バレンタインに最高の思い出を!「ダブルダイヤモンド筑波」がやってくる!!


投稿日:2019年02月06日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!今日は、この季節だけにしか楽しめない、期間限定とっておきの「絶景」スポットについての情報をご紹介します!
その名もズバリ、『ダブルダイヤモンド筑波』!!

 

ダイヤモンド筑波とは、筑波山頂から太陽が昇る瞬間に、山頂のシルエットの背後からまるでダイヤモンドが光り輝くようなまばゆいばかりの光彩が見える現象のこと。
「ダイヤモンド富士」と同じく、皆既日食の際の「ダイヤモンドリング」になぞらえ、光彩がダイヤモンドのように美しく見えるためこう呼ばれているのだとか。

 

そんなダイヤモンド筑波を、なんとダブルで見ることができるのがココ、筑西市にある母小島(はこじま)遊水地です。

 

ご覧ください、この絶景!

 

母子島遊水地は昭和61年の小貝川水害の後に整備された遊水地で、小貝川のほとり、田んぼの中にある四角い人工池です。
堤防が防風の役割をしてくれるおかげで、水面の波が穏やかになりやすく、「逆さ筑波」が観賞できるスポットとして写真愛好家をはじめとするたくさんの方から隠れた人気を集めている今注目の場所。
そんな母子島遊水地は、ダブルダイヤモンド筑波を見ることができる数少ないスポットのひとつでもあります。

 

母子島遊水地から見て、筑波山頂から日が昇るのは、2月14日前後と10月28日前後の年2回だけ。
つまり、ダブルダイヤモンド筑波を見ることができるチャンスは、なんと年に2回しか訪れないのです。

 

その年に2回のチャンスのひとつが、バレンタインデーの当日だなんて、なんだか素敵だと思いませんか♪

 

 

ちなみにこちらの1枚は、同じく母子島遊水地で1月に撮影された日の出直後の筑波山。
とても美しいことに変わりはありませんが、やはり、山頂が神々しい光をまとうダイヤモンド筑波は格別です。

 

 

また、こちらの1枚は牛久沼から見たダイヤモンド筑波の様子。
とても見事なダイヤモンド筑波ではありますが、水面にダイヤモンド筑波がリフレクションする光景を見ることはできません。
繰り返しになりますが、母子島遊水地は、ダブルダイヤモンド筑波を見ることができる数少ないとっておきのスポットなのです。

 

 

そしてこちらは、日の出を待つ母子島遊水地の朝焼けの様子です。
毎年10月28日前後と2月14日前後には、ダブルダイヤモンド筑波の絶景をレンズに収めようと、何百人もの人がこの母子島遊水地を訪れ、夜明け前から虎視眈々とカメラを構えています。

 

ダブルダイヤモンド筑波が最高に美しく撮影できる条件は、次の3点です。

  • 快晴で大気が澄み水蒸気の少ない状態であること
  • 風がなく遊水地の水面が波立っていないこと
  • 絵になる雲が出ていること

ちなみに直近のチャンスであった昨年の10月下旬は、残念ながら曇り空で、絶好のシャッターチャンスとはいかなかったそう。
はてさて、間もなく訪れる今年のバレンタインのお天気はいかがでしょうか。
快晴かつ空気の澄んだ、絶好の撮影日和になるといいですね!

 

 

みなさんもぜひ、バレンタインの朝は早起きして母子島遊水地へ出かけ、奇跡の絶景・ダブルダイヤモンド筑波をその目に焼き付けてみませんか?
遠方からお越しの方には、前乗りして、筑波山付近の宿にステイするプランがおすすめです。

 

茨城県では、このダブルダイヤモンド筑波を楽しんでいただくために、茨城の宿にご宿泊の方限定の無料オプショナルツアーを実施しています。
ぜひご利用ください!

