茨城県陶芸美術館 開館15周年記念展「没後20年 ルーシー・リー展」


投稿日:2015年04月20日   投稿者:観光いばらき特派員

こんにちは!観光いばらき編集部です。

今回ご紹介するのは、茨城県陶芸美術館開館15周年を記念する企画展「没後20年ルーシー・リー展」です。ルーシー・リーは、ウィーン出身で、ロンドンを拠点に「ルーシー・リー様式」とよばれる独自のスタイルを打ちたてた世界的に有名な陶芸家です。

 

20150418110309_00001

 

 

 

ルーシー・リーの作品は、国内でも人気が高く、現代の陶芸家たちに大きな影響を与えています。今回の企画展は、総点数200点にもおよび、そのほとんどが日本未発表の作品ばかり。今回5会場を回る企画展で、茨城県陶芸美術館からスタートなんです。

どんな作品に出会えるのか期待がふくらみつつ早速中へ!

 

 

まず入口を入って最初に出会えるのが、ルーシーの学生時代の作品で、今回「新発見」されウィ-ンから運ばれてきました。

イエローやブルー、オレンジの色彩が目を引きます。こちらは20代の頃の作品。技術や表現力が若い頃から豊かな女性だったのだなと感じられます。

_MG_2546

 

続いてのロンドン時代の作品。雰囲気がらっと変わり 白と黒をベースに シンプル・モダンなデザインになります。普段の生活に実際に使われていたとのことですが、今では考えられないでね。

_MG_2577

 

ルーシー・リー作品の特徴は、洗練されたスタイル、1点1点が違う作品、ギリシア・エジプト・中国陶磁・など様々な世界の影響を受けているとのことです。好奇心旺盛で努力家の方だったんですね。

また、ろくろでどのようにしたら美しい形ができるのか、常に新しいことを試し、そのつど新しい発見が生まれ同じものがない作品が生まれてきました。

 

103

 

 

この作品は、2種類の土をろくろでまわしながら形作り、土そのものが模様になっています。

_MG_2602

 

 

また、こちらの掻き落としという独自の文様で繊細な線が表現されています。ルーシー・リーはこの一本一本の線をフリーハンドで引いていたとのこと。私だったら、気の遠くなる作業です。

 

_MG_2583

_MG_2699

 

今回の「ルーシー・リー展」は、陶芸美術館内の2つの会場で開催されており、2階の第2会場では、ルーシー・リーがロンドンに亡命した後に制作していたボタンも展示されています。

 

_MG_2675

ボタンも、形・色・つや・デザインがすべて異なり、名前がついているのもあります。

 

_MG_2654_MG_2646

 

また、今回の企画展と一緒にご覧いただきたいのがこちら。

 

 

茨城県会場では、入口にいすが飾られているのですが、ルーシー・リーが通ったウィーン工業美術学校の先生のひとりであったヨーゼフ・ホフマンがデザインした椅子です。ルーシーが生まれ育ったウィーンの香りが感じられますね。

_MG_2688

 

また、同館では「没後25周年里中英人展」も併せて開催中ですが、里中さんも、ルーシー・リーの作品を好きだった方の一人。里中さんは実際に作品も持っていて、その作品をモチーフの一つにした作品が今回展示されています。

こちらがその作品。ルーシー・リーのポットの作品が見え隠れしています。

 

_MG_2682

こちらが、実際に里中さんが所蔵し、現在茨城県陶芸美術館で所蔵されているルーシー・リーの作品。

_MG_2696

「ルーシー・リー展開催記念の陶芸コンテスト」の受賞作品も展示されていますので、こちらもぜひご覧ください。

 

 

_MG_2693

最後に、今回取材にご協力していただいた首席学芸員柳田さんは、「鉢」や「花瓶」のバリエーションの多さや、ひとつひとつの作品のフォルムの美しさを見ていただきたい。展示も工夫しており、さまざまな角度から作品を堪能してほしいとのことです。また、ピンクや黄色、緑などの色彩の作品が目をひきますが、ルーシー・リー自身は、白が好きだったとのこと。作品にも白の様々なバリエーションがあり、こちらもぜひ実際にご覧になっていただきたいとのことです。

 

私も実際に見て、どれも素敵な作品ばかりでしたが、私のお気に入りの作品はこちら。鮮やかなきいろの色がとても目を引きました。

_MG_2638

 

みなさも、実際に作品をご覧になってお気に入りの作品をみつけてください!

 

 

「没後20年 ルーシー・リー展」の会期・会場等のご案内です。

会期:4月11日(土)~6月21日(日)

会場:茨城県陶芸美術館 地階企画展示室、2階県民ギャラリー

開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日:月曜日(ただし5月4日(月)は閉館、7日(休館)

観覧料:一般820(670)円、高校生・大学生620(510)円、小学生・中学生260(210)円

*()内は20名以上の団体料金。満70歳以上の方。障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方。(ただし1人につき1人まで)は無料。土曜日は高校生以下無料。

 

今後開催される関連催事のお知らせ

・講演会「ルーシー・リー、ハンス・コパーと私」

5月9日(土)13:30~

定員:120名(先着順・当日整理券を発行)

・講演会「ルーシー・リー 多彩な技法、その魅力に迫る」

5月24日(日)13:30~

定員:120名(先着順・当日整理券を発行)

・ギャラリートーク

5月16日(土)、6月6日(土)

13:30~

担当学芸員が展覧会をご案内。*企画展チケットが必要です。

 

 

 

詳細はこちら

茨城県陶芸美術館(笠間市笠間2345番地)

HP

http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/