地域を支えてきた「湊線」と「常総線」が100周年!!


投稿日:2013年11月12日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の滝口です。
今年、茨城県の地域交通を支えてきた
「ひたちなか海浜鉄道湊線」と「関東鉄道常総線」が100周年を迎えました。

これまで鉄道は人・モノ・情報を運び、地域社会の発展に欠かせない存在でした。しかし、車社会となった現在、鉄道の利用者は減少の一途。廃線になった鉄道も少なくありません。
それでもこの2つの鉄道会社は、さまざまな取り組みをして、利用者増に向けて取り組んでいます。これからの100年に向けた意気込みをご紹介します。

湊線は1913年に開業。戦後の燃料不足のなかでも、海水浴客や水揚げされた鮮魚などを運ぶ交通機関として地域を支えてきました。勝田駅から阿字ヶ浦駅まで、全駅がひたちなか市内にあり、まさに市民の足となってきた鉄道です。

ところが、東日本大震災でほぼ全線が被災。地割れでレールが破壊され、約4カ月間運行を停止。津波によって港の市場も大きなダメージを受けました。

それでも、前を向いて歩き出した湊線。車内で結婚式を挙げる「ブライダル列車」や、ビールが楽しめる「ビア列車」、学生とコラボしたアートイベントなどを実施。その結果、県外からの観光客も増えています。

 

 

 

 

もうひとつ湊線で欠かせない存在が、那珂湊駅にいる黒猫の「おさむ」です。見てください、この貫禄。「おさむ」に会いに、遠方からやって来る人までいます。今では“駅員”のひとりとして湊線を盛り上げる重要な存在です。

 

常総線も1913年に取手―下館間が開業しました。写真左は開駅祝賀のアーチを掲げた守谷駅です。鬼怒川の水運に支えられてきたこの地域は、常総線によって飛躍的な発展を遂げます。写真右は鬼怒川の砂利採取場を走った蒸気機関車。

しかしながら、近年、利用者の減少に悩んでいたのは常総線も同じ。それをどうやって盛り上げていくか? 11月3日の100周年記念イベントで挨拶をした米川公誠社長(写真左から2人目)や高杉徹常総市長(写真右から2人目)の言葉が印象的でした。
「これまでの100年は鉄道が地域を発展させてきました。しかし、これからの100年はその逆。地域が鉄道を発展させていく時代だと思います」。この言葉の通り、常総線では地域と一体になった取り組みを行っています。

そのひとつが常総線をテーマにしたフォトコンテスト。中学生からシニアまで多くの応募者があり、常総線に興味を持ってもらうのに大きな役割を果たしています。
写真左はイベント会場でのミニ列車。写真右は「関鉄くん」と子供達による綱引き大会。このように子供に興味を持ってもらう工夫にも力を入れています。この子たちが大きくなっても、常総線が身近な存在であってほしいという想いが込められています。

圧巻は、クレーンによる鉄道持ち上げ。普段見ることができないメンテナンス現場を、イベント時に公開しています。鉄道ファンだけでなく、多くの人が興味を持つのに効果絶大です!!

 

 

こうした鉄道会社による工夫と努力、そして地域住民が参加することで、ローカル鉄道が存続していく可能性は高くなると感じました。次の100年に向けてさらに発展していってほしいです。

ひたちなか海浜鉄道 http://www.hitachinaka-rail.co.jp/
関東鉄道 http://www.kantetsu.co.jp/

back to top

常陸太田おこめフェス.11/1~開催されます!


投稿日:2013年10月31日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です。

先月、常陸太田市内で開催された、常陸太田ファーム&キッチン「ぶどうフェス.」についてご紹介しましたが、
その第2弾が明日から開催されることになりました!
開催に先がけまして、10/30に行われました試食会へお邪魔してまいりました。

前回、第一弾のテーマ食材は「ぶどう」。
そして第二弾となる今回のテーマ食材は「おこめ」です。

常陸太田はお米の栽培も盛んです。
美味しい水と肥沃な土が育む常陸太田のお米は、美味しいと昔から評判なのです。

今回、食材を提供するのは若い農業人6名。
そして、その食材を使ってメニューを提供するのは、市内各地の全14店舗!
前回の8店舗から、さらにボリュームアップしています。

ぶどうメニューも、果物=デザート、という固定概念をくつがえす多彩な内容に驚きましたが、
今回のおこめは、一体どんな内容になっているのでしょうか?
わくわくしながら、試食会に参加してまいりました!

