日本酒蔵で輝く現代アート「ハナノイ アナクロニー」!!@西岡本店


投稿日:2014年10月30日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき・絶品いばらき編集部の滝口です。

今回は芸術の秋にピッタリのイベントをご紹介します。

 

hananoha01それが11月1日(土)~11月30日(日)まで、蔵元 西岡本店(桜川市真壁町)で開催される「ハナノイアナクロニー」です。

 

昨年、桜川市で「雨引の里と彫刻2013」というアートイベントが開催され、このブログでもご紹介しました。現代アート作品が市内各地に置かれ、まるで里山全体が美術館になったようなスケールの大きさでした。こうしたイベントの効果もあり、桜川市は芸術家たちにとって注目のスポットになっているのです。

https://blog.ibarakiguide.jp/placeblog/195.html

 

hananoi02今回のアートイベントの特徴は、なんといっても蔵元を舞台にしていること。とくに西岡本店は、日本酒 『花の井』を造る創業230年を超える老舗です。

 

加えて、蔵元がある真壁地区は、歴史的な蔵や門が多く残っており、茨城県で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されました。まさに歴史の重みを持つ地域です。

 

そして、今回作品を展示するのは、筑波大学芸術専攻の大学院生7人。彼らは、桜川市でアートイベントを行ってきた國安孝昌・筑波大学教授の教え子たち。皆さん、企画段階のときに蔵元を訪れた瞬間、「ここでやりたい!」と思ったそうです。歴史の重みが、彼らに何かのインスピレーションを与えたのでしょうか。

 

では、蔵の中のギャラリーに向かいましょう。

うおっ! タイムスリップしたかのような空間に来ましたよっ!?

hananoi03

 

 

蔵元の社長であり、実行委員会代表でもある西岡勇一郎さんにお話を聞きました。

hananoi04

「展示作品はすべて、この蔵や真壁地区からイメージを膨らませて制作されたものです。作品キャプションを読めば、きっと『へ~、なるほど!』と思っていただけるでしょう。私やアーティストの学生さんたちが近くにいるときは、直接ガイドもします」。

ちなみに、西岡さんの後ろに展示されているのは、宮﨑玲子さんの作品。蔵にある日本酒からイメージを膨らませ、女性のポスターを作り上げました。右の和服の女性は、手に持っている高級酒の大吟醸をイメージしたものです。

 

さぁ、次に行ってみましょう。いやはや、これまた凄い空間です。昭和のたたずまいがそのまま残されています。アーティストでなくても、かなりのインスピレーションを感じます。

hananoi05

 

この部屋の中にある西洋風の絵。これは中国人留学生の沈燁さんの作品。蔵が持つ歴史的な重みに刺激を受けて描いています。

hananoi06

 

さらに蔵を進むと、普段はイベントスペースとして使っている広い部屋に来ました。そこに鎮座する大きな物体。これは今 実佐子さんの作品。蔵に作品を置くことで生じる「違和感」を表現したそうです。普段使っている化粧品で、これだけの色を付けたとか。それも凄い!!

hananoi07

 

ここは普段は、アンティークショップとして使われているスペース。何やら、テレビが2台ありますが・・・。この作品を作ったのは、高橋啓太さん。左のテレビに映っているのは、彼がビデオを回して写した真壁の町並み。右のテレビに映っているのは、それを元に起こしたマンガ。高橋さんは芸術を志す前から、日常をマンガで記録することを行ってきたそうです。

hananoi08

 

最後に着いたのは、暗い部屋。そこに浮かび上がるのは・・・ん? もしかして「滑走路」?

これは高橋大地さんの作品。「蔵は、造られた物が一時的に滞在している空間である」と彼は考えました。そのため、背後にある赤いランプは停止信号を意味しています。加えて、「造られた物は、いずれ外へ旅立っていく」。そこから滑走路をイメージしたそうです。

hananoi09

 

同じ部屋にポツンとたたずむ机。これは金森陽子さんの作品。彼女は、本を使ったアート作品を作ってきました。蔵に帰ってきたときに感じる、懐かしさを表現しています。机に置かれた本には、子供のときに親に読んでもらった、そんな懐かしい記憶を込めているそうです。

hananoi10

 

ラストに紹介するのは、荒木茉莉子さんの作品。蔵にある小型の「ハナノイカップ」を飲んだときに感じた優しさをイメージして、キャラクターを造りました。可愛らしいですね~。期間中はワークショップを開催して、イラスト講座を行います。子供は大喜びですね。

hananoi11

 

いかがでしたか。作品そのものも魅力的ですが、蔵に展示されるとその魅力が倍加します!

ぜひ11月は西岡本店に足を運んでみてください。

さらに、歴史深い真壁地区の散策もオススメ! 蔵の周辺8ヶ所を巡って完成させる「漫(そぞ)ろ歩き地図」という企画もあります。完成させると、とっておきの商品やサービスがもらえるので、ぜひ巡ってみてください!

 

https://ja-jp.facebook.com/hananoi.anachrony