【結果速報】平成27年開催!第14回水戸納豆早食い世界大会2015inホテルレイクビュー水戸


投稿日:2015年02月28日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき編集部です!

絶品いばらき旬なモノブログの全国納豆鑑評会はご覧になりましたでしょうか?

そんな、全国納豆鑑評会の水戸開催を記念して、毎年恒例!食の競演『水戸納豆早食い世界大会』が開催されました!!

_MG_3100

例年は千波湖畔にて屋外イベントとして開催される熱いバトルですが、今年は水戸駅すぐ側のホテルレイクビュー鳳凰の間で開催!!

室内ということもあり、熱気ムンムン!納豆の香りも会場中を埋め尽くし、納豆好きにはたまらない空間ができあがりました♪

今年も参加者応募開始と同時に茨城県内外から大勢の申し込みがあり、受付開始2週間を待たずして受付を終了する人気ぶりです。

第14回を迎えた今回は、北は宮城県、南は大阪府からのエントリー!!
男子86名、女子66名で世界一の王座を争うことになりました。

ちなみに、今回も海外からの参戦者が登場!遠くアフリカ大陸ガーナや、北米カナダから参戦する強者も・・・。

_MG_3115

そんな水戸納豆早食い世界大会は男女とも予選上位10名が決勝に勝ち残れる1発勝負のタイムトライアルからはじまります!!
予選は、男子の部が水戸にちなんで310gの白米と90gの納豆で、計400gの納豆ごはんを!
そして、女子の部は白米が210gになって300gの納豆ご飯をいかに早く食べられるかを競います。

_MG_3151

きちんと裏方ではお母さんたちが白米を計量機で量り、納豆2パックを310回かきまぜて提供してくれます♪

 

ちなみに、量さえ分かれば家でもできるので試したい人はどうぞ(笑)
通常の予選通過ボーダータイムは男子なら1分を切ることが最低条件!!

これがどんなに凄いことかは挑戦したことがある人ならわかるはず。
卓上に用意されたペットボトル(水500cc)は飲むことはできますが、納豆ごはんにかけるとルール違反になりますので注意を♪

 

_MG_3188

食べ終わったら、空のどんぶりを掲げると、後ろにいるタイムキーパーがストップウォッチを止めてくれます。
このとき、卓上に白米や納豆をひと粒でも残していたらアウト!!
もちろん、口のまわりに納豆が付いてても完食とは認められません。

ここらへんはかなり徹底しているので参加者は注意が必要。

 

ちなみに予選の結果は以下の通り、

【男子の部予選】

   1位 戸塚選手   42.35

   2位 中村選手   43.99

   3位 清水選手   46.61

   4位 鈴木(和)選手48.99

   5位 鈴木(孝)選手50.92

   6位 中島選手   50.96

   7位 石戸選手   52.99

   8位 時久選手   54.35

   9位 腰塚選手   55.01

 10位 藤井選手   55.19

 

【女子の部予選】

   1位 竹谷選手   50.48

   2位 櫻井選手   57.49

   3位 谷津選手   1.04.07

   4位 葉山選手   1.05.37

   5位 河野選手   1.07.02

   6位 飯塚(美)選手1.10.07

   7位 岡村選手   1.14.82

   8位 大森選手   1.15.27

   9位 竹村選手   1.20.63

 10位 飯塚選手(明)1.22.13

 

予選ボーダーラインの11位との差は男子は僅か2.2秒、女子では5秒!!
もし、家でチャレンジした結果、このタイムと並べるのなら、あなたには才能があります。

ぜひ次回大会に挑戦してください!

 

さて、上の写真にもうつっていますが、集計の間は茨城県非公認キャラクターねば~るくんが登場!!

_MG_3322

集計までの時間、会場をさますことなくさらに盛り上げてくれました!!

ちなみに、ゼッケン70の納豆のお兄さんは1.03.34で15位と微妙に速いけど、まだまだ届かなさそうなタイム・・・。

ねば~るくんは前回大会に登場した思い出話をして爆笑をさらって退場♪

 

そして注目の決勝がスタート!!

女子の部は予選トップ通過で、昨年の覇者・竹谷選手に注目が集まります。

_MG_3257

竹谷選手は納豆を混ぜすぎることなく、どんぶりの手前に納豆を寄せて準備万端!!
決勝戦は女子の部がわらつと納豆3本分210gをどんぶりに入れて、納豆だけを食べるシステムです。

ちなみに、わらつと納豆とパック納豆はその性質が大きく異なります!

わらつと納豆の方がより納豆らしいと思う方が多いですが、あのネバネバの糸引きは、実はパック納豆の方が優れます。

それに対し、わらつと納豆は糸引きがやや弱く、わらが大豆の水分を吸うこともあり、大豆が硬くしまって食べ応えのある食感になっているのが特徴です。

パック納豆に比べ、大豆から水分が抜けるため、味わいもパック納豆に比べ濃くなるのも特徴で、わらつと納豆が納豆好きから支持される理由のひとつにもなっています。

しかも、全国的にみてもわらつと納豆で、わらに納豆菌を混ぜた蒸し大豆を直接入れるて発酵させるのは水戸エリアに特有の昔ながらの製法。

他県のわらつと納豆はわらと納豆の間にビニールを1枚かますので、マイルドに仕上がるのですが、そこは天狗党の地水戸!!

決してなまっちょろいことはしません!!