会場に入り、早速メニューをチェック!

 

和、洋、デザートに主食、おかずとこれまたバラエティ豊か!

「なごみ家」米粉のチヂミ昔風

米粉を使った生地の中に炊いたご飯がIN!
具材の豚肉やネギ、人参も常陸太田産です。

「ラ・ヴェルデ」 ルナート 米ツォーネ

カルツォーネ(包みピザ)風の中にはアッと驚く具材が!
外の皮と、中のとろ~り食感が◎です♪

「わたる家」栗原さんちのお米の2種ごはんコロッケ

上下別々のコロッケ(もちろんお米、米粉使用)に、トマトのリゾットソース。
お店の方曰く「どこを食べてもお米から逃げられないメニュー」です!

そして、今回初参加のお店も増えました。市内の老舗や、人気店が登場しています。

「宝月堂」お米のフロマージュ・タルト

チーズとカスタード、両クリームに米粉を使用しています。
米粉はデザートとの相性も抜群です♪

 

「ナチュール」常陸太田ウィークエンド

米粉のもっちりとした食感と、
柑橘の爽やかな風味を楽しめます。

 

「ガトー・デイジー」米粉のシフォンロール・大子のりんごを巻いて

旧金砂郷の人気菓子店です。
この他、米粉のシフォンも販売!

「木村屋菓子舗」お米の和風オムレット

こちらは、旧水府村の和菓子店。中はこの時期に嬉しい芋あん♪
実は私の小さい頃から御用達のお店なので、嬉しい限りです!

「玉喜屋本店」常陸太田のうまい米(べえ)

こちらも同じく、旧水府村から参加。
皮に米粉を使い、中のあんにも皮との相性を考えてこだわった逸品。

他にも、多彩なメニューが登場しています。今回ご紹介しているのは一例です。

 

 

 

試食会では各店舗からのメニューの紹介もあり、各店それぞれ、他のお店のアイデアメニューをチェックしていました。

 

 

 

 

 

 

 

あひるの工房cafeの鈴木さん。こちらで販売する「おこめパイ」は、
米粉ではなく、あえて米を使って「甘くないお菓子」をコンセプトに考えたメニューだそうです。
パイ生地の間に挟んであるのは、甘じょっぱく仕上げたリゾット!
どんな風味なのかは、ぜひお店で体感してみてください♪

各メニューや店舗については、おこめフェス.HPで紹介されていますので、
ぜひあわせてご覧ください。

今回は、旧里美村からの参加もあり、市内各地域を網羅することとなりました!
これには、プロジェクト代表の山口さんも、とても嬉しそうにお話していました。
まさに、市をあげてのおいしいフェスティバルです。

試食会では、お米の生産者たちも集合し、メニューに舌鼓を打っていました。
自分が作ったお米がこんな風に新しい形へ生まれ変わるというのは、また嬉しいものだと話します。

今回、各店ではおためしサイズのお米も販売されることになりました!
常陸太田のおいしいお米をお土産に、ご家族で、ぜひ食べてみて下さい!

 

生産者のひとり、キャトルファーム・セキの関沙雪さん。
おいしいコシヒカリを、丹精込めて作っています。
試食会ではどれもおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまったそうです♪

常陸太田ファーム&キッチン「おこめフェス.」は、11/1~11/17の期間で開催されます!
詳しくは、おこめフェスHP  
http://ho-fk.com/
をご覧下さい。

常陸太田ではこれから山々も色づき始め、行楽にはぴったりの時期を迎えます。
グルメを食べ歩きしつつ、観光に、ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか♪

back to top

天心記念五浦美術館企画展「岡倉天心と文化財」好評開催中です!