 

▼▽▼▽オプショナルツアーについてはコチラのページをご覧ください▼▽▼▽

茨城の夜・朝を満喫!「夜型・朝型オプショナルツアー付き宿泊プラン」6コース

それでは、バレンタインの朝に母子島遊水地でお会いしましょう!

back to top

埼玉のみなさま!! 2/1〜3はイオンモール北戸田へ「いばらき春の観光キャンペーン」にお邪魔します!


投稿日:2019年01月31日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!今日は埼玉県戸田市周辺にお住いの方へ、とっておきの最旬情報をお知らせします!

今週末の3日間、戸田市にある「イオンモール北戸田」にて、春のいばらきをPRする楽しいイベントが開催されます。
その名も、「2019春の観光キャンペーン めぐる、つながる、花のいばらき」!!

2月1日(金)〜3日(日)までイオンモール北戸田1階のセントラルコートで開催されるイベントの詳細をご案内します!

 

 

まず注目していただきたいのが、茨城が誇る大人気のゆるキャラ「ハッスル黄門」とのじゃんけん大会!
ハッスル黄門は果たして「チョキ」ができるのか!?ぜひ参加して、その目で確かめてください♪

ハッスル黄門じゃんけん大会
日程:2月2日(土) 11:00~、16:00~/3日(日) 11:00~、14:00~

  • 各日各回先着30名さま
  • 定員に達し次第終了となります
  • 小学生以下のお子さま優先となります

 


 

そして!こちらも要チェック!ご存知 (!?)茨城県が誇るご当地ヒーロー「時空戦士イバライガー」のキャラクターショーも開催されます!
「みんな、アツイ声援をおくってくれよな!」(イバライガーより)

 

時空戦士イバライガー キャラクターショー
日程:2月3日(日) 12:30~、16:00~

 


 

まだまだあります!楽しいイベントは続々と…

注目のイベント一覧

 

ハッスル黄門 缶バッジづくり
「ハッスル黄門」の塗り絵をして、オリジナル缶バッジを作ろう!
日程:2月1日(金)〜3日(日)
時間:10:00~17:00(最終日は16:00まで)

  • 各日先着200名さま
  • なくなり次第終了となります


茨城の観光スポット撮影体験
茨城県の早春の観光名所を背景に合成写真を撮っちゃおう!
協力:DNPフォトイメージングジャパン
日程:2月2日(土)、3日(日)
時間:10:00~17:00

  • 各日先着200組
  • 定員に達し次第終了となります


ミュージアムパーク茨城県自然博物館によるワークショップ「押し葉のしおりづくり」、「ミニ移動博物館」を実施!

押し葉のしおりづくり
日程:2月2日(土)、3日(日)
時間:11:00~、13:00~、15:00~

  • 各回先着20名さま
  • 定員に達し次第終了となります
  • 各回開始15分前に整理券を配布します

ミニ移動博物館
日程:2月2日(土)、3日(日)
時間:10:00~17:00
協力:ミュージアムパーク茨城県自然博物館


カラフルな人工イクラを作ろう!
2色の色を選んで、人工イクラを作ろう!作ったイクラは持ち帰ることができます。
日程:2月3日(日)
時間:10:30~12:00、13:30~15:00、15:30~16:30

  • 1名あたり10分程度の体験となります
  • 各回先着30名さま
  • 定員に達し次第終了となります
  • 各回開始15分前に整理券を配布します

協力:つくばサイエンスツアーオフィス


納豆スナック本数当てクイズ
茨城県を代表する特産品「納豆」のスナック菓子の本数当てクイズ!
正解者には、なんとっ!!「大洗ホテル・思い出浪漫館選べるペア宿泊券」をプレゼント!
日程:2月1日(金)〜3日(日)
時間:10:00~17:00(最終日は15:00まで)

  • 各日先着500名さま
  • 定員に達し次第終了となります
  • 正解者発表は2月3日(日)16:45~ 1Fセントラルコートステージにて行います
  • 正解者多数の場合は抽選となります

さらに会場にはハッスル黄門以外にも、いばらきのご当地キャラが大集合します!