ここらへんの味と伝統を守り続けていることも水戸納豆が全国区になり、納豆の本場と言われるゆえんなのかもしれません。

さて、そんなわらつと納豆3本をダイレクトに食べるのは結構しんどかったりします。

経験者として断言できるのですが、噛んでいると勝負にならないので、粒のまま飲むように食べるのですが、表面が硬いわらつと納豆がのどに痛いのです(涙)

※良い子はまねしないでください!

そんな女子の部決勝がスタート!!

ディフェンディングチャンピオンの竹谷選手が圧倒的な飛び出し!

途中、隣に座る河野選手が追い上げ、左手に位置する櫻井選手が追い上げるも、見事な逃げ切りで右手を高々と上げた竹谷選手。

50.48というタイムで見事優勝を飾りました!!

 

続く本命!男子決勝も10名の勇者がテーブルに並びます!!

_MG_3279

注目はやはり予選トップの戸塚選手!!

そして、予選は2番手時計ながら第7回大会、第10回大会優勝、第11回大会準優勝の中村選手にも期待がかかります。

また、第8回大会優勝で東京テレビで放送されたテレビチャンピオンデカ盛王初代&2代目王者の石戸選手も決勝にコマを進めています!!

実力伯仲のこの決勝・・・。

手前の清水選手のどんぶりを見ると、その量に圧倒されます。

わらつと納豆5本文はさすがに食べ応え十分です!!

 

いよいよスタートの合図があり、全員どんぶりに顔を近づけて早食いに最適の姿勢をとります。

こぼさないように、最初どんぶりは低く、そして自分から納豆をむかえに行くように食べるのが早食いの鉄則!!

今年の納豆はやや固めが主流と全国納豆鑑評会でも評されていた通り、今年の水戸納豆早食い世界大会の公式納豆もやや硬め!!

選手たちを苦しめる中、どんぶりを持ち上げ、姿勢を一気にのばしていち早く完食の姿勢に入ったのは苦節11年!10回目の決勝戦に臨んだ腰塚選手!!

第7回は予選トップながらも、決勝で苦渋の涙を飲んだ腰塚選手が一歩リード!

最後のフィニッシュに向け、どんぶりの中の米粒と大豆を確認!!

一気に食べ揚げ右手を掲げ1番乗りを果たしました。

_MG_3313

会場中の視線を集めての優勝に大満足の腰塚選手!!
この大会に備え、公式納豆のひとつであるだるま納豆のわらつと納豆を350g分5セットをネット通販で購入し、練習してきた努力が実りました♪

まさにねばーぎぶあっぷ!!

もちろん、表彰式では来年も連覇を目指し水戸の地へ舞い戻る約束をしてくれました。

 

【男子決勝】 WR:20.84

優勝 腰塚選手   33.66

2位    鈴木(和)選手38.59

3位    中村選手   39.11

【女子決勝】 WR:32.14

優勝 竹谷選手   33.08

2位    河野選手   33.45

3位    櫻井選手   45.13

 

※WR・・・ワールドレコード

_MG_3394

 【男子予選11位以下の結果】

0.55.95 打越重昭
0.56.91 木森康晴
0.59.10 櫻井昌之
1.00.89 内田秀樹
1.03.34 納豆お兄さん
1.05.55 岡本翼
1.05.75 弓桁紀彦
1.05.79 境野髙資
1.08.98 目黒耕介
1.11.39 山田幸宏
1.13.00 片柳浩二
1.13.35 林烕秋
1.15.01 小沼剛
1.15.71 末永拓也
1.16.40 菅野俊介
1.16.59 阿部将好
1.20.91 鈴木茂
1.25.01 青山光芳
1.26.90 星淳一
1.27.66 佐久間穂
1.27.72 田鎖裕
1.27.83 鈴木雅盛
1.29.94 角詠之
1.33.69 水戸誠
1.37.21 藤井克英
1.37.92 藤昭宏
1.39.10 Kevin
1.40.16 伊藤良助
1.40.22 浅井淳
1.41.34 小池雄大
1.41.86 清宮博之
1.42.06 岡本強
1.42.37 大徳政治
1.42.51 田中康義
1.45.13 土田仁
1.47.04 足立貴紀
1.47.13 宮本健太
1.48.53 永井公彦
1.50.57 石川勇次
1.54.43 加納慶次
1.56.00 内垣典之
1.56.17 代々木理方
1.56.24 小國英智
1.58.01 齋藤俊介
1.58.28 茂直弘
1.59.06 杉山貞幸

※2分以上かかった選手はノータイムあつかいとなります

 

 

【女子予選11以下結果】

1.27.26 松井麻由子
1.28.60 西川棃奈
1.29.51 稲田麻美
1.32.90 林久美
1.33.84 鳥越映美
1.38.58 奥野友美
1.39.14 松村佑子
1.39.15 渡邊優希
1.41.86 羽鳥尚子
1.42.91 村上京子
1.51.12 黒澤笑子
1.52.49 石井優香
1.56.59 坂本舞子
1.59.89 小林桃子
2.03.48 三好心
2.12.17 武藤佐和子
2.20.49 伊東恵
2.22.47 宮本英子
2.24.84 Lima
2.31.15 柴田幹子
2.32.87 國方萌乃
2.43.02 門寺敦美
2.44.96 平戸沙季
2.51.80 宮武可枝
2.52.22 高橋歩
2.55.00 境野恵美子
2.55.46 原田真帆
2.56.15 青山純子
2.59.02 角屋香澄
3.00.00 小林佳代

※3分以上かかった選手はノータイムあつかいとなります