市内がきらびやかな雰囲気に包まれる「取手ひなまつり」


投稿日:2015年02月14日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部の滝口です。

旬のいばらき特集「 いばらきdeひなまつり2015」でもお伝えしている通り、茨城県では県内各地で特徴あるひなまつりを行っています。今回は、町ぐるみで美しいひな人形を飾っている「取手ひなまつり」(取手市)に行ってきました。市内はきらびやかな雰囲気に包まれていました。

hina01

 

今年で11回目を迎えた「取手ひなまつり」。各商店街などの協力により、市内のさまざまな場所にひな人形や吊るし雛が飾られています。地図を片手に市内散策をするのが、このお祭りを楽しむコツです。

hina02

「取手ひなまつり」地図ダウンロード

 

まずは、JR取手駅から徒歩10分ほどのところにある「田丸屋」を目指します。ここには商工会女性部メイン会場があります。取手市商工会館の目の前です。

 

うぉ! すごい人。とくに休日は多くの人が訪れます。市内や近隣はもとより、千葉や東京から毎年見に来ている人もいるほど、人気のひなまつりなのです。

hina03

 

このひなまつりは、もともとは取手市商工会女性部が企画して始まりました。「特長があって、みんなが参加できて、取手市を元気にするものをやろう!ということで始まりました」と話す女性部の方たち。

 

「毎年テーマを決めて、新しいひな人形を作っていくんです。今年は縁起物”七宝まり”がテーマ。人と人との和がうまくいきますように、財に縁がありますようにという願いが込められています。少しずつ作っていくので、一年がかりで完成させています」。

 

一年!? これは手がかかっていますね。「取手のひな人形が、皆さまのお越しをお待ちしております!!」と取手市商工会女性部のお二人でした。

hina04

 

この「取手ひなまつり」は、地元の各商店がそれぞれひな人形や吊るし雛を飾っています。それを巡り歩くのが、本当に楽しいです。こちらは喫茶店「フィオーレ」。見てください。喫茶店にこんな立派なひな人形があるんですよ!

hina05

 

こちらは、銘酒『君萬代』で有名な酒蔵・田中酒造店。二階にギャラリーを作っています。まさに酒蔵が発するオーラに包まれ、厳かな感じのひな人形、吊るし雛が並んでいます。

お子さんも大喜び。あら~カワイイですね~!!

hina06  hina07

 

hina10この「取手ひなまつり」は、3月3日(火) 10:00~16:00まで開催しています。

2月21日(土)11:00~12:30には、「ひなパレード」が開催。一般公募による、お内裏様とお雛様を乗せた山車を先頭に、171名の園児が取手駅東口駅前広場から八坂神社までパレードします。

 

2月21日(土)~22日(日)10:00~16:00には、「取手ひなまつり縁日」が行われます。ぜひ皆さんお越しください。

【問合せ先】取手ひなまつり実行委員会

TEL:0297-73-1365

 

 

その他、茨城県ではさまざまなひな祭りが開催中!

「真壁のひなまつり」(桜川市)は、3月3日(火)まで。

「百段階段でひな祭り」(大子町)は、3月1日(日)まで。

詳しくは「いばらきdeひなまつり」をご覧ください!!

 

hina08  hina09