投稿日:2013年10月30日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の根本です。
一気に冷え込むようになりました。紅葉の時期ももう間もなくでしょうか?
観光いばらきでは、紅葉の季節に先駆けて特設コーナーをスタートしています。
http://www.ibarakiguide.jp/seasons/koyo.html
県内の紅葉スポット情報をはじめ、各地の色づき状況も毎週更新!
さらに、付近のオススメイベントや、紅葉と一緒に楽しみたいドライブコースなどなど、行楽にオススメの情報が満載です。

さて、その特設コーナー内で紹介している、高萩~北茨城のドライブコース。
http://www.ibarakiguide.jp/seasons/girls_koyo.html
いばらき夢ガイドのお2人と一緒にめぐる、楽しい・美味しい・ほっこり旅。

その中でも紹介されているスポットに、私も行ってまいりました!
茨城県天心記念五浦美術館です!

10月12日より開催している企画展「岡倉天心と文化財」をぜひ見たくて、行ってきました。
この展示は、岡倉天心生誕150年・没後100年記念として特別に企画された内容です。
天心が、情熱を傾けて取り組んだ文化財保護。明治の大きな変化に伴い、荒廃し、失われる危機にも瀕していた寺院や古美術品の保護にいち早く中心となって動き出したのが天心だったのです。
その中でも、天心が関わった仏像や神像にスポットを当て、展示を通してその取り組みや後の時代にも受け継がれていく文化財保護の歩みを紹介。

この展示の目玉はなんと言ってもその展示品の内容です!
国宝・重要文化財がなんと14件も展示されています。
和歌山の熊野速玉大社、京都の平等院の所蔵品をはじめ、
普段は公開されていない仏像や、わざわざ各寺院へ足を運ばないと見られない物ばかり。
こういった内容にテーマを絞っての展示はとにかく珍しく、同美術館でも「これを逃したら次はいつ実現出来るかわからない」という程の特別企画です。

展示は、全3部に分かれています。
まずはじめは「天心による古美術の価値の発見」と題して、天心の文化財保護の業績を資料と共に紹介しています。
調査時に撮影された写真、辞令や目録、そして調査手記など。

ぜひ、じっくりと眺めてみてください。
中には、何度か登場する人物名があります。例えば、この「早崎稉吉」という人物。

当時、東京美術学校の生徒だったこの早崎に写真の撮影技術と中国語を学ばせておいて、中国美術調査旅行に同行させたのだそうです。
調査や事業にも積極的に生徒を起用し、それが学びの場となる・・・この展示からは天心の指導者としての一面も、かいま見ることが出来ます。

 

 

 

これは、天心が旧蔵していたと言われる北茨城市・長松寺蔵「菩薩立像」です。平安時代のものと伝来されています。

こうした仏像は明治初期の廃仏毀釈で売られてしまったり、中には薪代わりに燃やされてしまったものも。
そうでなくとも荒廃した寺院の中でボロボロの状態に放置されていたりと、まさに日本の古美術の危機に瀕していたと言えます。
さて、天心はそんな状態をどう打開していこうとしたのでしょうか。
明治30年、古社寺保存法が公布され、天心らによる修理事業が本格的にスタートします。
その始まりが、和歌山県熊野三山のひとつ、熊野速玉大社でした。
今回、その速玉大社所蔵の、国宝「国常立命坐像」が展示されています!
この機会を逃したら、二度と見ることは出来ないかもしれません。記念事業だからこそ、実現した展示です。

さて、こうして実際に携わった修理事業の実例について知る中で、ぜひ注目しておきたい人物がいます。
それは「新納忠之介」。天心の創設した日本美術院の国宝彫刻修理部門を任されました。
この熊野での修理はもちろん、東大寺や平等院、法隆寺といった皆さんもよくご存知の文化財にも実は関わっていたのです。
それらの修理事業についての貴重な資料も展示。そして、平等院からは国宝が一点、展示されています!