 

いかがですか!?
たくさんのミニイベントとともに、梅・桃・桜さらにはネモフィラと、これからさまざまな花が咲き競う茨城の魅力をぜひ感じていただけたらと、バラキー、バラっ子ともどもイオンモール北戸田セントラルコートでお待ちしております!
お近くにお住いの方はぜひ、ご来場ください!!

イベントのくわしいご紹介はこちら

イオンモール北戸田のサイトはこちら

 

 

back to top

観光いばらきおすすめ!春が待ちきれない人へ贈る、2月の注目イベントをピックアップ


投稿日:2019年01月30日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!早いもので、2019年のカレンダーも2枚目のページに突入。暦のうえでは間もなく「春」を迎えます。
今回は、そんな、春の足音が聞こえてきそうな茨城県内のイベントをピックアップしてご紹介します!

 

2月の注目イベントその1 【茨城県内のひなまつり】

まず最初にご紹介するのは、桃の節句という呼び名にもを感じる、日本伝統のイベントであるひなまつりです。

 

2月から3月にかけて、茨城県内の各地でひなまつり関連のイベントが開催されますが、中でも注目は2月4日から桜川市真壁町で開催される「真壁のひなまつり」
「寒い中、真壁に来てくれる人をもてなそう」という住民の声から始まった、おもてなしの心にあふれたイベントで、160軒ほどの民家や商家にお雛様が飾られます。見世蔵、土蔵、門などが軒を連ねる真壁の町並みと、その歴史ある建物の中に代々伝わるお雛様が飾られる風景は懐かしいぬくもりに溢れています。

真壁のひなまつりのくわしいご紹介はこちら

 

ほかにも、すでに開催中の「かさまの陶雛 ~桃宴~」や、2月9日からはじまる「結城のひなまつり」など、茨城県内各地で個性あふれるひなまつりが開催されますので、ぜひ足を運んでみてください!

 

▼▽▼▽こちらもチェック!▼▽▼▽

おひなさまを巡ってゆったりまち歩き 茨城のひなまつり 24選

 


2月の注目イベントその2 【水戸の梅まつり】

続いてご紹介するのは、桃と同じく春の花の代表格である梅の花の魅力が存分に堪能できる「水戸の梅まつり」です。

会場となる水戸市偕楽園では、次々と梅のつぼみがほころびはじめ、2月16日の梅まつり開幕に向けて準備が進んでいます。

水戸の梅まつりのくわしいご紹介はこちら

 

また、今年も水戸梅まつりとアニメ「続『刀剣乱舞-花丸-』」のコラボレーション企画のスタンプラリーが開催されます!
徳川ミュージアムをはじめ、弘道館、茨城県立歴史館、常磐神社 義烈館の4施設と、JR東日本の8駅を巡るスタンプラリーです。

イベントのくわしいご紹介はこちら(外部サイト)

 


2月の注目イベントその3 【筑波山梅まつり】

梅まつりといえば、もちろんこちらも外せません!それは、関東の名峰・筑波山の梅林を舞台に開催される「筑波山梅まつり」です。

 

約1,000本の白梅、紅梅が植えられた梅林の園内には見晴らし台や巨石などたくさんの見どころがあり、最上部の「展望あずまや」からの眺めはまさに絶景!
眼下に広がる一面の梅林はもちろん、筑波山麓の田園風景とつくば学園都市の街並みや、天気がよければスカイツリーや富士山を見ることもできます。

 

筑波山名物ガマの油売り口上の実演や、風流な気分が味わえる野点茶会などのイベントもお楽しみのひとつです。春薫る筑波山へ、ぜひお出かけください。

筑波山梅まつりのくわしいご紹介はこちら

 

また、筑波山では2月24日まで、「筑波山ロープウェイ スターダストクルージング」を開催中!地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空を満喫できる筑波山で、素敵なひとときを過ごしてみませんか?

筑波山ロープウェイ スターダストクルージングのくわしいご紹介はこちら

 

さらに、2月9日には、茨城の夜・朝を満喫する「夜型・朝型オプショナルツアー付き宿泊プラン」にても実施されます。こちらもぜひご参加ください!

