ご利益バツグン!! いばらきオススメの初詣スポット


投稿日:2013年12月26日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは。観光いばらき編集部の滝口です。
年末ですから、2014年初詣の計画を立てている方も多いと思います。茨城県には、歴史ある神社・寺院がたくさんあります!
そのため、県内だけでなく他県からも初詣に来る方が大勢いるのです。ここでオススメ初詣スポットを大紹介します。その多くがパワースポットとしても有名で、ご利益もバツグンですよ!!

笠間稲荷神社(笠間市)
創建は白雉二(651)年で、日本三大稲荷の一つ。初詣客は県内最大級の約80万人を誇ります。御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたま の かみ)で、あらゆる殖産興業の守護神です。そのため、商売繁盛を願う参拝客が多数います。
初詣の後は、ご当地グルメの「笠間のいなり寿司」をお楽しみください。
詳しくはコチラ

鹿島神宮(鹿嶋市)
関東最大最古の鹿島神宮。創建は紀元前660年と伝えられ、武甕槌神(たけみかづちのかみ)を御祭神とする神社です。この神様は、武の神として古くから皇室や藤原氏の崇敬を受け、鎌倉期以降の武家政権も厚く信仰してきました。
例年、約70万人以上が初詣に訪れます。代表的なご利益は、武道上達・必勝祈願・安産祈願・心願成就・商売繁盛など。

詳しくはコチラ

 

常磐神社(水戸市)
水戸藩の名残から水戸市には神社が多いです。なかでも偕楽園に隣接する常磐神社は、あの水戸黄門こと徳川光圀公と、9代藩主の徳川斉昭公を祀っています。
初詣の参拝客は約31万人。代表的なご利益は、事業繁栄・学業成就・家内安全・交通安全など。黄門様でおなじみの葵紋の印籠を模った印籠守もあります。
詳しくはコチラ

 

村松山虚空蔵堂(東海村)
大同二(807)年、弘法大師によって創建された寺院です。伊勢の朝熊虚空蔵尊、会津の柳津虚空蔵尊とともに日本三体のひとつに数えられています。本尊の虚空蔵菩薩は、弘法大師が鎮護国家、萬民豊楽、平和祈願のために、一刀三拝の礼をつくして刻んだものです。
初詣の参拝客は約18万人。厄払い・出世開運を祈願する参拝客が多く訪れます。
詳しくはコチラ

 

大洗磯前神社(大洗町)
主祭神は大己貴命 (おおなむち の みこと)。配祀神は少彦名命 (すくなひこな の みこと)。この二神は共に力をあわせて国造りを行ったことが『古事記』などに記されています。そのスケールの大きい力ゆえか、家内安全・商売繁盛・良縁成就など、幅広いご利益をもたらします。初詣には約20万人が訪れます。
詳しくはコチラ

 


大宝八幡宮(下妻市)

大宝元(701)年に創建した関東最古の八幡宮。この大宝という年号は、日本で始めて「金」が産出されたことを記念して改元された元号。その縁からか、この八幡宮は金運のご利益があると大評判です。ここでお参りして宝くじが当たったという人も多数おり、金色に輝く「大宝守」も人気です。初詣には約22万5千人が訪れます。
詳しくはコチラ

 

筑波山神社(つくば市)

霊峰・筑波山を御神体と仰ぐ古社。ケーブルカーに乗れば山頂まで手軽に行くことができ、そこからは関東一円を眺望できます。神社境内にある大杉など、あちこちにパワースポットがあるのも大きな特徴。かなりの力を放っていると評判です。古くから縁結び・夫婦和合・子授けにご利益があるとされ、「ここでお祈りしたら結婚できた!」という人も多数います。約19万人が初詣に訪れます。
詳しくはコチラ

 

一言主神社(常総市)
大同四(809)年、大和の葛城山から一言主大神を迎えまつったのが始まりとされています。ここの神様は一言の願い事でもおろそかにせず、叶えてくれると言われています。そのため、ご利益も幅広いのが特徴です。初詣には約15万人が訪れます。
詳しくはコチラ

 

大杉神社(稲敷市)
豪奢な社殿群は茨城の日光東照宮と言われています。「悪魔ばらえのあんばさま」とも称され、厄除け、八方除け、星除けの祈祷がよく行われています。代表的なご利益として、縁結びがあります。初詣の参拝客は約20万人。
詳しくはコチラ

いかがでしたか。悠久の歴史を誇る重厚な神社・寺院が多いですよね。しかも、これ以外にもたくさんの神社・寺院が、茨城県にはあるのです。ぜひ茨城県で初詣と観光をお楽しみください。

新春いばらき2014
茨城県の初詣スポット

茨城県の初日の出スポット