティーと重なり苦味と酸味を強く出したエスプレッソと濃いめのオレンジジュースがビター感を前面に押し出した大人味!

オレンジジュースをみかんリキュールに変えると、アルコール入りドリンク「大人の森のサンセット」に変身。ムードたっぷりのライトアップと共に楽しんでみて下さいね。

 

そして、同時開催で見逃せないのが、「ひょうたんランプ展示」と「竹アート」。

「ひょうたんランプ」の作者は根本愛子さん(90歳)。地元で昼は農家として働き、夜はひょうたんランプ作家をしています。

どこかホッとする優しい光と、柔らかなタッチの絵のランプが300点以上展示された室内は幻想的な空間となっています。

草月会茨城県支部が手掛ける「いけばな展 竹アート」は今年初開催。竹を主材料としたインスタレーション作品で、テラスハウスと記念の森レストハウス前に大作を、古民家前の井戸付近に小さな作品を展示します。

 

そんなイベント盛り沢山のコキアライトアップ

1年でたった10日間だけの絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、他にも夏のいばらきはイベント盛り沢山

ぜひ、残り僅かの夏!!いばらきへお越しください!

 

back to top

今年も「なかひまわりフェスティバル2018」開催 2,000発の花火打ち上げも!


投稿日:2018年08月20日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは。観光いばらき編集部です!

今年も、那珂市のシンボルである「ひまわり」がテーマのイベント

なかひまわりフェスティバル2018」が8月25日(土)に那珂総合公園(那珂市戸崎428-2)で開催されます!

「なかひまわりフェスティバル」の会場となる、那珂総合公園の周辺にある4ヘクタールの畑には、約25万本のひまわりが咲き誇ります。

夏空の下、見晴らし台から眺める鮮やかな黄色が広がる景色は圧巻!

鑑賞はもちろん、インスタ映え間違いなしの撮影スポットとしてもオススメです。

また、ひまわり畑の中に作られる巨大迷路は毎年、子どもから大人まで大人気!

夏の思い出にもピッタリです!

1m60cmほどの高さに育ったひまわりの迷路でドキドキを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

そんなイベントの主役となるひまわりの品種は、「春りん蔵(はるりんぞう)」。

そもそも、ひまわりは、北アメリカ原産のキク科の一年草で、

油糧用・食品用・観賞用の3種類があります。

この「春りん蔵」は、種を収穫するための油糧用で、豊富なオレイン酸やビタミンEを含んでいることが特徴です。

元々、この「ひまわりフェスティバル」用に育てられていたひまわりの品種は違うものだったそうなのですが・・・

搾油し販売するにあたり「より健康によいものを!」と

「春りん蔵」に変更したと言います。

その栄養価は、オリーブオイルにも匹敵する程のオレイン酸と

10倍以上ともいえるビタミンEが含まれている程、栄養豊富!

健康が気になる方にもオススメです!

那珂市商工会では、この「ひまわりフェスティバル」で咲かせたひまわりを活用し、

搾油した油から「ひまわりオイル」(140ml・1,000円)の製造・販売を行っています。

昨年は約1,000本が作られたそう。

・炒め物をはじめ幅広い料理に使って「食べる」

・スープやみそ汁に入れて「飲める」

・パスタや和え物、ドレッシングとして「かける」

と、利用方法も多く、毎日の食事で手軽に栄養を摂ることができると好評。

今年も「ひまわりオイル」販売を予定しているそうなので、

「ひまわりフェスティバル」以降の情報は、商工会のWEBサイトなどでチェックしてみてくださいね!

さて、農家のみなさんが愛情たっぷりに大切に育ててくれているこのひまわり。

どれくらいの期間で育っていくのか知っていますか?

この「春りん蔵」は、約2ヶ月で満開となるよう計算され、

毎年6月下旬に種まきを行っています。

約2週間で発芽し、ぐんぐんと日に日に成長。

1m20cmくらいになると、つぼみをつけ始め、1m60cmになると花が開き始めます。

ちなみに8/20時点での開花状況のお写真はこちらです!

大輪が花開き、見ごろを迎えています♪

こちらの2枚のお写真は、那珂市観光協会のホームページよりお借りしました。

http://www.naka-kanko.jp/page/page000376.html

生育状況は随時こちらでお知らせされています。

今年は、この酷暑で例年よりもやや小ぶりで、満開の時期も1週間ほど早まったようなのですが、

フェスティバル当日もまだまだ楽しめるので安心してくださいね!

 

那珂総合公園で行われるひまわりフェスティバルでは、イベントが目白押し!

ステージでは、茨城のローカルヒーロー・イバライガーショーをはじめ、地元のさいせい幼稚園やお囃子、ひょっとこ踊り保存会による演奏などが行われるほか、那珂市○×クイズ、よさこいなど老若男女問わずに楽しめる企画が盛りだくさん。

今年初となる、劇団いばらき~水戸黄門~の啓蒙舞台もあります!

そのほか、那珂市が馬術と3B体操の実施会場となる茨城国体のPRとして3B体操と国体体操も行われるとのことです。

サブステージでは、小学生ダンスチームによるダンスの披露や那珂市を拠点の一つとして活動するアコースティックユニット・日々かりめろさんによるライブなども行われます。

また、多目的広場近くに設置される上棟式会場では、14時から、未就学児から小学6年生までを対象にした「模擬上棟式」を楽しむこともできます。

 

ここで、「夏休み終了間近なのにまだ宿題が残ってる!」というようなご家庭にうれしいスポットをご紹介。

10時から15時までの時間、会場内にあるアリーナ談話室で「勉強お助け隊」として夏休みの宿題をお手伝いしてくれるのだそう!

気分を変えて終わりにしてしまうのも良いかも・・・!?

 

18時30分からは、多目的広場で鳶伝統技術披露が行われます。

纏振り・梯子といったドキドキハラハラの演技は必見です!伝統芸能を間近で見る事ができるチャンス!

 

そして、なんといっても目玉は19時から行われる花火大会!

ミュージックスターマインや早打など、約2,000発の花火が夜空を彩ります。

 

他にも、近隣の那珂市歴史民俗資料館では特別企画展 「思い出の茨城国体展」も開催されています。ぜひ一緒にご覧ください。

 

***

ひまわり畑はもちろん、魅力的な盛りだくさんのイベントも楽しめる「ひまわりフェスティバル」!

一人はもちろん、友達と、恋人と、家族と、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

もちろん、他にも夏のいばらきはイベント盛り沢山!

ぜひ、残りわずかの夏!!いばらきへお越しください!

http://www.ibarakiguide.jp/

back to top