夜型・朝型オプショナルツアー付き宿泊プランのくわしいご紹介はこちら

 


2月の注目イベントその4 【いちご狩り体験】

そして、この季節にぜひ味わっていただきたいのが茨城産のおいしいいちご!
農業のさかんな茨城県内はいちごの生産もさかんで、県内にはいちご狩りが楽しめるスポットもたくさんあるんです。

今度の週末は、ぜひご家族やカップルで、もぎたてのいちごを味わういちご狩りへ出かけてみてはいかがですか?

 

▼▽▼▽こちらもチェック!▼▽▼▽

おいしいいちごの見分け方もご紹介!茨城のいちご狩りスポット43選

また、いちごのシーズン本番にあわせて、県内各地の菓子店やカフェ、レストランなどで「いばらきイチゴおもてなしフェア2019」を開催中!
フェア実施店で、旬のイチゴを使ったスペシャルメニューを味わってみませんか?

いばらきイチゴおもてなしフェア2019のくわしいご紹介はこちら

 


2月の注目イベントその5 【節分祭】

さらにさらに!2月の季節行事といえば、やっぱり外せないのが節分です。

茨城県内各地の神社などで、節分祭が開催されます。平成最後の節分は、神社へ出かけて「福は内!」してみませんか?

茨城県内のおもな節分祭
  • 鹿島神宮「節分祭」(鹿嶋市)
    「福は内」の掛け声とともに、大量のお福分け当たりくじ付き福豆が撒かれます。
  • 笠間稲荷神社「節分追儺式」(笠間市)
    特設撒豆台において古式に則った追儺式がおこなわれ、福豆・福銭が撒かれます。
  • 大宝八幡宮「節分祭」(下妻市)
    市の無形文化財「十二座神楽 八幡の舞」が奉納され、豆撒きがおこなわれます。

 


2月の注目イベントその6 【第7回世界チョコレートフェスティバル】

一方、2月14日はみんながお待ちかねのst.バレンタインday!
2月7日から9日までの3日間、茨城県庁2階の特設会場にて、第7回世界チョコレートフェスティバルを開催します!
「ここでしか買えない」世界中の本場のチョコレートや茨城県内の有名店が作るスイーツ販売するほか、チョコレートにまつわる歴史やチョコレートができるまでの過程などを紹介したパネルを展示します。
あま〜い香りに包まれた会場で、特別なバレンタインチョコを探してみませんか?コンサートやチョコレートスイーツの食べ比べなども楽しめます!

第7回世界チョコレートフェスティバルのくわしいご紹介はこちら

 

 

 

以上、茨城県内で開催される2月の注目イベントのご紹介でした。
楽しいイベントとともに春の足音を感じつつ、去りゆく寒さを見送っていきましょう。

立春といえば季節の変わり目なので、体調管理にはじゅうぶん気をつけてくださいね!

 

 

back to top

絶賛開催中!茨城県の地酒・県産品PRイベント「うぶさけ」の初日の様子をレポート!!


投稿日:2019年01月29日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!今日はお酒好きにはたまらない話題です!!

茨城県には、那珂川、久慈川、利根川、鬼怒川、そして筑波山と、実に5つもの水系があり、さらにお米の生産にも恵まれているという、まさに日本酒造りに適した条件が揃っています。そのため、茨城県内には40もの酒蔵があり(平成30年6月現在)、これは関東で一番の酒蔵数なのです。
そんな地酒大県いばらきの個性あふれる地酒が数々から選りすぐり、産まれたての新酒(うぶさけ)のお披露目会をテーマにしたイベントが都内で開催されているのを、みなさんご存知でしたか!?
1月28日(月)〜2月1日(金)まで、東京・新橋の汐留公共地下歩道イベントスペースで開催されている茨城県の地酒・県産品PRイベント「うぶさけ」の初日の様子をレポートいたします!

