伝統と若い感性が融合した「結い市」。10月12日~13日に結城市で開催!!


投稿日:2013年09月26日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の滝口です。

今回は10月12日(土)~13日(日)に結城市で開催される「結い市」(ゆいいち)というイベントをご紹介させていただきます。

今年で4回目となるこの「結い市」。まだまだご存知ない方も多いかもしれません。ですが、テレビや新聞の取材も増えている、注目度急上昇中のイベントなのです。

この「結い市」を簡単に説明すると、「アートによる町づくり」。アートのジャンルは、音楽・絵画・クラフト・伝統芸能・大道芸など多種多様です。

結城市は鎌倉時代から約800年続く城下町。町には蔵造り建築の「見世蔵」など、歴史ある建物が並んでいます。そして、なんといっても有名なのが「結城紬」(ゆうきつむぎ)。ユネスコ無形文化遺産にも登録された高級絹織物です。
こうした古い伝統と、若い感性が見事に融合したイベント、それが「結い市」なのです。

「結い市」の中心地は、健田須賀神社。13世紀に創建された。伝統ある神社です。

もともと、この神社で行われてきた収穫祭「夜神楽祭」に合わせる形で、「結い市」も開催されます。

開催中は、この神社の境内で演奏会が行われます。神社なだけに古色蒼然とした雅楽が演奏されるのですが、それに加え、若者によるロックやポップスまで演奏されます。健田須賀神社の理解があってこそ実現している演奏会。伝統と若い感性が融合されていて、「結い市」のテーマを象徴しています。

期間中は、市内23ヶ所にショップやギャラリーが並びます。そして、約80組のアーティストが参加。いろんなアーティストやパフォーマーが神出鬼没に現れては、参加者を楽しませてくれます。

 

 

 

 

 

この「結い市」が生まれた背景には、どの町も抱えている商圏の空洞化や後継者不足がありました。「何とかして結城市を活性化できないか」、そうした思いを持った若手商店主、公務員、学生ら約30人が集まり、「結いプロジェクト」が結成され、独自のコミュニティ作りが模索されてきたのです。

「結いプロジェクト」の特徴は、参加アーティストが各地から集まっていること。東北や沖縄からも駆けつけています。彼らが、この結城市で得た体験やつながりを郷里の仲間たちに紹介することで、つながりは加速度的に広がっているそうです。これはまるで、「結城紬の糸」が伸びているような感覚。今年の「結い市」のテーマである「糸」、そのものですね。

この「結い市」が行われるようになってから、さまざまな人が結城市を訪れるようになりました。町にはオシャレなお店も増え、年配者たちもさらに誇りを感じてきているといいます。


 

 

 

 

普通に参加するのも楽しいですし、町づくりのヒントを得るのにも最適です。ぜひこの機会に結城市を訪れてみてください。

結いプロジェクトHPはこちらです!
http://yuiproject.jimdo.com/

back to top

今が美味しい!常陸太田ぶどうフェス.9/16まで開催中!


投稿日:2013年09月13日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です。

すっかり秋を感じる今日この頃。秋といえば、皆さん何を思い浮かべますか?
スポーツの秋、芸術の秋、そして・・・わたしは食欲の秋!

今回は、そんな今、まさに食べて頂きたい、絶品グルメをご紹介します。

 

常陸太田市で現在開催中の「ぶどうフェス.」に行ってきました!
これは、常陸太田ファーム&キッチン実行委員会が主催する企画の第一弾。
地元・常陸太田で営む農家の若い後継者と、同じく地元の料理人がタッグを組んで行うプロジェクトです。

若い農業人が想いを込めて作った農産物を使って、料理人たちが新しい発想でオリジナルの料理を作る・・・
そこで、第1回の食材として選んだのが「ぶどう」です。

8/31から開催しているこのぶどうフェス.について、実行委員会事務局代表の山口さんと
参加者の中からお二人に、お話を聞いてきました!

まず伺ったのは、ぶどう農家の「本多巨峰園」さんです。

本多巨峰園は、ぶどう栽培の盛んな常陸太田で、その歴史を古くから支えてきた農家です。
常陸太田オリジナルの品種として、近年話題を集める「常陸青龍」は、
こちらの先々代の本多勇吉さんが育成したのがはじまり!

美しい黄緑色の常陸青龍!
だいたい9月下旬までだそうです。
本多巨峰園をはじめ、JA茨城みずほ
常陸太田ぶどう部会会員の直売所(一部)で
栽培・購入することができます♪

本多巨峰園では、巨峰、常陸青龍をはじめ約30種ものぶどうを栽培。
もちろん、直売で購入することが可能です!

