水戸の梅まつり・梅酒大会2014 大会の模様と表彰式レポート


投稿日:2014年03月23日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは。観光いばらき編集部の花島です。

偕楽園で今年も開かれた「水戸の梅まつり・梅酒大会2014」。その受賞表彰式が、今日3月23日(日)に開かれました。まさに、満開の梅の下、偕 楽園は大勢の観光客で埋め尽くされる中、時間も正午過ぎ、見晴広場の芝生で、ベンチで、思い思いの場所でお弁当を開く家族連れ。仲良く手をつないで梅の間 を歩くカップルなどなど。皆さん、梅の美しさを十分堪能している様子。そんな観光客にも祝福されながら表彰式はスタート。受賞銘柄の担当者も、笑顔が絶えませんでした。

表 彰式の様子をお伝えする前にまず、3月7日(金)~9日(日)に常磐神社本殿前で開催された、水戸の梅まつり・梅酒大会2014大盛況!の模様を 写真でご覧ください。昨年度の来場者を2,000人も越える5,157人が県内外から参加、偕楽園と梅酒のマッチングのよさも手伝って、梅酒人気を裏付ける結果となりましたね。

まだ寒かった3月上旬でしたが、たくさんの方々が試飲を楽しみ、テントの中は熱気ムンムン

まだ寒かった3月上旬でしたが、たくさんの方々が試飲を楽しみ、テントの中は熱気ムンムン

 

地元企業も応援。試飲の列に並ぶ参加者のオーダーに応え、次々と手際よく梅酒を注ぎます

地元企業も応援。試飲の列に並ぶ参加者のオーダーに応え、次々と手際よく梅酒を注ぎます

 

「これお願いします」「はい、お待たせしました」。注ぐほうも注がれるほうも、和気あいあい

「これお願いします」「はい、お待たせしました」。注ぐほうも注がれるほうも、和気あいあい

 

たまらなく美味しそうなショット!「来年は、私も行くぞ」と、決意した方々も多いのでは?

たまらなく美味しそうなショット!「来年は、私も行くぞ」と、決意した方々も多いのでは?

 

一次審査は来場者による人気投票。リストを参照しながら慎重に選ぶ参加者の面々。「これ、これ」

一次審査は来場者による人気投票。リストを参照しながら慎重に選ぶ参加者の面々。「これ、これ」

用意された投票箱に投入。ここで決まった各カテゴリーの上位10銘柄が、二次審査に進みました

用意された投票箱に投入。ここで決まった各カテゴリーの上位10銘柄が、二次審査に進みました

 

さて、表彰式です。今年の大会の特徴の一つは、梅酒を蒸留梅酒、醸造梅酒、ブレンド梅酒の3つのカテゴリーに分けたことです。その結果受賞銘柄も増え、一段と華やかな結果になりました。

まずは89銘柄がエントリーした蒸留梅酒部門です。

金賞を受賞したのは株式会社小嶋総本店(山形県)の東光 吟醸梅酒。 山形から駆けつけた小島健市郎専務取締役は、「梅の街・水戸でこのような評価をいただき大変光栄です。これを機に、日本酒由来の香りの良さが 特徴のこの梅酒を始め、私どもの商品を茨城の方々に知っていただければうれしいです」と喜びを語ってくれました。

07_MG_0001-11
6953322a79dbced853e443debe0f0b4a1

銀賞、銅賞は地元茨城県は水戸市の明利酒類株式会社が健闘。梅香百年梅酒 完熟梅特別仕込みが銀賞、百年梅酒すっぱい完熟にごり仕立てが銅賞を受賞。写真右は加藤高蔵代表取締役社長。

08_MG_0005-1
0022
f2fa8cf1ae51a37224d2ecbd8682dc6a1

茨城県知事賞は茨城県那珂市・木内酒造合資会社の木内梅酒でした。表彰状を授与しながら橋本知事は「この大会を皆で盛り上げ、もっともっと大きくしたい。受賞梅酒は大いに売れ、飲んだ人は喜ぶ。そんな大会にしていきたいですね」と話しました。

09_MG_0011-1004

 

醸造梅酒部門には50銘柄がエントリー

金賞は高砂酒造株式会社(北海道)の国士無双 梅酒。「昨年は水戸市長をいただき、さらにまろやかな味を目指して、様々な工夫をしてきました。そして今年は金賞、名誉なことと感謝しています。新酒鑑評 会で賞をもらったときに匹敵するぐらい、従業員一同喜んでいます」と佐藤哲康代表取締役常務。

10_MG_0018-2
005

銀賞は有限会社白糸酒造(福岡県)のしらうめの庭。

 

11_MG_0024-30061

 

銅賞は株式会社岡畑農園(和歌山県)のワシの初恋。ひと際目立つ真っ赤な梅のかぶりものをかぶり、セレモニーを盛り上げてくれた岡畑さん。12_MG_0033-40071

水戸市長賞な澤田酒造株式会社(愛知県)の純米対吟醸仕込之梅酒 白老梅。
13_MG_0047-5008

ブレンド梅酒部門の入賞者は。

金賞は平和酒造株式会社(和歌山県)の鶴梅 完熟にごり。

15_MG_0037-71009
銀賞は株式会社北岡本店(奈良県)のどろっと梅酒。

14_MG_0039-61010-2

銅賞は株式会社おおやま夢工房(大分県)のROSE UME LIQUEUR 薔薇梅酒 -YUMEHIBIKI-

16_MG_0044-81
デザイン部門の常陽銀行賞も株式会社おおやま夢工房の ROSE UME LIQUEUR 薔薇梅酒 -YUMEHIBIKI-が受賞しました。

17_MG_0054-90111
審査は次のように実施されました。まず一般審査として、参加者は各カテゴリーごとに、自分の好みの梅酒に1票を投じることができました。一方1人100票 を持つ8人の特別審査員は、181銘柄全てをテイスティング。1銘柄に最大20票までが限度というルールの下、それぞれテイスティングの結果を投票。一般 審査の票と、特別審査員の票を合算して決まったのが、今回の結果です。

18_MG_0066-10

審査委員長 梅酒研究会代表理事・明星智洋さんの総評

今回はカテゴリーを分け、特にブレンド梅酒に日の目を当てたことが大きな変化といえます。単に1位を決めるだけでなく、一般の方にも分かりやすく なったんじゃないでしょうか。梅酒の審査の楽しいところは、多分、デザイン性やネーミングの面白さに引かれて試飲することが多い人気投票に、審査員が味だ けでさらに選択を加える。結果、ここで選ばれたといういことは、見た目も素敵、味も良いもので、本当に実力のある梅酒ということになります。