 

 

こちらは東大寺の修理に関連した資料。修繕請負契約書は、こんなに分厚い内容です。

第2部は、「美術院国宝修理所に受け継がれる天心の理念」。
時代の変遷に伴い、美術院は第二部や公益財団法人へと変化してきました。当然、天心の時代以後、修理に携わる技術者も後進に代替わりしてゆきます。
しかし、人や形が変わっても、文化財修理の基本概念は受け継がれることとなりました。
この部では、天心が亡くなった後~現代に至るまでの、美術院による修理についてを見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

外側はもちろん、内部の構造部分に至るまで、詳細に図が残されています。

これは東寺食堂の千手観音立像の頭部模型。火災で炭化してしまった顔面を修理するにあたり、
どう仕上げるかを検討した際の試作です。慎重に慎重を重ねて、進められていることがわかります。

 

さて、そして第3部は、我が茨城県内にある、美術院国宝修理所が修理した仏像を紹介しています。
笠間市、常陸太田市、城里町、水戸市、鉾田市、潮来市といった県内各地から、一堂に会しました。

滅多にない機会ということで、住職さんも見にいらしたりしたそうです。
普段、安置されている状態と、こうして展示している姿はまた違った様子に見えるもの。
仏像をこんなに間近で見られることもありません。ぜひ、この機会に隅々までゆっくりと拝見させて頂いてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、各展示室にはこんな風に解説が置いてあります。
また、仏像鑑賞時に役立つ用語や姿の見方などがわかるシートも設置されていますので、それを片手に鑑賞すればより楽しめること間違いなしです!

ちょうど私が鑑賞していた日には、この展示担当の学芸員・中田さんがいらっしゃいました。

企画実現に至るまでのエピソードや、展示の際の秘話なども聞かせて頂けました!
例えば、最後の部屋に展示されている城里町・薬師寺蔵「薬師如来像」について。

大きさから分かる通り、重さもかなりのものですので、運搬にも大変難儀したそうです。
当然ですが御仏ですから、通常の美術品とはまた違った面での注意点も多数。

そんな、学芸員さんのお話が直接聞ける「ギャラリートーク」が11/2と11/17に開催されます。
各日13:30~企画展示室入口集合。チラシや図録にはないお話を聞くことが出来ますよ!
ぜひご参加下さい。

企画展のお土産ラインナップもオススメです。

 

 

 

 

 

展示についてぎっしりと記された図録は1,600円。150P越えのボリュームです。
ポストカードやクリアファイルなどの他、中には仏像まで!
記念に、またお土産にどうぞ♪

ちなみに、天心記念室の作品展示替えもされました。
現在は菱田春草「落葉」木村武山「黒猫」他を見ることが出来ます!

映画「天心」の公開と合わせ、注目を浴びる北茨城。
これからは美しい紅葉と、美味しいアンコウの季節到来です!
ぜひ、美術館を含めて遊びに行ってみて下さいね。

 

茨城県天心記念五浦美術館
岡倉天心生誕150年・没後100年記念「岡倉天心と文化財」展
2013年11月24日(日)まで開催中
開館時間 9:00~16:30最終入館
入館料 一般600円、高大生400円、小中生200円
☆11月13日は茨城県民の日のため入館料無料です!

茨城県天心記念五浦美術館について、詳しくは観光いばらきもご覧下さい。

http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000000044

 

 

back to top

楽しんで地産地消♪なめがた弁のレシピアプリiPhone版がリリース


投稿日:2013年10月29日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!
今回紹介するのは、どの場所のトピックスかというと・・・

茨城県の南東部、鹿行地方に位置する行方市!

行方市は、霞ヶ浦と北浦に囲まれた肥沃な土壌が自慢の農業王国です。
エシャレットやさつまいも、春菊など市内で採れる野菜の種類はなんと約70種類。
セリ、みず菜、チンゲンサイなどは、全国有数の生産量を誇っています。

今回は、そんな農業王国・行方市で作られたレシピ集「なめがたを食べよう!!」をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

これは地域の野菜を食べてもらおうと、市内3つの女性団体が作ったもの。
レシピ集には行方の特産品を使った料理メニューの作り方が載っています。
面白いのは、その記載方法。
素材名から作りかた、コメントにいたるまで全編がなめがた弁で説明されているのです。作り方は”こせぇがだ”、大さじは”いがいしゃじ”など、なめがた弁を知らない人には何が書かれているのかサッパリ分かりません(笑)。ページの下に載っている「なめがた弁講座」の翻訳を頼りに解読するひと手間が、そのまま楽しみにつながります。
材料や作り方の中で多いのが「いいあんべぇ(適量)」の指示。
すべてが「いいあんべぇ」というメニューなど自由度の高いレシピが沢山あり、その”ゆるさ”も魅力のひとつになっています。
レシピを作るのは忙しい農家の主婦たちですから、毎日の料理は「手間をかけずに美味しく」できることが一番。
冷蔵庫の残り物で応用が利く柔軟なレシピも多く、実用性もばっちりなのです。