 

 

初日・1月28日(月)は16時から、オープニングイベントが開催されました。
大井川和彦茨城県知事に加え、渡辺徹さん、磯山さやかさん、カミナリのお二人という茨城を代表するみなさんにお集まりいただき、鏡開きとトークショーで盛り上げていただきました。

みなさん茨城のお酒が(というよりお酒全般が!?)大好きのご様子で、「うぶさけ」のマス酒を嗜みながら、いつもテレビにご出演されているときよりも、お口が滑らかなご様子でした。
オープニングイベントの模様は、茨城新聞さんが動画で伝えてくださっておりますので、こちらもぜひご覧ください。

 

茨城県の地酒・県産品PRイベント「うぶさけ」は2月1日(金)までの毎日午後4時から9時まで開催されています。
出品されているのは茨城県を代表する11酒蔵の計20銘柄。その中からお好きなお酒3種類とおつまみ1品が700円(税込)でお楽しみいただけます。


吟醸酒や、大吟醸酒、燗酒、梅酒など幅広く取りそろえており、数量限定ではありますが地酒や甘酒の試飲サービスも実施します。


入場自体は無料ですので、まずはお気軽にお立ち寄りいただき、ご興味を持っていただけたらぜひ一杯、いや三杯、ひっかけていってください!

 

イベントのくわしいご紹介はこちら

 

また、茨城県では現在、全国新酒鑑評会に入賞した酒蔵などをめぐる日帰りツアー「酒蔵漫遊記」も開催中。2月から3月にかけてのツアーが絶賛参加募集中ですので、こちらもぜひお楽しみください!

 

日帰りツアー「酒蔵漫遊記」についてくわしくはこちら

 

以上、今回は1月28日(月)〜2月1日(金)まで開催されている茨城県の地酒・県産品PRイベント「うぶさけ」のご紹介でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

▼▽▼▽こちらもぜひご覧ください▼▽▼▽

地酒いばらき

back to top

美味しい「いばらき」に出会う旅!期間限定開催*茨城県北ガストロノミーイベント


投稿日:2018年12月25日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です

茨城県はその土地柄から、よく5つのエリアに分けて語られることがあります

ひとつは、県都水戸市を擁し、江戸時代から続く脈々とした歴史が魅力的な県央地域

そして、筑波山や霞ヶ浦を中心としながらも科学や文化の面でも最先端をいく県南地域

武家文化を色濃く残し、結城紬など伝統工芸がいまなお残る県西地域

加えて、鹿島神宮を筆頭に日本書紀から豊穣の地として知られる鹿行地域

最後に県内で最も豊かな自然に恵まれた山間部と太平洋に面した海浜部を有する県北地域です

 

この5つのエリアの中でも特に自然に特色のある茨城県北地域で、その豊かな食文化を見直す新しい取り組みが始まっています

それが『茨城県北ガストロノミー』です!!

 

ガストロノミーというちょっと聞きなれない言葉ですが、辞書を引くと「美食学」と和訳されています

その地域の郷土史や自然環境まで掘り下げ、その地域の食材や調理法を調べ上げ、深く理解し、料理人が料理という形でアウトプットし、食べ手もその文化や自然を学びながら美味しい料理に舌鼓を打ち、それを語らう・・・

 

そんなプロジェクトが,動き出しました!!

現在、県北6市町(日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町)で郷土料理や食文化の調査、郷土の食材探しが行われています

有名な「けんちんそば」「あんこう鍋」の他にも、「もみつけ」や「サンマ鍋」、「豆腐もち」などといった郷土料理をたくさん発見

食材の中には、県北地域に根付く在来品種の野菜「里川カボチャ」や「むすめきた」(小豆)、収穫量こそ少ないもののその美味しさは折り紙つきの「ブドウエビ」や「河原子産わかめ」などなど。まだまだ、世の中に広く知られていない魅力的な食材がたくさんありました

里川カボチャ

常陸大黒

赤ネギ

 

その調査を基に地元の料理人が開発したメニューを味わえるのが、県北地域の3つの旅館で開催される『茨城県北ガストロノミーイベント』です

その3つの旅館はこちら!

