イベント盛りだくさん!「古河桃まつり」盛大に開催中!!


投稿日:2015年03月21日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは、観光いばらき・絶品いばらき編集部の滝口です。

今、そしてこれからの茨城県は「花真っ盛り!!!」 まずは梅。「水戸の梅まつり」も「筑波山梅まつり」も今月まで。お見逃しなく! →→→梅色いばらき

そして、これからはなんといっても桜。「土浦桜まつり」は3月21日(土)から。「日立さくらまつり」は4月1日(水)からです。 →→→さくら*いばらき

 

そして、もう一つあるんです。それが桃。「古河桃まつり」が昨日からスタート。本日、開会式が行われたので、行ってきました!

momo2015_01

 

「古河桃まつり」の会場は、古河総合公園(茨城県古河市鴻巣399-1)。実は、私は昨年も開会式の取材に行ったのです。しかし、そのときは強風と雨で中止と残念な結果に・・・。

それが今回は晴天!会場にはこんなにたくさんの人が遊びに来ていました!!

momo2015_02

 

momo2015_03開会式で挨拶をする菅谷憲一郎市長。昨年の「古河桃まつり」には、約18万人が来場したとのこと。名実ともに、古河市を代表するビッグイベントです。関係者の熱の入れようが伝わってきました。

 

 

 

 

 

そして、まつりを鮮やかに彩ってくれるのが、「古河桃むすめ」の皆さん。左から大塚きららさん、殿岡明香里さん、米澤早紀さん、藤原夢子さん。皆さんお名前がステキすぎっ!!期間中は会場にいらっしゃいますので、いっしょに記念撮影をどうぞ!

momo2015_04

 

この「古河桃まつり」は、楽しいことが盛りだくさん!会場内には露天がたくさんあります。肉厚ステーキ、焼きそば、ぎょうざ、どれも美味しそうです。写真右は古河名物「鮒(ふな)甘露煮」の木村屋。桃まつりのお土産にぜひどうぞ。

momo2015_05  momo2015_06

 

写真左は古河で唯一の酒蔵・青木酒造。天保二(1831)年創業の老舗です。酒販店の信州屋酒店も出店。古河の地酒もお土産に最適ですよ。

momo2015_07  momo2015_08

 

momo2015_09この他にも猿回し、大道芸、気球乗り、人力車、ガマの油売り口上などなど、本当にイベントが盛りだくさん。

momo2015_10

 

 

 

 

 

 

 

子供から大人まで、家族みんなが楽しめます。美しい桃の花を眺めながら、思う存分愉しんでください。

 

 

 

 

最後に、なぜ古河市では桃の花を大切にしているのかをご紹介。それは江戸時代にさかのぼります。当時、古河藩は燃料となる薪が不足していました。そこで初代藩主の土井利勝(どい としかつ)は、成長の早い桃を育てることを考えます。そして江戸で家臣の子供たちに桃の種を拾い集めさせ、古河に送って農民に育てさせたのです。桃の木は薪として、果実は食料として重宝されました。時は移って現代、この故事にちなみ古河総合公園に桃林がつくられ、「古河桃まつり」がスタートしたというわけです。

momo2015_11

 

「古河桃まつり」は4月5日(日)まで開催中。ぜひ、お越しください!!

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/momo.html