直売所にはひっきりなしに
お客さんが来ていました。
ぶどうは今がまさに美味しい時季!

 

 

 

試食も用意されています。
こんなに大きな種類も!!
常陸太田のぶどうは、巨峰だけじゃないんです。

 

さて、こちらでぶどうフェス.プロジェクトに参加しているのは本多巨峰園の4代目・本多雅樹さん。
ご両親と一緒に、園を盛り上げています。

雅樹さんは現在27歳。若手農業後継者団体「4Hクラブ」でも活動しています。
そして、写真右側はぶどうフェス.実行委員会事務局代表の山口さん。
常陸太田の酒類卸会社の専務ですが、地元を盛り立てるべく様々な企画の仕掛け人でもあります!

このプロジェクトの発端は、
生産者の顔が見える地元産の素材を使って、お客さんにそれを伝えたい・・・という飲食店側と、
自分たちの作ったものをより多くの人に食べてもらって、美味しいと感じてもらいたい・・・ という生産者
両方の気持ちが合致し、ならば協力して新しいものを作りたいね、とはじまったのだとか。
そんな動きはやがて市の関係部署にも伝わり、行政の協力を得ることに。

料理の素材は「ぶどう」。
メニュー作成に当たって、ルールは「そのまま提供するのはNG」という一点のみでした。
ぶどうというと、やはりデザート類が思い浮かびますが・・・
ふたを開けてみると、どれも驚くようなアイデアメニューばかり!

公式Webページでメニューが紹介されています↓
http://ho-fk.com/menu/

バラエティ豊かなオリジナルメニューが勢ぞろい!
予想に反して、食事・一品料理系のものも多く揃ったのは、メンバーそれぞれが
「まさか普通のものは出さないよね?」とプレッシャーを掛け合い研鑽した成果だそうです(笑)

参加店から、なごみ家さんのメニューを紹介します。

 豚肉の巨峰角煮
620円  です。

代表の川上さんに、お話を伺いました!

 なごみ家はお酒を楽しむお店なので、お酒に合うおつまみにしよう!と開発をスタート。
はじめは、同店の看板メニューでもある唐揚げを使おうとします。が・・・
ぶどうでもみダレを作ってみたり、ぶどうを鳥の間に挟むなど色々試しに試した結果、
淡白な味の鶏と、ぶどうは相性があまりよくないという結論に。
どうやら濃い味との方が合いそう、ということで再度練り直しになりました。
数を重ねすぎて、スタッフからは「デザートに変えましょう」という声も出たほどだったとか・・・
しかし諦めずに試作を続け、この角煮が完成しました!

早速頂いて見ると、タレの甘味の中にぶどうの酸味が効いていて
さっぱり、爽やかな味わいを感じます。肉は箸でスッと切れる柔さ。
そして私が驚いたのは、ぶどうの粒!
甘みの強い赤ワインで、食感を残しつつ煮込んでいるそうです。
今までに味わったことのない新しいぶどうの料理に感動しました!

8/31からはじまったフェスは大反響で、たくさんの方が訪れているようです。
農家にぶどうを買いに来てフェスを知り、料理を食べに飲食店へ立ち寄るという人
また、逆に飲食店でぶどうメニューを食べ、美味しかったので農家でぶどうも買って帰る
という人も多いとか!これはまさに期待していたことのひとつです。

川上さんは、「同じ食材で、他店とのアイデアの競合が出来たことは店にもプラスになった」と話します。
また、本多さんは「今までなかった地元飲食店との繋がりができてとても良かった。4Hクラブでも今後も継続して、地元店とのコミュニケーションを取っていきたい」と話します。

常陸太田を盛り上げる!という熱い気持ちの下、
生産者も飲食店も、一丸となってPR・販売しているのが伝わってきました。
私も地元出身者として、本当に嬉しいことです。

ぶどうフェス.は今週末・9/16までの開催です!
詳しくは、公式HPをチェックして下さいね。
http://ho-fk.com/

参加店舗・生産者の情報も詳しく紹介されています。

常陸太田ファーム&キッチンは、第2弾以降も企画中です。
次なる地元素材は、一体どんなものになるのでしょうか?
とても楽しみです!

http://ho-fk.com/

 

back to top

いばらき夏旅のススメ ~滝めぐり編~


投稿日:2013年08月29日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!
観光いばらき編集部の根本です。

8月もついに最終週。早い地域では、8/29に始業式を迎えたところもあるとか!
長い夏休みもあっという間。みなさん、満喫できましたか?
今回のブログでは、手軽に行けて元気をチャージできる場所をご紹介したいと思います!