 

(1)日立市『うのしまヴィラ/Café & Dining海音』

https://unoshima-villa.com/

【開催期間】2019年1月17日(木)~1月28日(月)

      ※1月22日(火)と23日(水)は定休日

「日本の小宿2018 選考審査委員特別賞」10選にも選ばれた日本屈指のパーソナルリゾート・うのしまヴィラ。かねてより食材には強くこだわってきましたが、この『茨城県北ガストロノミー』のプロジェクトに参加し、新たなステップにチャレンジします。よりお手ごろに、より気軽にガストロノミーを体感してもらいたいと、うのしまヴィラでは期間限定メニューをランチで提供。自家製「ひしお」をベースにしたソースで頂く久慈浜で水揚げされた鮮魚など、約13品は贅沢の極み!目の前に海が広がる癒しの空間で茨城県北ガストロノミーを味わえます。

 

 

(2)常陸太田市『元湯 山田屋旅館』

https://www.motoyu-yamadaya.jp/

【開催期間】2019年1月17日(木)~2月1日(金)

 

      ※1月23日(水)・24日(木)・28日(月)は定休日

芸術家クリストとジャンヌ=クロード夫妻によるアンブレラプロジェクトの舞台にもなった茨城県常陸太田市里美地区。日本の原風景がここにあると称賛された風光明媚な土地。そんな里美地区で300年続く名湯と美食の宿・元湯 山田屋旅館。名店で研鑽を積んだ料理長が腕を振るう創作和食は一食の価値有り。目を閉じれば里美の風景が浮かぶ料理…。地元で収穫される有機栽培で育てられた在来品種の野菜はもちろん、里山の自然が育んだ山の幸、豊かな常磐沖で獲れた海の幸を織り交ぜた会席料理をぜひ!

 

 

 

(3)北茨城市『あんこうの宿 まるみつ旅館』

https://www.marumitsu-net.com/

【開催期間】2019年2月1日(金)~2月15日(金)

茨城県内でも屈指の「あんこう」の水揚げ漁港のひとつ平潟漁港。その目と鼻の先にたたずむ老舗旅館。茨城名物の「あんこう」の美味しさを知り尽くした料理人が、趣向を凝らした料理をご用意します。自慢のあんこう鍋は『全国ご当地鍋フェスタ鍋-1グランプリ』で見事グランプリに輝いた絶品!大量の「あん肝」を溶かし込んだスープに、さらに「追いあん肝」で旨味を重ねるのがまるみつ流です。そんな宿自慢の「あんこう尽くし」の料理が、ガストロノミー的思考を加えてさらに進化します。

 

そして最後になりますが、このガストロノミーイベントのおおとりを飾るのは

1日限定のバスツアー

2019年3月17日(日)開催

『茨城県北ガストロノミーツアー』です

バスツアーでは県北地域の美味しい食材とその食材が生まれる場所を訪ねます。訪れる場所は、野菜ソムリエのいる農園をはじめ、全国新酒鑑評会で金賞を受賞する酒蔵、全国味噌鑑評会で数々の賞を受賞する味噌蔵などなど。その作り手の熱意を感じてください。

また、バスツアーには全国を「旅する」シェフとしても有名な吉田友則シェフが、キッチンカーで伴走!

レクサスアメージングエクスペリエンス料理提供など、数多くの著名人や世界で活躍するスポーツ選手に支持愛される吉田シェフ。そんなシェフの作る、県北地域の素材と郷土料理をオマージュしたのはもちろん、各地で美味しい試食も提供してくれます。この日だけしか経験できないとっておきのバスツアーになること間違いなしです。

 

この一連のイベントのさらに詳しい内容は、茨城県北ガストロノミー専用フェイスブックページで随時紹介していきます。

気になる方はフェイスブックページで「いいね!」をクリック!

https://www.facebook.com/gastronomy.ibaraki/?modal=admin_todo_tour

ぜひ、茨城県北地域の「美味しい」に出会う旅へ、でかけてみませんか?

 

※料理の内容は予告なく変更する場合があります

back to top