こちらのレシピ集が作られたのは2013年の1月。
市内で活動する3つの女性団体と、市の農業振興センターが、もっと地元の食材を食べてもらいたいという思いから作成しました。
便利なだけでなく面白いと好評で、用意した3,500部がすぐに品切れに。
7月にはレシピ集の第二弾が作られました。
さらに、第二弾の発行と時期を合わせて、Androidアプリ「なめがたを食べよう!!」もリリースされました。
Androidアプリの開発を行ったのは、土浦市のIT企業「関東情報サービス」です。
「なめがたを食べよう!!」の趣旨に賛同し、社内の技術向上とともに地域貢献ができればと無償で開発を行いました。

アプリでは、第一弾と第二弾を合わせたメニューに、新作を加えた21品の料理レシピが紹介されています。
アプリならではのポイントとしては、作り方が標準語に翻訳できることと、なめがた弁の音声ガイドが流れること。
本場の発音とイントネーションでなめがた弁レシピを楽しむことができます。
10月7日には待望の「なめがたを食べよう!!」iPhoneアプリもリリースされました。
最新機種にも対応しています。
現在もレシピの数を増やしたり、画面を見やすくするなど、適宜アップデートが行われています。

今の時期のおすすめレシピは、旬のさつまいもを使った「お月見!さづまいも」。

皆さんもぜひ、お手持ちのスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードしてみてくださいね♪

【お問い合わせ】行方市農業振興センター
住所/行方市山田3282-10
電話/0291-35-3114
受付/8:30~17:15
休み/土日祝日、年末年始

□レシピアプリ「なめがたを食べよう!!」
Android/Google Play「なめがた レシピ」で検索
iPhone/app store「なめがた レシピ」で検索

back to top

茨城の歴史を知りながら、健康にもなれる「水戸黄門さま漫遊ウォーク」


投稿日:2013年10月18日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部の滝口です。
10月5日(土)に「水戸黄門さま漫遊ウォーク」というイベントが開催され、参加してきましたのでその模様をレポートします。

これは、第2代水戸藩主・徳川光圀公(水戸黄門)が歩いた道を実際に辿ってみようというウォーキングイベント。黄門様だけでなく、常陸国と呼ばれた古代、第9代水戸藩主・徳川斉昭公、明治期の政治家ゆかりの史跡なども巡り、まさに茨城の歴史を深く知ることができるイベントでした。

漫遊ウォークのコースは長さによって3つに分かれます。
Aコース 水戸→那珂(約13km)
Bコース 水戸→那珂→常陸太田(約26km)
Cコース 常陸太田→那珂(約13km)

Bコースはほとんどハーフマラソンの距離。私はこれに参加しました。体力には自信がある私ですが、正直不安いっぱいで当日を迎えました。しかも、当日はあいにくの雨模様。実際、雨でキャンセルした人も結構多かったようです。それでも約150名が参加しました。

茨城県三の丸庁舎広場からスタートし、歩き始める漫遊ウォーク御一行。道中長いですから、私は参加者の皆さんと話をしながら歩くことにしました。するとあることに気付きます。あれっ? これ一番長い、一番大変なコースだけど、若い人がいない。ほとんどがシニアの方です。

「あの~。これ一番長いコースですよね?」といっしょに歩いている人に質問する私。
「えぇ、そうですよ。この漫遊ウォークは今年で9回目を迎えましたが、私は第1回から参加しています。あっ、ちなみに私70歳です」

年齢を聞いてビックリしました。背筋の伸び具合、肌の色艶、そして生き生きして楽しそうな表情。とても70歳には見えません。そんな方たちばかりでした。聞けば、水戸ウオーキングクラブに所属しているとのこと。このクラブでは月2回、長い距離を歩いて体を鍛えています。元気と長生きの秘訣を感じました。