秋の訪れも少しずつ感じるようになりましたが、まだまだ残暑厳しいこの時期。
私がオススメするのは「滝」です。

茨城の滝といえば、日本三名曝にも数えられる「袋田の滝」が代表的ですが、
実は他にも、風情満点の滝が点在しています。

まずは、袋田の滝と同じ大子町にある「月待の滝」。

実はここ、全国的にも珍しい滝なのです!というのも・・・

なんと、滝の裏側に入れるのです!
足場と滝つぼの間にはかなり広々としたスペースがあるので、
濡れることを心配しないで大丈夫です。
まるで滝の中に入っていくような不思議な感覚。
水が目の前で流れ落ちていく眺めと音で、気持ちをリフレッシュできるはず。

ちなみに、滝の前には、もみじ苑という蕎麦屋さんがあります。
滝を見ながら美味しいお食事をいただくのも、ステキですね!
また、滝のまわりにはもみじがあり、
紅葉の時期には真っ赤に染まる風景を見ることもできます。
素晴らしい眺めです!

月待の水は飲めるほど澄んだとてもキレイな水です。

月待の滝については、観光いばらきで詳しくご紹介しています
http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000000613

さて、次にご紹介するのは、常陸太田市の竜神大吊橋近くにあるスポット!
吊り橋の足元、竜神ダムの奥へと続くハイキングコースを進んだ先にある
亀が淵」です。

竜神大吊橋といえば、渡った先は戻るだけと思っている人が多いようですが・・・
実は、吊橋の下へと降りられるようになっています。

 

 

 

 

 

 

ハイキング道を進むこと約1時間。その昔は滝つぼだった場所が淵になったそうで、
奥には静々と滝が流れ落ちています。

その名のごとく、竜伝説も残る神秘的な場所。
ハイキングの目的にする価値大ありです!
実は私も、子供の頃からとてもお気に入りの場所です。
ぜひ、清々しい空気を感じながらリラックスしてください♪

亀が淵については、観光いばらきで詳しくご紹介しています。
http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000000143

 

最後にご紹介するのは、筑波山にある超穴場のスポット!
「白滝」です。

山の中腹にあり、木々の生い茂る中にある滝。
落差は約3mほどあります。

行き方は、まずは林道白滝線から
筑波ふれあいの里 を目指します。
ふれあいの里の看板が見えたら、そちらへは行かずそのまま進みます。
しばらく道なりに進むと「白瀧神社」の看板が!
白滝は、神社の横にあります。

白瀧神社についての御由緒も書いてあります。

まさにうっそうと茂る森の中、聞こえるのは木々が揺れる音と
水の流れる音だけ。
そんなシンとした空間は、夏の暑い日でも涼しくてびっくり!
筑波山神社へもほど近いので、筑波山へいく際には
ぜひ、立ち寄ってみて下さい。

ここで、みなさんにお知らせがあります!

●観光いばらきでもご紹介していますが、ただいま
小中学生のみなさんを対象にした「いばらき夏旅」作文コンテストへの応募を受付中です!
http://www.ibarakiguide.jp/information/sakubun-contest.html

漫遊いばらき観光キャンペーン推進委員会が行うこの企画。
今年の夏休みに体験した茨城の旅の思い出や、その旅で感じた茨城のステキなところを
作文にして応募して下さい。
応募締め切りは平成25年9月6日(金) 当日必着!
詳しい応募方法や作文用紙は、下記案内ページをご覧ください。
http://www.ibarakiguide.jp/information/sakubun-contest.html

まだ間に合います♪
受賞作品には豪華賞品も用意されていますので、ぜひ!ふるってご応募下さい。

 

back to top

8月末はつくばが熱い!まつりつくば2013


投稿日:2013年08月09日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の根本です。

8月も中盤にさしかかり、楽しい夏休みももう折り返しですね。
今年はどこかへお出かけしたでしょうか?
海水浴に花火大会などなど、レジャーシーンを楽しむ機会はまだまだたくさんあります!

