平磯の人気者!くじらの大ちゃんが30周年を迎えました♪


投稿日:2013年07月11日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の根本です。

梅雨明けして以来、すっかり夏の陽気が続いています。
暑いから部屋に閉じこもるという方もいるかもしれませんが…やっぱり夏といえばレジャー!
そして夏のレジャーといえば、海でしょう!

今週末7/13には、待ちに待った県内海水浴場の海開きです。
県内には数多くのビーチがありますが、今年、ぜひ足を運んでもらいたい場所があります。
それは、ひたちなか市の平磯海水浴場です!

 

平磯海水浴場は、堤防に囲まれていて波も心配することなく、
安全に海水浴を楽しむことが出来ると人気のスポット。
そんな平磯海水浴場には、多くの人に愛されるシンボルが!

 

 

海に浮かぶ大きなくじら!「くじらの大ちゃん」です。
海岸線を車で走ると見えるので、目にしたことのある方も多いことでしょう。
全長15メートルもあり、水面に映える朱色が目印。

実は、このくじらの大ちゃん……めでたく今年誕生30周年を迎えます!
それを記念して、7/13の海開きの日に、30周年記念イベントが開催されることになりました。

イベントについて、中心となって企画している「平磯館」の磯崎さんにお話を伺ってきました!
磯崎さんは、ひたちなか市観光協会の副会長で、平磯地域の支部長でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平磯館は、約130年続く地元の老舗旅館です。
磯崎さんは、くじらの大ちゃんの誕生についても、深く関わってきた方です。
まずは30年前、そもそも大ちゃんを作ることになったきっかけも伺ってきました。

実は平磯は明治~大正の頃までは、海水浴をはじめとする観光地として栄えていたといいます。
しかし次第にその影は薄れ、海はあれど目ぼしいスポットはなく…
30年前といえば、折りしも巨大テーマパークの誕生など、レジャーへの関心が高まっていた時勢でもあり。
「平磯にも子供が元気になれる、ウキウキするようなものを作ろう!」という案が生まれたそう。
では何をつくろうか、と考えた時。
海に大きなくじらを浮かべよう!という意見が出たのはごく自然な流れでした。
それは昭和20年代頃、平磯では木でくじらを作り、海に浮かべていたという歴史があったからです。
とはいえ当時は木で作っていたので台風や天候状況で長くはもたず、例年大破……
今の大ちゃんを作る時には「長い間耐久性があるように、漁船のような材質で作ろう!」
と奮起し、大きさは…色は…等と地域の皆で協議を重ね、
昭和58年6月についに完成したのです!!

これは、大ちゃん制作当時の1983年に
作られた模型です。
大ちゃんの色は、海と空の色に映えるようにと考え
朱色と黄色で絞られた末、朱色に決まったそうです。
これを見ると黄色の大ちゃんも、
可愛かったかもしれませんね♪

大ちゃんの側面にはすべり台があり、
子供たちに大人気!
「大ちゃんを目標に、海で泳げるようになる」
そんな子供も多いのだとか♪

 

そして30年間。大ちゃんは平磯の海に浮かび続けることが出来ました。
しかし無事に、というわけではありません。
台風で2回流され、そして2011年の東関東大震災の津波でも流されてしまいました。

 

これは震災の津波被害で受けた損傷の
修理の記録です。

 

 

幾度となく迎えた危機も、そのたびに地元の皆の力で元気に海に戻ることが出来ました。
大ちゃんはまさに、平磯の復興の、パワーのシンボルとも言えます。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
今週末7/13には、そんな大ちゃんの30周年を祝うイベントを開催!
その内容はとっても盛りだくさんです。

10:00から海開き祈願祭が執り行われ、13:00からくじらの大ちゃん誕生30周年記念式典が催されます。
その他、大洗高校マーチングバンドや地元小中学生による郷土芸能の披露、フラダンスなども。

同時に日本一タコ焼きグランプリという企画も開催されます!
実は平磯は、タコの加工数日本一を誇る場所。それにちなんでのイベントです♪
4団体が出場し、オリジナルのタコ焼きで腕を競います。

当日は、地元の保育園、小中学生に大ちゃん帽子を被ってもらう企画も。

 

平磯館のおかみさんが型を作って配ったそう。
とっても可愛い帽子、当日が楽しみですね!

くじらの大ちゃん30周年記念イベントについては、こちらをご覧下さい!
http://www.hiraisokan.jp/海開き-大ちゃん30周年記念イベント/

 

それから最後に、ひたちなか市海浜鉄道の特別きっぷ販売のご案内です!
7月13、14、15、20~31日限定で、くじらの大ちゃん写真入り一日フリーキップが販売されます。
まら、7月13日、14日のみフリーきっぷ購入先着300名様に、干し芋をプレゼント!

 

パッケージはこんな感じです♪
地元・幸田商店特製の干し芋です。

 

 

記念きっぷについては、
ひたちなか市海浜鉄道那珂湊駅 029-262-2361 までお問合せ下さい。

 

この夏は、ぜひくじらの大ちゃんと共に
平磯の海を満喫してみてはいかがでしょうか♪

 

 

 

 

 

 

平磯館については、観光いばらきでもご紹介しています!
http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000001234