さて、「水戸八景」のひとつ「青柳夜雨」に着きました。「水戸八景」とは、徳川斉昭公が、領内にある八つの景勝地を選定したものです。観光ボランティアの方が、解説してくれました。

途中、トイレ休憩や、水分補給を行いながら、ゆっくりとひたすら歩く御一行。本当に水戸黄門の気分になってきました。

長いこと歩いているはずですが、人と話しながら歩くと不思議と疲れないものです。ウォーキングの魅力がわかった感じでした。
中には、若い頃のことを教えてくれた人がいました。「私は○○という会社で、△△という製品を作っていてね~。よく働いて、よく飲んだもんだよ。気の持ちようで若さは保てると信じていてね。今はデジカメやタブレットを使って楽しんでいるよ。ワハハ」。
高度経済成長期を迎え、日本が破竹の快進撃を続けていた時代。そんな頃にバリバリと働いていたのですね。そして、今も好奇心を持ち続けている、こんな年の取り方ってステキだなと思いました。

そして、歩くこと約13km。那珂市役所前の「一の関ため池親水公園」に到着しました。AコースとCコースの人はここでゴールです。お疲れ様でした~。

ただ、私が参加しているBコースは、ようやく中間地点。午後のウォーキングに備えてまずは腹ごしらえです。お弁当がいつになく美味しく感じられました。また、那珂市商工会女性部の皆さんがふるまってくれた「七運汁」も美味でした。


昼休みの後は、記念のセレモニーが開催されました。この日のために、高橋 靖 水戸市長(写真右)、海野 徹 那珂市長(右から3人目)、大久保 太一 常陸太田市長(左から2人目)が駆けつけました。加えて水戸黄門さま、助さん、格さんも参上しにぎやかに。各市の物産を景品にした抽選会も行われ、セレモニーは大いに盛り上がりました。

さて、Bコースの旅はまだまだ続きます。途中、那珂市の阿弥陀寺に立ち寄りました。ここは親鸞聖人が創建した古いお寺で、黄門さまの娘・万姫のお墓(写真右)もあります。

これは常陸太田市にある「防人の碑」。奈良時代、茨城県が常陸国と呼ばれた頃、多くの若者が防人として徴兵され、外国からの侵略を防ぐために筑紫国(現在の北九州地方)へと派遣されました。

『万葉集』には,そんな若者たちが自らの心の内を詠んだ歌が多数収録されており、常陸国出身の防人の歌は10首確認されています。歌碑に刻まれているのはそのひとつで、無事に故郷に戻れるかわからない若者の切ない心境が刻まれています。

さあ、旅は終盤に来ました。すると参加者の方が、「私たち70代なんて、まだまだひよっ子だよ。川又さんの元気さには、頭が上がらないよ」と教えてくれました。

写真右がその川又國雄さん。大正14年生まれで、今年末に米寿の88歳を迎えます。毎日鍛錬し、水戸ウオーキングクラブでも随一の健脚を誇っています。

若い頃のお話もお聞きしました。
「終戦の直前、最後の時期の徴兵がありました。私のところにも召集令状が来て徴兵されました。本格的に戦地に行く前に終戦を迎えましたが・・・。それだけにね。生きていること、健康でいることは尊いと感じているんです」と。
何だか、古代の防人とリンクする話でした。こうしてウォーキングできるのも平和の賜物なんですね。

さあ、ゴールである西山荘は目前です。この西山荘は、光圀公が隠居し、大日本史の編さんを行った地です。とはいえ、最後の難所である階段を上るのは一苦労。皆さん、さすがに体力の限界に来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ついにゴールを迎えました。皆さん、お疲れ様でした。あらためてシニアの皆さんの健脚に驚きました。若々しく生きるのにウォーキングは最適です。
そして、奈良時代の常陸国、江戸時代の水戸藩、明治時代、太平洋戦争、高度経済成長期・・・。古代から現代までさまざまな歴史に触れることができました。
この「水戸黄門さま漫遊ウォーク」は、来年も開催予定なのでぜひ多くの方にオススメしたいイベントです。

back to top