その中でも、私がぜひオススメしたいイベントが「まつりつくば」!
毎年、8月の最終土・日に行われる、つくば市最大の夏祭りです。
今年は、8月24日と25日に開催です。

 

 

 

 

 

 

 

 

TXつくば駅、つくばセンター広場の周辺エリアで、様々な催しが行われ、
丸一日見て、食べて、遊べるビッグなお祭り。
今回は、いくつかの外せないポイントを押さえつつ、見どころをご紹介したいと思います。

まずひとつ目のポイントは、エリアを把握すること!
まつりつくばは、センター広場を中心として、大まかなエリアごとに分かれて
それぞれの場所で違った企画が行われています。
ただうろうろするだけではなく、どこでどんな企画が行われているのかをしっかりチェックして
見どころを逃さないようにしましょう。

エリアは以下のように分かれています!
・つくばセンター広場・・・大会本部があり、メインステージやつくばの物産バザーが行われています。市内グルメもずらりと!
・つくば公園通り・・・アートタウンつくば大道芸フェスティバル会場!プロの大道芸人によるパフォーマンスを楽しむことができます。
・中央公園・・・ふれあい広場会場。ポニーの体験乗馬などが開催!
・クレオ前広場・・・ステージの他、休憩所が用意されています。少し疲れたら、ここでひと休み。
・大清水公園・・・特設パフォーマンスステージがあります。よさこいソーランなどが披露されます!
・土浦学園線(東大通り~西大通り間)・・・まつり大パレード会場はココ!通行止めになり、ねぶたや山車が練り歩きます。

各エリアの位置や、より詳しい情報は、まつりつくば公式HP
http://www.matsuri-tsukuba.com/
をご覧下さい。

各日のタイムテーブルも掲載されていますので、それを見ながらどこから見てまわるか、予定を立てるのもオススメです。

さらにもうひとつのポイントは、まつりの花形・パレードを見る場所について!
まつり大パレードは、各日ともに土浦学園線を通行止めにして行われます。
お囃子や、子供たちのパレードなどからスタートし、みこしやねぶたが次々と登場。

その中には、日本一つくば万灯大神輿も見ることができます!
つくば大万灯神輿は、筑波山をイメージした提灯、つくば市の市章をかたどった台座のマーク
など、市の特徴を活かして作られた、まさに市民のための神輿です。
神輿本体の高さは3.4m、担ぎ棒まで含めると4m!
担いだときは5mを超え、歩道橋をくぐることができない高さに。
日本一担ぎ手が入ることが出来るそのスケールは必見です!

また、まつりつくばで絶対に見逃せないもののひとつ・・・それは「ねぶた」!
このねぶたは、なんと本場・青森のねぶたまつりで実際に運行したものも登場。
もちろん今年も、新作のねぶたが運行します!
このパレード、全体を見渡せるペデストリアンデッキから見ようとする人がたくさんいるのですが・・・

実は、より楽しむには道路沿いからねぶたを見上げるのがオススメ!
目前に迫ってくる、ねぶた独特の迫力を体感することができます。

それから、ねぶたは明るい昼間と夜とでは全然違う雰囲気を味わえるのも魅力。
暗くなってくると、火入れと言ってねぶた内部の明かりを灯します。
その瞬間はさらに幻想的。
ちなみに、火入れのタイミングはその年のねぶた運行委員長の合図次第らしいので、
はっきりとした時間はわかりません。
立ち会えたら、ラッキーかもしれませんね♪

また、つくば市内の各店が自慢の品を持ち寄り、屋台がずらりと並びます。
バラエティ豊かなグルメはあれもこれも食べたいもの揃い!
ぜひ、こちらもすみずみまでチェックしてみて下さい。

その他、まつりつくばについては公式HPをチェック!
http://www.matsuri-tsukuba.com/

夏の終わりにふさわしいおまつり!
ぜひ、家族で、お友達で、お出かけしてみてはいかがでしょうか♪

back to top

平磯の人気者!くじらの大ちゃんが30周年を迎えました♪


投稿日:2013年07月11日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の根本です。

梅雨明けして以来、すっかり夏の陽気が続いています。
暑いから部屋に閉じこもるという方もいるかもしれませんが…やっぱり夏といえばレジャー!
そして夏のレジャーといえば、海でしょう!

今週末7/13には、待ちに待った県内海水浴場の海開きです。
県内には数多くのビーチがありますが、今年、ぜひ足を運んでもらいたい場所があります。
それは、ひたちなか市の平磯海水浴場です!

 

平磯海水浴場は、堤防に囲まれていて波も心配することなく、
安全に海水浴を楽しむことが出来ると人気のスポット。
そんな平磯海水浴場には、多くの人に愛されるシンボルが!

 

 

海に浮かぶ大きなくじら!「くじらの大ちゃん」です。
海岸線を車で走ると見えるので、目にしたことのある方も多いことでしょう。
全長15メートルもあり、水面に映える朱色が目印。

実は、このくじらの大ちゃん……めでたく今年誕生30周年を迎えます!
それを記念して、7/13の海開きの日に、30周年記念イベントが開催されることになりました。

イベントについて、中心となって企画している「平磯館」の磯崎さんにお話を伺ってきました!
磯崎さんは、ひたちなか市観光協会の副会長で、平磯地域の支部長でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平磯館は、約130年続く地元の老舗旅館です。
磯崎さんは、くじらの大ちゃんの誕生についても、深く関わってきた方です。
まずは30年前、そもそも大ちゃんを作ることになったきっかけも伺ってきました。

実は平磯は明治~大正の頃までは、海水浴をはじめとする観光地として栄えていたといいます。
しかし次第にその影は薄れ、海はあれど目ぼしいスポットはなく…
30年前といえば、折りしも巨大テーマパークの誕生など、レジャーへの関心が高まっていた時勢でもあり。
「平磯にも子供が元気になれる、ウキウキするようなものを作ろう!」という案が生まれたそう。
では何をつくろうか、と考えた時。
海に大きなくじらを浮かべよう!という意見が出たのはごく自然な流れでした。
それは昭和20年代頃、平磯では木でくじらを作り、海に浮かべていたという歴史があったからです。
とはいえ当時は木で作っていたので台風や天候状況で長くはもたず、例年大破……
今の大ちゃんを作る時には「長い間耐久性があるように、漁船のような材質で作ろう!」
と奮起し、大きさは…色は…等と地域の皆で協議を重ね、
昭和58年6月についに完成したのです!!

これは、大ちゃん制作当時の1983年に
作られた模型です。
大ちゃんの色は、海と空の色に映えるようにと考え
朱色と黄色で絞られた末、朱色に決まったそうです。
これを見ると黄色の大ちゃんも、
可愛かったかもしれませんね♪

大ちゃんの側面にはすべり台があり、
子供たちに大人気!
「大ちゃんを目標に、海で泳げるようになる」
そんな子供も多いのだとか♪

 

そして30年間。大ちゃんは平磯の海に浮かび続けることが出来ました。
しかし無事に、というわけではありません。
台風で2回流され、そして2011年の東関東大震災の津波でも流されてしまいました。

 

これは震災の津波被害で受けた損傷の
修理の記録です。

 

 

幾度となく迎えた危機も、そのたびに地元の皆の力で元気に海に戻ることが出来ました。
大ちゃんはまさに、平磯の復興の、パワーのシンボルとも言えます。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
今週末7/13には、そんな大ちゃんの30周年を祝うイベントを開催!
その内容はとっても盛りだくさんです。

10:00から海開き祈願祭が執り行われ、13:00からくじらの大ちゃん誕生30周年記念式典が催されます。
その他、大洗高校マーチングバンドや地元小中学生による郷土芸能の披露、フラダンスなども。

同時に日本一タコ焼きグランプリという企画も開催されます!
実は平磯は、タコの加工数日本一を誇る場所。それにちなんでのイベントです♪
4団体が出場し、オリジナルのタコ焼きで腕を競います。

当日は、地元の保育園、小中学生に大ちゃん帽子を被ってもらう企画も。

 

平磯館のおかみさんが型を作って配ったそう。
とっても可愛い帽子、当日が楽しみですね!

くじらの大ちゃん30周年記念イベントについては、こちらをご覧下さい!
http://www.hiraisokan.jp/海開き-大ちゃん30周年記念イベント/

 

それから最後に、ひたちなか市海浜鉄道の特別きっぷ販売のご案内です!
7月13、14、15、20~31日限定で、くじらの大ちゃん写真入り一日フリーキップが販売されます。
まら、7月13日、14日のみフリーきっぷ購入先着300名様に、干し芋をプレゼント!

 

パッケージはこんな感じです♪
地元・幸田商店特製の干し芋です。

 

 

記念きっぷについては、
ひたちなか市海浜鉄道那珂湊駅 029-262-2361 までお問合せ下さい。

 

この夏は、ぜひくじらの大ちゃんと共に
平磯の海を満喫してみてはいかがでしょうか♪

 

 

 

 

 

 

平磯館については、観光いばらきでもご紹介しています!
http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000001234

back to top